配達の仕事は以外と楽だったという実際の声と、気になる内容とは

楽な仕事とはどんな仕事だと思いますか?
人との関りがない・ノルマや残業がない・責任がない事など色々ありますね。

中でも配達の仕事は楽だというイメージがありますか?思い荷物を運んだりするので大変だと思いますか?

実際の配達の仕事について紹介します。

他にも楽そうなイメージのある仕事を挙げてみました。
その理由と働く人の声をみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカーで無回転シュートを蹴るときのコツとメリットを解説

サッカーをしている人であれば一度は蹴ってみたいのが無回転シュートです。世界で活躍するトップ選手たちは...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。ローボレーが上手く打てる...

バイト先の店長が怖い!怖い理由を探って対処法を見つける方法

バイト先の店長が怖いという悩みを抱えながら日々のアルバイトに精を出している人もいますよね。バイト先の...

バスケの練習方法を教えます!基本のパスのコツや注意するコト

バスケがうまくなりたい!ドリブルやシュートもしたいけれど、まずは基本中の基本のパスをうまくなりましょ...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

台風で会社から帰れない時の対策は?酷い時は会社泊も検討に

台風の影響で、会社から自宅へ帰れないという事態はよく起きるものです。鉄道などは安全のためすぐに運...

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

シングルマザーも正社員なら残業を覚悟しなければいけない!

働いている母子世帯は約8割もあるそうです。中には正社員として働いている、働きたいと考えている...

就活用スーツはスカート丈が勝負?採用されるための選び方とは

就活用のリクルートスーツにはパンツもありますが、スカートの方が良いと言われています。そこで気...

ゼミは就活に影響する?影響するかは結局のところあなた次第

ゼミで専門的な分野を学んでいるから就活に有利、ゼミに入っていないから就活で不利になる、などという話を...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

新入社員のミスはいつまで許される?ミスで評価を落とすことも!

新入社員が仕事でミスをしてしまうのは仕方のないことですが、一体いつまでだったらこれが通用するのでしょ...

新人は仕事のミスが多い!ミスをする新人の特徴と新人の教育方法

仕事でミスばかりする新人に悩んでいる先輩社員や上司の皆さんは、どうして新人がミスばかりしてしまうのか...

No Image

陸上200mの効果的な練習方法!これでタイムを縮めよう

陸上200mは短距離に入りますが、100mとも違います。コーナーがあるため、コーナーリングの練習も必...

サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法

バレーボールの初心者がまず覚えることはサーブの打ち方です。ゲームはまずサーブから始まりますの...

スポンサーリンク

配達の仕事は楽?コンビニのルート配送の仕事とは

配達という仕事に対しては、力仕事のイメージが強いのではないでしょうか?まずは普段良く見かけるコンビ二のルート配送について、働くうえでのメリットとデメリットをご紹介します。

コンビ二の配達仕事のメリット

ルート配送という名称どおり、あらかじめ店舗を回るルートは決められていますので、自分で新たにルートを記憶する必要がないため、特別その地区の道路に詳しくなくても困ることは少ないと言えます。
また、運転している時間を除けば、トラックの荷台からの商品の上げ下ろしと、店内へ運び入れる作業だけなので、複雑な作業や人との関わりが少なく気楽に働けるといった声も。

仕事でデメリットに感じる事

各店舗ごとの時間指定が厳しいため、常にプレッシャーを感じている人も多いようです。ルート配送に関しては、かなりタイトなスケジュールが組まれていることが多く、働くうえでの大きな負担となっているのです。
しかしながら、トラックにコンビ二の社名が入っている以上は、時間に追われたとしても無謀な運転は絶対に出来ませんよね。あくまで法定速度や交通ルールを遵守したうえで時間通りに配送することが求められるため、精神的に追い込まれて離職する人も少なくないのだとか。

配達などのトラックドライバーの仕事はキツイ?楽?

