水泳の自由形のコツは息継ぎの仕方とタイミングが重要なポイント

水泳って泳げるようになるまでは恐怖心があります。
水中で空気がないことってこんなにも不安になることなのかと実感するでしょう。けれど水に馴染んでしまえば、水泳は楽しいものになるはずです。

水泳が楽しいと思えれば、次は自分の得意の形を取得するでしょう。ある人は背泳ぎかもしれません、ある人は平泳ぎかもしれません。
自分に合ったフォームってあるものです。きっと自由形を泳ぎたいと思う人も沢山いるはずです。

やっぱり水泳といえば花形のようなイメージがありますよね。けど自由形って息継ぎが難しいので、苦労しているかもしれません。
そんな息継ぎのコツをマスターすれば自由形を今よりも楽に泳ぐことができるはずです。今回は息継ぎの仕方やコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカー初心者のサッカー上達のコツ!取り入れたい練習を解説

サッカーをはじめたばかりのサッカー初心者の人は、どうすればサッカーが上達するのか、コツを知りたいと思...

服のネットショップを自宅で開業して成功させるためのヒント!

ネットショップはコストを抑えて自宅でも開業できると大変人気があります。服のネットショップを自...

バレエでポワントが立てない原因とは?コツやポイントをご紹介

バレエのポワントがなかなか立てない、グラグラしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

会社の試用期間中に休むと解雇?解雇になる条件と試用期間の意味

試用期間の最中に会社を休むと、正社員になれずに会社を解雇されてしまうのではないかと不安になっている人...

就活で公務員の面接を受ける!好印象になる髪型対策について

就活において公務員を目指すのであれば、面接ではどんな髪型にするのがいいのでしょうか?では、公...

特別支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高い?実態を調査

2015年の時点で日本に1000校以上あると言われている特別支援学校。そこで働く教員の仕事は一般の教...

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。では、私立...

配達の仕事は以外と楽だったという実際の声と、気になる内容とは

楽な仕事とはどんな仕事だと思いますか?人との関りがない・ノルマや残業がない・責任がない事など色々...

就活でコネ面接から内定までの対策と採用してもらうコツとは

就活においてコネがあるという人でも、面接は受けなくてはなりません。では、就活でコネがあるとき...

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

教育実習での授業を失敗しないためのコツや気をつけたいこと

教育実習で授業をすることは、とても緊張しますし、失敗するのではと不安にもなりますよね。では、...

法学部が公務員を目指す場合の志望理由とその考え方

法や法律について学ぶ「法学部」。法学の専門分野を学ぶわけですから、弁護士を目指す人もいますが国家...

年上後輩のトリセツ。仕事がどのくらいできるのかを見極める

年上の後輩について。仕事上の立場として上司だけど、年齢的には部下が年上。この場合、『...

硬式テニスのサーブの打ち方とは?初心者が入らない理由とは

硬式テニスのサーブがなかなか入らないのはどうしてなのでしょうか?初心者の場合はこんなことに注意してサ...

スポンサーリンク

水泳の自由形のコツは呼吸法が大切

よくテレビで水泳の試合を見ていると、選手はスムーズに息継ぎをしますよね。イメージとしては顔を上げているような感じなのでしょうか。
しかしイメージだけで泳ぐのはとっても危険です。
もしかしたらその息継ぎ方法だと無駄な力を使っているかもしれませんよ。

息継ぎの基本は絶対に顔をあげようとしないことだったのです。
顔を水面から持ち上げるように息を吸おうと天井まで顔を回転させて息継ぎをする人がいます。
これだと余分な力が入ってしまい、泳いでいるフォームが乱れて沈んでしまいます。

また動きが大きいと呼吸と合わずに上手に息が吸えないことが多いのです。
必要なのは顔ではなく顎をあげることだったのです。つまり顎が水面に出るだけでいいということです。
顔の全部を水面から出したいと言う人もいるのですが、息を吸うためにはそこまで必要ありません。
逆にかっこ悪いフォームになってしまい、スピードも出ません。

最初のうちは水面に顔を出すことが難しくなりますので、最初は水に入る前に水面から出す位置を意識することが必要になります。
目安としては、息継ぎをする時に水中にある顔の目の端と口の外側を結んだラインにノートなどを当ててみましょう。
息継ぎするように首をひねった状態でノートよりも上にある部分は水面であるということです。

実際にやってみると分かると思いますが、思いの外顔が出ていません。
片方の目の半分は水中にあっても大丈夫ですので、顎に集中するといいでしょう。
少しずつ慣れてくると、水面上に出てる部分が少なくても気にならなくなります。練習あるのみです。

水泳の自由形のポイントである息継ぎのコツとは

息継ぎはただただ息を吸い込むだけではありません。息継ぎには実はコツがあって、そのコツを掴むことが必要になってきます。
クロールの息継ぎをしてもどうしても水泳をしているので、息が荒くなってしまいます。
一度でより多く息を吸い込みたいという衝動にかられてしまうこともあるでしょう。
クロールをする時はスクロールの際に必ず息継ぎのタイミングがやってきます。
そのリズムに乗って毎回息継ぎをすることで、慌てずに息を整えることができます。
逆にリズムに乗らずに一度息継ぎをしなかったということがあれば、余計に疲れてしまいます。

