職場で告白して振られたときの対処法や成功するためのコツ

職場の好きな彼女に告白して振られたときは、やはりその後職場顔を合わせるのが気まずくなりますよね。

では、職場の好きな彼女に告白して振られたときはどうしたらいいのでしょうか?気まずくならないためには?

また、振られた相手を諦められず、再度告白したいときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?職場恋愛を成功させるためには?

そこで、職場で告白して振られたときの対処法や成功するためのコツなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学中退から専門学校は就職に有利なワケと人生のきっかけ

大学中退してからすぐに就職するのではなく、専門学校に再入学するという人も多いのではないでしょうか?...

退職後に行う手続きの期限は?退職後に必要な手続きについて

退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも...

バレーボールの上達法は自宅で一人でもできるコツやオススメとは

バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。コツを掴んで自宅でも練...

情報処理に関する資格は就職にどのくらい有利となるのか徹底調査

IT業界への就職を考えている大学生は、情報処理に関する資格を持っていると就職に有利になると思っている...

エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けるリスクとは

書類選考の判断材料として存在するエントリーシート。エントリーシートの内容によって合否が左右さ...

職場が寒いから辞めたい!解決方法と職場が寒い時にできる対処法

働いている職場が寒いことが原因で職場を辞めたいと悩んでいる人もいますよね。エアコンの設定温度によって...

No Image

サッカーのスパイクの手入れ頻度や正しい方法で大切に使おう

サッカーのスパイクのお手入れは、皆さんどのくらいの頻度で行っているでしょうか。長く使うために...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。では、そんな仕...

受領のメールを返信する時のポイント!ビジネスメールの送り方

取引先の会社の人から資料などを送ってもらった時、「受け取りました」の意味を込めてメールを返信しますよ...

選挙の出口調査バイトをする際の服装は?応募する前の注意点

副収入として選挙の出口調査バイトをしようという方も多いのではないでしょうか。選挙の出口調査バイト...

電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若...

ソフトテニスの効果的な中ロブの打ち方とは?練習方法も解説

ソフトテニスのロブの中でも「中ロブ」は攻撃にも使えるものですよね。でも、中途半端になってしま...

年上後輩のトリセツ。仕事がどのくらいできるのかを見極める

年上の後輩について。仕事上の立場として上司だけど、年齢的には部下が年上。この場合、『...

履歴書をパソコン作成!写真は?ポイントと気をつけたい注意点

最近では、履歴書をパソコンで作成するという人も多いのではないでしょうか。では、履歴書をパソコ...

レジのバイトでやってしまったこんなミス!対処法も紹介

色々なバイトがありますが、中にはレジを任されることもあるでしょう。レジではもちろん現金を扱い...

スポンサーリンク

職場の好きな人に告白して振られたときは?

身近な女性を好きになることは、よくあることですよね。
ですが、それが職場の女性だった場合、これからも毎日顔を合わせるので、気まずくなってしまうのも事実です。

そんな時は、何も無かったかのように普段通りにしているのが一番です。
相手の方も、恐らくは同じようになんとなく気まずく感じていると思います。

いつもと変わらず、同じように接するのが最も無難でしょう。
変に意識すると、周りの人にも感づかれてしまって、余計に居心地が悪くなってしまうかもしれません。

職場に一歩足を踏み入れたら、気持ちを切り替えて仕事に没頭しましょう。

失恋くらいで職場を変えるわけにはいきませんよね。
「恋愛は恋愛、仕事は仕事」です。
恋愛はあくまでもプライベートなことですから、職場へは持ち込まずに割り切ることが大切です。

失恋の痛手は、仕事に没頭することで忘れましょう。
仕事が出来るようになって、あなたを振った彼女を見返してやりましょう。

仕事に没頭するのことは、失恋の痛みを忘れられるだけではなく、あなたのスキルアップへと繋がるので、とても合理的な方法といえるでしょう。

職場の相手に告白して振られた!気まずくならないためには?

