サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?

足が遅いから、反応が鈍いからとドリブルするのを諦めるのはまだ早い!ドリブルを上達させる練習方法を紹介します。

ドリブル練習では、このようなことを意識しながら行いましょう。ドリブル練習のコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お坊さんの修行の内容はやっぱり厳しい?一日の流れとは

お坊さんの修行は厳しいものだと一般的には言われていますが、その修行内容がどんなものなのか気になります...

ボウリングの曲げ方のコツとは?カーブを投げるときのポイント

ボウリングでカーブボールを投げるときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? プロ...

跳び箱の台上前転の怖いを克服するためのコツや練習方法とは

跳び箱の台上前転は怖いと感じる人は多いですが、その恐怖心があると余計にできなくなってしまいます。 ...

上司が怒る怒鳴る。しかも理不尽な理由で。対処と防御で乗切れ!

上司にはいろいろなタイプがあります。 その中でも一番やっかいなのが『怒る』上司です。 それも理不...

スキー上級者の滑り方、上級者はどんな滑り方をしているのか

ゲレンデに行くと山の頂上から颯爽と滑っていく人に目がいきませんか。 結構多くの人は注目しているはず...

電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若...

コンビニの品出しの時間はお店によって違う!時間帯を紹介

24時間営業していたり、ちょっとした物を買うのに気軽に寄ることが出来て便利なコンビニ。 いつも...

バレーのトスの指の形とは?トスの基本や練習方法を紹介します

バレーのトスの指の形はどのようにするといいのでしょうか?トスが上手くいかない原因にはどのようなものが...

バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。 紹...

ビリヤードのフォームを綺麗に見せたい!そのための秘訣とは

ビリヤードが上手な人ってフォームも綺麗でかっこいいですよね。 しかし初心者の場合は、なんとかそ...

出張用のスーツケースは1泊でも準備しよう!そのワケと選び方

出張や移動が多いビジネスマンに欠かせないといっても過言ではない、ビジネス用のスーツケース。 1...

No Image

【バドミントン初心者のヘアピン】スピンヘアピンを覚えよう

バドミントン初心者にとってヘアピンの中でもマスターすることが難しいスピンヘアピン。 しかし、こ...

上司との喧嘩で仲直りする方法と喧嘩しないためのポイント

上司と仕事上の意見の食い違いなどによって、喧嘩してしまうこともありますよね。 では、そんな上司...

日本は休みが少ないはウソ?残業しないで帰る方法とは

日本は休みが少ないと感じるのはナゼ?外国と比べると日本はお休みが多いほうなんです。 しかし、ど...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。 ローボレーが上手く打てる...

スポンサーリンク

サッカーの個人技といえばドリブル!練習では姿勢が肝心

小学生のサッカーチーム中でも、とくに目立つのはやはり、足が早くて個人技が光る選手、ドリブルが上手い選手もそのうちの1人でしょう。スピードに乗ってドリブルをしながら相手ゴールへ攻め込むためには、正しい姿勢で走ることを意識することが重要となってきます。

ドリブルはただ走るのとは違い、ボールを正確にコントロールしながらも、味方や相手がどこにいるのかを常に把握しながら走る必要があるため、上体を起こして広い視野を確保しなければなりません。

練習でもあまりボールばかりに意識を集中してしまうと、いざ試合で相手が詰めてきた際にもすぐに反応出来ずに、簡単にボールを奪われてしまう確率も高くなってしまいますよね。普段の練習中から良い姿勢を保ったままドリブルをするとことで、自然と顔が上を向くので、その分視野も広がり、余裕を持って対応できるのです。

もちろん、正確なボールコントロールが出来なければ、ドリブルで突破することなどできません。ですが、まずは正しい姿勢をキープすることを常に頭に入れておくことが、結果的にはドリブルのスピードをあげることにもつながるのです。

サッカーの個人技を練習するときに意識すること

サッカーにおけるドリブルとは、ゴールに向かってディフェンスを突破することを意味します。ディフェンダーをかわすためにボールを後退させる時にドリブルをするくらいなら、そのままパスを回したほうがムダな体力も消耗しなくて済むでしょう。

ドリブルを練習してさらに個人技を磨きたいのであれば、必ずゴールに向かってドリブルをして、シュートするまでを一連の動作として、繰り返し練習するとよいでしょう。
練習でやってこなかったことを、いきなり本番でやろうとしたところで、身体は勝手には動いてくれませんので、まずは普段の練習から「常にゴールに向かう」その意識を持って取り組みましょう。

可能であればドリブルの練習は単独ではなく、ディフェンスをつけて行います。いくら1人でドリブルからシュートに持ち込んでも、本番では何の役にも立ちませんよね。やはり、本番と同じようにディフェンダーを置いて、いかにシュートまで持ち込むかを繰り返し練習することが大切です。

サッカーの個人技の練習はまず丁寧に

サッカーの個人技であるドリブルが上手くなるためによく行われるのが、左右に並べたマーカーの間を交互にジグザグにドリブルする練習です。この練習は、主に正確にボールコントロールが出来るようになることが目的ですが、ボールをあまり見すぎないことも重要です。

下を向いてボールにだけ視線を集中してしまうと、いざ試合で相手ディフェンダーがいる状況では、瞬時に対応することが難しくなってしまうので、慣れてきたら顔をあげてボール以外の周囲の状況にも視線が届くように姿勢をキープしつつ、ひとつひとつの動作を丁寧に行いましょう。

また、ドリブルは速さももちろん重要な要素ですが、相手のスキをついてコースを変えたり、スピードを変えたりという、緩急をつけることも必要なので、常にトップスピードでドリブルをするのではなく、急に止まったりスピードを早めたりという動作も練習に取り入れましょう。

サッカーの個人技であるドリブルに正解はない

同じサッカーチームの中でも、ひとりひとり体格も違えば、得意なプレーも違ってきますので、みんながそれぞれバラバラに個人技を磨いたところで、必ずしも本番で勝てるチームになるとは限りません。個人技のひとつであるドリブルも、自分だけでシュートまで持ち込むという意識が強すぎると、仲間との連携もうまく行かず、結局は得点にまでつながらなくなってしまいがちです。

ドリブルの途中で必要に応じて仲間にパスを回したり、ディフェンダーの動きを見ながらフェイントを入れたりという動作が上手く出来るようになるには、普段から練習に練習を重ねる必要があります。

ただし、人それぞれ体格も違いますので、いくら上手い人の真似をしようとしたとしても、自分にも同じように出来るようになるかどうかはわかりません。練習を重ねるうちに、やがて自分のやりやすいように、ドリブルの仕方も変化していくのです。

相手が1対1になるのを嫌がるようなドリブルが出来るようになるためには、とにかく実戦に近い練習を積み重ねて、自分のプレースタイルを見つけてくださいね。

サッカーの個人技のドリブル練習はボールなしでもできます

ドリブルの練習をするのですから、当然サッカーボールなしでは始まらないと思うかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。

ドリブルには速さももちろんですが、短い距離でトップスピードに持っていき、急にストップして再び走り出すといったような、緩急の付け方を覚える必要があります。この動きを身体に身に着けさせるには、20メートルダッシュがオススメです。

ただ何本もダッシュを繰り返すのではなく、いかに短い距離でトップスピードに持っていくかということを意識しながら行います。無理をせず、自分が出来る範囲でやりましょう。

ドリブルの走る、止まる、という動作は、瞬発力がモノを言います。陸上の短距離走の選手が行う筋トレを応用して、足の筋肉を鍛えるのも効果的です。