息を吸う時にもポイントがあり、口と喉で息をすうイメージをもつといいですね。そうすると一瞬で息を吸うことができるはずです。
息を吐く時は基本的に鼻からになりますので、そのイメージを持ちましょう。
スムーズな息継ぎはクロールのスピードを生みます。
もしスピードに悩んでいる方は、息継ぎの改善をするといいかもしれませんよ。

次にコツとして重要なのは息継ぎ中のフォームは絶対に崩さないということです。
息継ぎに集中してしまうあまり、ストロークがいつものようにできないという人もいるようです。
息継ぎをしない時のストロークと息継ぎをする時のストロークを同じようになるように意識するようにしましょう。
それが美しいフォームになる第一歩になります。最初のうちは意識してもできないことが沢山あるでしょう。
しかし練習をしなければ同じフォームで泳ぐことは不可能になりますので、繰り返し練習していきましょう。

水泳の自由形のコツとなる息継ぎのタイミング

なかなか息継ぎが上手にできないという人もいますよね。
そんな人は呼吸時の姿勢が悪いのかもしれません。
水泳は自分ではフォームがわかりませんので、誰かに見てもらうことも必要かもしれません。

もし一人で練習すると言う人は、先程いった顎の意識することを忘れないでください。
他にも頭の位置を変えないことも大切です。クロールは頭を上げて呼吸するのではなく、身体を開いて呼吸します。
その場に立って左右どちらかに身体を回すと、頭も一緒にその方向にいきますよね。
それは水泳する時も同じです。
スクロールと同時に体全体を息継ぎをする方向に向けると頭もそれについていきますよ

呼吸のタイミングも難しいと話す人が多いです。皆さんはどんなタイミングで呼吸することがベストだと思いますか?
最初のうちは呼吸が乱れていないから、息継ぎは必要ないと思っていないでしょうか。

実は呼吸が苦しくなってから行うと必要以上に息を吸い込もうと息継ぎの時間が長くなってしまうのです。
そうなってくるとクロールのフォームが乱れてしまいますよね。
フォームの乱れが出てこないように、息が苦しいと思う前から息継ぎをしてください。
それがリズムになっていくので、最初のうちから息継ぎはしましょう。

水泳で自由形の息継ぎが上手になるポイント

一番最初に水泳をする人の難関になるのが、息継ぎです。難しくて諦めてしまう人も多いのです。
けれどこの息継ぎをマスターすることはとっても大切なことなのです。
そんな息継ぎの動作は詳しく言うとどんな感じなのでしょうか。
息継ぎの動作は言葉にするととってもシンプルです。ストロークの終わりで顔を横に向けて息を吸うことです。
たったそれだけの言葉がとっても奥が深く初心者には難しいことになっていくのです。
詳しく見ていきましょう。

息継ぎのポイントはあります。まずはストロークの時は息継ぎ動作をしないことです。
ストロークのときに腕だけではなく身体が動く時があるのですが、その時に息継ぎをしてください。
このついで作業が息継ぎの極意だったのです。

ストロークは水泳をする上で非常に大事な動作になってきます。ストロークで水をかいてスピードを出すので必要なのはわかりますよね。
そのスピードを出す動作を邪魔してはいけないのです。つまり自分のストローク中の動作に息継ぎの動作を追加することが必要なのです。
息継ぎに集中するあまりにストロークがおろそかになるのが一番いけないことなのです。

息継ぎの練習をして自由形を泳げるようになろう

最初から息継ぎの練習をするとすごく難しいです。
息継ぎをしないと25mプールを泳ぐことって大体の人は難しいのではないでしょうか。
25mを泳ぎ切るためにもマスターしなければならないのは息継ぎですよね。

あるプール教室では最初に息継ぎの前に息を止めて水中にはいるそうです。
というのも、クロールに必要な息継ぎは息を吐ききれずに失敗する人が多いというのです。
水中でしっかりと息を吐ききることができれば実は簡単に息継ぎは出来てしまうのです。
マスターすれば息を吸う意識をしなくてもいいということなのです。

息継ぎ=息をすることだと考えることが多いかもしれません。
最初のうちは四拍子のリズムを意識するといいですね。
1、2、3で鼻から息を吐いて、4のタイミングで口から息を吸います。
このリズムに慣れてきたら以前より楽に息継ぎができるはずです。
難しいからと諦めるまえに是非息継ぎの仕方を見直してみましょう。

そしてクロールは苦しくなってから息を吐くと焦ってしまう人もいるので、リズムを持つことを忘れないでくださいね。
水は恐怖心を感じるともっと怖いものに変わります。
そうならないために水を受け入れて水自体と仲良くなってみてくださいね。
息継ぎは少し意識することを変えてみると簡単になりますので、息を吐くことを意識して練習してみましょう。