バレークイックのタイミングは?トスとアタックの合せ方

バレーのクイックは、トスとアタックの絶妙なタイミングが生まれる攻撃の一つです。

クイックする時のトスが悪くてもダメですし、アタックする時の助走や踏み出すタイミングも重要です。

バレークイック、トスとアタックそれぞれのタイミングについて詳しくまとめました。
それぞれの練習方法もありますので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンビニの深夜バイトって、きつい!?その真相について

コンビニの深夜バイトって、昼間よりも来客が少ないみたいだし、結構楽ちんに思われがちですが、現実はかな...

退職後の書類はいつ届く?離職票が届く日数と返却される書類

会社を退職したあと、退職した会社から離職票をもらわなければ失業保険の手続きをすることができません。退...

キーパーの練習方法!一人でもできる練習と心構え・コツを解説

キーパーというポジションは、サッカーの中でもとても大切なポジションになります。練習を一人で行なうのは...

仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツ

仕事を覚えるまでにかかる期間というのは、個人差がありますね。 でも、なかなか仕事が覚えられない...

会社の雰囲気に馴染めないと感じ、疎外感を感じているあなたへ

会社の雰囲気に馴染めないと、なんだか居心地の悪い気分で仕事をしているあなた。 『自分もしくは会社に...

刑事のスーツは支給される!?女性の場合は?警察官との違い

警察官というと青い制服のイメージですが、ドラマなんかで見る刑事はスーツで捜査などしていますよね。 ...

高校の非常勤講師の年収やボーナスはいくら?その実態に迫ります

教員資格は持っているものの採用試験に受からず高校の非常勤講師をするとなると、どのくらいの年収になるの...

レコード会社に就職すうためには学歴は必要?有利となる条件とは

レコード会社に就職したいと考えている人にとって、学歴はどこまで必要となるのか気になるところではないで...

テニスの後衛のコツとは?前衛のサポート役で終わらせない方法

テニスの後衛はどんなことを意識して動く必要があるのでしょうか?コツやポイントとは? 前衛の足を...

バレーボールのセッター、上達するための練習方法を徹底解説

少しでも良いトスを上げて得点に結び付けたい…セッターの人は皆そう考えているのではないでしょうか? ...

大学の講師になるには?必要な資格やなるための方法とは

大学の講師になるにはどうしたらいいのでしょうか? 大学の教員として働きたい、教授を目指すために...

レジ打ちの仕事のコツは【カゴ詰め】にあり!明日から実践しよう

スーパーなどのレジ打ちの仕事を始めたばかりの人は、カゴ詰めの要領がイマイチわからないですよね。 ...

バスケのシュート練習を自宅でする方法!高校生からの上達法

高校からバスケ部に入ったという方も多いですよね。 バスケを始めたばかりだと、やはりたくさんの練...

野球選手にとって不可欠な下半身トレーニングとは【野手編】

野球の選手にとって下半身トレーニングは欠かせないものですが、中でも野手のポジションの選手にはどんなト...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

スポンサーリンク

バレーのクイックトスを失敗してしまう原因とタイミングを合わせるコツとは?

バレーのクイックトスが上手く上がらない原因として考えられることの一つに、手首の使い方が良くないということが考えられます。

手首のスナップと膝の使い方が重要なクイックトス。遠くまで飛ばすトスではないので、手首のスナップでいかにボールをコントロールできるかがカギになります。

改善するためには、ボールを十分に引きつけてから手首のスナップを効かせるよう意識しましょう。

トスの長さを変えるのは手首のスナップの感覚で調整します。

クイックはなんと言ってもスパイカーと息の合った素早い連携が命

普段の練習では互いに声を出し合ってタイミングを図り、何度も話し合うなどコミュニケーションを重ねてベストなタイミングを探って身につけましょう。

クイックの場合はトスよりも先にスパイカーがジャンプして、そこにボールを放り込むイメージでトスすることです。

ネットから30~40cm上あたりにトスを出すこと、そしてスパイカーの右肩前方にボールを上げるとイメージするといいでしょう。

スパイカーがボールを呼び込むのに合わせたトス練習で互いの連携を深めてください。

バレーAクイックを打つタイミングは?

