NO IMAGE

水泳選手の食事について。子供でも大人よりたくさん食べて大丈夫

水泳競技をしている子供は、大人の食事の2倍3倍の量を食べさせるくらいでちょうどよいと言われています。

水泳を習い事ではなく、競技として行っていると学校へ行ったあとに、どのくらいの距離を泳ぎますか?
その距離を、親である自分が泳ぐことを想像してみてください。

絶対に無理だと思いませんか?

水泳競技をしている子供に、親としてできることは「送り迎え」「食事」「お金」だと思います。

泳ぐ距離が伸びれば伸びるほど、食事に気をつけなければならないでしょう。

ここでは、水泳競技をしているお子さんの食事について、ちょっとだけアドバイスしたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

社会人の理想的な手帳の書き方とは?ここを工夫すれば一目瞭然

社会人の手帳はどのような書き方をしたら予定を把握しやすくなるのでしょうか?手帳は予定を書くも...

寝坊して会社を休むのはアリ?ポイントと遅刻の謝罪方法

寝坊して会社に遅刻が確定なときは、会社を仮病などを使って休むかどうか悩んでしまいますよね。で...

居酒屋の店員がマスクをすることに賛否両論!OKかNGか大論争

居酒屋の店員さんがマスクをしていたら、あなたは気になりますか?特に気にしませんか?この意見は年代...

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか?...

バレーのアンダーサーブの基本と上達のコツ【初心者向け】

バレーボール初心者はまず、サーブの練習から行います。サーブの仕方にはいろいろなスタイルがあり...

美容師の本音「こんなお客さんはもうイヤ!」と思うタイプとは

美容師という仕事ってお客さんといろいろな話もしなくてはいけないし、要望も聞かなくてはいけないので大変...

年末年始休みなしの仕事でも休む方法と大切なアフターフォロー

年末年始と言えば家族とゆっくり過ごすという人が多いかもしれませんが、年末年始にも休みなしの仕事の人も...

お歳暮を上司に贈るときの相場や注意することについて

いつもお世話になっている上司にお歳暮を贈ろうと考えている場合には、どのくらいのものを送るべきなのか迷...

就活でコネ面接から内定までの対策と採用してもらうコツとは

就活においてコネがあるという人でも、面接は受けなくてはなりません。では、就活でコネがあるとき...

No Image

【ソフトテニス初心者必見】フォアハンドの打点を見直そう

ソフトテニス初心者にとって、まずマスターしたいのはフォアハンドではないでしょうか。中でも打点...

大学の部活の中で初心者でも心配なく入れるものをご紹介!

大学に入ったら、サークルではなく部活に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しか...

昇任試験の面接はスーツ!どんなことを見てる?受かるためには

昇任試験の面接では、服装としてスーツを着るのが一般的でしょう。では、昇任試験の面接でスーツを...

キャビンアテンダントの採用条件…顔など見た目は重要なのか

大学生の憧れの職業でもあるキャビンアテンダントですが、イメージ的には美人でなければなれない…そんな風...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

ボウリング初心者ができること!上達するためのコツについて

ボウリングは幅広い年代に人気のスポーツですよね。一度はやったことがあるという方が多いと思いま...

スポンサーリンク

水泳をしている子供の食事について。子供は大人の2倍食べても問題ない!

水泳をしている子供の毎日の食事量は、果たしてどれくらいが理想なのでしょうか?

