部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありませんか?

特にサッカーや野球といった運動部は費用がかかるため、中にはお金を払えず合宿を断念するご家庭もあるくらいです。

部活を楽しんで欲しい反面、費用がかかりすぎて困ってしまう。
子供に我慢をしてもらって合宿を断念してもらうか、費用をどうにか工面するかしか方法はありません。

実施時期はある程度わかりますので、計画的に貯めることが一番の方法かもしれません。その方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球初心者の練習方法!基本的な練習や上達のためにできる練習

卓球をはじめたばかりの卓球初心者の人は、一体どんな練習をすれば卓球が上手になるのか知りたいですよね。...

水泳のリレーの飛び込みは失格とならないように練習しよう

皆さん、水泳の試合をテレビで見たことはあるでしょうか。 最近はどんなスポーツの試合であってもテレビ...

コンビニの品出しの時間はお店によって違う!時間帯を紹介

24時間営業していたり、ちょっとした物を買うのに気軽に寄ることが出来て便利なコンビニ。 いつも...

リフティングの技のコツを教えて!色々なリフティングの技のコツ

かっこよくリフティングができる人に憧れている人もいますよね。サッカーのリフティングの技を上達させるに...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい! コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

肩を柔らかくする方法で水泳が上達してケガの予防にもなる

肩が柔らかくする方法をトレーニングすると水泳がとても泳ぎやすくなるでしょう。 それは、水泳のト...

朝はメールを何時から送ってもいい?ビジネスマナーの常識

メールだから朝に送っても問題はない?仕事の相手先にメールを送る場合は何時からならOKなのでしょうか?...

情報処理に関する資格は就職にどのくらい有利となるのか徹底調査

IT業界への就職を考えている大学生は、情報処理に関する資格を持っていると就職に有利になると思っている...

特別支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高い?実態を調査

2015年の時点で日本に1000校以上あると言われている特別支援学校。そこで働く教員の仕事は一般の教...

アルバイトの休憩時間は時給発生するの?呼び出されたときは

アルバイトに限らず、労働者の休憩時間というのは法律で決められているそうです。 では、アルバイト...

No Image

水泳選手の食事について。子供でも大人よりたくさん食べて大丈夫

水泳競技をしている子供は、大人の食事の2倍3倍の量を食べさせるくらいでちょうどよいと言われています。...

居酒屋の店員がマスクをすることに賛否両論!OKかNGか大論争

居酒屋の店員さんがマスクをしていたら、あなたは気になりますか?特に気にしませんか? この意見は年代...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか? 出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

明日、仕事行きたくない気持ちを抱えているあなたへ

明日、仕事行きたくない…。 ネガティブな気持ちでそう感じますか? それとも、愚痴程度の仕事行...

法学部が公務員を目指す場合の志望理由とその考え方

法や法律について学ぶ「法学部」。 法学の専門分野を学ぶわけですから、弁護士を目指す人もいますが国家...

スポンサーリンク

部活合宿の平均的な費用とは

夏休みや冬休みといった長期休暇中には、子供が部活の合宿に参加する機会も多くなります。いくら子供が集中して部活に取り組む良い機会だとは言え、その度にかかる費用が大きく家計にのしかかってくることも。

学校自体に合宿施設がある場合は別ですが、大抵の場合は2泊3日から4泊5日程度の合宿期間となるため、その間にかかる費用は安くても3万円程度と言われています。これがトップクラスの強豪校ともなると、より集中できる環境を求めて遠征するために、時には1回の合宿費用が軽く10万円を超えるケースもあるのだそうです。

宿泊費や食事代、移動にかかる交通費などを考えると、仕方がないと割り切るしかないのかもしれませんが、その度に出費となるため、同じ年頃の子供を数人抱えたご家庭では、さらに頭を悩ませることになりかねないのです。

サッカーや野球といった部活は合宿や遠征も多く、とにかく費用がかかるスポーツ

部活動の中でも、とくにお金がかかる部活と言えば、サッカー部が挙げられます。サッカー部はいつの時代も人気が高い部活のうちのひとつですが、他の部活と比べても1.2を争うほどのお金のかかる部活なのをご存知でしょうか?

