仕事のミス!実際にしてしまった最大のミスとミスへの対処法

仕事をしていると、時々ミスをしてしまうこともありますよね。小さなミスやケアレスミスであれば問題にならない事もありますが、とても大きなミスをしてしまうと後々大変なことになってしまいます。

社会人のみなさんが実際に仕事でしてしまった最大のミスには、一体どんなものがあるのでしょうか。ミスを引きずらない・ミスをしないためにはどうしたらいい?

そこで今回は、仕事での実際のミスと対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

陸上の走り幅跳びで記録を伸ばすための筋トレ方法を教えます

陸上の跳躍種目の中でも走り幅跳びは、まず速く走る力が必要となるでしょう。では、記録を伸ばすた...

研修期間中でも辞めることは可能?バイトの辞め方について

頑張ろうと思ってバイトを始めたものの、自分の思っていた仕事とは違いすぎて辞めたいと思うこともあるでし...

上司から愚痴を聞かされるのが辛い人へアドバイス!

上司にからいつも愚痴ばかり聞かされる・・・。聞かされる方もストレスが溜まりますよね。愚痴ばか...

少年サッカーのコーチが特定の子供をひいきする事があるかを調査

子供に少年サッカーをやらせてる親の中には、コーチが特定の子供だけをひいきしているように感じている保護...

走り幅跳びの練習方法・家でできる筋トレとトレーニングの方法

家でできる走り幅跳びの練習方法が知りたいという人もいますよね。走り幅跳びをはじめたけど、どんな練習を...

公務員の面接対策とは地元以外を受けるときの準備や心構え

地元以外の公務員面接を受けるときに必ず聞かれる質問。いったい、どのように答えたらいいのでしょうか?...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

ソフトボールの投げ方でピッチャーの基本や上達のコツと練習方法

ソフトボールの投げ方について、ピッチャーにおける投げ方の基本はわかりますか?それをさらにワン...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?足が遅...

No Image

空手の蹴りの基本が上達するコツや正しい蹴りを身に着ける方法

空手の蹴りの基本である前蹴りが上達すると、自分の負けない得意技として有利な試合運びができるようになり...

No Image

【バドミントン初心者のヘアピン】スピンヘアピンを覚えよう

バドミントン初心者にとってヘアピンの中でもマスターすることが難しいスピンヘアピン。しかし、こ...

学校の教員同士の知られざる人間関係について調査!

学校の教員とはいえ、そこはやはり生身の人間です。民間企業と同じように、人間関係で悩む教員も多いよ...

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法と効率よく覚える方法

大学のテストが迫っているのに、なかなかテスト勉強が手に付かないという人もいますよね。ちゃんと勉強しな...

不安でたまらない!仕事のミスをしてしまった時の対処法

仕事でミスをしてしまい不安になっていませんか?「上司にミスを怒られた」「ミスを指摘されて恥ず...

バドミントン【左利きの相手】の攻め方とは?戦い方のコツ

バドミントンで左利きの選手とあたるときにはどのような攻め方をしたらいいのでしょうか?左利きだ...

スポンサーリンク

仕事でした最大のミスは?

社会人になり、仕事をすると、ミスは避けたいものの一つになりますよね。ミスをすることにより周囲に迷惑をかける可能性もあるし、できるならしたくない。それが本音だと思います。

とはいえ、人間って完璧ではないので、仕事でミスをしてしまう事もあると思います。どんなミスが最大のミスなのでしょうか。少し探ってみたいと思います。

最大のミス

  • 100円のものを10000円近くで売ってしまい、会社で騒然となったこと
  • 受注する桁数を間違えてしまった。相手企業が気づき、訂正がききましたが、焦った事
  • お客様の名前を間違えて印刷してしまっ
  • 企業名を間違えたパンフレットを配布してしまった
  • 電話で伝えるべき伝言を言い忘れていて、後で上司にかなり怒られた
  • 修正で訂正がきく書類かと思ったら、最初からやり直さないといけない書類で、周囲の人に迷惑をかけた

聴くだけでゾットする!仕事でした最大のミス

聞くだけでもゾットするような、仕事で犯した最大のミスについてみていきたいと思います。

経済的なミス

経理を担当していて、支払いをする口座に必要な金額ですが、一桁間違ってしまい、上司に迷惑をかけました。

意味がわからない為に犯したミス

小切手の使い方がわからず、すぐ換金してしまい、先方の銀行から引き落としてしまった。小切手の使い方を知らない為に起こしたミスでしたが、先方から悲鳴のような電話を頂き、その場から立ち去りたい気持ちでいっぱいでした。

特にお金関連のミスは致命的になりますよね。周囲の方にも迷惑がかかるので、避けたいミスの一つになってきます。

仕事で最大のミスをしてしまったときの考え方

仕事でミスをしないように気をつけているつもりでもしてしまった仕事のミス、その最大のミスをしてしまった時ですが、どういった考え方をすれば良いのでしょうか。

社会人として一番未熟な考え方は、「他人のせい」にすることだと思います。あの人が悪い、状況が悪い、など。
では、より大人な考え方はどういった対処法になるでしょうか。

同じミスをしない為にはどうしたら良いのか?

対策であったり、対処法を考えられる人、ミスは自分の責任と捉えて、ミスのサイクルにピリオドを打つことができる人だと思います。

何はともあれ、あなたのしている仕事でミスが出たのです。責任はあなたにもあります。どうやったら改善していけるのか、どういった対策方法が必要になってくるのか、真剣に考えてみましょう。

仕事でミスをして落ち込んでしまう理由

仕事でミスをしてしまうと、落ち込んでしまいますよね。どうして落ち込んでしまうのでしょうか。

一つの理由として考えられるのは、また同じミスをしてしまうのではないか、っとそのミスを引きずってしまうことにあります。また同じミスをしてしまうのかもしれない。そのような恐怖心に駆られるのだと思います。

誰にでもありえることなので、あまり深く考え込まないことをお勧めします。誰だって仕事のミスをしますし、落ち込みます。これは自然なことだと受け止めて、次へのステップを踏むことに集中していきましょう。人生、前向きに考えることも大切です。

仕事でミスをしないためには

仕事でミスをした時ですが、それを引きずらない為にも、あまり深く考え込まないこと、誰でも仕事でミスをするし、誰でも落ち込む、そう受け止めて次のステップへと進むべきであることを先程はみてきました。

最後に、それでも、できるだけ仕事のミスは避けたいですよね。その為にはどんな事ができるのか、ここで紹介していきたいと思います。

まず、どういう時にミスをするかというと、その物事を軽く見すぎている時に起こりやすい傾向にあります。

例えばですが、期限が5日ある仕事を、「まだ5日あるから大丈夫」っと思って軽くみていたら、失敗に至る。そんな事だって有りえます。

では、どうしたら良いのか。物事を軽く見すぎずに、余裕をよって取り掛かることが大切になってきます。また、確認を怠らないこと。自分がやっていることが正しい方向に行っているかどうか、確認することで、仕事でのミスを防ぐことができると思います。

また、心に余裕を持つことも大切になってきます。焦った気持ちで仕事をしていると、ミスに繋がります。心に余裕をもっていきましょう。