暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

飲み屋の経営を女1人で切り盛りする秘訣と成功ポイント

      2018/10/25

飲み屋の経営を女1人で切り盛りする秘訣と成功ポイント

女1人で飲み屋の経営を始めようと思っても、実際に本当にそれが可能なのか、やっていけるのかと不安になるものです。

やるからには失敗したくない!とは思っても、実際何がそんなに難しいのかとわらかないことも多いはず。

そこで、飲み屋の経営を女1人で切り盛りする秘訣と成功ポイントについてまとめました。女1人で飲み屋を経営するのは大変ですが、女性ならではのアイデアを生かして頑張ってみましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

飲み屋の経営は女1人でも可能?

女性として飲み屋を経営していく、女1人で経営していく、そんな風に人生を切り開いていく女性の方もいると思います。
「やると決めたら失敗したくない」その為にはどんな知識や経験が必要になるのか。そういった疑問にここでは答えていきたいと思います。
バイトとして、キャバクラやホステスをしていて「案外自分に向いている」、それだったら自分のお店を持ってみたい、そんな風に思っている方もいますよね。でも、その自分の夢を叶えるには、問題が目の前にあります。

自分で開業するには、どんな問題が発生するのでしょうか?

経営には届け出が必要

スナックの経営ともなると、風俗営業許可が必要になり、また公安委員会の許可も必要になってきます。

「私が経営したいのは、風俗ではない」そう思われるかもしれませんが、実際は、第二号風俗営業の許可が必要になってくるのです。その許可が取れるかどうかが問題になってきます。

飲み屋を女1人で経営しようと思った時に立ちはだかる壁とは?

飲み屋の経営ですが、女1人で開業するには、風俗営業許可であったり、公安委員会の許可も必要になって来る為、中々プロセスが大変なことを上記ではみてきました。

届け出のプロセスが中々難しいことはわかりましたが、飲み屋を女1人で経営しようと思った時に立ちはだかる壁をみていきたいと思います。

経済的な部分でも、女性1人だと難しい部分を通されると思います。融資の部分でも、「女性1人で、やっていけますか?」と言われたり、女性のプランは所詮大したことはないと見下される場合もあるようです。

世間がまだまだ女性に対しての理解が足りない部分もあると思いますが、それでも、男性と女性を比べると、女性の方が行動力があったり、決断力があることも確かです。経済面でも問題は見えて来ますが、それにも負けずに道を切り開いていけるのが、女性ならではの強さではないでしょうか。

女1人で飲み屋の経営が成功する人とは?

飲み屋を1人で経営しようとすると、経済的な壁にも立ち向かっていかなくてはいけないことを、上記ではみてきました。

様々な壁が立ちはだかる女性1人で経営する飲み屋ですが、それでも成功する人がいます。どんなことが要因で成功していくのでしょうか。

そういう方ですが、男性にも女性にもモテルタイプな人のような気がします。男性に変にこびりつくタイプではなく、女性からも好かれる、サッパリしているタイプの人です。

飲み屋の経営ともなると、男性だけではなく、女性からも好かれる事が秘訣なのかもしれませんね。女性にも受けるので、女性の客も飲み屋に来るようになる、そうすることで、経済的にも安定してくるのかもしれません。

何かお店で問題があったとしても、周りにいる男性のお客様、女性のお客様が助けてくれる、両方からモテル方ですが、そんな環境も作れるのかもしれません。

飲み屋経営で失敗を避けるには?

飲み屋を女1人で経営するには男性、女性、両方から好かれる方が、女性の経営者として成功することができる、その特徴を上記ではみてきました。

上記では成功する秘訣のようなものをみてきましたが、今度は、失敗を避ける方法をここで紹介したいと思います。

行き当たりばったりの経営では、どうしても失敗してしまいます。その失敗を避ける為には、売上を予想し、最も効果的な営業することが大切になってきます。

飲み屋とはいえ、一種の水商売になりますから、信頼が大切になってきます。お客様や取引先、隣人との信頼を積み上げる努力をしていきましょう。

信頼を得ることにより、お客様もお店によく来てくれるようになります。その信頼を勝ち得るには、お店に何らかの魅力があるからだと思います。その魅力に具体的に考えてみたらいかがでしょうか。

取引先や隣人との信頼も長くお店を経営していく上で大切になってきます。騒音などで迷惑をかけることも考えられるので、前もって適切に対応しておきましょう。

飲み屋経営の初期費用を抑えるには?

飲み屋を女1人で経営していく上には、お客様、取引先、隣人との信頼関係が失敗しないコツであることを上記ではみてきました。

最後に、これから飲み屋を経営する方ですが、どうしたら初期費用を抑えることができるのか、いくつかのアイディアを紹介していきたいと思います。

居抜き(物件)で飲み屋を始める

あなたが借りたい物件が、前の内装と似ている場合は居抜き物件を借りると、コストを抑えることができます。ただ、その状態がそのまま利用できるのかできないのか、確認してから借りた方がコスト削減に繋がります。

飲み屋の経営のため中古を購入する

中古を購入することによって、ある程度のコストを削減することができます。ただし、新品から比べてると、故障しやすく、保証に関しても問題があるかもしれないので、よく確認してから購入しましょう。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