上司との面談で泣く部下の取扱説明書!上司が部下にできること

上司と部下で面談をしているとき、部下が泣く場面に遭遇してしまった!仕事の最中に部下が泣いてしまった!
こんな時、上司の立場として何をしてあげられるか考えることもありますよね。

仕事で部下が泣いてしまったら、一体どんなことをしてあげれば良いのでしょうか。部下が泣くのはどんな理由が多いの?

そこで今回は、部下が仕事で泣いたときの上司の対応についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

ソフトボールのコツを理解して、体育の時間に打ってみよう

オリンピックなどのソフトボールの国際試合を見ると、体育の授業で自分もあんなふうに打ってみたいと思いま...

給料が遅れる理由はやっぱり倒産?その時にやるべきこととは

今まで働いてきて給料が遅れるなんてことはなかったのに、今月は遅れた…。もしそんな事態になったらどんな...

教育実習でプレゼントを簡単に手作りするオススメと渡す注意点

教育実習で最終日に子どもたちへお礼のプレゼントをするなら、簡単な手作りプレゼントがオススメです。...

バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。紹...

水泳のキックの強化に欠かせない筋トレ方法を紹介します

水泳のキックを強化したいときにはどのような筋トレをしたらいいのでしょうか?クロールのキック力...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をし...

テニスの後衛のコツとは?前衛のサポート役で終わらせない方法

テニスの後衛はどんなことを意識して動く必要があるのでしょうか?コツやポイントとは?前衛の足を...

農業は儲かる。どんな果物が儲かるのかや農家の売上や海外事情

農業といえば休みがない、朝が早い、仕事が大変といったイメージがあるのではないでしょうか。そんな農...

面接で趣味特技を聞かれた場合の大学生の答え方について解説!

就活の時の面接で、趣味特技について聞かれる場合もあります。でも、大学生として正直に答えるべきなのか迷...

育児休暇中に退職すると決めたら、報告は早めにしよう!

出産する前は職場復帰を考えていたものの、育児休暇中にやっぱり仕事を辞めようと考える人もいるのではない...

事務員の仕事が暇過ぎる!という方は是非読んで下さい!

事務員の仕事をしていて暇だ!暇過ぎる!という人がいます。忙しくないならいいのでは?と思ってし...

先輩への誕生日プレゼント【女性編】選び方のポイントや注意点

いつもお世話になっている女性の先輩へ誕生日プレゼントを贈るときには、どんなものを選んだらいいの悩みま...

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。では、私立...

スポンサーリンク

上司との面談で泣く部下の女性の扱い方

泣かせるつもりは無かったのに、目の前で泣かれてしまうと困ってしまいますよね。
そんな上司との面談で泣く女性の部下の扱い方をご紹介します。

女性が泣いてしまう理由のひとつに「言い方が怖いから」というものがあります。
例えば、その部下が他の社員との連携が上手く取れていないため、上司であるあなたが注意をしたとします。
その時に、「他のヤツにちゃんと聞いてから作業しろ!」といったような少し乱暴な言葉ですと、部下によっては「私の事が嫌いだから、乱暴な言葉遣いで注意するんだ」と思い込み、注意した内容もよく考えないうちに泣いてしまうことがあります。

ですので、普段から女性の部下と接する扱いとしては、出来るだけ丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

部下が面談で泣く時に上司ができる事

人が泣いて涙を流すという行為は、悲しくて泣くだけではありません。
嬉し涙、悔し涙、怒り涙など、何かで感情が高ぶった時に涙は出てくるのです。
そのように何かあるごとに出てくる涙ですが、上司が涙もろい人だとしても、他人の涙には思わず動揺してしまうものです。

しかし、部下が泣いてしまったとしても、あわてて謝ったりする必要はありません。
優しい口調に言い換えたとしても、注意すべきところは変えないようにしましょう。
そうしないと、「あの上司は泣けば許してくれる」と思われ、業務中の態度も改善しません。

だからと言って、部下が泣いているのに構わず話を続けたり、なんとか泣き止ませようとしてアレコレ言うのもやめましょう。
涙が出ている時は、感情が高ぶっている時ですから、言われたことが耳に入らなかったり、逆により泣いてしまう可能性があります。

部下が落ち着くまでそのまま黙って待ってあげたり、「落ち着くまで、トイレに行ってて良いよ」などの声をかけてあげましょう。
ある程度部下が落ち着いたようだったり、トイレから戻ってきた場合は、「少しは落ち着いた?」などの最低限の声をかけるようにしましょう。

また、次の日に「昨日は強く言い過ぎてごめんね」などのフォローも忘れないようにしましょう。
ただし、「君のそのすぐ泣くところ良くないよ」とか「普段からキチンとしてないから、あんな事言われるんだよ」などの追い討ちをかけるような事を言うのは、絶対にやめましょう。
「一言フォローする」それだけで充分です。

上司との面談で泣く!すぐ泣く人の脳について

上司との面談ですぐ泣くような人の脳について、考えてみましょう。
涙が出るのは、主に感情の高ぶりが原因ですが、「泣く=弱い」という訳ではありません。

脳の中には、左右の大脳半球をつなぐ交連線維の太い束である「脳梁(のうりょう)」があります。
これがあることによって、さまざまな記憶などの情報を「左脳から右脳」、「右脳から左脳」へ受け渡す事が出来るのです。
一般的には、男性と女性とでは、女性の方が男性より脳梁が太いとされています。
この事により、個人差はあるものの、女性の方がより細かに左右の脳の中で、情報を伝達していると言えます。

人が泣く時は、脳の「正中前頭前野」と脳梁の前端部にあたる「前交連」が活発に働きます。
これは、「賢いから」起こる事柄ではなく、その場所で感情などのあらゆる情報がものすごい速度で交差している状態です。
つまり、情報が処理しきれずにパンク寸前になっているのです。

ビジネスシーンで「泣く」という状況について

ビジネスシーンで「泣く」という状況について、考えてみましょう。

ビジネスシーンでは、ほぼ大人しかいません。
つまり、ビジネスシーンで泣くのは、大の大人が泣いているのです。
大人が泣くのは恥ずかしいとされているにも関わらず泣いてしまうのは、こういった理由があります。

  • 失敗などでパニックになった時
  • 上司から失敗などを激しく叱責された時
  • 自分の失敗を恥じて悔しいと思う時
  • 自分がかかわった仕事を認めてもらえない時
  • 配慮の無い酷い扱いを受けた時

など、子供の時とはかなり違った涙を流すようです。
多くの場合は、自分のプライドが大きく傷つけられた事による悔し涙と悲し涙なのではないでしょうか。
他には、「とても苦労した自分の仕事が実になった事を実感した時」というのもあります。
出来れば、こういった嬉し涙しか流す事のない職場が良いですよね。

上司に言われてグッときた言葉は何ですか?

上司に言われてグッときた言葉は何ですか?

  • いつも頑張ってるね

「私の上司は口数が少なく、仕事の会話以外はほとんどする事がありません。
しかし、忙しくて連日残業した時に、「いつも頑張ってるね」と声をかけてくれた時は、説明のしようのない嬉しさが込み上げて、泣きそうになってしまいました。」

  • 君のお陰で上手く言ったよ

「とある大きな仕事の案件があり、自分はその案件を担当する事になったチームのメンバーのひとりでした。
下っ端ながら一生懸命やったつもりではありましたが、皆の足を引っ張っているのではないかと不安交じりの中、なんとか成功しました。
一番の功労者である課長から、「君のお陰で上手く言ったよ」と言われた時は、「そんなことないです」と言うのが精一杯で、思わず目に涙が溢れてしまいました。