就活で公務員の面接を受ける!好印象になる髪型対策について

就活において公務員を目指すのであれば、面接ではどんな髪型にするのがいいのでしょうか?

では、公務員の面接で好印象を与える髪型とはどんな髪型なのでしょう?オススメな髪型は?

また、就活で好印象な髪型にするためにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?そのポイントとは?

そこで、就活の公務員の髪型対策でオススメや好印象になるポイント、髪型以外に服装で気をつけたいことなどまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

消防救助隊が行う訓練とは?人命救助を目的とした厳しい訓練

消防には救助隊と呼ばれている、人命救助を目的とした専門部隊があります。レスキュー隊とも呼ばれているチ...

退職後に行う手続きの期限は?退職後に必要な手続きについて

退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも...

コンビニの深夜バイトって、きつい!?その真相について

コンビニの深夜バイトって、昼間よりも来客が少ないみたいだし、結構楽ちんに思われがちですが、現実はかな...

職場のおばさんが怖いときの対処法と上手に付き合うコツとは

職場のおばさんが怖いと仕事に行くのも嫌になってしまうかもしれませんよね。では、職場のおばさん...

No Image

ソフトテニスの前衛の基本ポジションから勝ち方まで教えます

ソフトテニスを始めたばかりの人は、前衛のポジションをどう取ればいいのかわからないことが多いのではない...

パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。あまりに怒りが蓄積してしまうと...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

新入社員の指導で疲れたときの対処法と大切なこととは

新入社員の指導をするということは、自分にとってプラスになることでもあるとわかっていても、指導に疲れた...

工場パートの気になる人間関係を調査!果たしてその実態は

工場パートの募集は多く、家計のために働いてみようかと考えている方も多いのではないでしょうか。...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

コンビニのバイト研修期間中でも時給はもらえる?その金額とは

バイトするとなる必ず研修期間がありますが、気になるのはその間でも時給が出るのかどうかではないでしょう...

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。職歴証明書は、在籍していた会社...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

証明写真の時の服装や色で印象はガラッと変化!オススメスタイル!

アルバイトや就活や免許証などの証明写真を撮る場合に注意したいことがあります。あまり写っていな...

スポンサーリンク

公務員の面接を受けに行く!就活で好印象を与える髪型とは

就活で公務員の面接で好印象を与える髪型とは、どのようなものなのでしょうか?

まず、第一に「明るく見える髪形」は、面接官から見ても、印象が良いです。
具体的にどういうものかと言いますと、おでこを出して、顔や、表情が見えやすい髪形です。
前髪が長くて、目や眉毛に掛かっていたり、長髪をばさっと下ろして、横の輪郭に掛かるような髪形は、公務員の面接という点では、好ましいとは言えません。
前髪を分けたり、前髪を下ろしている人は、目や眉毛が自然に見えるように前髪をすきましょう。
おしゃれで、ぱっつん前髪にしている男子もいますが、公務員の面接を受ける上では、好印象を持たれません。

次に大切なのは、「清潔感」です。
茶髪は珍しくない時代になったとはいえ、公務員の面接には、黒髪で臨みましょう。
黒髪は、茶髪よりも、清潔感がある印象を与えます。
他にも、ワックスなどの整髪料を付け過ぎてベタベタした髪も避けましょう。

就活男子が公務員を目指すなら、オススメな髪型は?

就活男子が公務員を目指すなら、オススメな髪型は、どのようなものがあるのでしょうか?

まず、おさえて置きたいポイントは、

  • 清潔感がある
  • さわやかな印象を持たせる
  • フレッシュ感をアピール

の、3つです。
逆に自分が面接官でも、不潔で暗くて、初々しさがない人は、採用したくないですよね。面接官に良い印象を持って貰うためにも、思い切って髪型を変えてみましょう。

仮に世間ではおしゃれとされていても、長髪は、チャラチャラした印象を持たれるため、面接では不利です。
耳周りや、襟足付近は、短くしてスッキリさせましょう。
ツーブロックも選択のひとつですが、公務員の面接としては、少し踏み込み過ぎているかも知れません。
テーマを「真面目な若者」と思って考えれば、髪型も決めやすいのではないでしょうか。

就活において公務員試験に合格するには髪型は大事!

