高校の非常勤講師の年収やボーナスはいくら?その実態に迫ります

教員資格は持っているものの採用試験に受からず高校の非常勤講師をするとなると、どのくらいの年収になるのか気になりますよね。

給料はどのように決められているのでしょうか?ボーナスを含めた平均年収はどのくらいの金額になるのか知りたいですよね。

高校の非常勤講師の年収や社会保険、そして生活の実態について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

退職後に行う手続きの期限は?退職後に必要な手続きについて

退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

会社の電話で「もしもし」はNG!電話対応のビジネスマナー

電話をかけるときや電話を受ける時に「もしもし」と言う言葉を使う人は多いですよね!きっとみなさん、特に...

リフティングの技ができるようになりたい!初心者にオススメな技

サッカー初心者でもできるリフティングの技とは?ある程度リフティングができるようになったら、したくなる...

卓球女子にオススメな練習メニューを紹介。卓球の大事な基礎とは

卓球と聞くと地味なイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。ただピンポン球を打っているだけと...

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

警察の交通課は忙しい!特に忙しいのはやっぱりあの時期!

警察の交通課。スピード違反の取締りや人身事故の処理などを行うため、警察の中でも特に忙しいイメージがあ...

職場にいるうるさい人への対処法。相手を変えることはできないけど

職場にいるうるさい人は、どんなことがうるさいと感じますか?仕事のやり方?プライベート自慢?た...

高校の卒業日の記載は履歴書に必要?学歴についての疑問点

履歴書を書く時、名前や住所などの基本情報の次に筆記が必要となる学歴。高校への入学や卒業日などを書かな...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

退職後の書類はいつ届く?離職票が届く日数と返却される書類

会社を退職したあと、退職した会社から離職票をもらわなければ失業保険の手続きをすることができません。退...

野球選手にとって不可欠な下半身トレーニングとは【野手編】

野球の選手にとって下半身トレーニングは欠かせないものですが、中でも野手のポジションの選手にはどんなト...

在宅で起業する主婦が急増中!成功の秘訣とは

子供が小さくて外に出て働くことがまだまだ難しい・・・という主婦も多いのでは?在宅ワークをして...

跳び箱の台上前転の怖いを克服するためのコツや練習方法とは

跳び箱の台上前転は怖いと感じる人は多いですが、その恐怖心があると余計にできなくなってしまいます。...

イラストバイトなら完全在宅でもできる仕事!

仕事をして収入を得たいけど、できれば在宅で仕事がしたい・・・そんな方におすすめしたいのが在宅で出来る...

スポンサーリンク

高校の非常勤講師の年収はどうやって決められているの?

高校の非常勤講師の年収ってどの位なのでしょうか?この質問は、教員資格は持っているけど、中々採用試験に受からずにいる非常勤講師にとっては、気になる質問だと思います。

まず、その答えの基本となる部分ですが、非常勤講師の年収は、非常勤講師が担当する授業のコマ数とボーナスが鍵になってきます。

私立の場合で、1コマが1万から1万5千円というのが相場になっています。ただ、1コマの収入が高いからといって、年収が高いとも限りません。

どうしてか?それは勤務している学校によって、ボーナスが出るか出ないかで年収に差が出るからです。1コマの収入が低くても、ボーナスが出る学校もあれば、高くても、ボーナスが出ない学校もあります。

上記の事を考慮した上でですが、週5日勤務で、20コマ働いた場合ですが、だいたい月収は25万くらいになるようです。

高校の非常勤講師の平均年収やボーナスはどうなっている?

高校の非常勤講師の年収ですが、週に何日勤務でどの位教えているのか、そして勤務している学校からボーナスが出るか出ないかで年収が変わって来ることを、先程はみてきました。

次に、高校の非常勤講師で、平均年収やボーナスはどの位なのか、更に深く追求してみたいと思います。

非常勤講師の平均年収ですが、大体300万円程度という数字が出ています。他の業種では、

  • 塾:350万位
  • 日本の平均年収:400万位

という数字が出ているので、世間からみると、少し落ちるかな?っという印象ではないでしょうか。

ボーナスの金額も気になると思いますが、学校によって、出るところと出ないところがあります。また、昇給についても、ある学校とない学校があります。気になるようでしたら、学校に問い合わせてみましょう。

高校の非常勤講師の年収だけではやっていけない?その実態とは?

高校の非常勤講師の年収ですが、具体的な数字を上記では把握してきました。

その給料ですが、非常勤講師の年収だけでは、中々生活がきつい、その実態をここで検証していきたいと思います。

今、学校では非正規職員が増えて来ていると思います。その実態はどうかというと、契約も長くて1年契約であるため、将来は不安な事が現状です。

中には、正規教員以上に一生懸命働いているにも関わらず、1コマの収入がそんなにない為、月給にすると、そんなにならないので、嘆いている、その為に、正規教員になろうと一生懸命努力している方もいると思います。

実際の生活をしてみると、非正規社員では収入が限られているので、他の仕事と掛け持つことが可能なら掛け持ち、また正規教員になることも考慮して、試験を受け続ける事がこの業界で生活していく為には必要になってきます。

高校の非常勤講師の社会保険はどうなっている?

高校の非常勤講師、その収入だけでは生活するにも限度がある為、正規教員を目指した方が、生活が安定することを上記ではみてきました。

次に、高校の非常勤講師、社会保険については、どういった待遇になっているのか、ここで紹介していきたいと思います。

非常勤講師の場合ですが、国民健康保険・国民年金に加入することになります。理由としては、学校で加入できる社会保険に加入でいるほど、週に働いていないからです。

所詮、「非常勤講師」ですから、学校で働ける時間も限られていますし、そうすると、待遇にも限度がでてきます。そういった意味で、高校の非常勤講師の方々は、寂しい思いをしてしまいます。

仕事があり、ある程度の収入があることは感謝でしょうか、思っている程の待遇は受けられない事が、現実なようです。

非常勤講師をすることのメリットとは?

高校の非常勤講師、高校で社会保険に加入できる程、コマ数が貰えないことが現状なので、社会保険などの待遇にも差が出てくる、悲しい現実を上記では、検証してきました。

最後に、社会保険が加入できないなどのデメリットがあるつつも、高校の非常勤講師をするメリットについて触れていきたいと思います。

一つのメリットとして言えることは、非常勤講師の方は、自分が専門とする分野に集中することができます。小学校の先生ともなると、色んな教科を教えなくてはいけないので、知識も様々になってきますが、高校の非常勤講師ともなると、自分の専門分野に集中して生徒に教えることができます。

また、専任ともなると、学校で授業がなくても出勤になりますが、非常勤講師はその点は無駄は時間がありません。その分、給料も出ませんが、非常勤講師は時間を上手く使えることができる、メリットもあります。

非常勤講師にもメリットは沢山ありますから、是非、楽しんで仕事をこなしていって下さいね。経済的に、今は困難な時期を通されていても、今の経験が、将来、何かの役に立つことも出てきます。人生、何をしていても、無駄にはなりません。