上司との面談で泣く部下の取扱説明書!上司が部下にできること

上司と部下で面談をしているとき、部下が泣く場面に遭遇してしまった!仕事の最中に部下が泣いてしまった!
こんな時、上司の立場として何をしてあげられるか考えることもありますよね。

仕事で部下が泣いてしまったら、一体どんなことをしてあげれば良いのでしょうか。部下が泣くのはどんな理由が多いの?

そこで今回は、部下が仕事で泣いたときの上司の対応についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか?それには、...

床屋と美容院の定休日が月曜に多い理由!実は地域で定休日が違う

床屋や美容院の定休日が月曜日のことが多いのはなぜなのか、疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか...

巫女のバイトには年齢制限があるの?巫女バイトの実態

神社でおみくじなどの対応を行う巫女のバイトですが、巫女バイトにはどうやら年齢制限があるようなのです。...

居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。働いてい...

公務員の面接対策とは地元以外を受けるときの準備や心構え

地元以外の公務員面接を受けるときに必ず聞かれる質問。いったい、どのように答えたらいいのでしょうか?...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

やる気が出ない。仕事をサボる気持ちがあるなら休みを取ろう

やる気が出ない。にんげんだもの、やる気がでない時だってあります。疲れてるんじゃない?疲れ...

No Image

野球の球速アップのための筋トレ方法とは?バランスよく鍛えよう

筋トレで鍛えたことによって球速アップしているプロ野球の投手も増えてきましたよね。では、どんな...

牽制が野球の試合を制す!そのやり方について徹底解説します

野球の試合において牽制でランナーをアウトにすることもできますが、正しいやり方やコツがわかっていないと...

駅員の仕事は楽?決して楽とは言えない駅員の仕事の実態とは

毎日見かける駅員さん。なんだか仕事が楽そうでいいなと思っていませんか?一見楽そうに見える駅員...

昼休みに仕事をする上司や同僚は迷惑?休憩時間も働く心理とは

昼休みになっても仕事を続ける上司や同僚の方もいますよね。そんな上司や同僚の方がいると休みにく...

ボクシングのカウンター上達のための練習方法とコツを解説

ボクシングのパンチの中でも、一瞬で相手をKOさせることも可能なカウンター。しかし、難しいテクニックが...

陸上の走り幅跳びで記録を伸ばすための筋トレ方法を教えます

陸上の跳躍種目の中でも走り幅跳びは、まず速く走る力が必要となるでしょう。では、記録を伸ばすた...

大学に行きたくないのは友達がいないから。アドバイスと解決法

「大学に行きたくない・・・」大学生にはさまざまな悩みがあり、そこには色んな理由があると思います。...

就活の作文は原稿用紙を正しく使って書くことが大切です

普段パソコンを使っている人は、就活試験の作文のために原稿用紙を使って文章を書くとなると、わからないこ...

スポンサーリンク

上司との面談で泣く部下の女性の扱い方

泣かせるつもりは無かったのに、目の前で泣かれてしまうと困ってしまいますよね。
そんな上司との面談で泣く女性の部下の扱い方をご紹介します。

女性が泣いてしまう理由のひとつに「言い方が怖いから」というものがあります。
例えば、その部下が他の社員との連携が上手く取れていないため、上司であるあなたが注意をしたとします。
その時に、「他のヤツにちゃんと聞いてから作業しろ!」といったような少し乱暴な言葉ですと、部下によっては「私の事が嫌いだから、乱暴な言葉遣いで注意するんだ」と思い込み、注意した内容もよく考えないうちに泣いてしまうことがあります。

ですので、普段から女性の部下と接する扱いとしては、出来るだけ丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

部下が面談で泣く時に上司ができる事

人が泣いて涙を流すという行為は、悲しくて泣くだけではありません。
嬉し涙、悔し涙、怒り涙など、何かで感情が高ぶった時に涙は出てくるのです。
そのように何かあるごとに出てくる涙ですが、上司が涙もろい人だとしても、他人の涙には思わず動揺してしまうものです。

