暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

面接で笑顔を褒められたら合格?就職が成功するための心得とコツ

      2018/10/01

面接で笑顔を褒められたら合格?就職が成功するための心得とコツ

就職活動中の就活生の皆さん、面接で笑顔を褒められたら合格!という考えを持ってはいませんか?就職活動を乗り切るには、コツやポイントを押さえて挑むことが大切です。褒められたからといって安心はできません。

では、就職活動はどのような心構えで挑めば良いのでしょうか。褒められても安心できない?

そこで今回は、就職活動に成功するための心得とコツについての情報をお伝えします!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

就職活動をしていると、そこで褒められて嬉しかったこともあると思います。それが、面接での笑顔であったり、面接に対する態度であったりすると思います。

ここでは、面接で笑顔や表情を褒められた、嬉しい意見を紹介したいと思います。これから面接を受ける人は参考にしてみて下さい。

「表情が良い」

  • 面接で自分のエピソードを語っている時、表情が良くて褒められた
  • 笑顔が素敵だといわれた
  • 優しさが伝わってくるといわれた
  • 素直に話していることから、「素直さが伝わってくる」と言われた

面接の自己アピールなどで発揮できる個性って人それぞれ違うと思いますが、笑顔で話す事により、前向きなイメージを面接官に与えたいですよね。良い表情で是非内定を勝ち取ってください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

面接で笑顔を褒められた時の心得

面接で笑顔を褒められた意見を複数みてきました。

面接で「笑顔だね」「表情が良い」と褒められたいと思っていると思います。その時にどんな心構えや心得が必要か3点重要な要素をみていきたいと思います。

  1. 平常心を保つ
    落ち着いた心で面接に望むことが大前提になってきます。私たちは何も面接で面接官に褒められることを目的とはしていません。褒めてもらうのに大切なのは、平常心です。落ち着いた心で面接に望みましょう。
  2. 発言に一貫性がある
    話に矛盾がない。そして、褒められたことで舞い上がってしまわないことです。発言内容には気をつけましょう。
  3. 話を大きくしすぎない、嘘をつかない
    面接で嘘をつかないこと。また、話を誇張しないことです。理由としては、信頼されなくなります。等身大の自分を面接で表現しましょう。

面接で笑顔を褒められた!合格の可能性が高い合格フラグは?

面接で笑顔を見せたい。また、面接でよい印象を残すにはどんな点が大切なのかについてみてきました。

確かに、面接で笑顔を見せることは勿論大切ですが、実際に内定を貰うためには、どんなことに気をつけたらよいでしょう。

ある記事によりますと、面接の際に、握手を求められると、内定の確立が高いようです。
理由としては、「企業としては、あなたを採用したいと思っています。是非宜しくお願いします」というような意味があるのではないでしょうか。

また、会社側から「弊社はこんなところです」という会社のアピールをされたら、内定をもらっている可能性が高いという記事もあります。

折角与えられた面接の機会、「内定したかな?どうかな?」っと感じるのなら、上記の2点について確認してみたらいかがでしょうか。内定の確立が高いのではないでしょうか。

面接がボロボロ・・・。でも合格することもある!

面接で笑顔なことを褒められた。そして、内定を感じ取る要素を確認してきました。

でも、就職活動って中々難しいものがあって、「この仕事は取れた!」と思っても、実際は不採用であったり、また逆に「この面接、失敗したな」と感じても、実際は内定をもらえることがあります。

どうして、面接が「失敗したな」と思っても内定がもらえるのでしょうか。少し意見をみてみたいと思います。

  • 緊張はしていたけど、四六時中笑顔は作れてた
  • 大きな声ではっきりと自分の意見を伝えることができた
  • 等身大の自分をしっかりと自己アピールできた
  • 自分の言葉で意見を伝えることができた

上記の点が全てではないかもしれませんが、参考にしてみて下さい。やはり、誇張せずに、ありのままの自分を面接で表現することが鍵となってくるのではないでしょうか。

最終面接に受かるためにやっておきたい事は?

面接には笑顔で望むことが鍵となってくる、また面接では、等身大の自分を思う存分表現することが、内定をもらう鍵になることをみてきました。

面接も、1次面接、2次面接、最終面接とある企業もあると思いますが、最終面接で大切なポイントはあるのでしょうか。折角ここまできたのですから、内定をもらいたいですよね。ここで、少し重要となるポイントをみていきたいと思います。

  • 会社を訪問しておく
    理由は、社長や役員が望む人材の特徴や能力を確認しておくことです。そうすることで、最終面接でも、どんなことを答えれば良いのか、知識を得ることができます。
  • 会社の偉い人が書いているものをチェックする
    最終面接は、誰が面接官になるかは予想ができると思います。その人の情報をチェックできるものがあれば、チェックして、面接に有力になる情報を入手しておくことで準備も整います。
  • 一番偉い人にアピールする
    理由は、複数の人が面接官だとしても、決定権があるのは、一番偉い人だからです。その人から「内定」の判断が来れば、内定が決定するからです。面接では、是非そのような人に効果的にアピールしていきましょう。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