ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら相手にプレッシャーを与えることが大切です。

前衛によるプレッシャーのかけ方とは?ソフトテニスの前衛におすすめの戦術とは?

前衛として相手の後衛をよく観察し、相手が予想しづらい動きを見せるような戦術を考えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社で無視されるのは、パワハラ・モラハラにあたる可能性が

会社での無視。上司からの無視、同僚からの無視。上司から業務上の連絡すらもらえないのは...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

駅員の仕事は楽?決して楽とは言えない駅員の仕事の実態とは

毎日見かける駅員さん。なんだか仕事が楽そうでいいなと思っていませんか?一見楽そうに見える駅員...

イケメンで仕事ができる人には理由がある!性格や行動がポイント

どこの会社にも一人や二人はイケメンがいるでしょう。そんなイケメンは顔がいいいだけじゃなく、仕...

業務委託の副業がばれる可能性は?副業を行うコツと注意点

スキマ時間にちょっとでも稼げたらと副業を検討している方も多いでしょう。ただ気になるのが、副業をす...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

事務員の仕事が暇過ぎる!という方は是非読んで下さい!

事務員の仕事をしていて暇だ!暇過ぎる!という人がいます。忙しくないならいいのでは?と思ってし...

小学校の用務員になるには?勤務形態や給料について説明します

小学校に勤務したいと考えている人の中には、用務員さんになりたいという人も多いと言います。では...

年末年始休みなしの仕事でも休む方法と大切なアフターフォロー

年末年始と言えば家族とゆっくり過ごすという人が多いかもしれませんが、年末年始にも休みなしの仕事の人も...

バレエでポワントが立てない原因とは?コツやポイントをご紹介

バレエのポワントがなかなか立てない、グラグラしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

No Image

サッカーのスパイクの手入れ頻度や正しい方法で大切に使おう

サッカーのスパイクのお手入れは、皆さんどのくらいの頻度で行っているでしょうか。長く使うために...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

新入社員がカラオケを断るのはアリ?上手に断る方法

新入社員でもカラオケが苦手な人っていますよね。では、新入社員がカラオケの誘いを断ってもいいの...

就活中電話に出れなかった時のマナー!折り返す時のポイント

就活中、都合が悪くて企業からの電話に出れなかったということもありますよね。結果の合否の連絡が電話で来...

スポンサーリンク

ソフトテニスの戦略、前衛によるプレッシャーのかけ方とは

ソフトテニスで勝つためには戦略は必要になります。

前衛は相手にプレッシャーをかける重要な役割がある

強いダブルスの前衛は相手にプレッシャーをかけることが上手なのです。

では前衛はどのようにプレッシャーをかけるのでしょうか。
後衛同士がラリーをしている時にボレーに出るような動きをしますが、実際にはボレーまではしません。相手が打つ瞬間に動くのをやめます。

前衛は動き出しのタイミングがポイント

通常はボレーに出る時は、相手の後衛が打つコースを変更出来ないギリギリのタイミングで動きますが、フェイントの場合はそれよりも早く動き出します。
フェイントの目的は、相手に動いていることを知らせて警戒させます。そうすることで相手はミスをする可能性が高くなるのです。

プレッシャーをかけることは相手に迷いを与えることです。

ソフトテニスの前衛におすすめの戦略とは

ソフトテニスの前衛は戦略が必要になります。その戦略とはどのようなことかわかりますか?それは自分の存在をどれだけ意識させるかになります。

1ポイント目で速攻ポーチに出たことありますか?意外と決まります。
1ポイント目は相手のサーブがどのような感じなのかわからないので、とりあえずクロスに打つことが多いです。

ボレーに出るときは、フェイントもしないで、相手がテイクバックしてスイングする直前に全力疾走をして、ボレーで前衛の足元を狙います。

初手でボレーをすることで、相手は積極的にボレーを狙っていると考えてゲームの1ポイント目から前衛の動きを強く意識させることができます。
打ち返しのボレーはフェイントをかける余裕がないかもしれません。しかしストローク勝負になった時、前衛がフェイントをすることで、相手が打つ瞬間に迷わせることが出来ます。

ソフトテニスの戦略、前衛は自分の役割を理解することが大切

ソフトテニスの前衛の役割で大切なことは戦略も大事ですが、一番は相手にプレッシャーを与えることです。何も考えずにラリーしていた相手に、ここに打つと相手前衛に決められるかもしれないと思わすことが出来れば、コースを変えたり、球種を変えたり、今までやらなくてよかったことをやらせることが出来ます。そうすることで相手のミスを誘うことが出来るのです。

前衛の1番の醍醐味は押し出しでポイントを取ること

押し出しとは、少しモーションをかけて、相手にミスをさせることです。

そのようにすると押し出しでポイントを取ることが出来るのでしょうか。押し出しでポイントを取るためには、相手の視界に入る必要があります。大切なことはポジショニングになります。いつも構えている位置より、1歩~1歩半内側に構えるようにしましょう。1歩でも相手からするとかなり内側に構えているように感じます。前衛をかわそうと意識してミスをしやすくなります。

ソフトテニスでラリーになってしまった時の前衛の動き方

サーブでレシーブを決めようをしても、ラリーになってしまうことがあります。ラリーになってしまったら、まず相手コートのセンターいボールを集めるようにします。理由はセンターは相手にとって一番攻めづらいコースになるからです。後衛はセンターにボールを集め、チャンスを待って、相手のボールが短くなった時にアタックチャンスを打つようにします。前衛はすべてのボールに絡むつもりで積極的に動きます。

後衛はセンターにボールを集め、前衛はポーチボレーに出るようにする

このようにすると相手は攻めにくくなります。
相手のスタンスなどからスタンスを見抜くことは最初は難しいですが、行動パターンから癖を見つけるようにするとチャンスが出来ます。

ソフトテニス前衛でボーチボレーをする際のタイミングとコツとは

ソフトテニスの前衛でポーチボレーをする時のタイミングは難しいですよね。

ポーチボレーは相手がリターンでクロスに打って行く所に、前衛の自分がそのクロスボールを読み、決めに行くボレーをすることです。

基本的には相手後衛がスイングをした瞬間がポーチボレーに出るタイミングになります。
理由は相手後衛がすでにコースが変更が出来なくなっていたり、もし無理にコースを変更したとしてもミスに繋がるからです。

相手の撃ち方をよく見ていると、どのコースに打とうとしているのかわかるようになります。ポーチボレーをすると決めたら思いっきりする。何度抜かれても気にしない、抜かれるより1本でも多く決めるようにしましょう。

ポーチボレーのコツは足の運び方が大切です。フォアボレーの場合、左足→右足→左足。バックボレーは右足→左足→右足というのが基本になります。3歩の中の2歩目が一番重要になります。

ソフトテニスの試合は戦略をしっかりたてることで勝利できることもある

ソフトテニスの試合では戦略が必要になります。自分たちよりも格上の選手と試合することもありますが、戦略をしっかり立てる試合に勝てる可能性も出てくるのです。特に前衛の動きはとても大切でフェイントなどのも試合に勝つためにはとても重要な作戦になるのです。前衛として相手にプレッシャーをかけられるように日々努力することで上達も早くなります。

ソフトテニスの前衛はポーチボレーの打ち方のタイミングやコツ、足の運び方が重要になります。相手が予想しにくい場所にボールを出してポイントを獲得するようにします。

ソフトテニスの試合に勝つためにはテクニックも大切ですが、心や体を鍛えることもとても重要なことです。日々の練習は欠かさず毎日取り組むようにしましょう。