総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリット

総合職だと転勤があるかもしれないことは、入社したときからわかっていたはずですよね。

しかし、いざ転勤が命令されると、現在の様々な状況や環境などを考えてできれば拒否したいと思う人もいるでしょう。

では、総合職だけど転勤を拒否することは可能なのでしょうか?もしかしたら、転勤は自分へのチャンスかもしれませんよ!

そこで、総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリットなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

集団討論のコツ!教員採用試験で周りに差をつけ高評価を得る方法

教員採用試験では集団面接の他に集団討論も行われます。形式は色々ありますが、集団討論の配点は高いた...

警察の張り込み方法には一定のルールがある?徹底調査!

刑事ドラマなどを観ていると、警察が覆面パトカーに乗ってあんぱんを食べながら張り込みしているシーンって...

特技を面接で聞かれる大学生、そのワケを紹介します

就活が忙しい大学生は、面接の時に特技をきかれて困った経験はありませんか?趣味はあっても、特技...

契約書の郵送方法・梱包方法とマナーや注意点について

新社会人として仕事していると、書類の郵送を頼まれることもあるでしょう。その時に注意が必要なの...

新人は仕事のミスが多い!ミスをする新人の特徴と新人の教育方法

仕事でミスばかりする新人に悩んでいる先輩社員や上司の皆さんは、どうして新人がミスばかりしてしまうのか...

保育園の経営は儲かるの?保育園経営の裏事情とは

「保育園の経営はどうやら儲かるらしい」という噂を耳にしたことありませんか?実際に本当に保育園...

卒業論文のテーマに悩む人必見!簡単に決める方法を教えます

卒業を控えて一番問題になるのが卒業論文でしょう。テーマを何にしようか、なるべく簡単に終わらせるために...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい!コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。ローボレーが上手く打てる...

ハードルの跳び方にはコツがある、高校のハードル走のコツとは

高校の体育の授業でハードルが行われる学校もあるでしょう。ハードルは簡単そうに見えて実は結構難しい...

バレーボールの上達法は自宅で一人でもできるコツやオススメとは

バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。コツを掴んで自宅でも練...

年上後輩が偉そうに感じても、同じ目線に立たないようにするには

年上後輩が偉そうでモヤっとする。部下に指示を出すと、次のような態度を取る人っていますよね?...

夜勤で働く女性の危険性とは?注意するポイントについて解説

看護師や介護職、コンビ二など女性でも夜勤で働く人も増えていますが、男性よりも危険が多いと言えますよね...

火葬場の仕事の内容や給料はいくらか調べてみた!やりがいとは

日本の火葬技術は世界一といわれるそうです。火葬場の仕事にはどんなイメージがありますか?...

バレーのアンダーサーブの基本と上達のコツ【初心者向け】

バレーボール初心者はまず、サーブの練習から行います。サーブの仕方にはいろいろなスタイルがあり...

スポンサーリンク

総合職だけど転勤を拒否することはできる?

学生の時は総合職しか選択できないような気がしていました。理由は転勤が出来ない、しないというとなかなか採用してくれないという不安があるからです。どうしても自分をよく見せようとします。当時は総合職で転勤も仕方のないと思い入社するのです。

しかし社会人になると色々と環境が変わります。結婚など家族の変化もあります。そうすると総合職での転勤が出来なくなる場合もあります。しかし総合職なので、なかなか会社には言い出しにくいのです。そのような時に転勤の辞令が出たらどうしたらいいのでしょうか?総合職でも転勤を断りたいと思いますよね。実際総合職でも転勤を拒否することが出来ます。

総合職が転勤の拒否をする方法

一般職やローカル採用への変更があります。一般職は転勤をしない採用なので、総合職から変更すると転勤を拒否することが出来ます。ローカル採用はその地方限定で働くことです。どの企業でも総合職には転勤があるので、ローカル採用もあるはずです。

転勤を拒否すると悪いことも起こります。給与が少なくなります。総合職から一般職になると給与が約1割以上下がる可能性もあります。このことをよく理解してから転勤を拒否するようにしましょう。

総合職でも権利の濫用があれば転勤は拒否できる!

