暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

大学中退者の面接対策で受かるコツや知っておきたいこととは

      2018/09/28

大学中退者の面接対策で受かるコツや知っておきたいこととは

大学を中退していると、就職の面接ではそれが不利になるのではと不安になりますよね。

確かに、面接では必ず中退の理由を聞かれることでしょう。では、大学中退理由を面接で伝えるタイミングとはどうしたらいいのでしょうか?

また、大学中退者が面接で受かるためにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?成功を掴むコツとは?

そこで、大学中退者の面接対策で受かるコツや知っておきたいことなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

大学中退理由を面接で伝えるタイミングとは

大学を中退していると、就職をする上で不利になるって思いますよね。恐らく、面接の時に聞かれるのが「どうして大学を中退したのですか?」という事になると思いますが、どんな事を話せば良いのか、迷いますよね?

結論からいうと、面接の際に、面接官を納得させることができる理由が必要になってきます。そして、中退の理由を言うタイミングですが、聞かれる前に自分から話した方がタイミング的には良いようです。

どのタイミング?と思うと思いますが、自己紹介している時にその一部として盛り込んでしまうと良いと思います。
そして、その理由ですが、変に嘘をついたりせず、正直に答える方が良いと思います。「経済的理由で継続が困難になった。」「病気で通学が難しくなった」など、言う際に必要なのは、素直さと誠意だと思います。

本番では、緊張してしまうかもしれないので、練習しておくと良いと思います。是非、マイナスと思える点をプラスにして、面接で勝ち取って下さい。

大学中退者は企業研究の準備をして面接に挑もう!

大学中退をしているマイナス面を、どうやって面接でプラスにしていくかについてみてきました。次に、面接を勝ち取る、その企業に就職するために、更に相手の企業の研究をして、より内定を勝ち取る可能性を高くするコツをみていきたいと思います。

大学中退の事実をどんなにプラスにアピールしても、それでも戦いに勝てないこともあると思います。そうなると、どんなプラスな面を持っていけばよいのか。

面接を受ける時は相手企業の研究をする

相手の企業の研究をしておくことによって、面接官にどれだけその企業で働きたいのかが伝わります。興味のある商品であったり、共感ができる考え方があれば、どんどんアピールできる要素として、面接で発表してみたらいかがでしょうか。

働きたい企業であればあるほど、その作業も苦には感じないと思います。是非、頑張って面接を勝ち抜いてください。

大学中退者の面接のコツは前向きな姿勢を見せること!

大学中退をしているマイナスをどうやってプラスにしていくか、また、企業研究をすることによって、内定を貰う確立を上げることについてみてきました。
次に、内定を勝ち取るために、どのような姿勢で面接を臨むべきかについてみていきたいと思います。

面接官によっては、否定的な発言をしてくる人もいると思います。例えばですがあなたの資格を見て、「あなたはそれしかできないんですね」とつっこみを入れてくるかもしれません。

面接で緊張をしていると思いますが、最後の最後まで、前向きな発言をすることがその仕事を得るコツだと思います。「はい、それでも御社でも働きたいと思っているので、宜しくお願いします」など、前向きさを見せることにより、面接官の考えが変わることもあります。

中々否定的な発言をされた時に、肯定的な答えをするのも難しいとは思いますが、気持ちを引き締めて、前向きな姿勢を崩さないで下さい。

大学を中退していても就職で成功するためには

大学を中退していて、面接で否定的な発言をされてもめげない、最後まで前向きな態度をつらぬくことが、内定を貰うコツであることをみてきました。

より詳しいアドバイスを欲しいと思っている方、具体的に何をしたら成功に繋がるのかと思っている人ですが、次のサービスを使用してみたらいかがでしょうか。

  1. 就職支援サービスを利用する
    ハローワークでのサービスの一つですが、大学中退者の為に、履歴書の書き方であったり、面接対策をしてくれます。パソコンのスキルに自信がない人も、補強してくれると思うので、利用して内定に繋げることもできます。
  2. 転職エージェント
    大学中退者ですが、企業規模を絞るよりは、職種を絞って活動する方がよいです。転職エージェントを使うことも一つの手です。
  3. 公務員試験
    意外な狙い目が地方初級公務員です。高卒であっても、受験が可能です。公務員を目指しながら就職活動をしていると、例えブランク期間があったとしても、それが理由になって良いと思います。

大学中退者が面接を受ける前に知っておきたいこと

大学を中退していて、就職活動をしている時に使えるサービスであったり、公務員試験も考えておいた方が就職活動に有利なことをみてきました。

最後に、大学中退者が面接を受ける前に知っておきたいことを紹介しておきたいと思います。

面接官にされる質問にどう答えるかですが、人生に起きたマイナスな事をどうプラスにして、捉えているのか、それをどう答えにするのかが鍵になると思います。

企業側としても、仕事をする上で、失敗することもある、でもその失敗を成功に導く人を採用したいと思っているはずです。面接で、自分が失敗から学んだことなどを、うまくプラスに話せると良いと思います。

面接がうまくいっても、落とされることもあります。めげずに、就職活動を続けることも内定を勝ち取る鍵なのではないでしょうか。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