理想的なAクイックは、短い助走で鋭角に相手コートに落とし込むものです。センタープレーヤーであれば確実に身に着けるべきテクニックであり、クイック系攻撃の中でも基本中の基本といえます。

難しいのはAクイックのためにはセッターに確実に返るAパスが必要だということ

正確にネットギリギリに上がるトスでなければAクイックは成立しません。

もちろん非常にレベルの高いチームやプレーヤーでは、レシーブやトスが多少乱れても確実なスパイクに繋げられる場合もありますが、通常は各綱レシーブがあってこそのAパス、Aクイックです。

相手ブロックがついてこれない早さでクイック攻撃を仕掛けるには、固い守備あってこそ。Aパスが返ったら相手のブロックが付けないタイミングを狙ってクイック攻撃を仕掛けましょう。

バレーAクイックを打つ時に大切なのは助走と踏み切るタイミング

クイックを打つスパイカーにとって重要になるのは、まず助走です。

通常のスパイクの基本は3歩助走。しかし、より早さが必要となるクイックでの助走は1歩で入ります。もちろん、合わせるために助走が加わることもありますが、1歩で踏み切ってジャンプして打つのがクイックの基本的な流れ。

大きくバックスイングして強く打ち込むアタックと違い、より早く鋭角に相手コートに落とすかが勝負です。

つまり、必ずしも強く打つ必要はないのです。

助走と同じく重要になるのが踏み切りのタイミング

「ジャンプして空中にいながらセッターのてから繰り出されるトスを待つ」というイメージでしょうか。

身体に馴染んているいつものスパイクのタイミングがあるので最初はなかなかうまくいかないでしょう。

「こんなに早いタイミングでは打てない」と思ってしまうかもしれません。ただ、ジャンプしたボールが来るのを待つイメージで練習すると、だんだんコツが掴めて来るはずです。

バレークイックの練習方法は?

アタッカーに必要な練習

アタックを打つ場所を先に決めておき、アタックラインからスタートしてトスが上る前に踏み切り、ジャンプしてボールを待って打ちます。

通常のアタックはトスで上がったボールが打点まで落ちてくる時にアタックしますが、クイックでは逆に上がってくるボールがネットを超えた瞬間を狙うのがコツです。

この時、打ち方はよりコンパクトを心がけ、ボールに当たったら止める程度で大丈夫です。

最初は走り込んで正面にアタック。タイミングが掴めてきたら左右に打ち分ける練習やBクイックも練習します。

セッターに必要な練習

クイックはアタッカーがいる空中に正確なトスを上げることが求められます。

Aクイックでは斜め前方向にネットをわずかに超えるくらいのトスを上げなければなりません。Bクイックでは数メートル先にボールを素早くプッシュするようなイメージになります。セッターの背面方向にトスを上げるC、Dクイックでは上に上がりすぎないよう、後方を強くイメージしたトスが必要です。

狙った位置にまっすぐボールを運ぶようイメージしましょう。

バレーBクイックはトスとのタイミングが難しい?動作の流れは?

クイック攻撃のうち、Bクイックはセッターが離れた場所にトスを上げます。よりブロックされにくいのですがトスのタイミングが難しくなります。

セッターとの距離が2mほど離れて打つことがBクイックの最大の特徴で、攻撃のバリエーションを増やすためにもセンターは身につけておく必要があります。

Bクイックの動作

  1. 自分がレシーブは拾わないことが確実になった時点で助走開始位置へ。
  2. 味方のパスから、そこからのボールの動きを読んでネットに対して鋭角に助走スタート。
  3. バックスイングとともにジャンプ。この時、左手・右肘が下がってしまわないように意識すること。
  4. 空中でトスを待ってボールが来たら相手コートに叩きつけて着地。

拾われてたら相手からの攻撃に備えてすぐにブロックの態勢を準備する。

クイックのタイミングをバッチリ合わせるためには日々の練習とコミュニケーションを確実に!

よりスピーディーな動きが要求されるクイックは、いくつものタイミングが噛み合って初めて有効に機能する攻撃です。

アタッカー・スパイカーの助走や腕の振り上げ、打点の高さや位置とセッターの上げるトスのタイミングがベストな状態で初めて決定力が発揮されます。

そのどこかがズレていると相手に反撃の隙きを与える事になります。

チーム内で息を合わせ、タイミングがベストな状態を作るには、なんといっても普段の練習が大切になります。

特にセッターとアタッカー・スパイカーはトスの高さやタイミングを入念にすり合わせ、互いがベストの状態で攻撃力を発揮できるように話し合いながら動きを身体に覚えさせていく必要があります。

最初から上手くはいきません。コツコツと練習と話し合いを積み重ねていくうちに、感覚的に身についていくものです。

ボールの正確なコントロールと正確なタイミングを確実に掴んで実践で安定したクイック攻撃を使えるように努力していきましょう。