受領のメールを返信する時のポイント!ビジネスメールの送り方

取引先の会社の人から資料などを送ってもらった時、「受け取りました」の意味を込めてメールを返信しますよね!受領メールを返信するのはビジネスマンのマナーでもあります。

では、受領メールの返信はいつまでに行うと良いのでしょうか?失礼にならない返信方法は?

そこで今回は、受領メールを返信する時のポイントと、ビジネスマンが覚えて起きたい返信マナーについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。あまりに怒りが蓄積してしまうと...

学校の用務員の仕事内容とは?なるには?求められるもの

学校の用務員の仕事というと、学校の庭の草刈りや清掃といった仕事が目立ちますが、主にどんな仕事内容にな...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

マラソンが趣味の人にみられる性格とは?共通点は〇〇

マラソンが趣味の人に見られる性格ってなんでしょうか?ストイック?がんばり屋さん?我慢...

シェフの帽子には意味があるの?高さの理由やコック帽子の由来

レストランなどの飲食店に行くと、白くて高いコック帽子をかぶったシェフが印象的ですよね。お店によっ...

アルバイトの休憩時間は時給発生するの?呼び出されたときは

アルバイトに限らず、労働者の休憩時間というのは法律で決められているそうです。では、アルバイト...

サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法

バレーボールの初心者がまず覚えることはサーブの打ち方です。ゲームはまずサーブから始まりますの...

新入社員の電話対応はいつからするの?率先して電話出ると好印象

新入社員の人たちの中には、いつから会社の電話対応をしたら良いのかわからない人もいますよね。電話が苦手...

コンビニのフランチャイズと直営店の違いとメリット・デメリット

コンビニにはフランチャイズ店(オーナー店)と直営店があります。同じコンビニですが、フランチャイズと直...

上司が怒る怒鳴る。しかも理不尽な理由で。対処と防御で乗切れ!

上司にはいろいろなタイプがあります。その中でも一番やっかいなのが『怒る』上司です。それも理不...

旅行のキャンセル料は仕事が原因なら会社に請求できるのか

楽しみにしていた旅行。でも旅行直前になって会社から「仕事に出てくれ」と休日出勤を命じられてしまうこと...

会社の休憩時間に寝るのはアリ?仕事の効率をアップさせるには

会社の休憩時間に15分程度寝ると、午後に絶対に襲ってくる猛烈な眠気に立ち向かうことができるって知って...

上司から愚痴を聞かされるのが辛い人へアドバイス!

上司にからいつも愚痴ばかり聞かされる・・・。聞かされる方もストレスが溜まりますよね。愚痴ばか...

仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツ

仕事を覚えるまでにかかる期間というのは、個人差がありますね。でも、なかなか仕事が覚えられない...

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。そうなると気になるの...

スポンサーリンク

ビジネスメールの返信「受領しました」の使い方

仕事の取り引きでメールでやり取りする場合に「受領しました」という言葉を使いますが、場合によって間違った使い方になってしまうので、正しい使い方を把握していきましょう。
受領はメール、金銭、書類などを受け取るときに使います。
親切な対応や情などには使わずこれらには「頂戴します」というのが適切です。

相手が長い付き合いの返信

この場合では受領と使うのは少しかたいやり取りの感じがします。
「お受け取りました」という言い方でも問題ないでしょう。

大事な取り引きの返信

「受け取りました」という言葉の最も丁寧な言い方が「拝借しました」が好ましいでしょう。
この言い方は、とっておきの大事な場面でのみ使用します。

ビジネスメールやビジネス敬語はたくさんあります。
慣れないうちは使い方の間違いも少なくないと思いますが、大事なときには必ず上司などに相談して取引先とメールのやり取りをするのがいいでしょう。

それがビジネスマンとしての信頼性にもつながります。
上司からも取引先からの信頼度もアップにつながる重要な項目ですので正しい使い方や受領のメールのやり取りをマスターしましょう。

受領したことを伝えるメールの返信は早いほうがいい

受領のメールの返信は理由があって遅くなってしまったというのは仕方ありませんが、早く対応する事にこしたことはありません。

返信素早いということは、信頼、信用性につながり、なた仕事への意欲や心構えなどでも評価されます。

返信が遅かったり内容があやふやだと相手へ不信感を与え、取り引きがとだえ、会社の存続にも関係する自体になってしまう危険もあります。

遅くなってしまった場合でも24時間以内には返信しましょう。
それが社会でのルールでもあります。

仕事が忙しくて後回しにしてしまうこともあると思いますが、そのまま何日も忘れてしまったといううっかりミスをおかしてしまわないよう、メモをしたり今やってる仕事が終わり次第すぐ対応するような癖を習慣化しておくと安心ですね。

ビジネスマンとし日々勉強をし上司の良いところをどんどん真似し成長し、会社の成績もアップにつながるといいですね。

受領メールを返信する時に気をつけること

相手先からメールで「ご査収のほどよろしくお願いいたします」と来た場合、よくある返信の間違いについてお話します。

このメールに対して「ご査収いたしました」という返信は適切ではありません。
査収=調べて受け取るですので、調べた結果がどうであったか述べる必要があります。全て理解したのか、まだ不明な点があるのか、ここでただ「ご査収いたしました」の返信だけでは、理解してもらったと判断され、後から不明な点を出しても、相手を混乱させてしまいます。

査収のために時間が必要な場合は、先に受領メールを送信します。
「査収に少し時間がかかりますので、お時間いただけますか」などと一言添えましょう。
この部分を省略してしまうと、良い取引ができず、後から問題がでてきてしまっても嫌ですよね。
そして顔が見みえないメールでのやり取りですので、失礼のないような文章やメールのやり取りをこころがけましょう。

そうすることで、信頼性も生まれ、仕事のモチベーションがあがるかもしれませんね。

相手にメールを返信する時におすすめの文例

受領のメールの返信ですが相手から送られてきた時間を確認します。
その時間が夜中なら残業中で早朝であれば、急いで対応してくれていると読み取る事ができます。
こちらも適切な対応で返信することが望まれます。

こちらのメールに相手が迅速に対応してくれた時

  • 素早い対応ありがとうございます。
  • 早々お返事を頂きましてありがとうございます。助かります。

相手からの返信が残業中とみられる時

  • お忙しい中対応してくださりありがとうございます。
  • その日のうちに対応していただきありがとうございます。
  • いつもながら熱心な仕事ぶりを尊敬しています。

朝に返信してくれた時

  • 出勤後すぐにメールを確認していただきありがとうございます。
  • 朝早くからの対応ありがとうございます、助かります。

このように受領のメールに一言添えるだけで相手にも気持ちが伝わります。

受領メールの返信が遅れてしまったときの対処法

理由があったにしろ、受領のメールが送れてしまった場合はお詫びのメールは必ず送信する必要があります。

このとき、相手に迷惑をかけていますので、宛先の間違い、適切ではない文章、誤字脱字、日付や必要事項が書かれているか、このような事があれば相手も更に戸惑ってしまいます。
書き終わりには送信する前に必ず見直しをしましょう。
迅速に返信をするのも大事ですが受領のメールが送れてしまった事に対しての敬意を示さなければ相手も不信感をもってしまいます。

常に見直す習慣をつけていれば問題ないでしょう。

また、自信がないときは同僚や上司に確認をしてもらいましょう。
自分では気がつかない間違いがあるかもしれませんね。