ドラッグストアのバイトの服装について!面接や仕事の場合など

薬や日用品や化粧品などたくさんの商品を販売しているドラッグストアは、街の中の色んなところで見かけます。

ドラッグストアでバイトをする際に、気になることの一つに服装はどうしよう?という疑問がありますね。

面接での服装と身だしなみについて紹介していきます。
やはり清潔感のある服装がオススメです。

ドラッグストアの仕事の内容は色々ありますが、その内容によっては服装が自由な場合もありました。

店舗によっては制服を支給される場合もありますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。 短距離走を速く走る...

面接日時の連絡来ない時の対処法と問い合わせ時のポイント!

面接の応募連絡をしたのに、企業から面接の日時に関する連絡来ないとなると、いつまで待てばいいのか不安に...

パワハラ上司への仕返し!社長に報告する場合の手順について

パワハラ上司による被害を受けている人は、毎日会社に行くのも嫌になるのではないでしょうか? なん...

ドクターヘリのCSになるには?狭き門への挑戦方法について

テレビで取り上げられているのを見て、ドクターヘリのCSになりたい、と思う人が増えているといいます。 ...

韓国に住む、そして仕事をしたいと考えている人へのアドバイス!

日本から飛行機で3時間弱で行くことができる「韓国」。観光名所に行くと日本人でいっぱいですよね。 ...

新人が使えないのは当たり前?上司の不満・新人の不満

新しく入社してきた新人が使えないと腹を立てている上司や先輩のみなさん、新人が使えないのは当たり前だと...

大学の課題を出さないのを防ぐコツや遅れないためにできること

大学の課題を出さないとどうなるのかは、きっとご存知ですよね。 では、どうして課題を出さないのか...

ソフトボールのコツを理解して、体育の時間に打ってみよう

オリンピックなどのソフトボールの国際試合を見ると、体育の授業で自分もあんなふうに打ってみたいと思いま...

サッカー初心者ドリブル上達方法!ドリブルのコツやポイント解説

サッカー選手のピッチを縦横無尽に駆け巡り、ゴールを狙う姿にカッコイイと思った人も多いはずです。 ワ...

書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったの...

テニスのポイントはなぜ0ではなくラブなのかその謎を解明します

全米オープンなどテニスの4大大会の試合をテレビで見ていると、ポイントが0ではなくラブと呼ばれていたり...

契約書の郵送方法・梱包方法とマナーや注意点について

新社会人として仕事していると、書類の郵送を頼まれることもあるでしょう。 その時に注意が必要なの...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

柔道寝技のコツとは?力をかけるポイントや練習ポイントを解説

柔道技のひとつ「寝技」ですが、寝技は練習をすればするほど上達すると言われており、柔道初心者こそ寝技練...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。 では、そんな仕...

スポンサーリンク

ドラッグストアのバイトの面接がある! 服装はどうしたらいい?

世の中には色んな仕事があり、ドラッグストアでのアルバイトもその仕事の一つですが、ドラッグストアでのバイトの場合、面接にはどんな服装をしていけば良いのでしょうか。
ドラッグストアでのお仕事ですが、基本的に接客業になります。その為、面接の時にも、清潔感が感じられる服装が求められると思います。変にかしこまって「スーツ」までは求められないかもしれませんが、汚れであったり、シワは目立たないもの、また、スカートをはくにしても、短すぎないものが良いと思います。

また、面接当日のマナーについても触れておきたいと思います。
到着して、受付でですが、
「お忙しいところ失礼します。本日、アルバイトの面接で伺いましたOOと申します。担当者のOO様いらっしゃいますか?」

このようなトークで面接の5分ほど前に到着するとよいと思います。

ドラッグストアのバイトでの気になる服装は?

ドラッグストアでの面接には、どんな服装がよいか、また受付でのトークについてみてきましたが、ここでは、より詳細にどんな服装が実際に働くときに適切なのかについてみていきたいと思います。

服装ですが、規定があるようで、制服を貸し出ししているようです。その為、ポロシャツ・トレーナー、エプロンを着用することになるようです。靴に関してですが、動きやすいものを履かれている方が多いようです。

また、ネイルですが、落ち着いたものであれば、問題はないでようです。ただ、店舗によって異なることもあるので、確認が必要になってきます。

気になる仕事内容ですが、レジ打ち、商品の陳列・補充、在庫確認などになります。

ドラッグストアで働くとなると、薬の知識が必要なのでは?と思われる事もあると思いますが、その分野での知識がなくても働けますので、安心して下さいね。

ドラッグストアのバイトで接客するなら服装は制服の場合もあり

ドラッグストアでアルバイトをする際、実際働くとなると、どんな服装が求められ、仕事内容はどんなものであるかについてみてきました。ここでは、服装についてより詳しくみていきたいと思います。

あるドラッグストアでの服装ですが、

  • 髪型…長い場合は結ぶ。男性は長い髪の毛はダメ
  • 服装…制服あり
  • ネイル…不可
  • メイク…ナチュラルメイク
    だそうです。

また上記に加えて、身だしなみであったり、しっかりと挨拶をすること、また、どのようにして仕事内容を吸収していくのか、また、品出しのやり方などより詳細に説明があるようです。

店によってやり方が違う可能性もあるので、面接時に確認するのも良いのかもしれませんね。いずれにせよ、身だしなみであったり、挨拶というのは、どこの会社に勤めても大切な要素になります。しっかり身につけていきたいですよね。

ドラッグストアのバイト面接でのアピールポイント

ドラッグストアで働くとなると、実際どのような点を身に着けておく必要があるかについてみてきましたが、ここでは、面接での重要となるポイントについてみていきたいと思います。

ドラッグストアで働くとなると、有力な資格として、「登録販売士」という資格があります。この資格があると、薬剤師が不在だとしても、適切なお薬を販売できるようになったのです。

この資格があるかないかで、薬が販売できるかできないかの違いが出てくるので、持っていると有利になります。

それでは、「登録販売士」がないと働けないの?と思われるかもしれませんが、資格がなくても、働くことはできます。お薬の知識が無くても、働けますので、その点は安心してください。

むしろ、通常のお仕事の大半は、接客であったり、品出しになりますので、安心してくださいね。その分、体力が必要な職場になるかもしれませんが。

ドラッグストアのバイトの気になる時給は?

ドラッグストアでのバイトですが、「登録販売士」という資格があると、有利にはなる、けれど大半は接客であったり、品出しになるので、体力が必要となる仕事であることをみてきました。ここでは、気になる時給についてみていきたいと思います。

今の時代、ネットでも簡単に検索することはできると思いますが、地域差もあると思います。都心となると、1000円くらいでしょうか。そして、時給だけではなく、交通費が支給されるかどうかについても注意したいですよね。

ドラッグストアによっては、ある程度の勤務時間がないと、交通費を支給しないところもあるようです。考え方は、コンビニとあまり変わりないのかもしれませんね。違いがあるとしたら、コンビニには、深夜の勤務があっても、ドラッグストアにはないという点でしょうか。

コンビニと比較する必要もないのかもしれませんが、夜は働きたくないという方には、ドラッグストアの方がお勧めなのかもしれません。どちらか、適切な方を選んで、働くことができると良いですね。