仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。

では、そんな仕事でのミスによるクレームにはどのように対応するのが正しいのでしょうか?

また、仕事のミスやクレームで落ち込んだときは、どうすれば気持ちを切り替えることができるのでしょう?

そこで、仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーパーのレジで働きたい方へ!志望動機はこうしよう!

スーパーで働きたい!中でもレジを希望します!そんな時、履歴書の志望動機の欄には何て書いたらい...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったの...

パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。あまりに怒りが蓄積してしまうと...

上司が怒る怒鳴る。しかも理不尽な理由で。対処と防御で乗切れ!

上司にはいろいろなタイプがあります。その中でも一番やっかいなのが『怒る』上司です。それも理不...

電話でもしもしは失礼にあたる?正しいビジネスマナーとは

ついつい使ってしまう電話のもしもし。実はこの「もしもし」というワードは会社の電話では失礼にあたるんで...

バドミントンの試合で緊張したときに試してみて。緊張しない方法

バドミントンの試合の前は緊張する、有名なバドミントン選手でさえ緊張するといいます。ですが緊張...

小学校の用務員になるには?勤務形態や給料について説明します

小学校に勤務したいと考えている人の中には、用務員さんになりたいという人も多いと言います。では...

ソフトテニスの効果的な中ロブの打ち方とは?練習方法も解説

ソフトテニスのロブの中でも「中ロブ」は攻撃にも使えるものですよね。でも、中途半端になってしま...

早退の理由が役所はOK?NG?早退をするときの伝え方

会社や学校は、なかなか理由がなければ休めないものです。休むときの理由はさまざまですが、その中でも...

野球の練習方法で守備が上達するための基本やポイントとは

野球の練習方法において、守備の練習はとても重要です。特に、守備練習では様々なケースを想定したゴロ...

水泳のキックの強化に欠かせない筋トレ方法を紹介します

水泳のキックを強化したいときにはどのような筋トレをしたらいいのでしょうか?クロールのキック力...

障害者のための公務員試験における面接の内容や対策のコツとは

障害者が公務員を目指すなら、公務員試験の障害者枠に応募することができます。では、障害者枠での...

電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若...

スポンサーリンク

仕事のミスでクレームが!正しい対応とは

仕事のミスでクレームがきてしまった!
そんな時は相手側の納得のいく正しい対応の仕方をしなければなりません。
どのように対応すれば良いのでしょうか。

クレームを受けたとき

仕事の途中であれば手を止め、不快にさせたことへの謝罪、そしてお客様の言うことを反復します。
そうすることで、相手にもちゃんと聞いていることが伝わります。
そして自分自身も、内容が頭に入るので整理しやすいです。
クレームを受けている最中は余計な言動は挟まず、必要に応じてメモとる、うつむかないように両足に重心を乗せ、手は前で組み目を泳がせない、かといって見すぎても不快にさせてしまう事があります。適度な距離感を保ち対応します。

この対応が上手くいかないと、相手側の感情もヒートアップしかねません。
物事の収集ができなくなる前に、このような案件を対処できることが理想ですね。

仕事のミスやクレームで落ち込んだときは

仕事でミスをしてクレームを受けた時、初めての経験ですと特に落ち込んで気が下に向いてしまいます。
そのクレームに対して会社の上司や先輩がどうにか対処してくれて事が済むことがほとんどです。

なぜ上司や先輩はクレームに対応できるのか

それは、その人たちにも新人の時代があったからです。
新人のときに少なからずミスは何度かしたはずです。
その時、またその上の先輩達が助けてくれたことを、今はあなたにしてくれているのです。
ミスをしてしまって、何が大事なのかというと、そのミスであなたは成長するはずです。
少なからず同じ失敗はしないようにと、更に用心して仕事に取り組むことができるでしょう。

そしてその経験があるからこそ、あなたもこれからできる新人に対しても対応することができます。

落ち込んでても何も始まりませんので、そのミスやクレームを糧にして、仕事によりいっそう精進する事が大切ですよ。

仕事でのミスやクレームに対する心の守り方

ミスをしたり、クレームが入ると、どうしても落ち込みます。
その件の対応が済んでも、モヤモヤと心に残り、引きずってしまう人もいるでしょう。
心の整理がつかず、仕事にも行きたくないなんてこともあるかと思います。

それは、真面目な人ほどそのような傾向になりやすく、少し気を抜くことも大切です。
それも1つ、上手く仕事をこないしていく手段の一つではないでしょうか。

販売員ですとお客様と直に接します。
お客様の立場になり、お客様第一に考えて行動しなければなりませんね。
ですが少しだけ、ほんの少しだけ、「お客様」を「お客」と思うと気持ちが楽ではありませんか。

気持ちの整理がつき始めたら、新たな気持ちで仕事に挑みはじめましょう。

1つのミスやクレームに捉われても何も始まりません。
そのミスやクレームがあってこそ自分が成長しているのだと思うように気持ちの切り替えをしていきましょうね。

仕事でのミスやクレームは凹んでしまうよね

仕事のミスやクレームと言ってもそれぞれの業種によって異なってきますよね。
どんなものがあるのでしょうか。

  • 取引先との会議すっぽかしてしまった
  • 1つのミスで何百万単位の赤字を出してしまった
  • 仕事中の車の接触事故
  • お客様の注文品の届け先のミス、または違うものを発注してしまった
  • 期日を守れなかった
  • 電話対応の遅れ
  • 不快に思わせる態度を無意識にしてしまった
  • 不良品を把握せず販売してしまった

など数知れないミスやクレームが毎日起こっています。
世の中に毎年、毎月、毎日、どこかには新人がいて、把握できないほどのミスやクレームがあり、中には理不尽なクレーム、いわゆる悪質なクレーマーというのもあるのが現状です。
対応する側も大変ですが、このような事もあるというふうに何事も経験の1つと受け止め対応していきましょうね。

仕事のミスの報告は正確に伝えよう!

仕事でミスをしてしまったとき、どんなミスでも人は、どうにかごまかせないかという心理が働きます。

それでごまかせたとしても結果的に自分に返ってくることを把握しておきましょう。

社会にでると、ミスを隠せてなんぼという考えは全くありません。
正直に上司に伝えることが大切です。
言いづらいことですが正直になることであなたの信頼度も高まります。

5W1H

  • いつ   when
  • どこで  where
  • だれと  who
  • 何を   what
  • どうした how

言い訳をせずに、これらを明確に伝えましょう。

目先のことだけを考えるとごまかせたのこしたことはないかもしれませんが、あなたはこの会社に定年までいることになるかもしれません。
大企業に勤めているなら転職なんて考えていないかもしれませんね。

目先の事だけではなく長い目でみて視野を広くもって物事の判断をつけていきましょうね。