ドラッグストアのバイトの服装について!面接や仕事の場合など

薬や日用品や化粧品などたくさんの商品を販売しているドラッグストアは、街の中の色んなところで見かけます。

ドラッグストアでバイトをする際に、気になることの一つに服装はどうしよう?という疑問がありますね。

面接での服装と身だしなみについて紹介していきます。
やはり清潔感のある服装がオススメです。

ドラッグストアの仕事の内容は色々ありますが、その内容によっては服装が自由な場合もありました。

店舗によっては制服を支給される場合もありますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パワハラ上司への仕返し!社長に報告する場合の手順について

パワハラ上司による被害を受けている人は、毎日会社に行くのも嫌になるのではないでしょうか?なん...

公務員が年休を取得する場合、理由は必要ないけど伝え方に注意

公務員は労働基準法の適用外となっていますが、年休を取得する権利はあります。一般的な会社員であ...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

教育実習での授業を失敗しないためのコツや気をつけたいこと

教育実習で授業をすることは、とても緊張しますし、失敗するのではと不安にもなりますよね。では、...

農業は儲かる。どんな果物が儲かるのかや農家の売上や海外事情

農業といえば休みがない、朝が早い、仕事が大変といったイメージがあるのではないでしょうか。そんな農...

退職後の書類はいつ届く?離職票が届く日数と返却される書類

会社を退職したあと、退職した会社から離職票をもらわなければ失業保険の手続きをすることができません。退...

美容師が手荒れでドクターストップになる原因と対処法とは

美容師をしているのに手荒れによってドクターストップになってしまうのは悲しいことですよね。しか...

サッカー初心者ドリブル上達方法!ドリブルのコツやポイント解説

サッカー選手のピッチを縦横無尽に駆け巡り、ゴールを狙う姿にカッコイイと思った人も多いはずです。ワ...

バドミントン【左利きの相手】の攻め方とは?戦い方のコツ

バドミントンで左利きの選手とあたるときにはどのような攻め方をしたらいいのでしょうか?左利きだ...

深夜のコンビニですることはこんな事!経験者が語る!

24時間営業のコンビニでは、深夜の勤務もありますね。深夜の時間帯は来客も少ないのでしょうか?...

アルバイトの休憩時間は時給発生するの?呼び出されたときは

アルバイトに限らず、労働者の休憩時間というのは法律で決められているそうです。では、アルバイト...

コンビニの早朝バイトは効率よく稼ぎたい主婦におすすめ!

コンビニのバイトは主婦や学生に人気がありますが、主婦の多くは昼間の時間帯を選んでバイトをしています。...

野球の練習方法で守備が上達するための基本やポイントとは

野球の練習方法において、守備の練習はとても重要です。特に、守備練習では様々なケースを想定したゴロ...

スキー上級者の滑り方、上級者はどんな滑り方をしているのか

ゲレンデに行くと山の頂上から颯爽と滑っていく人に目がいきませんか。結構多くの人は注目しているはず...

服のネットショップを自宅で開業して成功させるためのヒント!

ネットショップはコストを抑えて自宅でも開業できると大変人気があります。服のネットショップを自...

スポンサーリンク

ドラッグストアのバイトの面接がある! 服装はどうしたらいい?

世の中には色んな仕事があり、ドラッグストアでのアルバイトもその仕事の一つですが、ドラッグストアでのバイトの場合、面接にはどんな服装をしていけば良いのでしょうか。
ドラッグストアでのお仕事ですが、基本的に接客業になります。その為、面接の時にも、清潔感が感じられる服装が求められると思います。変にかしこまって「スーツ」までは求められないかもしれませんが、汚れであったり、シワは目立たないもの、また、スカートをはくにしても、短すぎないものが良いと思います。

また、面接当日のマナーについても触れておきたいと思います。
到着して、受付でですが、
「お忙しいところ失礼します。本日、アルバイトの面接で伺いましたOOと申します。担当者のOO様いらっしゃいますか?」

このようなトークで面接の5分ほど前に到着するとよいと思います。

ドラッグストアのバイトでの気になる服装は?

ドラッグストアでの面接には、どんな服装がよいか、また受付でのトークについてみてきましたが、ここでは、より詳細にどんな服装が実際に働くときに適切なのかについてみていきたいと思います。

服装ですが、規定があるようで、制服を貸し出ししているようです。その為、ポロシャツ・トレーナー、エプロンを着用することになるようです。靴に関してですが、動きやすいものを履かれている方が多いようです。

また、ネイルですが、落ち着いたものであれば、問題はないでようです。ただ、店舗によって異なることもあるので、確認が必要になってきます。

気になる仕事内容ですが、レジ打ち、商品の陳列・補充、在庫確認などになります。

ドラッグストアで働くとなると、薬の知識が必要なのでは?と思われる事もあると思いますが、その分野での知識がなくても働けますので、安心して下さいね。

ドラッグストアのバイトで接客するなら服装は制服の場合もあり

ドラッグストアでアルバイトをする際、実際働くとなると、どんな服装が求められ、仕事内容はどんなものであるかについてみてきました。ここでは、服装についてより詳しくみていきたいと思います。

あるドラッグストアでの服装ですが、

  • 髪型…長い場合は結ぶ。男性は長い髪の毛はダメ
  • 服装…制服あり
  • ネイル…不可
  • メイク…ナチュラルメイク
    だそうです。

また上記に加えて、身だしなみであったり、しっかりと挨拶をすること、また、どのようにして仕事内容を吸収していくのか、また、品出しのやり方などより詳細に説明があるようです。

店によってやり方が違う可能性もあるので、面接時に確認するのも良いのかもしれませんね。いずれにせよ、身だしなみであったり、挨拶というのは、どこの会社に勤めても大切な要素になります。しっかり身につけていきたいですよね。

ドラッグストアのバイト面接でのアピールポイント

ドラッグストアで働くとなると、実際どのような点を身に着けておく必要があるかについてみてきましたが、ここでは、面接での重要となるポイントについてみていきたいと思います。

ドラッグストアで働くとなると、有力な資格として、「登録販売士」という資格があります。この資格があると、薬剤師が不在だとしても、適切なお薬を販売できるようになったのです。

この資格があるかないかで、薬が販売できるかできないかの違いが出てくるので、持っていると有利になります。

それでは、「登録販売士」がないと働けないの?と思われるかもしれませんが、資格がなくても、働くことはできます。お薬の知識が無くても、働けますので、その点は安心してください。

むしろ、通常のお仕事の大半は、接客であったり、品出しになりますので、安心してくださいね。その分、体力が必要な職場になるかもしれませんが。

ドラッグストアのバイトの気になる時給は?

ドラッグストアでのバイトですが、「登録販売士」という資格があると、有利にはなる、けれど大半は接客であったり、品出しになるので、体力が必要となる仕事であることをみてきました。ここでは、気になる時給についてみていきたいと思います。

今の時代、ネットでも簡単に検索することはできると思いますが、地域差もあると思います。都心となると、1000円くらいでしょうか。そして、時給だけではなく、交通費が支給されるかどうかについても注意したいですよね。

ドラッグストアによっては、ある程度の勤務時間がないと、交通費を支給しないところもあるようです。考え方は、コンビニとあまり変わりないのかもしれませんね。違いがあるとしたら、コンビニには、深夜の勤務があっても、ドラッグストアにはないという点でしょうか。

コンビニと比較する必要もないのかもしれませんが、夜は働きたくないという方には、ドラッグストアの方がお勧めなのかもしれません。どちらか、適切な方を選んで、働くことができると良いですね。