少人数の職場では急に休めないない実態がある!そのワケと対策

少人数の職場だと、体調が悪かったり急用が出来てもなかなか休めないという場合がありますね。

人手が足りないので休んでも代わってくれる人がいない、休んでしまったらその分のしわ寄せが他の人にいってしまうなど悩ましい問題があるでしょう。

無理をして自分に体が壊れてしまってはいけませんね。

少人数の職場の場合の休み事情についてみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカー初心者ドリブル上達方法!ドリブルのコツやポイント解説

サッカー選手のピッチを縦横無尽に駆け巡り、ゴールを狙う姿にカッコイイと思った人も多いはずです。 ワ...

コンビニの面接に落ちた時原因は?考えられる理由は色々あります

コンビニの面接に落ちた時、一体どんなことが原因で落ちてしまったのか気になりますよね。落ちないだろうと...

アイドルの衣装をデザインする仕事をするために進むべき道とは

テレビで見かけるアイドルの衣装ってかわいいですよね。そんな衣装を見ていると「自分がデザインした衣装を...

電話でもしもしは失礼にあたる?正しいビジネスマナーとは

ついつい使ってしまう電話のもしもし。実はこの「もしもし」というワードは会社の電話では失礼にあたるんで...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

職場のおばさんは子供かも?陰口を言う心理や対処法

職場のおばさんの中には、人の陰口を言うのが好きな人っていますよね。 では、そんな人の陰口を言う...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。 この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。 一説には今後数十年で通...

プロレスは勝敗が決まってる?客を魅了するプロレスの裏事情

「プロレスって試合前からもうすでに勝敗が決まってるんでしょ?」という話を耳にしたことありませんか? ...

電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若...

No Image

【バドミントン初心者のヘアピン】スピンヘアピンを覚えよう

バドミントン初心者にとってヘアピンの中でもマスターすることが難しいスピンヘアピン。 しかし、こ...

育成ドラフトとは?育成選手が受ける制約や問題点、選手の本音

育成ドラフトとはどんな制度なのか、あなたは知っていますか? 通常のドラフトで指名されるのとは違...

ハローワークの履歴書添削を活用して採用を勝ち取るコツとは

ハローワークでは作成した履歴書の添削を無料で受けることができることをご存知でしょうか? では、...

深夜のコンビニですることはこんな事!経験者が語る!

24時間営業のコンビニでは、深夜の勤務もありますね。 深夜の時間帯は来客も少ないのでしょうか?...

休みの日に鳴る電話!仕事関係ならどうするのか聞いてみた

せっかくの休みの日に仕事の電話がくることにどう思いますか? 休みの日くらいゆっくりさせて欲しい...

スポンサーリンク

少人数の職場は体調が悪くても休めない!

人数が多い職場よりも、少人数の職場では体調が悪くなっても休めないことがあります。
年中元気で特に用事もないなら良いのですが、人間はいつなにが起きるかわかりません。
風邪やインフルエンザで体調を突然崩してしまうこともありますし、自分の体調が悪くなくても子供や家族の体調が悪くなって看病してあげなくてはいけなかったり、友人の結婚式に出席しなくてはいけなかったりと、仕事を休まなくてはいけないときが必ずあります。

また、仕事のストレスが溜まり精神的に辛くなってしまうことがあり、旅行などでリフレッシュしたいときもありますよね。

どんな理由があっても、少人数の職場で毎日とても忙しく仕事をしていると、1人でも休んでしまった場合他の職員やお客様に大きな負担や迷惑をかけてしまうことがあり、無理をして出勤しなくてはいけないということもあるのです。

無理をしすぎてしまうと体調を崩してしまい、結果的に他の人に迷惑をかけてしまうことにもなりかねないので、無理をしすぎてはいけません。

少人数の職場は代わりがいないから休めない事実

少人数の職場は代わりになる人がいないので、休めないという事実があります。

仕事をするうえで、体調や用事などで休むことは悪いことではありませんし、こちらは休む権利だってあるのです。
休みを申し出る時、少人数の職場だと強引に休みをとらなくてはいけないです。

あなたが休んでしまった分は他の人に負担がかかり、嫌な事を言われたりして職場の人間関係がギクシャクしてしまう可能性はとても高くなります。

しかし、このような忙しい職場で働いていると相当ストレスも溜まるものです。
どこかで発散をしないと体や気持ちはぼろぼろになってしまいますよね。

それでも休ませてくれないという職場は、体調を崩すことになったとしても、今後もそこで働かなくてはいけないのかということを考えていかなくてはいけなくなる可能性があることも否定できません。

それでもそこで働きたい!と思うなら、人間関係がギクシャクしてしまうことを恐れずに自分の体を大切にするため休みを取るようすると良いですね。

少人数の職場 の悩みは、休めない事や人間関係

少人数の職場でも人間関係が上手く行かないことはあるのです。
逆に少人数の職場だからこそ、些細なことで人間関係が崩れてしまうのです。

女性が多い職場だと、お菓子をくれなかったり私用でのお誘いが無かったりなど、ほんの些細なことで人間関係に亀裂が入ってしまうことがあります。

従業員が多くいれば、数人と仲が悪くなったとしてもあまり気になりませんが、少人数だと1人とでも仲が悪くなってしまうと今後の仕事に支障が出ることも考えられます。

少人数の職場で孤立しないためにも、身勝手に周りの人を振り回したり、わがままを言ったりしないように気をつけたいものです。
一度その人の印象が悪くついてしまうと、なかなか印象を変えることは難しいです。

少人数の職場では特に気を配ることで、孤立せずに周りの人たちと仲良くやっていけますよ。
毎日人と顔を合わせる場所ですから、少しでも働きやすい環境を作ってストレスを減らしていきたいものですよね。

少人数の職場で孤立しないコツと孤立してしまったら

少人数の職場で孤立しないコツとは一体何でしょうか。
また、もし孤立してしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

孤立しないコツ

自分の目で見たものだけを信用するようにしましょう。
他の人から聞いた噂話を、自分からまた他の人へ話してしまうのはNGです。
他の人から聞いた話は一切気にしてはいけません。
それが誰かの悪口であった場合も、全てを鵜呑みにして信用してはいけません。

だからといって素っ気無い態度できてしまっては孤立してしまう原因になってしまうので、会話をしているときはそれなりのリアクションをとることが大切です。

孤立してしまった場合

仕事を第一に考えて出勤するのが良いことです。
しかし、良い仕事をするためには良い人間関係を作ることが大事です。
人間関係を修復したいと考えるのなら、きちんと話をするのも良いですね。

もし話をしても駄目なときは、諦めるしかありません。
人間関係の修復には時間がかかるものです。
毎日できることは、これ以上人間関係を悪化させないようにすることです。

職場が少人数で女性が多い場合は

少人数の職場で、女性の割合が多い場合は深い話はしない方が無難です。
女性という存在は怖いものです。

仲良くなりたいと思ってプライベートな話をしてしまったとき、人にもよりますが熱心に聞いてくれる人もいます。
しかし、それだけで仲良くなったと勘違いしてぺらぺらと深い話をしてしまうと思わぬトラブルに繋がってしまいます。

職場の愚痴などをこぼしてしまうと、上司にいつの間にか伝わっていたりすることもあります。
少し話しただけで相手を信頼して何でも話してしまうのは危険です。
女性は噂話や悪い話が好きな方で、たとえ秘密の話であっても他の人にしゃべって共有してしまうことがあるということを頭に入れておきましょう。

どんなに仲良くなったとしても、誰かの悪口やよくない話は控えるようにしたいですね。