業務上の必要性がない転勤命令は拒否することが出来ます。転勤命令の拠点は会社の就業規則の条項になり「業務上の必要がある場合には転勤を命じることがある」とされています。なので、転勤を命じる場合は、その場所に行かせるための理由として「業務上の必要」が求められるのです。

日本社会における転勤は、単に仕事をこなす労働力としての異動だけではなく戦略的人事異動の意味もあったり、その地域でしか学ぶことのできないことを取得させる人材育成としての目的もあるのです。

不当な動機で出された転勤命令は、権利の濫用と認められるので、拒否してもいいです。例えば明らかに閑職への左遷、転勤に伴う大幅な減給、辞めさせたい社員だけあからさまに仕事のない部署へ飛ばすという場合になります。

他にも社員はどうしても転勤できない家庭の事情があるにもかかわらず、強制的に命じるのも権利の濫用と認められる傾向があります。

次のような社員への転勤命令は権利濫用と裁判所が判断しました。

社員の子供達2人が障害を患っています。更に年老いた両親が体調不良になったので、両親の家業である農業の手伝いを休日に行い支えているという事情がありました。妻の体調も悪く現在も通院中です。このような家庭の事情がある人は、転勤命令に従わなくてもいいということになります。

総合職で転勤拒否をすることは?

若い人たちはとにかく転勤を嫌がります。転勤拒否とは違う土地にうつるのが嫌だってことです。定年になるまでずっと1つの土地で暮らしたいのです。しかしすごくリスクの高いことです。

例えば災害が起こり多くの人が仮設住宅に住むために移ることになります。そして早く自宅に帰りたいと不満を口にします。気持ちはわかります。しかし移住に慣れると違う班になるばずです。どう考えても元のふるさとには戻らないので、これを機会にもっといい条件のいい街に移住しよう考えます、移住に慣れていいないと条件のいい街へ移れません。

スキルが認められて海外の企業からヘットハンドが来ました。高い役職になり年俸も2倍になります。勤務先はロサンゼルス。私だったら喜んで行きます。しかし、こうなると引っ越しますし移住に慣れていないと難しい面も。
ポジティブに受け取ることが出来ないのでチャンスを逃してしまいます。

転勤を拒否することは本当に自分の将来にとって良いことなのかよく考えて見ましょう。

転勤は自分へのチャンスかも?転勤のメリットけると3つのメリットがあります。

転勤で得られる3つのメリット

キャリアアップ

転勤は転職と同じように新しい環境になるので、新しい経験をすることが出来ます。転勤の目的の1つに「社員の育成」があります。育成には同じことを繰り返すだけでなく、新しい業務へのチャレンジも必要です。色々な環境や部署での仕事そすることで、こなせる業務の幅も広がります。この経験がキャリアアップに繋がる場合が多いのです。昇進するために転勤が必要な企業もあります。

新しい人間関係

転勤すると業務内容だけでなく、取り巻く環境も変わります。その中で新しい人間関係を作らないと業務が円滑に進みません。新しい出会いが、自分に新しい価値観を与えます。いい仕事のパートナーが見つかることもあります。転勤はうまく人間関係を構築できれば大きなメリットです。

自分に合った仕事、職場環境が見つかる

今の仕事内容に悩んでいれば、転勤はチャンスになることもあります。転勤で仕事内容が変わり、自分にあった仕事にめぐりあえることもあります。

会社からの転勤命令に対して考えるべきこと

会社から転勤命令が出されました。会社からはキャリアアップのためと言われる可能性があります。従うか、拒否するどう判断したらいいのでしょうか。

会社も女性の課長や部長に転勤命令が出ることはあります。男性は昔から転勤するのが当たり前で、単身赴任することもあります。しかし女性は転勤がないというのはある意味男女差別なのかもしれません。稀ですが妻に転勤の辞令が出て、夫も同じ場所に転勤希望を出し受け入れてくれる企業もあります。

色々な場面で自分が何を大切にしているかに直面すると、働く女性は人生において選択が多いです。会社ともめる前に解決するケースが多いです。会社としても辞められると困るし、訴えられると会社の印象も悪るからです。あまり深刻に考えずに自分の考えを会社に伝えてみましょう。