居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。
働いているスタッフも若い人が多く、活気のある雰囲気ですよね。
しかし、忙しい時間帯などはキツイと感じることもあると思いますが、大変だからこそ感じるやりがいもあります。
居酒屋のアルバイトのメリットや、働き方のコツ、気を付けるポイントなどご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩を柔らかくする方法で水泳が上達してケガの予防にもなる

肩が柔らかくする方法をトレーニングすると水泳がとても泳ぎやすくなるでしょう。それは、水泳のト...

柔道着の洗濯について。帯を洗濯するとどうなるのかを解説します

柔道着や帯の洗濯について紹介します。 まず帯は洗濯すると縮む、柔らかくなる、ほどけやすくなる...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。では、そんな仕...

就職は東京より大阪が断然良い理由と住んでみたらわかったこと

就職するなら東京にするか大阪にするか悩んでるという人も多いのではないでしょうか?では、就職す...

バレーボール【中学生女子】上達のための練習方法について

テレビでバレーボールの女子の試合が放送されると、まだ中学生とはいえうまくなるためにたくさん練習しよう...

剣道防具の洗い方!自宅で洗う方法とポイント、注意点を解説

剣道の防具は、いくら普段から手入れをしていても強烈な臭いがしてしまうもの。消臭剤を吹きかけても拭...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

思い込みがミスを招く。ミスをしないための対策と予防について

あなたは思い込みが激しいほうですか?私自身は、世の中を色眼鏡でしか見ていません!そんな、思い...

コンビニのフランチャイズと直営店の違いとメリット・デメリット

コンビニにはフランチャイズ店(オーナー店)と直営店があります。同じコンビニですが、フランチャイズと直...

工場パートの気になる人間関係を調査!果たしてその実態は

工場パートの募集は多く、家計のために働いてみようかと考えている方も多いのではないでしょうか。...

受領のメールを返信する時のポイント!ビジネスメールの送り方

取引先の会社の人から資料などを送ってもらった時、「受け取りました」の意味を込めてメールを返信しますよ...

就活でバイト経験について嘘を付いてもバレないのか

就活の面接で話を膨らませやすく、自己アピールしやすい話題といえば「バイト経験」です。面接で嘘...

警察の張り込み方法には一定のルールがある?徹底調査!

刑事ドラマなどを観ていると、警察が覆面パトカーに乗ってあんぱんを食べながら張り込みしているシーンって...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

陸上部は高校からの初心者でもOK!練習や上達に必要なこと

高校から陸上部に入部するのは難しいかと思われがちですが、高校の陸上部は初心者でもオススメな部活なんで...

スポンサーリンク

居酒屋のアルバイトで働くコツ!居酒屋バイトのメリット

居酒屋のアルバイトは、他の飲食店のアルバイトより時給が高いケースも多いです。しかし、居酒屋でアルバイトをするメリットはお金だけではありません。

居酒屋ではアルバイト仲間が多くいます。学生のアルバイトも多いですが、フリーターが居酒屋でアルバイトをしていることも多いです。似た境遇の人との出会いがあり、アルバイト仲間同士仲良く友達や恋愛関係に発展することも珍しくありません。

居酒屋には多くのお客様がやってきます。居酒屋という場所柄、お客様とコミュニケーションを取ることや酔っ払いをうまくあしらう事も必要になってきますので、コミュニケーション能力が養われます。

居酒屋にはメニューが沢山あります。お酒の種類も多いですが、おつまみからシメの料理まで豊富にありますので、料理に詳しくなったりアレンジ方法など勉強になることも多いです。自炊をする人や料理好きな人に取っては、働きながら料理の知識を得られる良い場所でしょう。

居酒屋アルバイトのコツは優先順位を的確に

居酒屋で働くコツ!