就活において、公務員試験に合格するには、髪型は大事なんです!
というのも、仮に筆記試験で同じくらい好成績で、話し方もハキハキして、新入社員として是非採用したい2名の学生がいたとします。

この時に、一方が茶髪の上に長髪で、もう一方は、黒髪ですっきりとした短髪でしたら、後者の学生が採用されるでしょう。
というのも、採用した後は、国の仕事を担う一員になりますから、茶髪の上に長髪の学生を採用した際に、その姿を見た人から「国の税金を使って、髪を染めているのか」などと、いちゃもんに似たクレームをされかねません。
さすがにそこまで言う人は、滅多にいませんが、万が一のトラブルを最小限にするためにも、話し方だけではなく、髪型も真面目に見える人が採用されるのです。

また、公務員試験を受ける際は、男子は黒髪で短髪が基本です。
それなのに「俺は俺なりのやり方で行く」と言って、その基本に沿えない人材は必要とされません。
他の会社では、そういったオリジナリティのある学生が求められるのかも知れませんが、公務員試験を受けたい以上は、最低限の身なりを整えましょう。

就活で好印象な髪型にするためのポイント

就活で好印象な髪型にするためのポイントは、どのようなものを押さえると良いのでしょうか。

ポイントとしては、「黒髪」、「短髪」、「おでこを出す」の3つをクリアしていれば、おおむねOKです。
ただ、この3つの条件を満たしているとしても、ワックスでテカテカしている髪型だったり、逆立てているような髪型は、好ましくありません。
ワックスを使用する場合は、つけ過ぎず、自然な仕上がりにするようにしましょう。

また、香水をつけ過ぎたり、仮にお守りだとしても、外から見えるブレスレットなどのアクセサリー類をつけるのはやめましょう。

さらに好印象を与えたい場合は、眉毛を整える事をおすすめします。
男らしい凛々しい眉ならいいですが、濃すぎてボサボサしているよりは、ハサミで長さを整えたり、余分な位置に生えている眉毛を抜くと、スッキリとした印象になります。
自分で整えるのは、どのようにやったらいいか分からないという人は、美容室によっては、眉を整える注文を受けてくれるところもありますので、まずは電話などで問い合わせてみましょう。

公務員試験では髪型だけじゃなく、服装にも気をつけよう!

公務員試験では、髪型だけではなく、服装にも気をつけましょう。

  • スーツ
    公務員試験では、リクルートスーツと呼ばれる無地の黒かネイビーのスーツを選びましょう。
  • ネクタイ
    ネクタイは、これといった決まりはありませんが、ピンクや紫など、あまりリクルートスーツに合わせない色のものを選ぶのは避けましょう。
    また、柄も突飛なものは選ばず、無難な縞柄や、チェックを選択しましょう。
  • ワイシャツ
    ワイシャツは、白無地のものを選びましょう。
    汚れていたり、よれよれでシワがないように、クリーニングに出しておいたり、前の日からアイロンをかけておきましょう。

  • スーツにあう、黒か茶色の革靴で、すり減っていたり、ボロボロの靴を履かないようにしましょう。
    前日に靴を磨くなど、チェックしておくと、当日慌てません。
  • 靴下
    靴と同じように足元で大事なのが、靴下です。
    色は、黒か濃紺を選びましょう。
    もちろん、清潔なものを履いてください。
  • カバン
    色は黒か茶色のビジネスバッグを選びましょう。
    サイズは、A4の書類が折りたたまずに入るものにしましょう。
    大きすぎたり、小さすぎると悪目立ちします。
    また、リュックはカジュアル過ぎる印象があるため、就職の面接に持っていくのには、相応しいものとは言えません。