暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

Fランでも就活で大手の内定を勝ち取るために今すべきこと

      2018/10/25

Fランでも就活で大手の内定を勝ち取るために今すべきこと

Fラン大学生は、有名大学生よりもスタートから大きなハンデを背負っているのは事実。
また、Fランでも就活で大手を目指せるのかと不安になる学生も多いはずです。

Fランだからあといって大手に就職できないわけではありません。
ただ、同じような戦略では太刀打ちできません。

Fランでも就活で大手の内定を勝ち取るために今すべきことはあります。頑張りましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

Fランでも就活で大手を目指せる?

Fラン大学に通っている大学生は大手企業に就職できないと思っている人も多いですがそのようなことはありません。実際にFラン大学出身でも大手企業の就職している学生はいます。そのような学生は事前の準備をしっかりとしていることが多いのです。例えば資格取得をしっかりと行い面接の際にはしっかりとアピールしています。他にも企業のインターンシップにも積極的に参加して、前もって社員とのコミュニケーションをしっかりと取っていることがあります。出身大学だけでなく、書類選考、面接、グループディスカッションなどで成果を出すことが出来ることが大切になってきます。

しかしFラン大学出身の学生が大手企業に就職したからといって素晴らしい未来が待っているとは限りません。働き出してみると、周りの同期や先輩たちは有名大学に通っていた人達が多いからです。大学でコンプレックスを抱いてしまう人もいますが、仕事のスキルというのは別に考えたほうがいいです。

その理由として偏差値の高い大学を卒業しているといっても、今の時代推薦というものがあるからです。ランクの低い高校の場合高い評定を取る事ができます。

そのためわざと1つランクの低い高校に入学して、偏差値の高い大学に推薦で合格する人も増えているのです。だから必ずしも偏差値の高い大学を卒業したからといって仕事でも成果を出せるとは限らないのです。しかし大企業社員のレベルが高く、仕事についていけなくと言う人も多いのも事実で、最終的には退職してしまう人もいるのです。

Fランでも就活で大手に就職するためにはどんなESにするべき?

Fランの就活で大手に就職するためのES対策はどのようにするべきなのでしょうか。

例えば自己PRを何文字内で書くという内容があります。そのような場合は結論を先に書きましょう。そして具体的なエピソードを書きます。学生時代は何をしていたのか書くようにします。そして失敗したことや苦労したことも書きます。その時どのように行動し、結果はどのようになったのかを書きます。最後に自分の強みを会社でどう活かすのか書くようにしましょう。

自己PRのしっかり自己分析をすることで、自分はどのような人間で、どのようなことが強みなのか客観的にわかるようになります。そして大学のキャリアセンターで添削をお願いすることをオススメします。先生たちも親切にしっかり添削してくれます。

Fラン大学生でも就活で大手の内定を勝ち取る人はどんな人?

Fラン大学生でも就活で大手企業の内定を勝ち取るためには、学歴よりも経験や、エピソードが大切になります。企業人事の面接担当の人の立場になって考えてみます。サークルやアルバイトなどのありきたりの経験やエピソードでFラン大学生がエントリーしたきたとします。もし同じような経験をしている偏差値の高い大学生もエントリーしていたとすると、ほとんどの場合、偏差値の高い大学に通っている学生を採用することでしょう。理由としては採用結果を上司に報告する時に選んだ理由を説明する手間が省けるからです。

このようなことから重要なことが学歴に関係ない経験やエピソードが大切になってくるのです。アピールするのに大切なことは、みんなが普通ではしない経験と、簡単に真似が出来ない経験の2つです。ランクが低い大学で大手企業に内定をもらった友達は、英語がとても上手でした。海外留学していたことを武器に面接でアピールしていましたし、英語が活かせるアルバイトを学生時代していました。そのことが武器になったのかわかりませんが、大手企業に採用され今は人事課で働いていて、毎年学生の採用面接をしています。

大手以外でFラン学生が就活で狙うべき職種とは

Fラン大学生が就活で狙う企業は大手だけではなくIT企業も視野に入れて見ましょう。古くからある大手企業は学歴重視をしていたり、学閥がある場合が多いので、出来るだけ新しい企業を選ぶようにしましょう。

理由はITベンチャー企業は学歴を気にしない企業が多いです。だから有名なIT企業でもFラン大学生が新卒で入社できる可能性があり、入社後も本人の努力次第では出世できるチャンスがあります。実力があると出世できるチャンスが増えるので転職を考えている人のはとても有利です。どのIT業界でもネットのスキルはとても重宝されるので、もし転職をしてもITベンチャーで習得したスキルを活かすことが出来ます。

IT企業の視野に入れた場合、どのような仕事をするのか、社風などは入社してみないとわからないことが多いです。そのような時にオススメなのは口コミサイトです。探してみて自分に合った会社を見つけましょう。

Fラン大学生が就活で勝ち残るために今すべきことは?

Fラン大学生が就活で勝ち取るためにやるべきことがあります。まず学校の成績を上げることです。Fラン大学に入ってさらに成績が悪いのは話になりません。レベルが低い上に更に下にいるので、勉強をしていない、元から頭が悪いと言っているようなものです。もしFラン大学でもいい成績を取っていると、真面目、本当は頭がいいと思われ使える人材と思われることもあるのです。偏差値の高い大学のC評定よりもFランのA評定の方がいいです。

学内企業説明会に参加するようにしましょう。学内説明会に来ている企業はあなたの大学の学生を採用する意思のある会社です。そしてキャリアセンターに届く求人も同じなのでこの中からエントリーする企業を選ぶようにしましょう。

そして就職したい業種や職種は決まっていない人は失敗します。様々な企業に手当たり次第にエントリーしても勝ち残ることは出来ません。自分は何をしたいのかしっかり決めることが大切です。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