居酒屋のホールのアルバイトの場合は、お客様を席に案内して、オーダーを取って、料理を運び、退店された席を片づけることがメインになります。1組ずつ相手にする場合はこれらを順番に行えば良いだけですが、そんな簡単なものではありません。優先順位を的確に判断できるようにしましょう。

居酒屋の店舗によっては、禁煙喫煙のスペースが分かれていたり、カウンターやテーブルなど席のバリエーションも様々でしょう。お客様の人数やお客様の客層などによっても案内する席を変える必要があります。オーダーや料理が出来上がるタイミング、お客様が帰るタイミングも違います。何から優先して行えばスムーズに回るのかを常に考えて行動する必要があります。

これらは、アルバイトを始めた後に店長や先輩から教えてもらえる場合もありますし、先輩にフォローされたりしながら身についていくでしょう。

居酒屋でのアルバイトのコツはお客様への笑顔を大切に

居酒屋では明るい笑顔で元気なアルバイトが接客をしてくれると、気持ちよく過ごすことが出来ますよね。バーでは元気いっぱいよりも落ち着いた接客が居心地が良いですが、居酒屋では元気な接客がポイントです。無表情だったりそっけないスタッフに接客されると、楽しい気分が台無しになってしまいます。お客様の笑顔を大切に気持ちよく過ごしてもらうためにはスタッフの笑顔も大切です。

居酒屋に来るお客様は、ただお酒を飲みに来るだけではなく、多くの場合は仲間との楽しい時間を過ごすために来ています。お客様の会話の邪魔をしない事もお客様が気持ちよく過ごすために出来ることです。お客様のもとに行くときは会話の盛り上がりなどでタイミングをはかるようにしましょう。

とはいえ、お客様の話が一段落するまで待っているといつまでも間に入れません。お客様が1つの話題を話しているときでも、間に入りやすいタイミングはあります。例えば、話している人が飲み物を飲む瞬間などは、一瞬でも間が出来るので、お客様の間に入りやすい瞬間です。

居酒屋のホールの仕事は大変だけどやりがいがある

居酒屋のホールは酔っ払いの対応などアルバイトが大変なイメージがありませんか?確かに厄介なお客様が来ることもあるでしょう。しかし、そんなお客様ばかりではありません。「ありがとう」と言ってもらえることも多く、直接お客様の反応を見ることが出来るのがホールのやりがいがある点です。

例えば、ホールはお客様にお勧めメニューを聞かれることも多いですが、お勧めしたメニューに喜んでもらえたり、「美味しい」と言ってもらえるだけで嬉しくなりますし、お勧めして良かったと思うでしょう。

また、お客様から「うちで働かない?」と言われることもあります。もちろんほとんどのケースは冗談ですが、自分の仕事ぶりをお客様に認めてもらえたのだと思うと嬉しくなりませんか?

お客様の反応が直接伝わってくるホールのアルバイトはやりがいもあるのです。アルバイトから社員になる人も珍しくありません。

接客用語の基本をマスター

どんな業界でも接客のアルバイトをする場合は、接客用語を使う必要があります。

アルバイトの基本の接客用語

  • いらっしゃいませ
    お客様が来店したときに、お客様に向かって笑顔で一文字一文字はっきりと発音ししましょう。
  • かしこまりました
    お客様の要望に応える時に言う言葉です。「分かりました」「了解しました」と同じシーンで使いますが、接客業では「分かりました」「了解しました」は言いません。ただし、了承の意味があるため、無理難題を言われた場合など、安易に「かしこまりました」を言わない方が良い場合もあります。
  • 少々お待ちください、少々お待ちいただけますでしょうか
    すぐに対応出来ない場合やお客様を待たせてしまうときに使います。「少々お待ちください」よりも「少々お待ちいただけますでしょうか」の方がより丁寧な印象になります。
  • お待たせいたしました
    お客様をお待たせしたときに使います。「少々お待ちください」と対で使いましょう。また、「少々お待ちください」と言っていなくてもお待たせした場合は言いましょう。待ったかどうかは人によって感覚が違うので、短時間でも待たせてしまった場合は言うようにします。飲食店で料理を出すのが遅くなった場合などにも使います。
  • 申し訳ございません
    お客様に謝罪する必要がある場合に使います。お店やスタッフに落ち度がない場合でも、使い場合もあります。
  • 恐れ入ります
    「恐れ入ります」には二つの意味合いがあり、感謝する場面と何か頼みごとをする場合で使う場合があります。どちらにも恐縮の意味が含まれています。例えば、褒められたときの返答で「恐れ入ります」と言います。頼みごとをする場合は「恐れ入りますが、こちらにご記入になって少々お待ちください」などの使い方をします。
  • ありがとうございます
    御礼をするときに使います。お客様に褒められたり、何かしてもらった場合は、「ありがとうございます」と言い、お客様が帰るときは「ありがとうございました」と言いましょう。