年末年始休みなしの仕事でも休む方法と大切なアフターフォロー

年末年始と言えば家族とゆっくり過ごすという人が多いかもしれませんが、年末年始にも休みなしの仕事の人もいますよね。

では、年末年始に休みなしで仕事の人はいつ休んでいるのでしょうか?どんな仕事の人なの?

また、年末年始に休みなしでも仕事を休みたいときはどうしたらいいのでしょうか?休む方法とは?

そこで、年末年始休みなしの仕事でも休むための方法と休んだ後の大切なアフターフォロなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったの...

受領のメールを返信する時のポイント!ビジネスメールの送り方

取引先の会社の人から資料などを送ってもらった時、「受け取りました」の意味を込めてメールを返信しますよ...

自衛官の定年後の就職先は?定年が早い自衛官の再就職について

自衛官は公務員ですが、一般の公務員よりも定年の年齢が早いです。このため、定年を迎えた年齢でも再就職を...

イケメンで仕事ができる人には理由がある!性格や行動がポイント

どこの会社にも一人や二人はイケメンがいるでしょう。そんなイケメンは顔がいいいだけじゃなく、仕...

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。では、私立...

野球のツーシームの基本的な握り方や投げ方について解説します

日本のプロ野球やメジャーにはツーシームが得意な選手がいますが、自分が投げたいと思ってもどうやって投げ...

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか?...

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。そうなると気になるの...

新入社員の指導で疲れたときの対処法と大切なこととは

新入社員の指導をするということは、自分にとってプラスになることでもあるとわかっていても、指導に疲れた...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

駅員の仕事は楽?決して楽とは言えない駅員の仕事の実態とは

毎日見かける駅員さん。なんだか仕事が楽そうでいいなと思っていませんか?一見楽そうに見える駅員...

職場の愚痴を言わないと幸せになれる?愚痴のメカニズムとは

職場の愚痴。口を開けば、不平不満のオンパレード!愚痴っていると、ヒートアップしてどんどんどん...

就活でコネ面接から内定までの対策と採用してもらうコツとは

就活においてコネがあるという人でも、面接は受けなくてはなりません。では、就活でコネがあるとき...

コンビニで品出しのプロになる!作業のコツとその極意について

コンビニでの品出しをスムーズに行うコツはいくつかあります。店舗やそのお店の立地条件により、売...

契約書の郵送方法・梱包方法とマナーや注意点について

新社会人として仕事していると、書類の郵送を頼まれることもあるでしょう。その時に注意が必要なの...

スポンサーリンク

年末年始に休みなしなのは、どんな仕事?

一般企業の場合は年末年始は休みという人が多いですが、職種によっては年末年始も仕事をしなくてはいけない人もいます。

その一つが接客業です。ホテルや飲食店、スーパーのレジ打ち、アパレルなど接客業と言っても本当に様々な種類のものがあります。

アパレルの場合には福袋の販売やセールなどがある為、一番の稼ぎ時とも言えるかもしれません。一方で、年末年始には全然お客さんが来ないなんていう場合でも営業しなくてはいけない仕事もあるのです。

大手チェーンの一部の飲食店では、元旦は営業をお休みすると発表している企業もあります。元旦くらいお休みさせてあげたいというのが本音ですが、その取り組みはまだあまり広く浸透されていないのが現実なのです。

あとは、交通機関関係で働いている場合も休むのは難しい状況です。飛行機や電車、バスなど年末年始に全てストップしてしまうと、かなり不便ですよね。だから、止めるわけにはいかないのです。

シフト制の場合には、公平を保つ為に年末年始の出勤をくじ引きなどで決める会社もあるようですよ。

年末年始はゆっくりと過ごす人がいる一方で、お客様のためにと頑張って働いてくれている人がいるのです。

年末年始に休みなしで仕事の人はいつ休むの?

年末年始に休みが取れない仕事をしている人は、どのタイミングで休みを取っているのか気になりますよね。

例えば1月中に休みを取れなかった場合などは、2月にまとめて休みを取るなんていう人もいます。世間と休みをずらすことで、混雑を避けることが出来たり、旅費も安く済むという部分はメリットとしてあげられます。

しかし、休みがずれることで家族と一緒に出かけることが出来なかったり、帰省しても親戚と顔を合わせる事が出来なかったり、友達と会えなかったり…なんていうデメリットもあるのです。

職種によっては、振り替えの休み自体が無いなんていう仕事も…。そう考えると、やはり出来ることなら世間と同じように年末年始休みが取れる仕事の方が嬉しいという人の方が多いことでしょう。

年末年始に休みなし!でも仕事を休みたいときは

年末年始に休みが無いという仕事でも、場合によっては休みが取れる可能性もあります。

どうしても休みが欲しいという場合は、入社前に交渉するというのも一つの方法です。どうしても年末年始に休みが欲しいと話した上で、それでもあなたを採用したければ譲歩してもらえるかもしれません。その際は、口頭のみの約束では無くきちんと書面などで残してもらうようにしましょう。

また、パートやアルバイトの場合にはシフト制であることも多い為、比較的休みやすいでしょう。何日も連休にするというのは難しいかもしれませんが、職場の仲間達と調整し合えば何日かお休みがもらえるかもしれません。

どうしてもお休みが欲しい場合は、シフトの申請だけをするのでは無く、直接上司にお願いしにいった方が休みが取れる可能性が高くなるでしょう。

ただ、年末年始は出られるという約束のもと採用された場合などは、休みをとるのは厳しいのが現実です。

年末年始に仕事を休んだらアフターフォローが大切!

年末年始に休みを取りたいという人は多いでしょう。お休みを利用して実家に帰省したり、家族旅行に出かけるという人も多いのでは?

年末年始は休みになる仕事が多い一方で、年末年始も働かなくてはいけないという仕事もあります。そんな時、職場によってはシフトや調整次第では休みが取れる場合もあります。

でもそれを当たり前だと思うのはNGです!基本的に年末年始というのは、誰もが出来ることなら休みたいと思っています。だから、当然のように休みを取るというのは避けて欲しいのです。

上司にお願いする場合には、きちんと理由を述べるようにしましょう。「勝手なことを言って申し訳ないのですが、年末年始は実家に帰省しようと思っているのでお休みをいただけませんでしょうか?」など、この一言があるだけでガラッと印象は変わるのです。

また、無事に休みが取れた場合もアフターフォローを忘れないでくださいね。あなたが休んでいる間に、代わりに働いてくれていた人がいるのです。そういった人たちへは、きちんと言葉にして感謝の意を伝えましょう。そして、その仲間が休みを取りたいとなった時には、次はあなたが代わりにシフトに入るなど協力し合うことが重要になるのです。

どうしても休みたいのなら早めに会社と相談を!

年末年始に仕事を休みたいと思うのであれば、とにかく早めに会社に相談することが重要になります。休む事がわかった時点で、上司に伝えるようにしましょう。

基本的に有給休暇というのは、好きな時に取る事が出来ます。しかし、それによって業務上正常な運営を妨げる場合などは、上司にも断る権利があるのです。

あなたが重要なポストについているほど、休みを取るのは難しくなるかもしれません。そして休みまでの日にちが近いほど、調整なども難しくなってしまいます。

その為、とにかく早めに会社に相談することをおすすめします。そうすることで、あなたの穴埋めなどの調整も余裕を持ってすることが出来るからです。

しかし、早めに伝えたからと言って絶対に休みが取れるという約束も出来ません。もしかすると休みが取れないなんて可能性もありますので、覚悟はしておきましょう。