たとえば野球などの他のスポーツと比べても、サッカーに使う道具はそれほど多くはありませんよね。では、なぜそんなにお金がかかるのでしょう。

部活に費用がかかる理由「遠征」の多さ

お子さんの所属しているサッカー部が強ければ強いほど、遠方の強豪校と対戦する機会を求めて遠征したり、強化合宿をしたりという機会が多くなります。中には本格的に施設を借りて長期間の合宿を行う学校もあるため、その費用がかなり高額となるのは言うまでもありません。

サッカーと同じく、お金のかかる部活と言えば、野球です。たとえ遠征や合宿が頻繁に行われなくとも、ユニフォームやスパイク、さらにグローブやバットなども全て揃えるとなると、それだけでも10万円近くのお金がかかるうえに、学校名が入った揃いのジャンパーやバッグなども購入するとなると、入部するだけでも痛い出費となるのは目に見えていますよね。

金銭的に厳しい状況になることを考えると、気軽に入部することを勧められないかもしれませんね。

部活の合宿費用は普段から貯めておくことが大切

子供が楽しんで部活に参加するためだと考えたら、親だって出来ることなら合宿に参加させてやりたいと考えるものですよね。とは言え、一度にそれだけの費用を用意するともなると、いったいどこから工面しようかと、頭の痛い問題でもあります。

合宿が行われるのは、主に夏休みなどの長期の休みの期間ですから、ある程度事前に貯めておく必要がありますが、いざ毎月の余った分を貯金に回そうと思っても、なかなか上手く貯まるものではありません。

人は目に見えるお金があるから使ってしまうわけで、それを防ぐには、最初から見えない場所によけておけば良いのです。金融機関の自動積立を利用して、給料日やボーナスの支給日に合わせて、一定金額を別の口座に自動的に積み立ててしまえば、あとは残りのお金でやりくりするしかないので、計画的にお金を貯めることが出来るのです。

こうして別口座に積立られた見えないお金があることにより、合宿費用に回すことも出来ますし、急な出費にも慌てずに対応出来るようになります。

部活が合宿を行う目的とは

実際にはすべての部活動が合宿を行っているわけではありませんが、合宿を行っている部活においても、よほどの強豪校でない場合は、それほど長期間に渡る合宿は行われていないようです。

部活の合宿を行う目的

やはり練習や試合での経験を積んで強くなることが一番ですが、それだけではありません。合宿中は一日中寝食を共にし、仲間との親睦を深める絶好のチャンスでもあり、この多感な時期にさまざまな経験をしておくことが、その後の人生においてもとても深く影響を及ぼしてくるのです。

合宿中は、普段よりもより多くの時間を練習に充てることが出来るため、選手たちが大きく飛躍するうえではとても重要な機会となります。子供たちは合宿を通して、練習を重ねることの大切さとともに、仲間との連帯感や、困難に立ち向かってそれを乗り越えた時の達成感を味わうことで、一回りも二回りも成長出来るのです。

部活の遠征や合宿が多く家計に負担を感じた時の対処法

いくら普段から節約に励んでいたとしても、子供の部活動を続けさせるうえでは、それに応じて厳しい家計の中から費用を捻出するのは、なかなか大変な時期もあるでしょう。どうせならレギュラーを取らせてあげたいけれど、それにはお金がかかる合宿や遠征等に参加させる必要があるケースが多いものです。

合宿などの費用を工面するために

ちょっとしたすきま時間で少しずつ稼ぐといった方法もあります。インターネット上のポイントサイトやアンケートサイトで地道に稼ぐ方法もありますし、短い時間で出来る比較的時給の高い早朝アルバイトという方法もあります。

また、断捨離をかねて着なくなった服や雑貨をフリマアプリで売ったり、自宅で出来る副業でコツコツ稼ぐという方法もあります。