居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。
働いているスタッフも若い人が多く、活気のある雰囲気ですよね。
しかし、忙しい時間帯などはキツイと感じることもあると思いますが、大変だからこそ感じるやりがいもあります。
居酒屋のアルバイトのメリットや、働き方のコツ、気を付けるポイントなどご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場にいるうるさい人への対処法。相手を変えることはできないけど

職場にいるうるさい人は、どんなことがうるさいと感じますか?仕事のやり方?プライベート自慢?た...

職場の可愛い子はやっぱり目立つ!彼女が好かれる理由とは

職場の可愛い子が目立つのは、見た目だけではなかった!可愛い子は隠れて努力をしているのかもしれません。...

育児休暇中に退職すると決めたら、報告は早めにしよう!

出産する前は職場復帰を考えていたものの、育児休暇中にやっぱり仕事を辞めようと考える人もいるのではない...

走り高跳びの助走のコツやポイントとは?助走を入念に練習しよう

走り高跳びの助走では、どんなコツが必要なのでしょうか?走り高跳びの助走で意識をしなければいけないポイ...

上司への報告はどこまで?その基準と方法について説明します

昔であれば、仕事で何か問題があるたび上司へ報告したものですが、今はどこまで報告すればいいのか悩む若手...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。昔から続く日本ならではの働き方ですが...

郵便局のアルバイトの合否通知は?面接の注意点と対策

郵便局のアルバイトの面接を受けたら、その合否の通知はどのように知らされるのでしょうか?なかな...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

陸上のスタートダッシュを向上させる練習法!鍛える筋肉とは

陸上の短距離で重要なスタートダッシュですが、少しでも早いスタートダッシュが出来たらいいですね。...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

消防救助隊が行う訓練とは?人命救助を目的とした厳しい訓練

消防には救助隊と呼ばれている、人命救助を目的とした専門部隊があります。レスキュー隊とも呼ばれているチ...

保険外交員として働く女性の現状と問題点とは

保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。これから保険外交...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

学校の講師を辞めたいときは?理由や会社員への転職など

学校の講師を辞めたいと持っている人は結構いるのかもしれません。学校の講師とは、生徒や保護者だ...

スポンサーリンク

居酒屋のアルバイトで働くコツ!居酒屋バイトのメリット

居酒屋のアルバイトは、他の飲食店のアルバイトより時給が高いケースも多いです。しかし、居酒屋でアルバイトをするメリットはお金だけではありません。

居酒屋ではアルバイト仲間が多くいます。学生のアルバイトも多いですが、フリーターが居酒屋でアルバイトをしていることも多いです。似た境遇の人との出会いがあり、アルバイト仲間同士仲良く友達や恋愛関係に発展することも珍しくありません。

居酒屋には多くのお客様がやってきます。居酒屋という場所柄、お客様とコミュニケーションを取ることや酔っ払いをうまくあしらう事も必要になってきますので、コミュニケーション能力が養われます。

居酒屋にはメニューが沢山あります。お酒の種類も多いですが、おつまみからシメの料理まで豊富にありますので、料理に詳しくなったりアレンジ方法など勉強になることも多いです。自炊をする人や料理好きな人に取っては、働きながら料理の知識を得られる良い場所でしょう。

居酒屋アルバイトのコツは優先順位を的確に

居酒屋で働くコツ!

居酒屋のホールのアルバイトの場合は、お客様を席に案内して、オーダーを取って、料理を運び、退店された席を片づけることがメインになります。1組ずつ相手にする場合はこれらを順番に行えば良いだけですが、そんな簡単なものではありません。優先順位を的確に判断できるようにしましょう。

居酒屋の店舗によっては、禁煙喫煙のスペースが分かれていたり、カウンターやテーブルなど席のバリエーションも様々でしょう。お客様の人数やお客様の客層などによっても案内する席を変える必要があります。オーダーや料理が出来上がるタイミング、お客様が帰るタイミングも違います。何から優先して行えばスムーズに回るのかを常に考えて行動する必要があります。

