暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

特別支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高い?実態を調査

      2018/10/01

特別支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高い?実態を調査

2015年の時点で日本に1000校以上あると言われている特別支援学校。そこで働く教員の仕事は一般の教員よりも大変そうに感じますよね。

では、給料はどうなっているのでしょうか?教員は公務員なので、特別支援学校であっても同等なのでしょうか?残業は?

特別支援学級で働く教員の給料や残業の実態について詳しく説明します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

特別支援学校の教員の給料は高いの?

学校は学校でも、特別支援の教員ってどの位の給料をもらっているのだろうか?普通の学校よりも、大変な分、給料って高いのかな?そんな疑問を持たれることもあると思います。

その答えですが、給料の金額は、それぞれの自治体によって異なってはいますが、通常の学校教諭よりは高めに設定されているようです。その理由は、その専門性の高さが関連しているようです。

特別支援学校では、担当教員一人が、児童6人の指導を行いますが、その分、大変さは通常の教員のレベルを超えています。

また、特別支援がこうの教諭ですが、公務員になります。その為、年功序列で昇給になり、管理職についた場合は、給料体系も変わってきます。

年功序列である為、能力や経験によらず、同じ業務を職場では、こなしているようです。

特別支援学校の教員の給料や残業の実態とは?

特別支援の教員の給料ですが、一般より高めに設定されていること、その要因は、専門性であったり、大変さを考慮したものであることを、上記では把握してきました。

引き続き、特別支援学校の教員の給料であったり、残業の実態を把握していきたいと思います。

ある方の年収の例があるので、それを目安にして、特別支援学校の教育の給料を検証していきたいと思います。

  • 年齢:20代半ば
  • 職業:公立特別支援学校教員
  • 仕事内容:教諭
  • 年収:約400万
  • 残業時間:30時間未満
  • ボーナス:約60万
  • 休日:土日祝日

ボーナスは出るようですが、先生になりたてだと、額は期待する程ではないようです。また、教員ともなると、保護者からの意見も聞かなくてはいけない立場になるので、それを考えると、安い給料だと感じることも多々あるようです。

教科書も、先生が作るケースもあるので、諸々を考慮すると、子供が好きではないと、続かない職業かもしれません。

特別支援学校の教員の給料は初任給の相場も高め?

特別支援学校の教員の給料や残業、ボーナスについてより詳細に上記では把握してきました。

次に、特別支援学校の教員ですが、給料は初任給であっても、高めなのかどうかについて見ていきたいと思います。

特別支援学校の教員ですが、小学校や中学から比べると、専門性が強い為、難易度も高くなってきています。その為、給料についても、通常の初任給の相場が20万前後に対して、特別支援学校では、約22-26万円と高くなっています。

また、公務員は年功序列式なので、月日が経てば経つほど、高収入が期待されます。

初任給では民間と比べて大差はありませんが、年収は民間の平均を上回る数字、約600万という数字が公立の通常の教員でも出させています。特別支援学校ともなると、その上をいきます。

専門性が問われる分、特別支援学校の教員の給料は高めなのでしょうね。

特別支援学校の教員は生徒が下校した後どんな仕事をしている?

特別支援学校の教員給料ですが、民間が通常の教員に比べて、初任給がどの位であるのか、また年収においては、どの位の差が出るのか、上記では学んできましたね。

次に、その特別支援の教員ですが、生徒が下校した後は、どんな仕事をしているのか、その実情を検証していきたいと思います。

  • 掃除
    学校にもよるようですが、生徒が下校した後に、教室の掃除をする事が、仕事の一部になっているようです。
  • 児童下校後書類の記入
    教員は、個別の指導計画をたてて、指導にあたる必要があります。最終的な記録を学期末に書き、次の先生への引き継ぎの資料として役に立ちます。先生によっては、細かな作業になることもあります。
  • 次の日の授業の準備
    どんな授業にする必要があるのか、考えながら、教材を作成したり、準備を進めていきます。

特別支援学校の教員の仕事内容や働くことのやりがいとは?

特別支援学校の教員ですが、生徒が下校した後は、掃除であったり、次の日の授業の準備をしていることが、上記でわかりました。

最後に、特別支援学校の教員として、仕事内容であったり、働くことのやりがいについてみていきたいと思います。

ある方ですが、特別支援学校の教員として働いています。その方が生きがいと感じる瞬間ですが、「生徒の成長を日々見ることができること」だそうです。

仕事として大変なことは、保護者の方から、八つ当たりをされることがあったとしても、教員として器を大きくして、その八つ当たりを受け止めることができることだそうです。同僚の方々も、人として成長している人が多いことが利点として考えられるそうです。

どの仕事にもデメリットがあると思いますが、改善点は山程あるけど、中々改善されないこと、海外の支援学校と比べると、日本の学校はまだまだ遅れていると実感させられることだそうです。

やりがいを感じられないと、中々続かない仕事の一つになりそうです。子供が好きであり、何かの役にたっている、保護者の方々の精神的な部分の助けになっているなど、仕事に対して、やりがいを感じることを求めている人には、向いている職業かもしれませんね。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