リフティングの技のコツを教えて!色々なリフティングの技のコツ

かっこよくリフティングができる人に憧れている人もいますよね。サッカーのリフティングの技を上達させるには、一体どんなコツがあるか知りたい人もいるでしょう。

サッカーをやっている人であれば、きっと誰もがリフティングができるようになりたいと思うはず。でも、一体どんなコツを掴めばリフティングが上達するのでしょうか。

そこで今回は、サッカーのリフティングの技が上達するコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。では、手作りのパンを...

水泳のバタ足が進まない時のコツや練習方法・ポイントを解説

水泳をやっている人の中には、バタ足がなかなか進まないことに悩んでいる人もいますよね。進むことができな...

面接で筆記用具の他に印鑑が必要な理由と内定との関係

面接時に筆記用具と印鑑を持参するように指示されることがあります。面接なのに印鑑持参と言われる...

バドミントンを高校生から初心者で始めた人へ伝えたいこと

高校からバドミントンを始める場合、どんな準備や知識を知っておくといいのでしょうか?周りとの差...

No Image

サッカーのボールタッチ練習方法!コツとポイント・練習を解説

サッカーが上達したいという人は、ボールタッチの練習を取り入れて基本的なことを身につけると良いです。ボ...

保育士のピアノ実技試験対策!苦手なピアノを克服し合格するには

保育士試験には実技試験があり、その1つにピアノ実技があります。小さい頃からピアノを習っている...

消防救助隊が行う訓練とは?人命救助を目的とした厳しい訓練

消防には救助隊と呼ばれている、人命救助を目的とした専門部隊があります。レスキュー隊とも呼ばれているチ...

ソフトテニス初心者のためのスライスの打ち方とコツを教えます

ソフトテニスを始めたばかりの初心者だと、スライスの打ち方がよくわからないですよね。スライスを...

明日、仕事行きたくない気持ちを抱えているあなたへ

明日、仕事行きたくない…。ネガティブな気持ちでそう感じますか?それとも、愚痴程度の仕事行...

就活の作文は原稿用紙を正しく使って書くことが大切です

普段パソコンを使っている人は、就活試験の作文のために原稿用紙を使って文章を書くとなると、わからないこ...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けるリスクとは

書類選考の判断材料として存在するエントリーシート。エントリーシートの内容によって合否が左右さ...

転勤が多いといわれている職業と転勤が多い理由

世の中には様々な職業がありますが、転勤が多いといわれている職業はあります。調べてみたところ、...

シングルマザーも正社員なら残業を覚悟しなければいけない!

働いている母子世帯は約8割もあるそうです。中には正社員として働いている、働きたいと考えている...

スーパーで食品を扱うバイトのメリット・デメリット

アルバイトとしてスーパーのバイトは求人も多く、通いやすいという点でも人気です。年代もさまざまな人...

スポンサーリンク

インサイドとアウトサイドのリフティング技のコツ

リフティングのインサイドとアウトサイドの技のコツを覚えて練習しましょう。

サッカーのインサイドのリフティングの練習方法

  1. 足が水平になるようにして、くるぶしの下の面でボールの中心部を蹴るようにイメージしましょう。
  2. 余分な力が入らないように気持ちを楽にして、腰を軽くしてリフティングしてみましょう。
  3. インサイドでのリフティングを、何回もこなせるように練習してしてみます。
  4. 先にやりやすい方の足でやり、逆足でも練習してみるなど、左右交互やります。
    また、小刻みにやったり、ちょっと高くなるようにしたり調整してできるように頑張ってみましょう。

アウトサイドのリフティングの練習方法

  1. 地面と足が、ボールが付くときに平行になるようにして、くるぶしの下の面でボールのセンターを捉えましょう。
  2. 親指の横側を地面に向けるイメージでやると、水平になりやすいです。
  3. やりやすい方の足から練習してコツをつかみ、何回もこなせるように練習して、逆側の足も挑戦してみましょう。
    力加減など調整したり、見なくても出来るようになったりと、慣れてきたらどんどん難しい事に挑戦していきましょう。

リフティングの技・アラウンドザワールドとクロスオーバーのコツ

リフティングの技の中に、アラウンドザワールドやクロスオーバーがあります。

  • アラウンドザワールド
    「アラウンドザワールド」は、別名「大車輪」ともいわれています。
    インサイドのリフティングやアウトサイドのリフティングが出来るようになっていたら挑戦してみたいという人が多い、簡単だけど奥が深いリフティングです。
  • クロスオーバー
    アラウンドザアワールドよりも簡単で、まだ上手にリフティングが出来ていなくても試しやすいです。
    初心者の人にもおすすめです。
    少しだけ高めに蹴り上げたボールを、ジャンプしてボールをまたいで、軸となる足でボールを上に蹴ります。
    ワンバウンドしたボールを蹴ると比較的練習しやすいです。
    背が低めの人や小学生の方が更にやりやすいです。
    身長が高めになってくると、ジャンプするタイミングをつかみにくいので人によってはアラウンドザワールドの方がやりやすいと思う人もいるかもしれません。

リフティングの技のコツを掴んだらトリックも織り交ぜてみよう

リフティングが出来るようになったら、リフティングの途中でトリックも取り入れたりするのもいいでしょう。

  • ニークラッチ

両足のヒザの内側でボールを挟み静止させるのがニークラッチです。

トリックの中で簡単だと言われているので、リフティングが出来ている人ならすぐに出来るでしょう。

他のトリックに移る際に使用したりするので、様々な体勢から出来るように練習しましょう。

  • レベルフットクラッチ

リフティングで上の方に蹴り上げたボールを、太ももとふくらはぎで挟むのをレベルフットクラッチといいます。

太ももの裏側、外側、ふくらはぎを使用します。

比較的練習すれば簡単にできるようになるので、リフティングの練習の最中に取り入れたりしてみましょう。

座って行なうリフティングのコツ

座ってできるシッティングリフティングのやり方

  1. 座った状態で地面に手をつきます。
  2. 重心を後ろにします。
  3. 蹴る方の足を固定しながらボールを真っすぐ上に上げます。
  4. ボールが落ちてきたら、引きつけるようにして、低い位置で繰り返します。

利き足の方がやりやすいかと思います。
まずはやりやすい方の足で練習してみてから反対側も練習しましょう。

座ってできるシッティングリフティングのコツ

  1. 足の幅の範囲内でコントロールします。
  2. ボールがきてる方に重心を移すようにします。
  3. 真っすぐに上に上がるように、前後しないように気をつけます。

ボールを上に蹴っている繰り返しでも、座った状態なので範囲も決められ難しくなります。

サッカーを意識したリフティングは試合で生きる

リフティングの練習はサッカーの試合などをやる時にも効果があらわれます。

リフティングを練習する事によるサッカーでのメリット

  • キーパーからなど高いボールを、胸トラップできるようになる
  • 斜め後ろからのクロスボールを、太腿でトラップできるようになる
  • クロスをインサイドキックで、ダイレクトシュートできるようになる

リフティングを練習して、ボールをある程度コントロールしたり足を動かしたり出来るようになっている事で、サッカーをやるにあたって役に立つ場面は色々あるかと思います。

自分で上の方に高くボールを上げて、胸のリフティングをする練習をする事で、胸トラップの練習になります。

誰かにボールを蹴ってもらって練習してもいいでしょう。

実際サッカーをやっていて横からくるボールが多いので、リフティングをするにあたってとても役に立つので、そのようにサッカーに役にたつものをリフティング練習するのもいいでしょう。

いつも間にかボールを上手く扱えるようになる事でサッカーの上達にも繋がります。