保険外交員として働く女性の現状と問題点とは

保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。
これから保険外交員として働こうと考えている人にとって気になるのが、本当に女性が働きやすい場であるかどうかです。

そこで今回は、保険外交員として働く女性の現状と問題点についてまとめました。
保険外交員で働こうとしている方必見です!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

復帰後の挨拶でのお菓子を渡すタイミングや選び方とポイント

職場を復帰するときに挨拶をすることはもちろんですが、そのときお菓子も必要なのでしょうか? では...

リフティングの技のコツを教えて!色々なリフティングの技のコツ

かっこよくリフティングができる人に憧れている人もいますよね。サッカーのリフティングの技を上達させるに...

美容師の本音「こんなお客さんはもうイヤ!」と思うタイプとは

美容師という仕事ってお客さんといろいろな話もしなくてはいけないし、要望も聞かなくてはいけないので大変...

職場にイケメンがいたら癒しになるという女性のホンネ

職場にイケメンはいますか?また職場にイケメンは必要だと思いますか? 職場にイケメンがいたら、「...

少年サッカーのコーチが特定の子供をひいきする事があるかを調査

子供に少年サッカーをやらせてる親の中には、コーチが特定の子供だけをひいきしているように感じている保護...

牽制が野球の試合を制す!そのやり方について徹底解説します

野球の試合において牽制でランナーをアウトにすることもできますが、正しいやり方やコツがわかっていないと...

会社でお土産を配る時に注意したいことやタイミングを紹介!

有給を貰って旅行に行った、遠出をしたのでめずらしいお土産を見つけたという機会があると会社にお土産を用...

ディーラーに就職すると車購入は必須?ディーラー就職のポイント

カーディーラーへの就職を考えている場合、面接で乗っている車について聞かれることがあるのか、あるいは就...

バスケのシュート練習を自宅でする方法!高校生からの上達法

高校からバスケ部に入ったという方も多いですよね。 バスケを始めたばかりだと、やはりたくさんの練...

居酒屋で女子がバイトするのは大変?メリットとデメリット

バイト先を考える時に、効率良く働けるバイト先として居酒屋を考える人も多いと思います。 一般的な時給...

【新体操】家でもできる子供の柔軟性を高める効果的な練習

柔軟体操は新体操の選手に欠かせないトレーニングですが、やはり毎日続けるというのがポイントです。 週...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか? 足が遅...

大学中退者の面接対策で受かるコツや知っておきたいこととは

大学を中退していると、就職の面接ではそれが不利になるのではと不安になりますよね。 確かに、面接...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか? 出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

スポンサーリンク

保険外交員に向いているのはどんな女性?

女性が社会で活躍する現在では、女性ということを活かした職種も数多く存在します。

その中のひとつが「保険外交員」です。

昔からある職業ですが、各企業や個人宅を周り、保険の営業をする仕事です。

自分の会社の保険商品をお客様に勧めるという意味では、この仕事は営業力はもちろんコミュニケーション能力も高くないとできない仕事です。

この仕事は、初対面の人に対しても動じず、相手に良い印象を持ってもらうことが大切です。

保険の勧誘ということで相手から拒否反応を示されたり、強く断られるというケースも日常茶飯事ですが、そんなことにも落ち込まず、粘り強く営業するという強い心も必要と言えるでしょう。

ただ「この商品は良いですよ」と商品の説明を押し付けるのでは、相手にとっては一方的と感じることもありますので、商品を押し付けるのではなく、相手の立場に立って、保険の悩みなどを聞いたり、相手の話を熱心に聞くという姿勢が信頼に繋がり、契約になることが多いのではないでしょうか。

保険の話ばかりではなく、何気ない日常的な会話のキャッチボールができる保険外交員は信頼を寄せる顧客がたくさんついていることが多いです。

最初から、自分発信の話ばかりでは相手もうんざりしてしまいますよね。

このようなコミュニケーションが自然にできる人は保険外交員に向いていると言えるでしょう。

女性が多く活躍している保険の外交員、保険外交員の辛いこととは?

