暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

人生における仕事の位置づけに対する考え方のヒント

      2018/09/28

人生における仕事の位置づけに対する考え方のヒント

長い人生の中でも多くの比率を占めるのが仕事です。
仕事に費やす時間が長いため、人生のほとんどが仕事をしている時間といっても過言ではありません。

となると、人生における仕事の位置づけについて深く考えていまいます。
果たして、仕事は人生の一部と考えるべきなのでしょうか。人は何のために仕事をしているのでしょうか。

就活の面接でも聞かれることがある、人生における仕事の位置づけについて考えてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

これから続く長い人生の中で仕事はどう位置づけすべき?

大人になると仕事に時間を費やす時間が多くなると思いますが、人生において仕事の位置づけというのは、どうするべきなのでしょうか。

  • 仕事は人生の一部と位置づける人
  • 仕事の中に人生が含まれると考える人

上記の二つの考えなのですが、何が違うのでしょうか。

仕事は確かに大切なもの。家族でいえば、父親が大抵仕事をして家計を守ってくれている。なので、強制して働いているというよりも、仕事があるからこそ自分が存在するという考えを持っている人もいるのかもしれません。
そう考えると、長い人生の中で「仕事」の位置づけがより簡単になってくるのではないでしょうか。
中々日々の生活では考えない質問かもしれませんが、人生や仕事について考えるよき機会なのではないでしょうか。

人生における仕事の位置づけ、その考え方とは?

人生の中で、仕事に対する位置づけを考えることもあると思いますが、具体的にどんな考え方があるのでしょうか。

将来のことを考えてみるのも一つの方法かもしれませんよね。例えばですが、50年後の自分は何を残していきたいかです。

一日は24時間と決められていますが、その時間内でどうやって自分のやりたいことをやっていくのか、またやりたいことやるには、人間関係も絡んできますよね。

でも、ここで考えたいのは、仕事も大切ですが、家族も大切なのではないでしょうか。仕事は選択肢がありますが、家族はあなたにとっては唯一の存在です。また、友達というのも、貴重が存在の一つとなってきますよね。

今から、50年後、自分が時間を費やして何を残せるか、それを考えるのも良いのかもしれませんね。仕事なのか、家族なのか?想像したときに答えが出るのかもしれませんね。案外、自分にとって何が大切なのか、答えが見つかるかもしれません。

人生と仕事の比率を考えればあなたなりの位置づけがわかる

人生において、仕事の位置づけ。それを考えるときに、比率を考えれば、自分の人生の中で仕事がどのような位置にあるのか、わかるのかもしれません。

仕事と比べるのは、プライベートの時間

殆どを仕事に費やしている人(8:2)または(9:1)

殆どを仕事に費やしている人ですが、最後の最後で一人になる、孤独になる可能性があるので、避けた方がよいのかもしれません。

仕事を定時で帰って、プライベートを優先させる

プライベートで自分のやりたいことをやって、心身リラックスさせるライフスタイルです。

また、宝くじが当たるかもしれないと期待している人もいるようです。現実的に働くことも忘れてはいないようですが、家ではじっとしていられないのかもしれませんね。仕事とプライベート、うまくバランスをとることが必要なのかもしれません。

人生の大半を占める仕事、人は何のために働くのか?その答えは

人は何のために仕事をする?

つい、仕事に疲れきって帰宅するとき、「自分は何のために働いているのだろう」と思う人もいるかもしれません。でも、その先に報いがあるとしたら、今、目の前にある、辛いことも乗り越えられるかもしれません。

大体の人は、「給料(お金)のため」と答えていると思いますが、一方で、社会貢献であったり、他者からの承認、人とのつながりと答えている人もいます。

自分のために働いている人もいれば、家族のために働いている人もいると思います。子供がいる人ですが、子供のために働く人もいるようですね。そう考えると、人生において、仕事の位置づけがもっとわかるのではないでしょうか。人は何のために働いているのか。面白い質問なのかもしれませんね。

就活の面接で「あなたにとって仕事とは?」と人生の位置づけを聞かれた場合の答え方は?

人生において、あなたの仕事の位置づけについてみてきていますが、例えばですが、面接で「あなたにとって仕事とはなんですか?」という質問をされたとき、どう答えますか?
一つ目の解答としては、自分の仕事への意欲の高さを答えると良いかもしれません。

避けたい答えとしては、「生活のため」でしたり、「お金のため」
「将来~をしたいから」という前向きな意志、やりたいことが企業でできるというような答えのほうが、企業にとっても前向きにとってもらえるのではないでしょうか。

二つ目の解答としてぇあ、企業の概念をもとに、「働く」ことを考えることです。

企業が考えている「働く」という考え方と、あなたの考え方を一致して答えるということです。逆にここでミスマッチがあると、企業としても「うちの会社には会わないな」と判断されるかもしれません。前もって、そのミスマッチを避けておきたいですよね。そうすることにより、自分にあった会社にもたどり着けるかもしれません。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