少人数の職場では急に休めないない実態がある!そのワケと対策

少人数の職場だと、体調が悪かったり急用が出来てもなかなか休めないという場合がありますね。

人手が足りないので休んでも代わってくれる人がいない、休んでしまったらその分のしわ寄せが他の人にいってしまうなど悩ましい問題があるでしょう。

無理をして自分に体が壊れてしまってはいけませんね。

少人数の職場の場合の休み事情についてみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

公務員が昇給するのはいつ頃?昇給の決め方と昇給スピード

給料が安定している公務員ですが、昇給するのがいつなのか、また昇給スピードや昇給はいつまで続くのかわか...

年上後輩のトリセツ。仕事がどのくらいできるのかを見極める

年上の後輩について。仕事上の立場として上司だけど、年齢的には部下が年上。この場合、『...

研修期間中でも辞めることは可能?バイトの辞め方について

頑張ろうと思ってバイトを始めたものの、自分の思っていた仕事とは違いすぎて辞めたいと思うこともあるでし...

バレーボールの練習メニュー【中学生編】上達する方法とは

バレーボールは効果的な練習メニューを中学生から行うことで上達させることができます。まずは基礎...

学校の用務員の仕事内容とは?なるには?求められるもの

学校の用務員の仕事というと、学校の庭の草刈りや清掃といった仕事が目立ちますが、主にどんな仕事内容にな...

就活の作文は原稿用紙を正しく使って書くことが大切です

普段パソコンを使っている人は、就活試験の作文のために原稿用紙を使って文章を書くとなると、わからないこ...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。昔から続く日本ならではの働き方ですが...

バスケのアップの方法とは?試合前にしておきたいアップ方法

バスケの試合前にはどのようなアップをしておくといいのでしょうか?いつもと同じようにアップをしておけば...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

仕事で大失敗!損害を出してしまった時個人で補償するかについて

仕事で大失敗をしてしまった!損害を出してしまった時、自分で弁償しなければならないのでしょうか?...

バレーボールのセッター、上達するための練習方法を徹底解説

少しでも良いトスを上げて得点に結び付けたい…セッターの人は皆そう考えているのではないでしょうか?...

床屋と美容院の定休日が月曜に多い理由!実は地域で定休日が違う

床屋や美容院の定休日が月曜日のことが多いのはなぜなのか、疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか...

大学中退から専門学校は就職に有利なワケと人生のきっかけ

大学中退してからすぐに就職するのではなく、専門学校に再入学するという人も多いのではないでしょうか?...

年末はやっぱり仕事が忙しい!忙しい仕事を乗り切る方法

年末になると毎年仕事が忙しいと感じる人は多いですよね。会社全体がなんとなくバタバタして、年末...

ボクシングの観戦が初心者の方へ、基本情報や見どころを紹介

テレビ中継を見て生を見てみたくなった、知り合いにボクサーがいるなどボクシングを初めて観戦するという人...

スポンサーリンク

少人数の職場は体調が悪くても休めない!

人数が多い職場よりも、少人数の職場では体調が悪くなっても休めないことがあります。
年中元気で特に用事もないなら良いのですが、人間はいつなにが起きるかわかりません。
風邪やインフルエンザで体調を突然崩してしまうこともありますし、自分の体調が悪くなくても子供や家族の体調が悪くなって看病してあげなくてはいけなかったり、友人の結婚式に出席しなくてはいけなかったりと、仕事を休まなくてはいけないときが必ずあります。

また、仕事のストレスが溜まり精神的に辛くなってしまうことがあり、旅行などでリフレッシュしたいときもありますよね。

どんな理由があっても、少人数の職場で毎日とても忙しく仕事をしていると、1人でも休んでしまった場合他の職員やお客様に大きな負担や迷惑をかけてしまうことがあり、無理をして出勤しなくてはいけないということもあるのです。

