小学校の用務員になるには?勤務形態や給料について説明します

小学校に勤務したいと考えている人の中には、用務員さんになりたいという人も多いと言います。

では、用務員になるには何か資格は必要なのでしょうか?公務員試験を受けなくてはいけないのでしょうか?

小学校の用務員になるための試験や勤務形態、給料について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ソフトボールのコツを理解して、体育の時間に打ってみよう

オリンピックなどのソフトボールの国際試合を見ると、体育の授業で自分もあんなふうに打ってみたいと思いま...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

専業主婦が仕事復帰!家庭と仕事の両立に自信がない時の対処法

専業主婦として、子供を育てることができたのは、幸せなことだと思います。 夫に感謝し、子どもと十分過...

欠勤の連絡が遅れたらマイナスになる理由と正しいマナーとは

欠勤の連絡が遅れただけで、あなたの評価がマイナスになってしまうことがあります。 それくらい欠勤...

営業の電話がしつこいと思っているならハッキリと〇〇する事

会社や自宅に、営業の電話がかかってくることがありますよね。 その電話がしつこい!と感じている方...

上司への報告はどこまで?その基準と方法について説明します

昔であれば、仕事で何か問題があるたび上司へ報告したものですが、今はどこまで報告すればいいのか悩む若手...

卒業論文のテーマに悩む人必見!簡単に決める方法を教えます

卒業を控えて一番問題になるのが卒業論文でしょう。テーマを何にしようか、なるべく簡単に終わらせるために...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介

バレーボールのサーブはどのような打ち方であれば入るのでしょうか?バレーボールのサーブといえば、フロー...

育児休暇中に退職すると決めたら、報告は早めにしよう!

出産する前は職場復帰を考えていたものの、育児休暇中にやっぱり仕事を辞めようと考える人もいるのではない...

走り高跳びをベリーロールで飛ぶための練習法とコツを教えます

体育の時間に行う走り高跳びで、ベリーロールで飛ぶことって難しいですよね。どうしても正面から飛ぶことが...

同僚の退職が決まり寂しいと感じる人へ。その気持ちの解消法

仲の良い同僚が退職する事が決まったらショックと寂しさで一杯になると思います。 会社の同僚と言えば同...

野球の練習方法で守備が上達するための基本やポイントとは

野球の練習方法において、守備の練習はとても重要です。 特に、守備練習では様々なケースを想定したゴロ...

転職初日の緊張を和らげる方法と転職時の心得

転職初日は緊張と不安でしかありません。 これから先自分は戦力として必要とされるのか、この職場で...

会社の電話で「もしもし」はNG!電話対応のビジネスマナー

電話をかけるときや電話を受ける時に「もしもし」と言う言葉を使う人は多いですよね!きっとみなさん、特に...

スポンサーリンク

小学校の用務員は公務員?用務員になるには試験を受ける必要がある?

将来を考えていく内に、小学校の用務員になりたいと夢に思う人もいると思います。実際、なる為には、どんな試験を受けて合格する必要があるのでしょうか。

ここでは、試験の前に、用務員の位置づけをみていきたいと思います。

昔は公務員職が殆どでしたが、現在では、常勤、非常勤など立場が違ってきています。

公務員としての学校用務員ですが、市町村の職員という位置づけになります。それも、常勤から非常勤まであり、東京の場合は、23区では、「23区全体の職員」という位置づけになっているようです。

上記は公立の場合で、私立の場合は、直雇用にあたる、会社員、非常勤の場合は、パート、アルバイトという位置づけになるようです。

派遣で登録して職務にあたる、非正規雇用の学校用務員も存在するようです。

ですので、上記からわかるように、位置づけは色々あり、どのような位置づけで働いていきたいのが、まずフィールドを決めていきましょう。

任期制や臨時の小学校の用務員になるには?

先程は、小学校の用務員には、どのような位置づけがあるのか、その種類をみてきました。

次に、小学校の用務員は用務員でも、任期制や臨時の用務員になるためには、どうしたら良いのかについてみていきたいと思います。

「嘱託採用」の用務員

殆どが、上記の採用形態になるようです。

募集期間は、年末から3月上旬が多く、採用スケジュールですが、それぞれの地域によって異なってきます。

採用期間ですが、1年単位になります。採用方法としては、作文と面接が主な方法となっているようです。

自治体によって、特別な資格を必要としているケースもあるようです。その為、求人情報は注意深くチェックしていきましょう。

65-70歳のような高年齢の方も働ける環境にあるようです。ですので、そのような年齢になったとしても、是非トライして見て下さい。

給料もボーナスが支給されることもあるようです。嬉しい点ですよね。

臨時採用の採用の場合は、時給制になるようですが。

小学校の用務員になるには資格は必要?給料はどのくらい?

先程は、任期制や臨時の小学生の用務員になる為の採用形式であったり、年齢、待遇についてみてきました。

次に、小学校の用務員になるには、どんな資格が必要であり、給料はどの位必要なのかをみていきたいと思います。

大体ではありますが、目安としては、「就業1年目で20万前後」が多いようです。

時給にすると、千円位を想定しておいて下さい。

その時給ですが、地域によっても違う可能性もあります。

決して安くはないのではないでしょうか。

次にどんな資格が必要か、結論からいうと何も必要ありません。

ただ、庭を手入れしたり、草刈りをする機会もあるので、その仕事をするのが苦ではないことが求められると思います。

特に資格は必要ないけれど、草刈りのような雑用もストレスを感じずにすることができるかが鍵になってくるようです。

小学校の用務員の仕事内容はラク?

上記では、小学校の用務員になるには、特に資格が必要ないこと、また給料は月給で20万前後なことがわかりましたよね。

小学校の用務員の仕事について

「それほど難しくない」
小学校内外の整備を行う仕事となります。様々な仕事内容となりますが、特別な技術が求められる訳ではないので、女性であってもできる職業になってきます。

「残業なし、休日あり」
残業があることはなく、平日でも定時で帰ることができるようです。また、お盆など休みたい時は遠慮なく休むことができます。

「忙しくない」
季節ごとにやらなければいけないこともあり、仕事は尽きないでしょう。ただし、毎日残業続きといった忙しさはありません。

小学校の用務員は一人または少人数で作業することになるので、あまり仕事中にコミニュケーションが取れる職場ではありませんが、教頭先生や校長先生とコミュニケーションはちゃんととれますので、過度に心配することはなさそうです。

小学校の用務員になると、早めに学校へ行かなくてはいけない?

小学校の用務員のスケジュール

勤務時間:7:30-16:30 8時間労働

仕事の内容:7:30からは、正門の鍵を開けたり、玄関の鍵を開けたりします。

その為、7時位に学校に到着できるように出勤する必要があるようです。

7時に学校に到着するようにするということは、ある程度、早めにあなたの家を出る必要がありますよね。

8時位までに、校長室のポットのお湯をセットしたり、台所の簡単な掃除をしているようです。

この時間となると、他の先生方々も出勤しているようです。

ということは、先生方々と比べて、小学校の用務員の方々は早めに出勤する必要がありそうですね。

朝が早い人にはお勧めの仕事かもしれませんね。