就活中電話に出れなかった時のマナー!折り返す時のポイント

就活中、都合が悪くて企業からの電話に出れなかったということもありますよね。結果の合否の連絡が電話で来る場合、電話に出れなかったことで焦りを感じることもあります。

就活中電話に出れなかった場合、折り返すときはどんなことに注意したら良いのでしょうか?気をつけた方がいいことは何?

そこで今回は、就活中に電話に出れなかった時の対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

就活でバイト経験について嘘を付いてもバレないのか

就活の面接で話を膨らませやすく、自己アピールしやすい話題といえば「バイト経験」です。面接で嘘...

居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。働いてい...

バドミントンを高校生から初心者で始めた人へ伝えたいこと

高校からバドミントンを始める場合、どんな準備や知識を知っておくといいのでしょうか?周りとの差...

昼休み中の電話は出ないことが当たり前?その前に上司に相談を

小さい会社だと、昼休み中なのに電話番をさせられることがありますよね。電話がこなければ昼休みも...

シェフの帽子には意味があるの?高さの理由やコック帽子の由来

レストランなどの飲食店に行くと、白くて高いコック帽子をかぶったシェフが印象的ですよね。お店によっ...

会社が寒い!夏の冷房対策で体調不良を予防!自分でできる対策

会社のエアコンが効きすぎてて夏でも寒いという人もいますよね。外の気温は高いのに、オフィスの中はまるで...

No Image

サッカーのスパイクの手入れ頻度や正しい方法で大切に使おう

サッカーのスパイクのお手入れは、皆さんどのくらいの頻度で行っているでしょうか。長く使うために...

台風で会社から帰れない時の対策は?酷い時は会社泊も検討に

台風の影響で、会社から自宅へ帰れないという事態はよく起きるものです。鉄道などは安全のためすぐに運...

レコード会社に就職すうためには学歴は必要?有利となる条件とは

レコード会社に就職したいと考えている人にとって、学歴はどこまで必要となるのか気になるところではないで...

教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツとは

教職課程を大学で履修することはとても大変なことですが、それには大きなメリットがあります。では...

社会人の理想的な手帳の書き方とは?ここを工夫すれば一目瞭然

社会人の手帳はどのような書き方をしたら予定を把握しやすくなるのでしょうか?手帳は予定を書くも...

仕事で大失敗!損害を出してしまった時個人で補償するかについて

仕事で大失敗をしてしまった!損害を出してしまった時、自分で弁償しなければならないのでしょうか?...

No Image

野球の球速アップのための筋トレ方法とは?バランスよく鍛えよう

筋トレで鍛えたことによって球速アップしているプロ野球の投手も増えてきましたよね。では、どんな...

コンビニの面接に落ちた時原因は?考えられる理由は色々あります

コンビニの面接に落ちた時、一体どんなことが原因で落ちてしまったのか気になりますよね。落ちないだろうと...

ボウリングの曲げ方のコツとは?カーブを投げるときのポイント

ボウリングでカーブボールを投げるときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?プロ...

スポンサーリンク

就活生が電話に出れなかった時の対処法

  1. 電話番号が通知されてれば折り返す
    電話番号が通知されているのであれば、メモの用意をして折り返し電話をかけましょう。
    折り返し電話をかける時は、午後18時を過ぎていないかを確認し、18時を過ぎているようであれば翌日の10時以降に折り返すようにしましょう。相手に迷惑になる可能性もあります。電話の着信が会ったのが17時~20時の間であれば、同じ日にもう一度電話がかかってくる可能性があります。
  2. 折り返し電話をかけた場合
    相手先の電話に出た人が「〇〇会社、△△出ございます」と名乗ると思いますが、それをしっかりとメモして「〇〇大学△△学部の××と申します。お電話を頂いておりましたので、折り返しをさせていただきました。電話に出ることができずに申し訳ありませんでした。」と話し、相手と通話をしましょう。
  3. 言葉遣いについて
    気になると思いますが、このとき意識して丁寧な言葉を使おうとしてしまいますよね。でも、尊敬語や謙譲語を取り入れて話をしようと意識するあまり、うまく会話ができないこともあります。

