デパートの化粧品売り場で働くためには~仕事内容をご紹介

デパートの化粧品売り場にはキレイにメイクをしたお姉さん達が働いています。
お客様にスキンケア化粧品をおすすめしたり、メイクの指導をしたりと華やかな売り場です。
メイクが好きな女性や化粧品が好きな女性なら、とても憧れる職場ですよね。
このデパートの化粧品売り場で働くには、どのようにしたら良いのでしょうか。
求人先や、仕事内容、あると有利な資格などご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

警察の張り込み方法には一定のルールがある?徹底調査!

刑事ドラマなどを観ていると、警察が覆面パトカーに乗ってあんぱんを食べながら張り込みしているシーンって...

剣道上達のために鍛える筋肉は腕だけではないことを解説します

剣道で竹刀を力強く振るために、腕の筋肉を鍛えることが大切だと考えている人も多いでしょう。しか...

同期が辞めるとわかって寂しい、でも前向きに考えて送り出そう

今までずっと仲良くしてきた同期が辞めることになると、不安や寂しい気持ちになりますよね。なんと...

走り幅跳びの練習方法・家でできる筋トレとトレーニングの方法

家でできる走り幅跳びの練習方法が知りたいという人もいますよね。走り幅跳びをはじめたけど、どんな練習を...

サッカーと将棋は似てる部分が多い!戦術やポジションでの共通点

サッカーと将棋。この2つには似てる部分が多いと言われています。確かにどちらもゴールを巡って詰...

バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介

バレーボールのサーブはどのような打ち方であれば入るのでしょうか?バレーボールのサーブといえば、フロー...

No Image

陸上200mの効果的な練習方法!これでタイムを縮めよう

陸上200mは短距離に入りますが、100mとも違います。コーナーがあるため、コーナーリングの練習も必...

早退の理由が役所はOK?NG?早退をするときの伝え方

会社や学校は、なかなか理由がなければ休めないものです。休むときの理由はさまざまですが、その中でも...

就活で見た目が大事といわれること!男性だってそうなんです

就活を控えている学生さんは、面接や服装など色々なことが気になりますよね。大事な就活や面接です...

バレエでポワントが立てない原因とは?コツやポイントをご紹介

バレエのポワントがなかなか立てない、グラグラしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。では、手作りのパンを...

警視庁職員になるための試験の難易度は思ったよりも低かった!

警視庁の職員になりたい場合は地方公務員の試験を受けることになりますが、気になるのはその難易度について...

公務員最終試験に合格しても採用されない理由とは

公務員の最終試験に合格したからといって安心してはいけません。実は、最終試験に合格しても採用されないケ...

サッカーで無回転シュートを蹴るときのコツとメリットを解説

サッカーをしている人であれば一度は蹴ってみたいのが無回転シュートです。世界で活躍するトップ選手たちは...

公安の仕事は本当に危険?その仕事内容について徹底調査!

テレビのドラマなどでも登場する「公安警察」。ドラマを見る限り、なんだか危険そうな仕事という印象が強い...

スポンサーリンク

デパートの化粧品売り場で働くためには

デパートには様々なブランドやメーカーの化粧品コーナーがブースに分かれてありますよね。

そこでお客様に対して化粧品を販売する人の事を通称「美容部員」と呼びます。

ビューティーアドバイザーやビューティーコンサルタントなど、呼び方は各メーカーによって異なりますが、一般的には美容部員と呼ばれ、仕事の内容もほとんど同じです。

美容部員は女性の美を求めるエキスパートで憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。

もし美容部員になりたいのであればどういった会社に就職すればよいのか迷うことでしょう。

美容部員はデパートにいるので、デパートに雇われていると思う人もいるかもしれません。

しかし、実際には各化粧品メーカーがデパートのブースを借りている状態なので、美容部員は各化粧品メーカーに雇われている人たちなのです。

その為、もし美容部員になりたいと思っているのであれば。デパートではなく、書く化粧品メーカーの会社に就職することになります。

デパートの化粧品売り場で働く美容部員にはさまざまな雇用形態が

化粧品売り場の美容部員の働く雇用形態は様々です。

正社員で雇用されるほかに、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートなどの雇用形態で雇われます。

その為、待遇や給料には差が出てきますし、店長までめざすとなると正社員でないと難しいでしょう。

正社員であればお給料を多く得ている人もいますが、アルバイトだと時給計算となり、福利厚生の待遇面でも違ってきます。

経済的な面と昇進を考えているのであれば正社員として雇用してもらうのが一番ですが、正社員での募集は少ないため、正社員での雇用はかなり難しくなってきます。

そして美容部員になるためには特別な学歴や資格は必要としません。
しかし、ある程度のメイクテクニックや接客能力が必要となってきますので、美容専門学校を卒業したほうが良いでしょう。

メイクの腕が良かったり接客が良いと固定のお客様を抱える事ができるようになります。売り上げ金額に応じたインセンティブが支給される会社もあるようです。

デパートの化粧品売り場で働く美容部員にノルマはあるの?

化粧品売り場の美容部員にはノルマがあるのかどうか気になりますよね。
もし美容部員の職につく場合、ノルマがきつすぎてやっていけるのか不安になると思います。

大体の会社はノルマを設けていない場合が多いのですが、販売業なので売り上げ目標はあります。

この売り上げ目標に向かってお客様に商品を販売していかなければならないのです。

新規のお客様を増やす事とリピーターを増やす事、一人当たりの客単価を上げる事が売り上げを伸ばすための鍵となってくるでしょう。

新規のお客様を増やすためにはサンプルやリーフレットを配布して声かけを行ない、新規のお客様を獲得します。

スキンケア商品だと、化粧水と乳液はセットで買うお客様が多いので一人当たりの単価が高い傾向にあり、リピーターにもなりやすいようです。

メイク商品はスキンケア商品と比べると単価は低いのですが、お客様が手に取りやすいという利点もあります。

限定品や新商品も出るので話題性もあり売り上げも作りやすいようです。

忙しい美容部員の主な仕事内容は?

美容部員の主な仕事はどういったものなのでしょうか。

美容部員の仕事は商品の発注や、商品の陳列、ディスプレイ、在庫管理と様々ですが、一番大事な仕事は接客してお客様に合った商品を提案する事でしょう。

化粧品売り場には様々なメーカーがあり、基礎化粧品からメイク商品など数え切れないほどの種類があります。

その中からお客様は購入を決定するわけですが、その際の手助けをするために化粧部員がいるのです。

数多くの中から自社製品を選んでもらうためには適切な商品提案ができて、お客様の要望にあった商品を提案的できるコミュニケーション能力、商品とお客様の魅力を引き出すメイク技術が必要となってきます。

美容部員の実力が売り上げに直結してくるため、求められるレベルはかなり高いものになるでしょう。

美容部員として働く上で持っていると有利な資格とは

美容部員として働くために取っておいた方が良い資格とはどういったものがあるのでしょうか。

化粧に関しての資格は様々あります。

日本化粧品検定

化粧品や美容に関しての知識が問われる検定です。
化粧品だけでなく、美容皮膚科学や美容に関する法律など幅広い知識が必要です。

日本メイクアップ技能検定

メイクアップアーティストの育成を目指すために作られた検定です。
全級において実技試験があります。

メイクアップアドバイザー検定

メイクアップのための知識のほか、カウンセリングやアドバイス方法などお客様とのコミュニケーションを取るための知識も問われる資格です。

メイクセラピー検定

「化粧療法」とも呼ばれる検定で、メイクと心理カウンセリングを組合わせ、お客様の悩みをメイクによって取り除くための知識が勉強できます。