配達という仕事を選ぶ理由はさまざまですが、とくに多いのが人と関わることが苦手だとか、純粋に運転が好きな人などだそうです。

トラックドライバーの中には、日本中を駆け回る長距離ドライバーもいれば、短い距離をエリアごとに回る中距離・短距離ドライバーも数多くいます。
基本的には各運送会社に所属している場合がほとんどですが、中にはどの会社にも所属せず、個人のお客様などから直接依頼を受けるフリードライバーも存在します。

配達の仕事で最も気をつけたいこと

腰への負担を減らすことです。長距離ドライバーは、荷下ろしの回数こそ少ないですが、運転中は長い時間同じ体勢でいなければならないので、腰への負担を減らすためにも、適度に休憩を取ることが求められます。
また、中距離や短距離のドライバーであっても、走る距離は短いぶん、荷物の上げ下ろしは頻繁にあるため、ちょっとした油断で腰痛を発症しやすいので、腰痛予防用の腰ベルトを巻いたり、重い荷物はきちんとかがんで持ち上げるなど、普段から意識して行う必要があります。

配達の仕事は以外と楽しい。その他の働きやすく人気の仕事

学生のうちにアルバイトとして、配達の仕事に関わったことがあるという人もいるのではないでしょうか?他のアルバイトと比べても覚えることは比較的少なく、アルバイトのうちはドライバーの補佐として助手席に乗ることがほとんどなので、配達の仕事に楽なイメージを抱いている方も少なくないのでは?

それ以外にも、世間にはあまり知られていないけれど、実際にやってみると意外と働きやすかったと言う仕事をいくつかご紹介します。

  • イベントスタッフ…短期間で高収入を得ることが出来る
  • マンガ喫茶の店員…厄介なお客さんの対応さえ慣れてしまえば楽
  • 大学職員・学校事務員…安定しているうえに福利厚生も魅力的
  • セルフのガソリンスタンド…店内での対応がメインなので、暇な時間帯も多い
  • 治験モニター…安全に高額を稼げる
  • 並び屋…ただ並ぶだけなのに時給が高い

楽な仕事は働く人によって違う

一言で「楽な仕事」と言っても、人によって感じ方はさまざまです。どんな仕事が楽だと感じるのかは、他人からはわからないものです。

例えば、精神的にストレスがかからないような仕事が楽だと感じる場合は、あまり人との関わりが少ないことや、ノルマや責任が伴わないこと、自分のペースで仕事を進められることなどを重要視して仕事を選ぶと、比較的楽に働けると言えるでしょう。

また、肉体的にキツイ仕事は避けたいというのであれば、座って働けることや、危険が伴わないこと、残業が少ないことなどを考慮して探してみるのも良いのでは?

ルーティンワークが楽だと感じているのであれば、とくに勉強する必要がなく、マニュアルどおりでOKといった職業が向いていると言えますね。

楽しく働きやすい仕事とその理由

最後に、世間の方が働きやすそうだと感じている仕事を紹介します。

事務職
世間のイメージとしてはやはり、「事務職=座っていられる仕事」であることから、楽な仕事であると思われている傾向にあるようです。その他の職種に比べても、週末が休みだったり定時で帰れるなど、確かに働くうえでのメリットは多々あります。
ですが実際には、一日中パソコンに向かっていたりすることで、目の疲れや肩こりに悩まされたり、拘束時間のわりには給料が安いなど、楽ではない部分も多いようです。

営業職
営業職に対して思い浮かぶのは、空き時間を利用して好きな事が出来たり、営業車で休むことが出来るといった自由なイメージが多いかもしれませんね。ルート営業と飛び込み営業では大きく違うのかもしれませんが、ノルマの達成でプレッシャーを感じたり、人とのコミュニケーションを上手くとれないタイプの人にとっては、決して楽な仕事だとは言えないようです。

工場勤務
慣れてしまえば楽だという方が多いのが工場勤務です。ただ黙々と単純作業をこなすのが得意だという人であれば、楽しく働きやすい仕事だと言えるのではないでしょうか?