陸上部は高校からの初心者でもOK!練習や上達に必要なこと

高校から陸上部に入部するのは難しいかと思われがちですが、高校の陸上部は初心者でもオススメな部活なんです。

高校から陸上をはじめるのであれば、まずは必要な道具から揃えていきましょう。

また、陸上の基本を身につけるための練習をしっかりと行うのも大切です。

そこで、高校からの陸上部に初心者で入部することについて、練習や上達するために必要なことなどまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保険外交員として働く女性の現状と問題点とは

保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。 これから保険外交...

病院で働きたい!電話のかけ方、就活で気をつける事について

就活のために病院に電話をかける場合にはどんなことに気をつけるべきなのでしょうか? 就職活動とな...

バタフライを速く泳ぐための筋トレ方法と水泳のコツを教えます

水泳の四泳法の中でも、バタフライは背中の筋肉を一番使っていると思いますよね。 では、その背筋を...

陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね...

職場の服装が厳しいのは何故?オシャレをしたいと考えるあなたへ

職場の服装の規定が厳しいと、なかなかオシャレも出来ずに自分が好きなファッションもすることが出来ません...

風邪で飲み会を断るときのポイントや気をつけたい注意点

出席予定だった会社の飲み会を風邪が理由で断るのは問題ないのでしょうか? そもそも、風邪などの体...

契約社員だと結婚には不利?女性が結婚に有利な働き方とは

働き方にはいろいろありますが、契約社員や派遣社員という働き方をしている人も多くいますよね。 しかし...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

休日は仕事に活きる勉強と人脈作りに当てる!デキる人の休日とは

休日の過ごし方で、デキるやつとデキないやつに分かれてしまいます。 仕事のスキルアップを図りたい...

職場で告白して振られたときの対処法や成功するためのコツ

職場の好きな彼女に告白して振られたときは、やはりその後職場顔を合わせるのが気まずくなりますよね。 ...

柔道寝技のコツとは?力をかけるポイントや練習ポイントを解説

柔道技のひとつ「寝技」ですが、寝技は練習をすればするほど上達すると言われており、柔道初心者こそ寝技練...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。 昔から続く日本ならではの働き方ですが...

電話で相手の声が聞こえない!そんな時の切り方マナーとは

電話をしていて相手の声が聞こえない時は、一旦電話を切った方が良いという場合があります。その際は、どの...

職場の怖い上司や先輩に萎縮してしまう時の対処法や改善方法

職場に居る声が大きくて常に怒鳴っている上司。 仕事に対していちいちつついてくる先輩。 怖いくらい...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。 ローボレーが上手く打てる...

スポンサーリンク

初心者で高校から陸上部に入るのは問題なし

高校から陸上部に入ろうと考えているあなた!
初心者でも大丈夫なのかと不安になっていませんか?

体育会系の部活は、先輩後輩の上下関係も厳しそうで、怖いイメージもあるでしょう。

しかし、そんな事はありません!一度部活見学に行ってみましょう。

先輩への挨拶や敬語を使うなど、当然の事さえできていれば、とても良い雰囲気の部活も多いので、最初から怖がっていないでまずは見学ですよ。
後輩が先輩をいじっていたりしている部のあるので、話しやすい先輩もいるでしょう。色々アドバイスを聞く事もできますよ!

少し練習内容が厳しく感じる事もあるかもしれませんが、雰囲気が良い部活ならそれでも頑張っていけそうですよね!

初心者が高校から陸上部に入るのは難しいと思うかもしれませんが、初心者にも優しい部も多いので、安心してくださいね!

高校からの陸上部初心者は、まずはシューズ選びを

高校の陸上部に見学に行って、入部することを決めた初心者のあなたは、まずシューズが必要になりますよね!

