社長が仕事をしない会社は倒産する?良い社長は仕事をする!

毎日一生懸命に仕事をしている従業員の皆さん、お仕事ご苦労さまです。会社の利益向上と自分のお給料のために、毎日仕事を頑張っている人はたくさんいますよね!

そんな風に頑張って働いているとき、自分の会社の社長が仕事していない姿をみたら、なんだかがっかり・腹が立ってしまうこともあるでしょう。

会社の社長が仕事をしないのは倒産の危機かも!社長が仕事をしない会社の危険と、良い社長・悪い社長の特徴についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。 では、会社を辞める時の退職の挨...

仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツ

仕事を覚えるまでにかかる期間というのは、個人差がありますね。 でも、なかなか仕事が覚えられない...

公務員最終試験に合格しても採用されない理由とは

公務員の最終試験に合格したからといって安心してはいけません。実は、最終試験に合格しても採用されないケ...

公務員試験は既卒職歴ありでも大丈夫?既卒職ありの受験ポイント

いつ倒産するかどうかわからない企業より、安定した公務員になりたいと思う方も多いのではないでしょうか。...

ボウリング初心者ができること!上達するためのコツについて

ボウリングは幅広い年代に人気のスポーツですよね。 一度はやったことがあるという方が多いと思いま...

上司から愚痴を聞かされるのが辛い人へアドバイス!

上司にからいつも愚痴ばかり聞かされる・・・。聞かされる方もストレスが溜まりますよね。 愚痴ばか...

欠勤の連絡が遅れたらマイナスになる理由と正しいマナーとは

欠勤の連絡が遅れただけで、あなたの評価がマイナスになってしまうことがあります。 それくらい欠勤...

大学が不安で眠れない場合の対処法!考え方を変えることも大切

大変だった大学受験が終わって無事合格したものの、今度は大学での生活が不安で眠れないという人も多いので...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。 昔から続く日本ならではの働き方ですが...

職場の愚痴を言わないと幸せになれる?愚痴のメカニズムとは

職場の愚痴。 口を開けば、不平不満のオンパレード! 愚痴っていると、ヒートアップしてどんどんどん...

卓球の左利き選手との戦い方のポイントやコツを紹介します

卓球であたりたくない相手といえば、左利きの選手ではないでしょうか? 左利きの選手はなぜこんな...

公務員の志望動機の書き方のコツやポイント地元以外を受ける場合

地元以外の公務員試験を受けるときにはどのような志望動機を用意したらいいのでしょうか? 地元以外...

配達の仕事は以外と楽だったという実際の声と、気になる内容とは

楽な仕事とはどんな仕事だと思いますか? 人との関りがない・ノルマや残業がない・責任がない事など色々...

業務委託の副業がばれる可能性は?副業を行うコツと注意点

スキマ時間にちょっとでも稼げたらと副業を検討している方も多いでしょう。 ただ気になるのが、副業をす...

教育実習の時の髪型はパーマNG?注意するポイントを徹底解説!

教員免許を取得しようとしている人にとって大事な「教育実習」。ここで印象が悪くならないように注意しなけ...

スポンサーリンク

社長が仕事をしない会社は倒産する率が高い

世の中には色んな会社があり、その経営をする社長が存在すると思いますが、仕事をしない社長は、会社が倒産する確立が高いのでしょうか?

色んな社長がいて、従業員と話をしたこともない人もいますし、会社のサイズによっては、社長に会ったこともない人がいると思います。仕事を全くしない社長も存在すると思いますが、でも従業員からみたら、仕事をしていない社長の姿ですが、あまり良いイメージを持たないかもしれないですね。

ある人の意見ですが、社長こそ、誰よりも先に会社にいって、会社を守る働きをするべきだと感じているようです。

実際に、誰よりも先に会社に出勤して、その日のスケジュールを確認している社長は成功しているようです。

午後に出勤する社長もいると思いますが、誰よりも早く出勤している社長の方が、結果として失敗していない傾向にあるのではないでしょうか。

社長が社長の仕事をしない会社は危険!

社長が、社長としての仕事を果たしていない会社はもしかしたら危険なのかもしれませんね。

社長が現場にいなかったり、社員と一緒の時間をすごしていなかったとしたら、会社の経営がどんな状況に陥ってしまうのでしょうか。

会社を経営するには、ある程度のビジョンが必要になってくると思いますが、そのビジョンも考えれば考えるほど、良いものが生まれてくるのではないでしょうか。

そのビジョンや考えですが、それは社長が仕事を理解すればするほど、よいものが生まれてくるのではないでしょうか。

社長が一緒になって仕事をしていることによって、会社の中でも一体感が生まれて、組織としても向上していく。
一日一日の積み重ねが、大きな結果を生み出すのかもしれませんね。

社長が仕事をしない!良い社長と悪い社長とは

社長が仕事をしていないと、どんな結果が生まれるのでしょうか。

社長というのは、ビジネスを経営します。なので、企業を良くするのも、悪くするのも、社長次第だと思います。

ここでは、一般的に良い社長と悪い社長の特徴をみてみたいと思います。

「良い社長」

  • 強い熱意がある
  • 謙虚さがある
  • 前進する決断力がある
  • 仕事の責任は自分でとる

「悪い社長」

  • 仕事は従業員に任せる
  • 熱意がない
  • 仕事が向上しないのは、景気や部下のせいにする

上記はあくまでも一例ですが、良くできる社長と悪い社長では、特徴のようなものがあるのかもしれませんね。どちらにしろ、その会社が良い方向にいくのか、悪い方向にいくのか、ある程度の責任は社長にかかってくるのかもしれません。

こんな考え方の社長はNG

世の中には色んな社長がいると思いますが、下記のような特徴をもった社長はもしかしたら、あまりよくない社長なのかもしれません。
ここでは、二つの例を参照してみます。

従業員や周囲が仕事をするのが当たり前だと思っている

社長からすると、「こちらはお金を払っているのだから、仕事をして当たり前だろう」と思っているかもしれませんが、感謝の気持ちを示すことも大切なのではないしょうか。
社長自ら、「ありがとう」という言葉を発することによって、会社としてもモティベーションが上がってくるのかもしれませんね。

自分の考えが理解してもらえないことの要因を、他のせいにしている

「どうしてこんなことくらいわからないんだ」と思い始めると、回りがどうしてわからないのか、余計わからなくなってくるのではないでしょうか。

自分に対してプライドを持ち始めると、人のために何かしてあげたいという気持ちもなくなってくると思います。周りが自分のことを理解してくれないには、自分にも原因があるのかもしれません。そうとらえると、周囲とのコミュニケーションももっととれるようになってくるのではないしょうか。

社長にふさわしい人はどんな人?

どんな人が社長にふさわしいのでしょうか。

社長に求められることですが、その会社の実績が増えるようにすることではないでしょうか。

また、社員や従業員ですが、お金だけもらえればよいというわけではなく、その仕事に対してやりがいを感じるかどうかというのも焦点となってくると思います。
なので、全て社長の責任というわけではありませんが、社長の仕事に対する姿勢のようなのも、会社に影響してくるのではないでしょうか。

また、自分の会社だけが利益を得るのではなく、それが社会に貢献していくという考え方も考慮していく必要があるのかもしれませんよね。自分だけがよければそれで満足という考え方ではなく、困っている人を助けてあげたい。そんな考え方も大切なのかもしれません。

上記のような考え方が社長には求められるのかもしれませんね。社長というのも、会社の中でも大変な地位にいると思います。仕事に対してよい姿勢を持ち、良い会社が増えていくと良いですよね。