会社が寒い!夏の冷房対策で体調不良を予防!自分でできる対策

会社のエアコンが効きすぎてて夏でも寒いという人もいますよね。外の気温は高いのに、オフィスの中はまるで季節が真逆の冬のよう。こんなお悩みに頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。

夏場に会社のエアコンが効きすぎて寒い時、そのまま我慢をしていると体調を崩してしまうこともあるようです。しっかりと対策を行って夏の冷えを予防しましょう。

そこで今回は、夏に会社が寒い時にできる対策についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

跳び箱の台上前転の怖いを克服するためのコツや練習方法とは

跳び箱の台上前転は怖いと感じる人は多いですが、その恐怖心があると余計にできなくなってしまいます。 ...

転勤したら住民票は独身でも移すべき義務と手続き方法

独身の社会人が転勤して住む場所が変わったときは、住民票を移すのは義務だということをご存知でしょうか?...

返信マナーが知りたい!「行」を消して書き換えるときのポイント

返信用の封筒や往復はがきなどには宛先がすでに描かれていて、企業名の下に「行」と書かれていることがあり...

ドラッグストアのバイトの服装について!面接や仕事の場合など

薬や日用品や化粧品などたくさんの商品を販売しているドラッグストアは、街の中の色んなところで見かけます...

大学の課題を出さないのを防ぐコツや遅れないためにできること

大学の課題を出さないとどうなるのかは、きっとご存知ですよね。 では、どうして課題を出さないのか...

選挙の出口調査バイトをする際の服装は?応募する前の注意点

副収入として選挙の出口調査バイトをしようという方も多いのではないでしょうか。 選挙の出口調査バイト...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。 こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

教育実習の時の髪型はパーマNG?注意するポイントを徹底解説!

教員免許を取得しようとしている人にとって大事な「教育実習」。ここで印象が悪くならないように注意しなけ...

陸上の走り幅跳びで記録を伸ばすための筋トレ方法を教えます

陸上の跳躍種目の中でも走り幅跳びは、まず速く走る力が必要となるでしょう。 では、記録を伸ばすた...

女同士の喧嘩!職場で起こっていたこんな喧嘩の数々!

女同士でも職場で喧嘩になることはあるようです。 女同士の喧嘩をみたことはありますか?「ある!」...

レコード会社に就職すうためには学歴は必要?有利となる条件とは

レコード会社に就職したいと考えている人にとって、学歴はどこまで必要となるのか気になるところではないで...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。 まずは、背面跳...

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか? ...

社長が仕事をしない会社は倒産する?良い社長は仕事をする!

毎日一生懸命に仕事をしている従業員の皆さん、お仕事ご苦労さまです。会社の利益向上と自分のお給料のため...

水泳のバタ足が進まない時のコツや練習方法・ポイントを解説

水泳をやっている人の中には、バタ足がなかなか進まないことに悩んでいる人もいますよね。進むことができな...

スポンサーリンク

夏場は体が冷えやすい!会社のクーラーが寒いと体調不良になることも

夏場は外気温が上がるため薄着で過ごすという方が多いですよね。

会社に着いて「あぁー涼しい!」って思うのもつかの間。
なんだか冷房が効きすぎていて寒い!と感じることはないでしょうか。

冷房によって体が冷えすぎると、下痢や便秘、消化不良などさまざまな不調が起きてしまいます。

こういった不調は、年齢や性別に関係なく起きてしまい、夏場だけに限らず冬になるまでの長い期間、こうした不調が続く場合もあります。

また、温度差のある場所を行き来することで、自律神経が乱れてしまうため、体がだるく感じたりなど夏バテ特有の症状が出るようになり、また女性であれば、ホルモンバランスが乱れることもあり肌荒れなどに繋がる可能性もあります。

そのため、体の冷えにはしっかりとした対策をすることをオススメします。

夏場のエアコンで会社が寒い時に快適に過ごす方法

会社のエアコンが効きすぎていると、寒くて仕事がはかどらないなんてこともありますよね。
そこで会社のエアコンが効きすぎていて寒いときでも快適に過ごす方法をご紹介します。

夏場に体が冷えてしまう原因は「汗」が関係している

外で汗をかいたまま社内に入ってしまうと、かいてしまった汗が冷たくなってしまい、結果的に体が冷えてしまいます。

そのため、社内に入る前に汗を拭き取ってから入ることが大切なポイントとなります。

方法は、社内に入る前に汗拭きシートなどを使用して拭き取るか、汗を吸収しやすい素材の下着を利用すると良いでしょう。

また、お腹など服で隠れて見えない場所に汗をかきやすいという方は、汗を吸収しやすい素材のものを、服と体の間に挟んでおくのも1つの方法です。

また、座って仕事をしている時間が多いという方は、長い時間同じ体勢をしていることで血液の循環が滞ってしまっていることがあります。

ですので、ふくらはぎなどを揉むようにし血液の循環を良くすることで、改善されることもあるようです。

夏はエアコンで会社が寒い!実際にできる対処法

簡単にできる寒さへの対処法

指先など体を動かすことを意識する

上記でも述べましたが、ずっと同じ体勢で居ることは冷えの原因となることがあります。
ですが、事務仕事などで座っている時間が長いという女性は、大きく体を動かすことは難しいと思います。

そのため、指先など、座ったままでも動かせる箇所を意識的に動かすようにしましょう。体を動かすことは、冷えを予防するのに効果的です。

また、飲み物などを積極的に取りにいくなど、席から立って動くということも大切です。

温かい飲み物を飲む

夏場であればつい冷たい飲み物を飲みたくなると思いますが、体が冷えているのであれば温かい飲み物を飲むように意識しましょう。

また、保温性の高いタンブラーや、水筒などを利用し、飲み物が冷めないように工夫することも大切です。

腹巻などで体を冷やさないようにする

体が冷えてしまうと、お腹が痛くなることがありますよね。

そのため、お腹を温める上でも腹巻はオススメです。
また、ブランケットなども利用したりして体を冷やさないように工夫しましょう。

会社が寒いと夏冷えになる?冷やしてはいけないポイント

夏場に体を冷やさないためには、「お腹」「足首」「首元」の3箇所を冷やさないように意識することが大切です。

「足首」と「首元」には、太い動脈が皮膚のすぐ下を通っているため、この箇所を冷やさないように意識することで、全身を効率よく温めることができます。

また、「お腹」周りには子宮や内臓が近くにあり、女性であれば、月経前や排卵日など体が冷えやすくなってしまいまいます。

そのため、この3箇所を冷やさないように意識するだけでも、夏冷えを予防に効果的なのです。

また、夏場であれば、休日などお出かけの際に肌を露出することも増えると思いますが、「お腹」「足首」「首元」を冷やさないように意識した服装を心がけることも大切です。

暑い人と寒い人のどちらに合わせた方が良いの?

暑い人と寒い人、どちらの人に合わせたほうが良いのかは一概には言えません。

室内が寒すぎると風邪を引いてしまったり、体に不調が出てしまう可能性もあります。
しかし、暑すぎると熱中症になってしまう可能性もありますよね。

そのため、寒い人と暑い人お互いが不快に感じないように、冷房の設定温度を一度話しあうことが良いでしょう。

また、暑い人は脱ぐことができないですが、寒い人は上着を増やしたりブランケットを使ったり、温かい飲み物を飲んだりなどで、対策をすることができます。

どちらかに完全に合わすことは難しいですが、寒い人は自分なりの対策をするようにすると良いでしょう。

ですが、対策をしてもどうしても寒い場合には、寒さをアピールして冷房の設定温度を上げてもらうなどの対処をしてもらいましょう。