保険外交員は、人によって向き不向きが顕著な職業の一つと言えます。

保険会社としても、自社の商品を売り上げてほしいという期待があるので、個人にノルマを課しているところが多く、ノルマが達成できないという理由で退職する保険外交員が多いのです。

保険商品は、月々保険料を支払うことで万が一の時に保証してくれたり、また貯蓄型保険というものは、保険料が満期になると支払った保険料以上の金額になって返ってくるものなど様々です。

一昔前は、保険商品全体の利息が高く、保険業界も潤っていたのですが、現在は景気の低迷や低金利ということもあり、保険に加入する人は少なくなっているという現実があります。

家庭でも、家計の見直しから不要な保険は解約するなど節約する方向です。

このような時代に、契約が途切れることなく取れるという人は稀で、ほとんどの外交員はどんなに営業を頑張ってもそれが成果につながるということは難しいのです。

そして、保険会社の給料は基本給に個人の成績がプラスされていることが多く、契約が取れなかった人が給料がどんどん下がり、会社に居づらくなることも多いです。

契約を普通に取れる人には天職と言っても良い最適の仕事になりますし、逆に契約がなかなか取れない人にとっては不向きな職業とも言えます。

保険外交員は女性が多いから大変では?子育てと両立できる?

保険外交員の印象は、毎日営業に飛び回って忙しそうということを思う人も多いのではないでしょうか。

それに、女性が圧倒的に多い職場なので、人間関係も大変そうというイメージも少しあります。

実際、保険外交員として働いた人の話では、働いている女性がみんな同じ目標に向かって進んでいたので、大きなトラブルはなく、困っていたときにはお互い助け合えたと答える人が多いです。

仕事中、保険の営業なので、個人が定めた目標に向かって時間は自由に決めることができると利点もあります。

小さい子どもがいる人は、子どもが急な発熱などで困ったときも、周りに同じように子育てしている人が多いのでいざというときも助けられたという意見もありました。

保険外交員の給与システムは?

保険外交員の仕事

保険加入者を見つけ、その人に合った保険プランを紹介して加入手続きをするということです。

また、新規の顧客だけではなく、すでに加入しているお客様に対しても、相談に乗ったり、新しいプランを提案したりといった仕事もあります。

そして、保険金が実際に必要になったお客様に対して、必要な書類を準備し、保険金を支払う手続きをするということも大事な仕事です。

保険外交員と普通の会社員の給与に違いがある理由

それは、個人の歩合が年収に影響してくるということです。

保険の契約が取れれば取れるほど給与は高くなり、逆に契約が取れなければ給与は下がります。

難しいところは、自分の頑張りが必ずしも契約につながらないということです。

いくら自分なりに頑張っているつもりでも、相手が契約してくれなければ無駄になってしまいます。

逆にありのままの自分で、顧客がたくさんついてそんなに頑張っているつもりはなくても契約が取れるという人もいます。

保険外交員が感じるやりたいと厳しさとは

保険外交員になりたいけど、保険に対する知識がないからと諦めている場合、心配はいりません。

ほとんどの保険会社は、保険に関する知識がない未経験者でも入社すると研修制度やバックアップ制度が整備されているため、いきなり1人で営業に行かされるということはありません。

そして、研修期間の一定の時期は、固定給を最低限保証してくれる会社も多いので、未経験でも思い切って飛び込むには良い職種と言えるでしょう。

子育て中でも仕事と家庭の両立をこなしている女性がたくさんいるため、主婦にも理解がある職業です。

変なものを売るのではなく、お客様の為になる保険商品を売るので、人の役にたてるやりがいを感じることもできます。

ただ、保険外交員というだけで警戒されることや、拒否されることもあるので、その度に落ち込んでいたら仕事になりません。

前向きで、コミュニケーションを取ることが好きという人に向いている職業と言えます。