ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら相手にプレッシャーを与えることが大切です。

前衛によるプレッシャーのかけ方とは?ソフトテニスの前衛におすすめの戦術とは?

前衛として相手の後衛をよく観察し、相手が予想しづらい動きを見せるような戦術を考えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新入社員が体調不良で欠勤する時には電話?メール?連絡方法とは

体調不良で新入社員が欠勤するときには、どのように連絡をしたらいいのでしょうか?どんなに体調が...

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

バレーボール【中学生女子】上達のための練習方法について

テレビでバレーボールの女子の試合が放送されると、まだ中学生とはいえうまくなるためにたくさん練習しよう...

No Image

空手の蹴りの基本が上達するコツや正しい蹴りを身に着ける方法

空手の蹴りの基本である前蹴りが上達すると、自分の負けない得意技として有利な試合運びができるようになり...

年上後輩のトリセツ。仕事がどのくらいできるのかを見極める

年上の後輩について。仕事上の立場として上司だけど、年齢的には部下が年上。この場合、『...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

早退の理由が役所はOK?NG?早退をするときの伝え方

会社や学校は、なかなか理由がなければ休めないものです。休むときの理由はさまざまですが、その中でも...

柔道着の洗濯について。帯を洗濯するとどうなるのかを解説します

柔道着や帯の洗濯について紹介します。 まず帯は洗濯すると縮む、柔らかくなる、ほどけやすくなる...

ハローワークの履歴書添削を活用して採用を勝ち取るコツとは

ハローワークでは作成した履歴書の添削を無料で受けることができることをご存知でしょうか?では、...

陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

選挙の出口調査バイトをする際の服装は?応募する前の注意点

副収入として選挙の出口調査バイトをしようという方も多いのではないでしょうか。選挙の出口調査バイト...

退職は2週間前に伝えればいいの?正社員の退職について

退職したいなら2週間前でOK?正社員での雇用なら、民法627条1項の定めにより、『雇用は、解...

研修期間中でも辞めることは可能?バイトの辞め方について

頑張ろうと思ってバイトを始めたものの、自分の思っていた仕事とは違いすぎて辞めたいと思うこともあるでし...

スポンサーリンク

ソフトテニスの戦略、前衛によるプレッシャーのかけ方とは

ソフトテニスで勝つためには戦略は必要になります。

前衛は相手にプレッシャーをかける重要な役割がある

強いダブルスの前衛は相手にプレッシャーをかけることが上手なのです。

では前衛はどのようにプレッシャーをかけるのでしょうか。
後衛同士がラリーをしている時にボレーに出るような動きをしますが、実際にはボレーまではしません。相手が打つ瞬間に動くのをやめます。

前衛は動き出しのタイミングがポイント

通常はボレーに出る時は、相手の後衛が打つコースを変更出来ないギリギリのタイミングで動きますが、フェイントの場合はそれよりも早く動き出します。
フェイントの目的は、相手に動いていることを知らせて警戒させます。そうすることで相手はミスをする可能性が高くなるのです。

プレッシャーをかけることは相手に迷いを与えることです。

ソフトテニスの前衛におすすめの戦略とは

ソフトテニスの前衛は戦略が必要になります。その戦略とはどのようなことかわかりますか?それは自分の存在をどれだけ意識させるかになります。

1ポイント目で速攻ポーチに出たことありますか?意外と決まります。
1ポイント目は相手のサーブがどのような感じなのかわからないので、とりあえずクロスに打つことが多いです。

ボレーに出るときは、フェイントもしないで、相手がテイクバックしてスイングする直前に全力疾走をして、ボレーで前衛の足元を狙います。

初手でボレーをすることで、相手は積極的にボレーを狙っていると考えてゲームの1ポイント目から前衛の動きを強く意識させることができます。
打ち返しのボレーはフェイントをかける余裕がないかもしれません。しかしストローク勝負になった時、前衛がフェイントをすることで、相手が打つ瞬間に迷わせることが出来ます。

ソフトテニスの戦略、前衛は自分の役割を理解することが大切

ソフトテニスの前衛の役割で大切なことは戦略も大事ですが、一番は相手にプレッシャーを与えることです。何も考えずにラリーしていた相手に、ここに打つと相手前衛に決められるかもしれないと思わすことが出来れば、コースを変えたり、球種を変えたり、今までやらなくてよかったことをやらせることが出来ます。そうすることで相手のミスを誘うことが出来るのです。

前衛の1番の醍醐味は押し出しでポイントを取ること

押し出しとは、少しモーションをかけて、相手にミスをさせることです。

そのようにすると押し出しでポイントを取ることが出来るのでしょうか。押し出しでポイントを取るためには、相手の視界に入る必要があります。大切なことはポジショニングになります。いつも構えている位置より、1歩~1歩半内側に構えるようにしましょう。1歩でも相手からするとかなり内側に構えているように感じます。前衛をかわそうと意識してミスをしやすくなります。

ソフトテニスでラリーになってしまった時の前衛の動き方

サーブでレシーブを決めようをしても、ラリーになってしまうことがあります。ラリーになってしまったら、まず相手コートのセンターいボールを集めるようにします。理由はセンターは相手にとって一番攻めづらいコースになるからです。後衛はセンターにボールを集め、チャンスを待って、相手のボールが短くなった時にアタックチャンスを打つようにします。前衛はすべてのボールに絡むつもりで積極的に動きます。

後衛はセンターにボールを集め、前衛はポーチボレーに出るようにする

このようにすると相手は攻めにくくなります。
相手のスタンスなどからスタンスを見抜くことは最初は難しいですが、行動パターンから癖を見つけるようにするとチャンスが出来ます。

ソフトテニス前衛でボーチボレーをする際のタイミングとコツとは

ソフトテニスの前衛でポーチボレーをする時のタイミングは難しいですよね。

ポーチボレーは相手がリターンでクロスに打って行く所に、前衛の自分がそのクロスボールを読み、決めに行くボレーをすることです。

基本的には相手後衛がスイングをした瞬間がポーチボレーに出るタイミングになります。
理由は相手後衛がすでにコースが変更が出来なくなっていたり、もし無理にコースを変更したとしてもミスに繋がるからです。

相手の撃ち方をよく見ていると、どのコースに打とうとしているのかわかるようになります。ポーチボレーをすると決めたら思いっきりする。何度抜かれても気にしない、抜かれるより1本でも多く決めるようにしましょう。

ポーチボレーのコツは足の運び方が大切です。フォアボレーの場合、左足→右足→左足。バックボレーは右足→左足→右足というのが基本になります。3歩の中の2歩目が一番重要になります。

ソフトテニスの試合は戦略をしっかりたてることで勝利できることもある

ソフトテニスの試合では戦略が必要になります。自分たちよりも格上の選手と試合することもありますが、戦略をしっかり立てる試合に勝てる可能性も出てくるのです。特に前衛の動きはとても大切でフェイントなどのも試合に勝つためにはとても重要な作戦になるのです。前衛として相手にプレッシャーをかけられるように日々努力することで上達も早くなります。

ソフトテニスの前衛はポーチボレーの打ち方のタイミングやコツ、足の運び方が重要になります。相手が予想しにくい場所にボールを出してポイントを獲得するようにします。

ソフトテニスの試合に勝つためにはテクニックも大切ですが、心や体を鍛えることもとても重要なことです。日々の練習は欠かさず毎日取り組むようにしましょう。