ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。
足が遅いからと諦めないで、フットワークのスピードがあがる練習をしてみませんか。

フットワークの練習をする際には姿勢も大事です。
練習風景を動画に撮って確認することもオススメします。

また「ラダートレーニング」という方法もありました。トレーニングのポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

公安の仕事は本当に危険?その仕事内容について徹底調査!

テレビのドラマなどでも登場する「公安警察」。ドラマを見る限り、なんだか危険そうな仕事という印象が強い...

服のネットショップを自宅で開業して成功させるためのヒント!

ネットショップはコストを抑えて自宅でも開業できると大変人気があります。服のネットショップを自...

嫌いな人が職場にいる時に示す態度とは?接し方に注意!

「最近職場にいる人の態度がおかしい、もしかして嫌われている?」と悩んでいませんか?嫌いな人が...

剣道【子供】を上達させるには?練習するときのポイント

子供の剣道を上達させるにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか?まずは、子ども自身に目...

コンビニのバイト研修期間中でも時給はもらえる?その金額とは

バイトするとなる必ず研修期間がありますが、気になるのはその間でも時給が出るのかどうかではないでしょう...

卓球のドライブの練習方法や卓球で安定したドライブを打つ方法

卓球のドライブを打てるようになるにはどんな練習をしたらいいのでしょうか?なかなかドライブが安...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。昔から続く日本ならではの働き方ですが...

GW明けの仕事で朝礼スピーチをするならネタ選びや準備のコツ

GW明けの仕事というのは憂鬱になりがちですが、さらに連休明けに朝礼当番が当たってしまったときはせっか...

スキー上級者の滑り方、上級者はどんな滑り方をしているのか

ゲレンデに行くと山の頂上から颯爽と滑っていく人に目がいきませんか。結構多くの人は注目しているはず...

走り高跳びの助走のコツやポイントとは?助走を入念に練習しよう

走り高跳びの助走では、どんなコツが必要なのでしょうか?走り高跳びの助走で意識をしなければいけないポイ...

水泳個人メドレーのコツ、自己ベストを上げるために必要なこと

4種目泳ぐ水泳の個人メドレーですが、泳ぎが速くなるコツや指導する場合どこを強化すべきかで悩むことがあ...

サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。サー...

バスケの初心者はこう動こう!バスケットボールでの動き方

バスケットボールを始めたばかりだと、「どこにいたら良いのか」「どのように動いたら良いのか」「味方の邪...

研修期間中に退職したことを職歴に載せるべきなのか

研修期間中に何らかの理由で退職してしまうことはあります。社風が合わない、条件と違っていたなど...

スポンサーリンク

ソフトテニスのでフットワークの練習をする時の姿勢をみてみましょう

ソフトテニスのフットワークの練習をする前には、構えが大切になります。重心が高いと動き出しは遅くなります。出来るだけ膝を曲げて目線の高さを落とします。

ソフトテニスは構えで重心を低くしないといいフットワークは出来ない

  1. 肩幅より少し広めに足を広げ、膝を曲げます。構えのポイントをまとめると、身体を前傾姿勢にして肩を開きます。
  2. 腰を落とした時に、身体はまっすぐだと辛いので、バランスを取るためにも身体を前に傾けるようにしましょう。
  3. そして肩を開きます。身体を前に傾けると肩と肩の距離が近くなるので肩がしぼんでしまいます。
    打つ時にバランスが悪くなるので肩を開くようにしましょう。姿勢が悪いとフットワークにも影響が出るので姿勢を意識してみましょう。

ソフトテニスに重要なフットワークの練習の仕方を紹介します

ソフトテニスにはフットワークの練習がとても重要になります。スプリットステップはスターを効果的にする技術なので、積極的に取り入れるようにします。あ短い移動をする時は、大きなジャンプは必要ないです。

スタートを早くするためには膝の使い方にもポイントがあります。短い距離の移動にはスプリットステップから膝を固め、地面を弾くように蹴ると加速もよくなります。遠い距離の場合は膝をやわ使うことで、反動を大きくして動くと大きなスピードになります。

スプリットステップの練習方法はコートの外で行うようにしましょう。他の人がラリーをしているのを見て、それに合わせスプリットステップを行います。そうすることで自分がラリーする時も自然とスプリットステップが出来るようになります。

ソフトテニスのフットワークの練習。ラダートレーニングとは何でしょう

ソフトテニスをする上で大切なのはフットワークです。ソフトテニス初心者がフットワークの練習をする時に最初にやるべきことがあります。

そのトレーニングはラダートレーニングです。ラダートレーニングで使うアイテムは「はしご」のような形をしたトレーニング用品です。ラダートレーニングすることで、速く、正確に細かく動くというフットワークを身につけることが出来るのです。

後衛が地面を踏み込み、得た力で動き出すのに対し、前衛は筋肉や腱の反射を利用して瞬発滴に動き始めます。大切なのは両足の親指の付け根に力を入れることに意識することです。ただやるだけではトレーニングの意味がありません。

ラダーに合わせてランニングやサイドステップ、クロスステップなどのステップの練習も行うようにしましょう。

前後のフットワークが苦手な方はこんな練習はいかがでしょう

左右の動きは早いけど、前後のフットワークがとても遅いと感じる時は、短いボールが苦手だったり、前に出されたてから後ろに下がるのが遅いからです。

前後のフットワークが苦手だと感じる場合簡単に解決することが出来ます。前後のフットワークが苦手な原因は、前後の動きに慣れていない、正しいフットワークを理解していないのどちらかになります。

前後に動き打つ練習をすることで簡単に克服することが出来ます。前後に動くステップを練習します。前に動くことは出来るはずです。最初は歩幅を大きく、ボールに近づくにつれ歩幅を小さくすることでスムーズに打点に入れることが出来ます。難しいのは後ろに下がるステップです。頭だけ相手方向に向け、下半身は後ろに向かいクロスステップで走るように下がります。このようにすることで相手の状況も把握しながら、素早く後ろに下がることができます。

足が遅くても大丈夫、フットワークや頭脳でカバーできます

スポーツをしている人はみんな足が早いと思ってしまいがちですが、そうでもありません。
テニスのプレーを見ていると足が速そうと感じる人いますよね。しかし50メートル走の練習を見ているとそれほど速くない人がたくさんいます。テニスでのフットワークの良さは、単に足の速さだけで決まるものではないからです。ポジショニングや予測によって大きく変わります。足が遅くても素早い動きに見せることは出来るのです。特にダブルスでは1人が動く距離は少なくなるので、足の速さに自信がなくても問題はないのです。足の速さではなく、頭脳でカバーすることが可能なスポーツなのです。

フットワークとは移動するだけでなくストロークやボレースマッシュ、サービスなどのショットの打ち方や駆け引きも関係してくるのです。いかにミスをしないかが重要になります。

テニスをする時に大事なポイントはフットワーク

テニスをしているとボールとの距離感に悩んでしまうことありますよね。初心者は特に思う通りに動くことができません。フットワークをよくするためには色々な方法があります。しかし正しい知識を身につけることができないといつまで経っても上達はしません。正しいフットワークを身に着けましょう。

いいボールを打つためにはいいポジションからいいタイミングでボールを打つ必要があります。そのためにはフットワークをしっかり身につけることが大切なのです。練習している様子を録画するのも1つの方法です。

足が遅くてもフットワークや頭脳を使うことで格上の相手に試合で勝つことも可能なのでフットワークの練習は疎かにしないようにしましょう。