就活中電話に出れなかった時のマナー!折り返す時のポイント

就活中、都合が悪くて企業からの電話に出れなかったということもありますよね。結果の合否の連絡が電話で来る場合、電話に出れなかったことで焦りを感じることもあります。

就活中電話に出れなかった場合、折り返すときはどんなことに注意したら良いのでしょうか?気をつけた方がいいことは何?

そこで今回は、就活中に電話に出れなかった時の対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タロット占い師になるには?必要なスキルや資格について解説

いつもはタロット占いをしてもらう側だけど、占う側になってみたいと感じることもありますよね。タ...

プロレスは勝敗が決まってる?客を魅了するプロレスの裏事情

「プロレスって試合前からもうすでに勝敗が決まってるんでしょ?」という話を耳にしたことありませんか?...

業務委託の副業がばれる可能性は?副業を行うコツと注意点

スキマ時間にちょっとでも稼げたらと副業を検討している方も多いでしょう。ただ気になるのが、副業をす...

サッカー初心者のサッカー上達のコツ!取り入れたい練習を解説

サッカーをはじめたばかりのサッカー初心者の人は、どうすればサッカーが上達するのか、コツを知りたいと思...

会社から命じられる「出向」にはどんな意味があるのか

ドラマの中でもよく描かれる「出向」。どうしてもネガティブなイメージを持ってしまいますが、そもそも...

特技を面接で聞かれる大学生、そのワケを紹介します

就活が忙しい大学生は、面接の時に特技をきかれて困った経験はありませんか?趣味はあっても、特技...

駅員の仕事は楽?決して楽とは言えない駅員の仕事の実態とは

毎日見かける駅員さん。なんだか仕事が楽そうでいいなと思っていませんか?一見楽そうに見える駅員...

大学の部活の中で初心者でも心配なく入れるものをご紹介!

大学に入ったら、サークルではなく部活に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しか...

【新体操】家でもできる子供の柔軟性を高める効果的な練習

柔軟体操は新体操の選手に欠かせないトレーニングですが、やはり毎日続けるというのがポイントです。週...

剣道【子供】を上達させるには?練習するときのポイント

子供の剣道を上達させるにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか?まずは、子ども自身に目...

派遣辞めたい…。一ヶ月など契約期間より前に辞める場合には

派遣を辞めたい。働きはじめて日が浅い。派遣先にもよりますが、最初は一ヶ月で契約すると...

パートを辞める際は、もっともらしい理由で円満退職!

様々な理由でパートを辞めたい・・・と思っている方がいるかと思いますが、パートを辞める際のもっともらし...

公務員の志望動機の書き方のコツやポイント地元以外を受ける場合

地元以外の公務員試験を受けるときにはどのような志望動機を用意したらいいのでしょうか?地元以外...

仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツ

仕事を覚えるまでにかかる期間というのは、個人差がありますね。でも、なかなか仕事が覚えられない...

コンビニの品出しの時間はお店によって違う!時間帯を紹介

24時間営業していたり、ちょっとした物を買うのに気軽に寄ることが出来て便利なコンビニ。いつも...

スポンサーリンク

就活生が電話に出れなかった時の対処法

  1. 電話番号が通知されてれば折り返す
    電話番号が通知されているのであれば、メモの用意をして折り返し電話をかけましょう。
    折り返し電話をかける時は、午後18時を過ぎていないかを確認し、18時を過ぎているようであれば翌日の10時以降に折り返すようにしましょう。相手に迷惑になる可能性もあります。電話の着信が会ったのが17時~20時の間であれば、同じ日にもう一度電話がかかってくる可能性があります。
  2. 折り返し電話をかけた場合
    相手先の電話に出た人が「〇〇会社、△△出ございます」と名乗ると思いますが、それをしっかりとメモして「〇〇大学△△学部の××と申します。お電話を頂いておりましたので、折り返しをさせていただきました。電話に出ることができずに申し訳ありませんでした。」と話し、相手と通話をしましょう。
  3. 言葉遣いについて
    気になると思いますが、このとき意識して丁寧な言葉を使おうとしてしまいますよね。でも、尊敬語や謙譲語を取り入れて話をしようと意識するあまり、うまく会話ができないこともあります。

