サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。

サービス残業が当たり前な公務員もいるのだとか・・。私たちのイメージとはかなり違う公務員のお給料事情。

公務員の業務によって忙しさも残業についてもまったく違う?働く人にしてみたら、公務員も民間もどちらにしてもきちんと残業代は出してほしいし、出来れば残業はないほうがいいですよね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

介護施設で働く看護師の仕事内容と役割、メリットについて

介護施設で働く看護師は、病院で働く看護師とどう違うのでしょうか?では、介護施設で働く看護師の...

就活で公務員の面接を受ける!好印象になる髪型対策について

就活において公務員を目指すのであれば、面接ではどんな髪型にするのがいいのでしょうか?では、公...

昇任試験の面接はスーツ!どんなことを見てる?受かるためには

昇任試験の面接では、服装としてスーツを着るのが一般的でしょう。では、昇任試験の面接でスーツを...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

お坊さんの修行の内容はやっぱり厳しい?一日の流れとは

お坊さんの修行は厳しいものだと一般的には言われていますが、その修行内容がどんなものなのか気になります...

英検面接官バイトの仕事内容や日給といった基本情報をご紹介!

大学生が行うバイトの中でも特に人気の高いバイトが、英検の面接官バイトです。ただ面接官のバイトと聞...

就活でコネ面接から内定までの対策と採用してもらうコツとは

就活においてコネがあるという人でも、面接は受けなくてはなりません。では、就活でコネがあるとき...

No Image

陸上200mの効果的な練習方法!これでタイムを縮めよう

陸上200mは短距離に入りますが、100mとも違います。コーナーがあるため、コーナーリングの練習も必...

大学の講師になるには?必要な資格やなるための方法とは

大学の講師になるにはどうしたらいいのでしょうか?大学の教員として働きたい、教授を目指すために...

日本は休みが少ないはウソ?残業しないで帰る方法とは

日本は休みが少ないと感じるのはナゼ?外国と比べると日本はお休みが多いほうなんです。しかし、ど...

サッカースパイクの人工芝用と土用の違いとベストな選び方を解説

サッカースパイクには人工芝用と土用のものがあり、他にも天然芝用や兼用で履けるものもあります。ですが、...

退職は2週間前に伝えればいいの?正社員の退職について

退職したいなら2週間前でOK?正社員での雇用なら、民法627条1項の定めにより、『雇用は、解...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

休日は仕事に活きる勉強と人脈作りに当てる!デキる人の休日とは

休日の過ごし方で、デキるやつとデキないやつに分かれてしまいます。仕事のスキルアップを図りたい...

高校の非常勤講師の年収やボーナスはいくら?その実態に迫ります

教員資格は持っているものの採用試験に受からず高校の非常勤講師をするとなると、どのくらいの年収になるの...

スポンサーリンク

サービス残業は当たり前?公務員といっても業務によってかなり違う!

公務員の残業時間について時々ニュースになることがあります。これを参考に就活をしている学生が多くいますが、この結果を参考にして就活をしても全く意味がないです。

公務員の業務は幅広くあります。市役所で例えると、部署は総務、財務、福祉、市民、土木、建築、環境など色々あります。部署によって残業時間も違ってきます。

会社には「全く残業がない会社」もあれば「月に200時間以上残業をしている会社」もあります。公務員も部署が違うと残業があります。忙しい部署に配属になると月に100時間の残業は当たり前という部署もありますし、ービス残業になる可能性もあります。

公務員の残業時間は参考にはならないと考えておくと、入社してからのギャップが少ないです。

サービス残業が当たり前な公務員?見えないところで働いている?

公務員は残業がないと言う固定観念を持っていませんか?テレビや新聞などで、公務員の平均残業時間が取り上げられることがあります。

2014年霞が関で働く国家公務員の月平均の残業時間は平均37時間でした。休日出勤は半数以上の人がしていました。このアンケート結果から「公務員は残業がない」というのは間違ったイメージだということがわかりました。

残業があるのは国家公務員だけでなく、市区町村役場で働く地方公務員も残業があります。受付窓口が通常17時で閉まるので「市役所や、役場の職員は定時で帰宅する」というイメージがあります。

しかし窓口で対応しているのは、新規採用された1年目の職員もしくは、パート、非正規職員です。

市役所や役場で働く公務員は、窓口が閉まってもすぐに帰宅出来るわけではなかったのです。窓口が閉まったあとでも、公共工事、施設の管理運営、イベントの発案など色々な仕事をしなければいけないので、定時で帰宅することはほどんどないのです。サービス残業が当たり前なのです。

サービス残業ではない?公務員の当たり前なお給料事情

公務員の給料は残業代が出ないので、大変だと感じるかもしれません。残業代込みのお給料なのです。国家公務員になると残業代はでません。

しかし年収にすると一般企業の平均年収の2倍以上は、お給料をもらっています。その他にも手当があるので、残業代が出なくてもある程度の金額と言えます。

毎日残業をしているわけではなく、時期によっては忙しいので残業することになりますが、その場合はサービス残業になります。

残業代が出ない業種の多くはお給料に残業代も入っていることが多いです。年収の高い人達はサービス残業が当たり前になっています。

残業をする時間が多いと超過勤務で手当を貰える企業もありますが、基本的には残業代も込のお給料になるていると考えた方がいいです。

サービス残業が当たり前と思われている公務員は違法とはならない?

残業が多すぎるのも大変ですが、残業をしても手当をもらえないサービス残業になることがあります。たくさん働いても残業代には上限があり労働の対価として収入を得られないのが現実です。

公務員の場合は残業代はあらかじめ決められた予算内に収めます。残業の多い部署では残業時間すべてに残業代を支給すると予算が足りなくなるので、全額を支給することが出来ないのが事情です。60時間以上残業しても支給されるのは10時間分だけなどよくある話です。

しかし民間企業でもサービス残業はあります。労働基準法に違反しているので、あまりにひどい状態が長く続く場合は残業代を請求することが出来ます。

公務員は残業をしても残業代が支払われなかったとしても違法にはなりません。公務員は公共性を維持する目的に労働基準法が適用されません。

公務員のサービス残業は請求することができる?

多くの公務員は残業手当は存在しますが、教員など一部の職種は残業代は出ません。一般的な公務員は、残業手当、休日出勤手当が支給される建前になっています。しかし実際に満額支払われることは少ないのです。

過去に残業代の未払いを請求するために、公務員が自治体を訴えたことがあります。裁判で勝利した例もあるので、請求して取り戻すことができる場合もあります。しかし知識がないと弁護士などにお願いすることになるので、未払いの残業代が少ないと、弁護士の報酬の支払いをするだけでなくなってしまうこともありますので注意しましょう。残業代で納得出来ない時は上司に相談するのも1つの方法です。

時代の流れでサービス残業が当たり前になっている場合もあります。残業をすると残業代を支払われるのは当たり前のことですが、ほとんどの企業や公務員は支払いがされていないのが現状です。残業代が支払われない人達のほとんどは、一般の会社に勤務する人の2倍のお給料を貰っていると言われています。ですから残業代込みのお給料になっていることが多いのです。

お友達にはなかなか年収の話などは聞きづらいと思いますが、聞いてみる機械があれば聞いてみましょう。きっと公務員のあなたの年収は民間企業で働いているお友達より高いはずです。もし教えてくれない時はインターネットで調べて見てください!すぐにわかりますよ。