研修期間中に退職したことを職歴に載せるべきなのか

研修期間中に何らかの理由で退職してしまうことはあります。

社風が合わない、条件と違っていたなど理由は色々ありますが、研修期間中に退職するといった短い期間の職歴は履歴書に記載すべきなのでしょうか。もし記載せずに採用された場合、後々何か問題にならないのでしょうか。

職歴には正直に書くほうが無難ですが、隠した場合でも空白期間について聞かれることがありますので、答えられる準備はしておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。一説には今後数十年で通...

工場パートの気になる人間関係を調査!果たしてその実態は

工場パートの募集は多く、家計のために働いてみようかと考えている方も多いのではないでしょうか。...

ボクシングのカウンター上達のための練習方法とコツを解説

ボクシングのパンチの中でも、一瞬で相手をKOさせることも可能なカウンター。しかし、難しいテクニックが...

No Image

空手の蹴りの基本が上達するコツや正しい蹴りを身に着ける方法

空手の蹴りの基本である前蹴りが上達すると、自分の負けない得意技として有利な試合運びができるようになり...

刑事のスーツは支給される!?女性の場合は?警察官との違い

警察官というと青い制服のイメージですが、ドラマなんかで見る刑事はスーツで捜査などしていますよね。...

保険外交員として働く女性の現状と問題点とは

保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。これから保険外交...

受領のメールを返信する時のポイント!ビジネスメールの送り方

取引先の会社の人から資料などを送ってもらった時、「受け取りました」の意味を込めてメールを返信しますよ...

公務員の面接対策とは地元以外を受けるときの準備や心構え

地元以外の公務員面接を受けるときに必ず聞かれる質問。いったい、どのように答えたらいいのでしょうか?...

電話が鳴るのが怖い!緊張や苦手に感じる仕事の電話対応克服法!

仕事で電話がかかってくるのは緊張してしまい苦手に感じる事が多いと思います。私も事務の仕事をしてい...

新入社員のミスはいつまで許される?ミスで評価を落とすことも!

新入社員が仕事でミスをしてしまうのは仕方のないことですが、一体いつまでだったらこれが通用するのでしょ...

公務員の志望動機の書き方のコツやポイント地元以外を受ける場合

地元以外の公務員試験を受けるときにはどのような志望動機を用意したらいいのでしょうか?地元以外...

陸上部は高校からの初心者でもOK!練習や上達に必要なこと

高校から陸上部に入部するのは難しいかと思われがちですが、高校の陸上部は初心者でもオススメな部活なんで...

マラソンが趣味の人にみられる性格とは?共通点は〇〇

マラソンが趣味の人に見られる性格ってなんでしょうか?ストイック?がんばり屋さん?我慢...

指紋採取をする警察の鑑識員になるには?鑑識員になる方法

事件や事故現場で腰を屈めながら指紋を採取している警察官を見たことありませんか?これらの警察官...

スポンサーリンク

研修期間中に退職した場合でも、履歴書の職歴には記入した方がいい?

採用を頂いたとしても、研修期間に退職するケースもあると思いますが、そういった場合、履歴書にはその事実を記載した方がよいのでしょうか。

会社によって考えが異なるようなので、履歴書には試用期間で退職した場合であっても履歴書には記載した方が良さそうです。

書かないと不利になる、その危険性について考えられる点ですが、経歴を詐称している、また、それが理由で解雇につながる可能性もあるからです。

正直に書いておいたほうが、後々、会社側に知られて解雇になる可能性を低くすることができます。転職も、理由が前向きであれば、面接でアピールすることができます。なので、面接のときにもどんな前向きな理由で転職に踏み切ったのか、説明することができるよう、準備をしておきましょう。良いアピールポイントになると、採用される確率が高くなるのではないでしょうか。

研修期間中に退職したことを職歴に書かずに採用された場合、その後発覚しても問題ないの?

研修期間に退職した場合ですが、それを履歴書に書かないで採用が決まった場合、どうなるのでしょうか。

ハローワークでは「試用期間で退職したのなら、その事実を履歴書に書かなくても良い」と指導している場合もあるようです。

ただ、ここで少しポイントとなるのは、試用期間で終了しているケースを繰り返している場合、その事実を履歴書にしっかり書いていたら、相手の企業がその人のことを採用しなかったかもしれないという確立が出てきます。

なので、しっかり企業側がその事実を知っていたら、不採用にしていた可能性がある。その可能性をどう見るかでしょうか。

ただ、採用後、何がどうなるかという判断もあると思います。気まずくなる可能性もあります。素直に事実を書いておいたほうが賢明かもしれませんね。

研修期間中の退職についても職歴に正直に書くほうが無難

研修期間に退職した場合ですが、その事実を職歴に正直に書いた方が、信頼を得られるかもしれません。

企業に提出する履歴書や職歴には、正確な情報を書く必要があります。うそを書くと、経歴詐称になってしまいます。

なので、試用期間の退職についても、履歴書に記述しておきましょう。

多分、書かないと選択する要素としては、ばれなければ良いという風に思っていると思います。また、試用期間で終了しているので、経験としては考えないほうがよいのではとも思っているのかもしれません。でも、例え短期間であったとしても、働いた経歴は書いた方が無難です。

また、雇用保険のことも考えて、その会社に働いた証拠が残らないなら良いと考える人もいると思いますが、面接で「その期間何をしていたんですか?」と聞かれることもあると思います。事実を伝えるためにも、履歴書には退職したことを記述しておいた方がよいと思います。

どんな質問をされるか、それも想定しながら、面接をうけた方がよいのかもしれませんね。

研修期間中に退職をする場合の注意点

研修期間中に退職するときの注意点があります。

色んな理由で退職を選ぶこともあると思います。思っていた職場とは違った。仕事のことを考えると体調が悪くなる。最終的に辞めるという決断にいたる人もいると思いますが、どういうステップを踏んで退職していけばよいのでしょうか。

注意したいのは、その日に退職するというのは、会社側も困ると思います。たとえ試用期間中であったとしても、辞めたいと急に申し出て、その日に辞めるのは難しいです。会社にもルールがありますし、労働基準法でも、退職の2週間前に申し出の必要があるという風にかかれているので、即日退職はあまり好める状態ではありません。

退職の意思がある場合ですが、できるだけ早めに会社に申し出て、退職の手続きをしていきましょう。

面接で研修期間中になぜ退職したのかを聞かれた場合は?

研修期間にどうして退職したのか、面接で聞かれる場合ですが、どのように答えたらよいでしょうか。

短期間で辞めているので、理由としては、「面接で聞いていたときと環境や条件が違った」と答えれるとも思いますが、期間が数ヶ月の場合は、その説明でよいと思います。

ですが、勤務期間が数年となると、面接で聞いていたのと条件が違った、環境が違ったでは、ではどうして早めに切り上げて、次の職場を探さなかったのか?という質問が来ると思います。

退職の理由としては、前職の不満や愚痴を言わずに、自分がやりたいことが応募している企業で達成できること、また、数ヶ月で退職した場合は、前の会社と希望している会社との違い、何が魅力で応募しているかを答えられると良いと思います。

理由が残業時間が多すぎるであったり、人間関係である場合ですが、志望している企業でもありえることです。それを退職理由として述べるのは避けたほうが良さそうです。

1社での勤務期間が短期の場合は、それを履歴書に書きたがらない人がいます。ですが、それにもリスクが伴うことを理解しましょう。