職場の相手に告白して振られてしまった場合、気まずくなるのが最も辛い点ですよね。

毎日顔を合わせるのでしたら、気まずくならないというのは、正直無理な話でしょう。
それでも、職場に居る限りは、普段どおりに過ごしましょう。

振られたことを周囲の人に知られると、もっと気まずくなってしまいますよね。
それは、振った彼女の方も同じです。

もし、あなたの様子を気にかけて同僚が声をかけてくれたとしても、そのことについては伏せて置きましょう。

同僚に相談したことで、そこから話が漏れて、「あいつ、○○のこと振ったんだってよ。」と影で言われてしまうかもしれません。

ですから、お互いにそういったプライベートなことは、会社の人には言わないのがベストでしょう。

最も良い振られ方は、「これからは良い職場の仲間としてお付き合いしてください。」と、今後のスタイルを提示しておくことです。

事前に言っておくことで、相手も気が楽になるかもしれません。
また、普段通りの振る舞いをすることへの抵抗も和らぐことでしょう。

職場の好きな人に告白して振られた後にやってはいけないこと

職場の好きな人に告白して振られた時に、絶対にしてはいけないことは、2つです。

  • 相手を避けること
  • 振られた話を社内の人にすること

気まずさから相手を避けたくなる気持ちはわかります。
しかし、それは社内恋愛だからこそ、絶対にしてはいけません。

あなたが彼女を避けることで、業務に支障をきたすかもしれません。
あなたが彼女を避けることで、社内の雰囲気が微妙な空気になるかもしれません。

恋愛はあくまでもプライベートなことなのです。
仕事にそれを持ち込むのはルール違反です。

どんなに辛くてもしっかりと割り切って、いつも通りに対応しましょう。

また、あなたの些細な変化を汲み取って、同僚が声をかけてくれたとしても、社内の人に話すは控えた方が良いでしょう。

たとえ親切心で声をかけてくれたとしても、そこから話が広がって、あらぬ噂や憶測が飛び交うことになってしまうかもしれません。

そうなれば、あなたも相手の方も居心地が悪くなってしまいますよね。

そういった相談は、仕事には関わりのない人を選ぶようにしましょう。

再アプローチ!振られた相手に再度告白するなら?

職場の好きな人に振られてしまったけど、諦めきれないことはよくある話です。
そのような時には、もう一度アプローチしたくなるかもしれません。

しかし告白は、何度もトライすれば、受け入れてもらえるというものではありません。
自分の気持ちだけを何度も押し付けていては、相手はしつこいと感じることでしょう。

振られた後、忘れようとしたけど諦めきれず、「もう一度」と思うなら、一度冷静になってみてください。

今は振られたばかりで、色々な感情が入り混じっていませんか。

どんなに好きで、もう一度アプローチしたくても、3ヶ月くらいはせめて期間をおきましょう。

振られてすぐにもう一度告白しても、同じ結果になるのは目に見えています。

その冷却期間の3ヶ月でどうして振られてしまったのかを考えてみましょう。

もしかしたら、今は仕事が楽しくて、恋愛に割く時間がなかったのかもしれません。
それとも、あなた自身に何かが足りなかったのかも知れません。

原因がわかれば、改善できます。

3ヶ月経っても、まだ気持ちが変わらないなら、もう一度アプローチしてみるのも良いかもしれません。

告白して振られないためにも!職場恋愛の鉄則とは

職場恋愛にはルールがあります。

どんなに可愛いと思っていても、その子だけを特別扱いしてはいけません。
容姿や年齢に関係なく「全員平等に接すること」が大切です。

年齢が若いほどこのルールを疎かにしがちですが、職場は仕事をする場所ですから、基本的にはプライベートなことは持ち込まないようにしましょう。

また、そのように全員にフラットな対応をすることは、恋愛上のあなたの価値を高めることにも繋がります。

あなたが全員に親切にしていれば、社内のあなたの評価は「良い人」となることでしょう。
そこに「素敵」といったワードも追加されるようになったら、あなたは恋愛相手に苦労しなくなるかも知れませんね。

大勢の人があなたを「良い人」と評価するという事は、あなたが好きな人も同じように思ってくれる可能性が高いという事です。

行列の出来ているお店は、なんとなく自分も入ってみたくなりますよね。
たくさんの人の注目を集めているもには「価値がある」という心理が働くのです。

女性はその「価値」に流される傾向があります。

もちろん「価値」にもいろいろ種類があります。
容姿や財力はもちろん人間性もその1つでしょう。

たくさんの人からの良い評価は、あなたの価値を高めることに繋がります。
ただし、逆もまた然りですから、ご注意くださいね。