暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

会社の試用期間中に休むと解雇?解雇になる条件と試用期間の意味

      2018/10/01

会社の試用期間中に休むと解雇?解雇になる条件と試用期間の意味

試用期間の最中に会社を休むと、正社員になれずに会社を解雇されてしまうのではないかと不安になっている人もいますよね。休まざるを得ない状況で休んだときでも、こんな不安が頭をよぎるのではないでしょうか。

試用期間の最中に会社を休むと解雇されるの?どうしても休みたい時はどうしたら良いの?

そこで今回は、試用期間の最中に会社を休むとどんなことが起きるのかについてお伝えします!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

試用期間中に無断欠勤で会社を休むと解雇されることも

社会人、特に正社員ともなると、試用期間に会社を休むことに抵抗を覚えることもあると思います。でもどうしても休まなくてはいけない用事もある。そうなると、どうしたらよいのでしょうか。

まず、休むは休むであっても、「無断欠席」であった場合ですが、会社を解雇されることもあることを覚悟しておいて下さい。

  • 入社3営業日目から無断欠勤
  • 無断欠勤期間1週間
  • 電話、メール等で連絡しているが、応答がない
  • 試用期間を3ヶ月間としている
  • 入館証や会社から貸与したもの(研修のテキスト)を机の引き出しに置いていっている

このような場合退職扱いとする会社もあるので、十分な注意が必要になってきます。
「試用期間の無断欠席」という時点で、立派な解雇条件になってきます。十分に気をつけましょう。

試用期間に体調不良で会社を休むと解雇される?

先程は、会社を試用期間に無断で休んでいるとなると、解雇になりえる点を一緒に学んできました。

次に、試用期間に体調不良で休む場合ですが、解雇されるかどうかについてみていきたいと思います。

先程は、「無断欠席」だと解雇になりえる事をみてきましたが、それが体調不良となるとどうなるのでしょうか。

理由が体調不良となると、すぐに解雇はできません。解雇にあたる例として考えられるのは、

  • 「協調性にかけている」
  • 「言動に問題がある」
  • 「学歴、経歴が詐欺」

が考えられます。プラス、その程度も考慮されますので、体調不良だけで解雇にはなりえません。

日数にもよってはくるとは思いますが、体調不良だけでは、解雇にはなりませんので、安心して下さい。

試用期間中にやむを得ない理由で会社を休む場合の対処法

先程は、試用期間中に理由が「体調不良」で休んだとしても、解雇には繋がらないことを一緒に学んできました。

次に、試用期間中に、どうしようもならない理由で会社を休む場合ですが、どういった対処法が考えられるのか、みていきたいと思います。

  • ケース1:病気
    病気は病気でも、周囲の人々に移す可能性が高い病気ですと、流石に会社を休まざるをえませんよね。そういった場合ですが、しっかりと病院で診断書をもらい、会社に提出しましょう。
  • ケース2:冠婚葬祭
    結婚式はともかくとして、お葬式の場合ですが、流石に欠勤せざるをえないと思います。特に、親族の葬式となると、流石に出席せざるをえないので、そういった場合は、欠勤であっても、仕方ないと思います。ただ、会社にはきちんと報告しましょう。

試用期間中に会社は何をチェックしているの?

先程は、試用期間中に、病気や冠婚葬祭で欠勤する際は、どのような対応が必要になってくるのか、一緒にみてきました。

次に、試用期間中ですが、会社側は従業員の何を一体チェックしているのか、その点についてみていきたいと思います。

試用期間中に会社側が従業員の何をチェックしていくかというと、「会社に合っているか」についてみていきます。

その為、あまり欠勤、遅刻の回数がこの時期に多いと、会社側からはあまり良くみられません。特にオリエンテーションなどで、「試用期間は休まないで下さい」という指示がでている場合は、なるべく休まない方が無難だと言えます。

また、一般常識に入るとは思いますが、履歴書などに嘘が書かれていないか、また、上司に適切な敬語が使えるかどうかについて判断されるようです。上司との上手なコミュニケーションも日頃から心がけていきたいですよね。

試用期間を乗り切るために気をつけたいことは?

試用期間中に、会社側は従業員の何を具体的にチェックしているのか、上記では数点みてきましたよね。

最後に、試用期間に入っている方々へのメッセージにはなりますが、試用期間を乗り切る為には、どんな事に気をつけたら良いのか、その点について紹介したいと思います。

無事に試用期間を乗り切るには、次のようなことについて気をつけて下さい。

  • 勤務態度
    勤務態度は試用期間であってもきちんとチェックされています。接客であれば、勤務中の言葉遣い。またコールセンターであれば、クレームにはならない会話がお客様となされているか、録音もされています。ですので、「試用期間だから」といって、業務に必要な点は、気を抜かないようにしましょう。
  • 協調性
    仕事というのは、チームでしていくものです。例え、スコアを取りたいからといって、ズルをしたり、上司にいつも刃向かっているようであれば、協調性にかけてしまいます。仕事は、会社にいる人が気持ちよく働けることも、業績に繋がっていきますから「自分はいいんだ」という考え方は避けましょう。人間関係であったり、他の人とトラブルになりそうな事は、避けていきましょう。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