欠勤の連絡が遅れたらマイナスになる理由と正しいマナーとは

欠勤の連絡が遅れただけで、あなたの評価がマイナスになってしまうことがあります。

それくらい欠勤連絡の重要性に認識をもつことは大切なんです。

では、欠勤連絡の正しいタイミングやマナーとは?遅刻のときも連絡は早めにした方がいいですよ!

そこで、欠勤の連絡が遅れたらマイナスになる理由と正しい連絡マナーなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

退職後の書類はいつ届く?離職票が届く日数と返却される書類

会社を退職したあと、退職した会社から離職票をもらわなければ失業保険の手続きをすることができません。退...

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい?良くも悪くも、休...

バレーボールの上達法は自宅で一人でもできるコツやオススメとは

バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。コツを掴んで自宅でも練...

保育士のピアノ実技試験対策!苦手なピアノを克服し合格するには

保育士試験には実技試験があり、その1つにピアノ実技があります。小さい頃からピアノを習っている...

就活で見た目が大事といわれること!男性だってそうなんです

就活を控えている学生さんは、面接や服装など色々なことが気になりますよね。大事な就活や面接です...

マラソンが趣味の人にみられる性格とは?共通点は〇〇

マラソンが趣味の人に見られる性格ってなんでしょうか?ストイック?がんばり屋さん?我慢...

水泳個人メドレーのコツ、自己ベストを上げるために必要なこと

4種目泳ぐ水泳の個人メドレーですが、泳ぎが速くなるコツや指導する場合どこを強化すべきかで悩むことがあ...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。あまりに怒りが蓄積してしまうと...

職場の怖い上司や先輩に萎縮してしまう時の対処法や改善方法

職場に居る声が大きくて常に怒鳴っている上司。仕事に対していちいちつついてくる先輩。怖いくらい...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい!コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか?それには、...

スーパーのレジで働きたい方へ!志望動機はこうしよう!

スーパーで働きたい!中でもレジを希望します!そんな時、履歴書の志望動機の欄には何て書いたらい...

バスケの練習が家の中でも出来る様々なトレーニングとポイント

バスケが少しでも上手くなりたいと家の中でも出来る練習方法をお探しの方。家の中でも出来るトレーニン...

スポンサーリンク

欠勤の連絡が遅れたら無断欠勤扱いにも!正しいタイミングは?

仕事を休むときに連絡を入れる正しいタイミングはいつでしょうか?

欠勤の連絡は遅くても始業時間の10分前には電話をしましょう。
始業時間が過ぎてから欠勤の連絡を入れると無断欠勤扱いにされたり、そうならなかったとしてもマナー違反と捉えられてしまいます。

いつも出勤している時間にいないと、なにか事故やトラブルに巻き込まれたのでは、と心配をかける可能性もあります。

始業時間ぎりぎりに連絡を入れてしまうと、寝坊なのでは?と疑われてしまうこともあります。

始業後に欠勤の連絡を入れてしまうと朝のミーティングや業務が始まっているので欠勤の対応が大変になってしまい、さらにマイナスな評価をされてしまいます。

欠勤連絡の方法は会社ごとに違うので、その会社のルールに従って連絡を入れましょう。
会社によっては仕事が回せなくなってしまうところもあるので、代わりの人を探したりと対応も取らなくてはいけないため、欠勤する場合は早めに連絡をすることが無難です。

遅れたら仕事への影響も!欠勤連絡の重要性の認識を

欠勤の連絡はプライベートでの予定の変更を伝えるような軽いものではなく、緊急性と重要性の高いものであるということを意識しなくてはいけません。

会社によっては欠勤連絡はメールで良いというところもありますが、基本的に欠勤連絡は電話連絡がマナーです。
メールは相手が読まないと伝わらない一方的なものなので、しっかり上司と意思疎通の取れる電話連絡のほうが良いです。
会社のルールに従って連絡をし、周囲の人に極力迷惑をかけない配慮をしましょう。

体調不良で欠勤する場合、始業開始時間の10分~15分前には連絡を入れましょう。
直属の上司が不在の場合は、その上司に次ぐ立場の人に伝えて上司へメモを残してもらいましょう。
自分から改めて連絡をするということをしっかり伝えてください。

欠勤の連絡は、あくまで休みをもらえるかどうかを聞くようにしましょう。
自ら休みますと言い切ってしまうのはあまり印象が良くありません。

欠勤の連絡をもらった上司は、あなたの体調を心配すると同時に仕事への影響があるかを気にしていることもあります。
その日に会議などが入っていた場合は、日程を変更するか代理の人をたてるかどうかということも、欠勤の連絡をするときに相談しましょう。

欠勤の連絡が遅れたらズル休みだと思われることも・・・

朝、急に体調が悪くなってしまうことは誰にでもあることですよね。

始業時間ギリギリや始業時間を過ぎてから欠勤連絡をしてしまうと、寝坊を誤魔化すためのずる休みだと思われる可能性が高いです。

日ごろの勤務態度によってずる休みだと思われてしまうこともあります。

日ごろから遅刻や欠勤が多いと勤務態度が大変だらしなく思われます。
毎年クリスマス時期などイベント事があるときに風邪で欠勤していると、ずる休みしているのが丸わかりですよね。

本当に体調が悪くて欠勤した場合でもずる休みだと思われてしまうので、日ごろの勤務態度はとても大切だということがよくわかります。

日ごろの勤務態度を正すのはもちろん大事なことですが、体調が悪くて欠勤するときは病院へ行き診断書など体調不良の証明ができるものをもらっておくとずる休みだと思われることはありませんね。

遅刻の連絡も遅れるほどマイナスになる!?

寝坊などで遅刻が確定してしまったとき、自分にとって都合の悪いことは避けたいと思ったり後回しにしたくなってしまいますよね。
そういう気持ちになってしまうのは人間誰しも同じことです。
しかし遅刻連絡が遅れるほど自分にとってマイナスになってしまうということを頭に入れておきましょう。

自分が連絡を怠ることによって、周りの人に大きな迷惑をかけてしまうことになります。
それをさけるためにも、報告・連絡・相談はしっかりしましょう。

遅刻の連絡をするときは、伝えなくてはいけない内容をまとめてから連絡を入れるようにしましょう。
その日の仕事で他の人が使うものなどは連絡を入れたときに置き場所を伝えましょう。

遅刻の理由は寝坊だけではありませんよね。
交通機関のトラブルに巻き込まれて遅刻してしまう場合もありますので、出勤時間がさらに遅れそうだと感じたときは都度報告するようにしましょう。
日ごろから余裕を持って出勤することが大切です。

体調不良での欠勤でも正しい連絡マナーを

体調が悪くて仕事を欠勤するというのは誰にでもあることです。
そういったときは正しい連絡マナーを守ることがとても大切です。

連絡のミスやマナー違反で周りからの信頼を失ってしまうことも十分ありますので、気をつけたいところですね。

欠勤連絡の正しいマナーは、直属の上司に欠勤連絡をします。
直属の上司が不在だった場合はメールを送信して改めて連絡をします。
取引先との約束があった場合は取引先への連絡も忘れずにしましょう。

欠勤するときは、きちんと欠勤する理由も伝えましょう。
そして休みをいただいても良いか、必ず伺いをたてましょう。

欠勤連絡は一方的なメールではなく、電話連絡するのがマナーです。
休み明けに気持ちよく出勤できるように、欠勤理由も明確に上司に伝えることが大事です。