シューズ選びについてお伝えします。

今履いている普通のスニーカーでも練習はできますが、消耗が激しいので、それでは足を痛めるリスクが高くなってしまいます。
そして、衛生的な事も考ると、やはり専用のシューズを購入しておきましょう。

別名アップシューズとも呼ばれるランニングシューズですが、主に練習やウォーミングアップで使用されます。
普段はこのランニングジュースで、大会の時はスパイクを履くという人も多いですよ。

ランニングシューズを選ぶ時は、クッション性に優れたものを選ぶと、足への負担が少なくなるのでオススメです。また、トレーニングに必要な筋力が未熟でも、ケガのリスクを抑えることができます。

軽量性に優れたシューズはクッション性が弱いので、足への負担が増えてしまうでしょう。
ランニングシューズは長くても2年ほどで履き替えることになります。まず、初心者のあなたはクッション性の優れたシューズを選びましょうね。

高校からの陸上部初心者は短距離の練習からしっかりしよう

いよいよ高校の陸上部に入部した初心者のあなたが練習するのは、短距離です。短距離の練習をしっかりしましょう。これは全ての種目の基本になります。

あなたは跳躍の選手は、跳ぶ練習だけしていると思っていますか?
投てきの選手も、投げる練習ばかりだと思っている人も多いでしょう。

しかし、そうではないのです。
トップレベルの選手も、短距離のスタート練習をしているのです。
このように、短距離の基本をちゃんと身につけていないと、遠く、そして高く飛ぶことできないからです。投げる時の瞬発力も同じです。

短距離の練習をしても、タイムが遅い人はなにもできないというわけではなく、人それぞれが持ってる走力をアップさせる目的がありますよ。

走力がアップされると、他の種目の記録も伸びていくからです。
なので、まずは短距離の練習をしっかりしましょうね。

陸上を今からはじめる高校生へ、種目別の楽しさとは

高校から陸上部に入ったあなたは、まだ種目別の楽しさを知らないでしょう。

短距離の楽しさはどんな事だと思いますか?

短距離は、コンマ0.01秒タイムを縮めるのが楽しいのです。
そして、高校の体育祭などで活躍できますよね!リレーの場合は、チームの絆が深まります。

中距離は、コース取りというのが激しくなるので「陸上の格闘技」と言われるぐらいのスリルな争いを楽しめる事ができます。

長距離は、努力が結果に出やすい競技でもあり、レースは様々な作戦をたてて楽しむ事もできます。

美しさを競う競技でもある跳躍は、繊細さを楽しめ、幅跳びの場合は、飛ぶ時に体がバネのようになる瞬間、そして高跳びは空中に浮いてる浮遊感が楽しめますよ。

障害は、ハードルを飛ぶスリルも楽しめます。

高校からはじめた陸上初心者は上手い人のやり方を徹底的に真似してみよう

高校から陸上部に入ったなら、初心者のころは上手い人の真似を徹底的にしてみましょう。そうする事で、上達速度が速くなりますよ!

自分で試行錯誤しても、なかなかタイムも縮まない事が多いですよね。

なので、自分だけでなんとかできるという気持ちをまずは捨ててください。
人の真似をしたくないという気持ちもあるかもしれませんが、それも全て捨てましょう。
そこで、上手い人のやり方を徹底的に真似してみるのです。 上手い先輩がいたら、盗めるところは盗むという気持ちで頑張ってみましょう。

こうして上手い人を目標としたら、自分のやるべきことが見えてくるのではないでしょうか。
自分に必要な事が何かわかるようになってくるでしょう。これでタイムも縮まりますよ。

初心者の頃は、上手くなるには自分が何をしたらいいのか、なかなかわからないと思うので、まずは上手い人の真似を徹底的にしてみましょうね。

初心者でも大丈夫!陸上部で頑張ってみませんか!

高校から陸上部に入部する事で色々不安になる事もあるかもしれませんが、大丈夫ですよ!
体育会系の上下関係の厳しさを怖がっていないで、まず見学に行ってみてください。
きっと楽しい雰囲気の部活だとわかってもらえるでしょう。

厳しい練習もありますが、部活仲間となら一緒に頑張っていけますよ!種目別の楽しみもありますよね!
タイムが0.01秒縮まると、とても嬉しいのです。

早速、シューズを購入して練習に行ってみましょう。クッション性の優れたシューズを選びましょうね。

最初は、とても早く走れる先輩や、中学でも陸上部だった同級生との実力の差を知って落ち込んでしまう事もあるかもしれませんが、上手い人を目標にして頑張ってみましょう。