子供に習い事の一環として水泳を習わせているご家庭はたくさんありますが、ここでお伝えするのは、本格的に選手として水泳に取り組んでいるお子さんの食事についてのお話です。

水泳競技で記録を伸ばすためには、もちろん練習を重ねることが大前提ですが、身体の成長が大きく影響してきます。しっかりたくさんの量を食べることで、骨や筋肉の成長へとつながり、身体が大きくなることに比例して、より好タイムが生まれるのです。

一般的には、水泳競技をしている子供は、大人の食事量の2倍から3倍食べても大丈夫だと言われています。

たくさん食べることで、身長が伸びると、その分だけ手足も長くなりますから、水をかく力やキック力があがるのは言うまでもありません。ですが、食べることで当然体重も増えますよね。身体が重くなると、かえってタイムが遅くなってしまうのでは?と思うかもしれませんが、トレーニングで鍛えられた身体は、食べたものを脂肪ではなく、筋肉や骨に変えてくれるのです。体重が増えることは、筋肉量が増えるということなので、問題ないのです。

水泳競技をしている子供の食事 。子供が食べやすくエネルギーになりやすいのは『オニギリ』

子供が学校から帰ったあとは、水泳の練習に向かう前にエネルギー補給として、手軽に食べられる物を用意しておきますが、なんと言っても定番はオニギリでしょう。

ご飯に混ぜるだけのオニギリの素もたくさん販売されていますが、なるべくより栄養価の高い物を食べさせてあげたいものですよね。

オススメなのが、「おにぎらず」です。お弁当のおかずなどをごはんに挟んでラップに包み、ギュッと潰すだけで、ごはんとおかずがいっぺんに食べられるお手軽さもいいですよね。具材をかえるだけで、様々な味を楽しめますし、移動中の車の中でもパパっと食べられるので、忙しい子供にもピッタリ!

空き時間でサッと食べられるように、小さめに握ったオニギリを用意しておくのも良いでしょう。チーズとおかかの組み合わせなどもオススメです。

水泳競技をしている子供。食事の回数を増やして子供が食べやすいようにおやつで捕食も

普段から運動量が多い子供はもちろんのこと、とくに水泳競技をしている子供の運動量は相当なものなので、食事できちんと体力を補う必要があります。とくにエネルギー源として多く摂取しなければならないのが炭水化物です。

炭水化物は日本人の主食であるお米から摂取出来るとしても、しっかりと健康を保つためには、普段の食事で野菜を意識してたくさん食べることも重要となります。

水泳競技をしている子供に必要な食事量は、大人の2倍から3倍と言われていますが、そんなにいっぺんに多くの量を食べられるものではありませんよね。1回の食事量を増やすのが難しければ、その分食べる回数を増やせば良いのです。
1日3食の合間に、おやつの時間や練習の前後にも食事を摂ることで、1日に必要な摂取量を維持することが出来ます。

朝はあまり食欲が湧かないという子供には、バナナや牛乳だけでも良いのでなるべく朝食を食べさせるようにしてください。朝食を摂らないと、頭の働きも悪くなりますし、激しい練習に耐えられるだけの体力が維持出来なくなってしまいます。

水泳競技はカロリーの消費が半端ない!子供に取らせたい栄養素

全身を使って泳ぐ水泳競技では、しっかりと食事から栄養を摂り、まずは激しい練習に耐えられる身体を作ることが重要です。

ジュニアでもトップレベルの水泳選手ともなれば、どんな食べ物にどれだけの栄養素が含まれているのかを意識して、食事のメニューを考えたりする必要も出てきますが、それよりもまずは、好き嫌いなくなんでも食べられるように工夫してあげることから始めましょう。

食事の基本はバランスよく栄養を摂り入れること。とくにスポーツをしている子供には、主食・主菜・副菜・乳製品・果物からより多くの栄養を摂取出来るように食べさせてあげたいものです。

主食は、主にエネルギー源となる炭水化物です。主菜は、筋肉や身体づくりに必要なタンパク質を多く含んだ食品にします。副菜や果物は、免疫力を高めたり、各栄養素の働きを助けるビタミン・ミネラルを。また、乳製品には骨を強くして丈夫な身体を作るためのカルシウムが含まれています。

お腹を満たすために、炭水化物やメインのおかずを多めに食べると、どうしても野菜や果物が少なくなってしまいがちですが、丈夫な身体に成長するためには、ビタミンやミネラルが不可欠です。積極的に摂り入れるようにしましょう。