しかし、部下が泣いてしまったとしても、あわてて謝ったりする必要はありません。
優しい口調に言い換えたとしても、注意すべきところは変えないようにしましょう。
そうしないと、「あの上司は泣けば許してくれる」と思われ、業務中の態度も改善しません。

だからと言って、部下が泣いているのに構わず話を続けたり、なんとか泣き止ませようとしてアレコレ言うのもやめましょう。
涙が出ている時は、感情が高ぶっている時ですから、言われたことが耳に入らなかったり、逆により泣いてしまう可能性があります。

部下が落ち着くまでそのまま黙って待ってあげたり、「落ち着くまで、トイレに行ってて良いよ」などの声をかけてあげましょう。
ある程度部下が落ち着いたようだったり、トイレから戻ってきた場合は、「少しは落ち着いた?」などの最低限の声をかけるようにしましょう。

また、次の日に「昨日は強く言い過ぎてごめんね」などのフォローも忘れないようにしましょう。
ただし、「君のそのすぐ泣くところ良くないよ」とか「普段からキチンとしてないから、あんな事言われるんだよ」などの追い討ちをかけるような事を言うのは、絶対にやめましょう。
「一言フォローする」それだけで充分です。

上司との面談で泣く!すぐ泣く人の脳について

上司との面談ですぐ泣くような人の脳について、考えてみましょう。
涙が出るのは、主に感情の高ぶりが原因ですが、「泣く=弱い」という訳ではありません。

脳の中には、左右の大脳半球をつなぐ交連線維の太い束である「脳梁(のうりょう)」があります。
これがあることによって、さまざまな記憶などの情報を「左脳から右脳」、「右脳から左脳」へ受け渡す事が出来るのです。
一般的には、男性と女性とでは、女性の方が男性より脳梁が太いとされています。
この事により、個人差はあるものの、女性の方がより細かに左右の脳の中で、情報を伝達していると言えます。

人が泣く時は、脳の「正中前頭前野」と脳梁の前端部にあたる「前交連」が活発に働きます。
これは、「賢いから」起こる事柄ではなく、その場所で感情などのあらゆる情報がものすごい速度で交差している状態です。
つまり、情報が処理しきれずにパンク寸前になっているのです。

ビジネスシーンで「泣く」という状況について

ビジネスシーンで「泣く」という状況について、考えてみましょう。

ビジネスシーンでは、ほぼ大人しかいません。
つまり、ビジネスシーンで泣くのは、大の大人が泣いているのです。
大人が泣くのは恥ずかしいとされているにも関わらず泣いてしまうのは、こういった理由があります。

  • 失敗などでパニックになった時
  • 上司から失敗などを激しく叱責された時
  • 自分の失敗を恥じて悔しいと思う時
  • 自分がかかわった仕事を認めてもらえない時
  • 配慮の無い酷い扱いを受けた時

など、子供の時とはかなり違った涙を流すようです。
多くの場合は、自分のプライドが大きく傷つけられた事による悔し涙と悲し涙なのではないでしょうか。
他には、「とても苦労した自分の仕事が実になった事を実感した時」というのもあります。
出来れば、こういった嬉し涙しか流す事のない職場が良いですよね。

上司に言われてグッときた言葉は何ですか?

上司に言われてグッときた言葉は何ですか?

  • いつも頑張ってるね

「私の上司は口数が少なく、仕事の会話以外はほとんどする事がありません。
しかし、忙しくて連日残業した時に、「いつも頑張ってるね」と声をかけてくれた時は、説明のしようのない嬉しさが込み上げて、泣きそうになってしまいました。」

  • 君のお陰で上手く言ったよ

「とある大きな仕事の案件があり、自分はその案件を担当する事になったチームのメンバーのひとりでした。
下っ端ながら一生懸命やったつもりではありましたが、皆の足を引っ張っているのではないかと不安交じりの中、なんとか成功しました。
一番の功労者である課長から、「君のお陰で上手く言ったよ」と言われた時は、「そんなことないです」と言うのが精一杯で、思わず目に涙が溢れてしまいました。