無理をしすぎてしまうと体調を崩してしまい、結果的に他の人に迷惑をかけてしまうことにもなりかねないので、無理をしすぎてはいけません。

少人数の職場は代わりがいないから休めない事実

少人数の職場は代わりになる人がいないので、休めないという事実があります。

仕事をするうえで、体調や用事などで休むことは悪いことではありませんし、こちらは休む権利だってあるのです。
休みを申し出る時、少人数の職場だと強引に休みをとらなくてはいけないです。

あなたが休んでしまった分は他の人に負担がかかり、嫌な事を言われたりして職場の人間関係がギクシャクしてしまう可能性はとても高くなります。

しかし、このような忙しい職場で働いていると相当ストレスも溜まるものです。
どこかで発散をしないと体や気持ちはぼろぼろになってしまいますよね。

それでも休ませてくれないという職場は、体調を崩すことになったとしても、今後もそこで働かなくてはいけないのかということを考えていかなくてはいけなくなる可能性があることも否定できません。

それでもそこで働きたい!と思うなら、人間関係がギクシャクしてしまうことを恐れずに自分の体を大切にするため休みを取るようすると良いですね。

少人数の職場 の悩みは、休めない事や人間関係

少人数の職場でも人間関係が上手く行かないことはあるのです。
逆に少人数の職場だからこそ、些細なことで人間関係が崩れてしまうのです。

女性が多い職場だと、お菓子をくれなかったり私用でのお誘いが無かったりなど、ほんの些細なことで人間関係に亀裂が入ってしまうことがあります。

従業員が多くいれば、数人と仲が悪くなったとしてもあまり気になりませんが、少人数だと1人とでも仲が悪くなってしまうと今後の仕事に支障が出ることも考えられます。

少人数の職場で孤立しないためにも、身勝手に周りの人を振り回したり、わがままを言ったりしないように気をつけたいものです。
一度その人の印象が悪くついてしまうと、なかなか印象を変えることは難しいです。

少人数の職場では特に気を配ることで、孤立せずに周りの人たちと仲良くやっていけますよ。
毎日人と顔を合わせる場所ですから、少しでも働きやすい環境を作ってストレスを減らしていきたいものですよね。

少人数の職場で孤立しないコツと孤立してしまったら

少人数の職場で孤立しないコツとは一体何でしょうか。
また、もし孤立してしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

孤立しないコツ

自分の目で見たものだけを信用するようにしましょう。
他の人から聞いた噂話を、自分からまた他の人へ話してしまうのはNGです。
他の人から聞いた話は一切気にしてはいけません。
それが誰かの悪口であった場合も、全てを鵜呑みにして信用してはいけません。

だからといって素っ気無い態度できてしまっては孤立してしまう原因になってしまうので、会話をしているときはそれなりのリアクションをとることが大切です。

孤立してしまった場合

仕事を第一に考えて出勤するのが良いことです。
しかし、良い仕事をするためには良い人間関係を作ることが大事です。
人間関係を修復したいと考えるのなら、きちんと話をするのも良いですね。

もし話をしても駄目なときは、諦めるしかありません。
人間関係の修復には時間がかかるものです。
毎日できることは、これ以上人間関係を悪化させないようにすることです。

職場が少人数で女性が多い場合は

少人数の職場で、女性の割合が多い場合は深い話はしない方が無難です。
女性という存在は怖いものです。

仲良くなりたいと思ってプライベートな話をしてしまったとき、人にもよりますが熱心に聞いてくれる人もいます。
しかし、それだけで仲良くなったと勘違いしてぺらぺらと深い話をしてしまうと思わぬトラブルに繋がってしまいます。

職場の愚痴などをこぼしてしまうと、上司にいつの間にか伝わっていたりすることもあります。
少し話しただけで相手を信頼して何でも話してしまうのは危険です。
女性は噂話や悪い話が好きな方で、たとえ秘密の話であっても他の人にしゃべって共有してしまうことがあるということを頭に入れておきましょう。

どんなに仲良くなったとしても、誰かの悪口やよくない話は控えるようにしたいですね。