ドラッグストアのバイトの服装について!面接や仕事の場合など

薬や日用品や化粧品などたくさんの商品を販売しているドラッグストアは、街の中の色んなところで見かけます。

ドラッグストアでバイトをする際に、気になることの一つに服装はどうしよう?という疑問がありますね。

面接での服装と身だしなみについて紹介していきます。
やはり清潔感のある服装がオススメです。

ドラッグストアの仕事の内容は色々ありますが、その内容によっては服装が自由な場合もありました。

店舗によっては制服を支給される場合もありますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

上司との面談で泣く部下の取扱説明書!上司が部下にできること

上司と部下で面談をしているとき、部下が泣く場面に遭遇してしまった!仕事の最中に部下が泣いてしまった!...

コンビニの品出しの時間はお店によって違う!時間帯を紹介

24時間営業していたり、ちょっとした物を買うのに気軽に寄ることが出来て便利なコンビニ。いつも...

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

コンビニの深夜バイトって、きつい!?その真相について

コンビニの深夜バイトって、昼間よりも来客が少ないみたいだし、結構楽ちんに思われがちですが、現実はかな...

No Image

水泳選手の食事について。子供でも大人よりたくさん食べて大丈夫

水泳競技をしている子供は、大人の食事の2倍3倍の量を食べさせるくらいでちょうどよいと言われています。...

職場が寒いから辞めたい!解決方法と職場が寒い時にできる対処法

働いている職場が寒いことが原因で職場を辞めたいと悩んでいる人もいますよね。エアコンの設定温度によって...

公務員が年休を取得する場合、理由は必要ないけど伝え方に注意

公務員は労働基準法の適用外となっていますが、年休を取得する権利はあります。一般的な会社員であ...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。では、そんな仕...

パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。では、手作りのパンを...

郵便局のアルバイトの合否通知は?面接の注意点と対策

郵便局のアルバイトの面接を受けたら、その合否の通知はどのように知らされるのでしょうか?なかな...

刑事のスーツは支給される!?女性の場合は?警察官との違い

警察官というと青い制服のイメージですが、ドラマなんかで見る刑事はスーツで捜査などしていますよね。...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?足が遅...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

インドのスポーツ「カバディ」の歴史やルール、魅力について

インドのスポーツ、カバディを知っていますか?インドのスポーツと言えばクリケットですが、クリケ...

スポンサーリンク

ドラッグストアのバイトの面接がある! 服装はどうしたらいい?

世の中には色んな仕事があり、ドラッグストアでのアルバイトもその仕事の一つですが、ドラッグストアでのバイトの場合、面接にはどんな服装をしていけば良いのでしょうか。
ドラッグストアでのお仕事ですが、基本的に接客業になります。その為、面接の時にも、清潔感が感じられる服装が求められると思います。変にかしこまって「スーツ」までは求められないかもしれませんが、汚れであったり、シワは目立たないもの、また、スカートをはくにしても、短すぎないものが良いと思います。

また、面接当日のマナーについても触れておきたいと思います。
到着して、受付でですが、
「お忙しいところ失礼します。本日、アルバイトの面接で伺いましたOOと申します。担当者のOO様いらっしゃいますか?」

このようなトークで面接の5分ほど前に到着するとよいと思います。

ドラッグストアのバイトでの気になる服装は?

ドラッグストアでの面接には、どんな服装がよいか、また受付でのトークについてみてきましたが、ここでは、より詳細にどんな服装が実際に働くときに適切なのかについてみていきたいと思います。

服装ですが、規定があるようで、制服を貸し出ししているようです。その為、ポロシャツ・トレーナー、エプロンを着用することになるようです。靴に関してですが、動きやすいものを履かれている方が多いようです。

また、ネイルですが、落ち着いたものであれば、問題はないでようです。ただ、店舗によって異なることもあるので、確認が必要になってきます。

気になる仕事内容ですが、レジ打ち、商品の陳列・補充、在庫確認などになります。

ドラッグストアで働くとなると、薬の知識が必要なのでは?と思われる事もあると思いますが、その分野での知識がなくても働けますので、安心して下さいね。

ドラッグストアのバイトで接客するなら服装は制服の場合もあり

ドラッグストアでアルバイトをする際、実際働くとなると、どんな服装が求められ、仕事内容はどんなものであるかについてみてきました。ここでは、服装についてより詳しくみていきたいと思います。

あるドラッグストアでの服装ですが、

  • 髪型…長い場合は結ぶ。男性は長い髪の毛はダメ
  • 服装…制服あり
  • ネイル…不可
  • メイク…ナチュラルメイク
    だそうです。

また上記に加えて、身だしなみであったり、しっかりと挨拶をすること、また、どのようにして仕事内容を吸収していくのか、また、品出しのやり方などより詳細に説明があるようです。

店によってやり方が違う可能性もあるので、面接時に確認するのも良いのかもしれませんね。いずれにせよ、身だしなみであったり、挨拶というのは、どこの会社に勤めても大切な要素になります。しっかり身につけていきたいですよね。

ドラッグストアのバイト面接でのアピールポイント

ドラッグストアで働くとなると、実際どのような点を身に着けておく必要があるかについてみてきましたが、ここでは、面接での重要となるポイントについてみていきたいと思います。

ドラッグストアで働くとなると、有力な資格として、「登録販売士」という資格があります。この資格があると、薬剤師が不在だとしても、適切なお薬を販売できるようになったのです。

この資格があるかないかで、薬が販売できるかできないかの違いが出てくるので、持っていると有利になります。

それでは、「登録販売士」がないと働けないの?と思われるかもしれませんが、資格がなくても、働くことはできます。お薬の知識が無くても、働けますので、その点は安心してください。

むしろ、通常のお仕事の大半は、接客であったり、品出しになりますので、安心してくださいね。その分、体力が必要な職場になるかもしれませんが。

ドラッグストアのバイトの気になる時給は?

ドラッグストアでのバイトですが、「登録販売士」という資格があると、有利にはなる、けれど大半は接客であったり、品出しになるので、体力が必要となる仕事であることをみてきました。ここでは、気になる時給についてみていきたいと思います。

今の時代、ネットでも簡単に検索することはできると思いますが、地域差もあると思います。都心となると、1000円くらいでしょうか。そして、時給だけではなく、交通費が支給されるかどうかについても注意したいですよね。

ドラッグストアによっては、ある程度の勤務時間がないと、交通費を支給しないところもあるようです。考え方は、コンビニとあまり変わりないのかもしれませんね。違いがあるとしたら、コンビニには、深夜の勤務があっても、ドラッグストアにはないという点でしょうか。

コンビニと比較する必要もないのかもしれませんが、夜は働きたくないという方には、ドラッグストアの方がお勧めなのかもしれません。どちらか、適切な方を選んで、働くことができると良いですね。