これらは、アルバイトを始めた後に店長や先輩から教えてもらえる場合もありますし、先輩にフォローされたりしながら身についていくでしょう。

居酒屋でのアルバイトのコツはお客様への笑顔を大切に

居酒屋では明るい笑顔で元気なアルバイトが接客をしてくれると、気持ちよく過ごすことが出来ますよね。バーでは元気いっぱいよりも落ち着いた接客が居心地が良いですが、居酒屋では元気な接客がポイントです。無表情だったりそっけないスタッフに接客されると、楽しい気分が台無しになってしまいます。お客様の笑顔を大切に気持ちよく過ごしてもらうためにはスタッフの笑顔も大切です。

居酒屋に来るお客様は、ただお酒を飲みに来るだけではなく、多くの場合は仲間との楽しい時間を過ごすために来ています。お客様の会話の邪魔をしない事もお客様が気持ちよく過ごすために出来ることです。お客様のもとに行くときは会話の盛り上がりなどでタイミングをはかるようにしましょう。

とはいえ、お客様の話が一段落するまで待っているといつまでも間に入れません。お客様が1つの話題を話しているときでも、間に入りやすいタイミングはあります。例えば、話している人が飲み物を飲む瞬間などは、一瞬でも間が出来るので、お客様の間に入りやすい瞬間です。

居酒屋のホールの仕事は大変だけどやりがいがある

居酒屋のホールは酔っ払いの対応などアルバイトが大変なイメージがありませんか?確かに厄介なお客様が来ることもあるでしょう。しかし、そんなお客様ばかりではありません。「ありがとう」と言ってもらえることも多く、直接お客様の反応を見ることが出来るのがホールのやりがいがある点です。

例えば、ホールはお客様にお勧めメニューを聞かれることも多いですが、お勧めしたメニューに喜んでもらえたり、「美味しい」と言ってもらえるだけで嬉しくなりますし、お勧めして良かったと思うでしょう。

また、お客様から「うちで働かない?」と言われることもあります。もちろんほとんどのケースは冗談ですが、自分の仕事ぶりをお客様に認めてもらえたのだと思うと嬉しくなりませんか?

お客様の反応が直接伝わってくるホールのアルバイトはやりがいもあるのです。アルバイトから社員になる人も珍しくありません。

接客用語の基本をマスター

どんな業界でも接客のアルバイトをする場合は、接客用語を使う必要があります。

アルバイトの基本の接客用語

  • いらっしゃいませ
    お客様が来店したときに、お客様に向かって笑顔で一文字一文字はっきりと発音ししましょう。
  • かしこまりました
    お客様の要望に応える時に言う言葉です。「分かりました」「了解しました」と同じシーンで使いますが、接客業では「分かりました」「了解しました」は言いません。ただし、了承の意味があるため、無理難題を言われた場合など、安易に「かしこまりました」を言わない方が良い場合もあります。
  • 少々お待ちください、少々お待ちいただけますでしょうか
    すぐに対応出来ない場合やお客様を待たせてしまうときに使います。「少々お待ちください」よりも「少々お待ちいただけますでしょうか」の方がより丁寧な印象になります。
  • お待たせいたしました
    お客様をお待たせしたときに使います。「少々お待ちください」と対で使いましょう。また、「少々お待ちください」と言っていなくてもお待たせした場合は言いましょう。待ったかどうかは人によって感覚が違うので、短時間でも待たせてしまった場合は言うようにします。飲食店で料理を出すのが遅くなった場合などにも使います。
  • 申し訳ございません
    お客様に謝罪する必要がある場合に使います。お店やスタッフに落ち度がない場合でも、使い場合もあります。
  • 恐れ入ります
    「恐れ入ります」には二つの意味合いがあり、感謝する場面と何か頼みごとをする場合で使う場合があります。どちらにも恐縮の意味が含まれています。例えば、褒められたときの返答で「恐れ入ります」と言います。頼みごとをする場合は「恐れ入りますが、こちらにご記入になって少々お待ちください」などの使い方をします。
  • ありがとうございます
    御礼をするときに使います。お客様に褒められたり、何かしてもらった場合は、「ありがとうございます」と言い、お客様が帰るときは「ありがとうございました」と言いましょう。