使い慣れない言葉を意識してボロが出るよりも、丁寧な言葉を意識して話をするほうが懸命です。

以上のことを踏まえて折り返しをすれば大丈夫でしょう。

就活中の不在着信!電話に出れなかった時は折り返すのが基本

不在着信があった場合は、相手に折り返すのが基本のマナーです。

就活中の不在着信は、基本的には全て折り返し電話をかけるようにしましょう。

特に、留守番電話にメッセージが残っていた場合は必ずその内容を確認しましょう。重要なメッセージの可能性もあります。

メッセージが残っていない場合でも折り返し電話をかけるのがマナーです。

知らない電話番号であっても折り返し電話を!

就活中、知らない電話番号から不在着信があったときも、基本的には全ての番号に折り返し電話をしましょう。

企業の都合で違う電話番号から電話をかけてきている可能性もあります。

不在着信は「折り返し不要」の場合もある

留守番電話に「折り返しは不要です」というメッセージが残されていることがあります。この場合は折り返し電話をかけることは不要です。

「電話に出れなかったことをお詫びしたほうが良いのでは?」と思うかもしれませんが、無理矢理こうした行動に出ると「指示を守ることができないのだな」と思われてしまう可能性もあります。

就活中に電話に出れなかった時は留守電をチェック!

留守番電話にメッセージが残されている場合

電話に出れなかった場合、折り返し電話がほしいときは留守番電話に「折り返しお電話をください」というメッセージが残されていることもあります。

この時は必ず相手の企業に折り返し電話をかけましょう。

また、「後でもう一度お電話いたします」などのメッセージが残されている場合も、こtらから相手に電話をかけるようにしましょう。

こちらから折り返し連絡をしたほうが早く連絡を取ることもできますし、相手にも良い印象を与えることができます。

電話で連絡が来た時は電話で折り返すのがマナー、メールで連絡が来た時はメールで返事をするのがマナーです。

電話よりもメールの方が楽だからメールで返事をしたいと思うかもしれませんが、ビジネスではその考えは通用しません。

就活中の不在着信・メールのチェックも忘れずに

企業からかかってきた電話に出れなかった場合は、メールやSNSの内容も確認してみましょう。

留守番電話にメッセージが残っていない場合は、メールやSNSに何らかの連絡が残っている可能性もあります。

そうした内容を確認してから企業に折り返し電話をするようにしましょう。

メールやSNSの内容によっては、こちらから折り返しをする必要がない場合もあります。

確認せずに連絡をしてしまうと、場合によっては企業に迷惑をかけることもあります。

「不在着信があった場合は絶対に折り返しをする」という考えが、すべての場合で正しいとは言えません。留守番電話の内容を確認し、何も残されていない場合はメールやSNSを確認、その後に折り返しの電話をすると、不要な電話をかけずにすみます。

不要なのに折り返し電話をかけて、「確認不足だな」と思われないようにしましょう。

出れなかった電話に折り返す時は…

企業に折り返し電話をかける場合、避けた方が良い時間帯もあります。

状況によって異なってきますので、自分で判断をして臨機応変な対応ができるようにしましょう。

  1. 業務開始後30分~1時間
    業務が開始してすぐの時間帯は、仕事の準備などのために忙しい可能性があります。この時間から反らせるようにして電話をかけましょう。
  2. お昼の時間
    お昼ごろ、12時~13時の間は担当者が席を外している可能性が高いです。休憩中のことが多いので、その時に電話をかけてしまうと相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。
  3. 業務後の遅い時間帯
    終業後の時間に電話を折り返すのも相手に迷惑になることがあります。帰宅をしている可能性もありますので、翌日に電話をかけるようにしましょう。

電話を折り返す場合で一番良いのは午後14時~16時頃です。

ですが、相手が忙しい可能性もありますので、電話をかける時は「今お時間よろしいでしょうか?」と聞いてから話をするのがマナーです。