使い慣れない言葉を意識してボロが出るよりも、丁寧な言葉を意識して話をするほうが懸命です。

以上のことを踏まえて折り返しをすれば大丈夫でしょう。

就活中の不在着信!電話に出れなかった時は折り返すのが基本

不在着信があった場合は、相手に折り返すのが基本のマナーです。

就活中の不在着信は、基本的には全て折り返し電話をかけるようにしましょう。

特に、留守番電話にメッセージが残っていた場合は必ずその内容を確認しましょう。重要なメッセージの可能性もあります。

メッセージが残っていない場合でも折り返し電話をかけるのがマナーです。

知らない電話番号であっても折り返し電話を!

就活中、知らない電話番号から不在着信があったときも、基本的には全ての番号に折り返し電話をしましょう。

企業の都合で違う電話番号から電話をかけてきている可能性もあります。

不在着信は「折り返し不要」の場合もある

留守番電話に「折り返しは不要です」というメッセージが残されていることがあります。この場合は折り返し電話をかけることは不要です。

「電話に出れなかったことをお詫びしたほうが良いのでは?」と思うかもしれませんが、無理矢理こうした行動に出ると「指示を守ることができないのだな」と思われてしまう可能性もあります。

就活中に電話に出れなかった時は留守電をチェック!

留守番電話にメッセージが残されている場合

電話に出れなかった場合、折り返し電話がほしいときは留守番電話に「折り返しお電話をください」というメッセージが残されていることもあります。

この時は必ず相手の企業に折り返し電話をかけましょう。

また、「後でもう一度お電話いたします」などのメッセージが残されている場合も、こtらから相手に電話をかけるようにしましょう。

こちらから折り返し連絡をしたほうが早く連絡を取ることもできますし、相手にも良い印象を与えることができます。

電話で連絡が来た時は電話で折り返すのがマナー、メールで連絡が来た時はメールで返事をするのがマナーです。

電話よりもメールの方が楽だからメールで返事をしたいと思うかもしれませんが、ビジネスではその考えは通用しません。

就活中の不在着信・メールのチェックも忘れずに

企業からかかってきた電話に出れなかった場合は、メールやSNSの内容も確認してみましょう。

留守番電話にメッセージが残っていない場合は、メールやSNSに何らかの連絡が残っている可能性もあります。

そうした内容を確認してから企業に折り返し電話をするようにしましょう。

メールやSNSの内容によっては、こちらから折り返しをする必要がない場合もあります。

確認せずに連絡をしてしまうと、場合によっては企業に迷惑をかけることもあります。

「不在着信があった場合は絶対に折り返しをする」という考えが、すべての場合で正しいとは言えません。留守番電話の内容を確認し、何も残されていない場合はメールやSNSを確認、その後に折り返しの電話をすると、不要な電話をかけずにすみます。

不要なのに折り返し電話をかけて、「確認不足だな」と思われないようにしましょう。

出れなかった電話に折り返す時は…

企業に折り返し電話をかける場合、避けた方が良い時間帯もあります。

状況によって異なってきますので、自分で判断をして臨機応変な対応ができるようにしましょう。

  1. 業務開始後30分~1時間
    業務が開始してすぐの時間帯は、仕事の準備などのために忙しい可能性があります。この時間から反らせるようにして電話をかけましょう。
  2. お昼の時間
    お昼ごろ、12時~13時の間は担当者が席を外している可能性が高いです。休憩中のことが多いので、その時に電話をかけてしまうと相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。
  3. 業務後の遅い時間帯
    終業後の時間に電話を折り返すのも相手に迷惑になることがあります。帰宅をしている可能性もありますので、翌日に電話をかけるようにしましょう。

電話を折り返す場合で一番良いのは午後14時~16時頃です。

ですが、相手が忙しい可能性もありますので、電話をかける時は「今お時間よろしいでしょうか?」と聞いてから話をするのがマナーです。