高校の非常勤講師の年収やボーナスはいくら?その実態に迫ります

教員資格は持っているものの採用試験に受からず高校の非常勤講師をするとなると、どのくらいの年収になるのか気になりますよね。

給料はどのように決められているのでしょうか?ボーナスを含めた平均年収はどのくらいの金額になるのか知りたいですよね。

高校の非常勤講師の年収や社会保険、そして生活の実態について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。あまりに怒りが蓄積してしまうと...

バレーボールの上達法は自宅で一人でもできるコツやオススメとは

バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。コツを掴んで自宅でも練...

返信マナーが知りたい!「行」を消して書き換えるときのポイント

返信用の封筒や往復はがきなどには宛先がすでに描かれていて、企業名の下に「行」と書かれていることがあり...

大学がつらい女子がぼっち改善する方法とひとりを楽しむコツ

大学に行くのがつらいというぼっち女子はいませんか?では、そんなぼっち女子は大学に居るとき、ど...

嫌いな人が職場にいる時に示す態度とは?接し方に注意!

「最近職場にいる人の態度がおかしい、もしかして嫌われている?」と悩んでいませんか?嫌いな人が...

新人は仕事のミスが多い!ミスをする新人の特徴と新人の教育方法

仕事でミスばかりする新人に悩んでいる先輩社員や上司の皆さんは、どうして新人がミスばかりしてしまうのか...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。まずは、背面跳...

警察採用試験の面接でよく聞かれる質問は?面接必勝法

警察採用試験は各都道府県で行われますが、実施内容が若干異なります。ただ、面接時に聞かれる質問はあ...

大学の部活の中で初心者でも心配なく入れるものをご紹介!

大学に入ったら、サークルではなく部活に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しか...

職場にイケメンがいたら癒しになるという女性のホンネ

職場にイケメンはいますか?また職場にイケメンは必要だと思いますか?職場にイケメンがいたら、「...

ボールの投げ方の教え方で気をつけたいコツや握り方と注意点とは

ボールの投げ方がわからない、うまくボールを投げることができない子供に対しての教え方とはどんなことに気...

早退の理由が役所はOK?NG?早退をするときの伝え方

会社や学校は、なかなか理由がなければ休めないものです。休むときの理由はさまざまですが、その中でも...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

fラン大学生の就職活動にどんな資格が必要なのか徹底解説!

fラン大学生は就職活動をしても不利だから資格を取得した方がいい、なんて話を聞きますよね。しか...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

スポンサーリンク

高校の非常勤講師の年収はどうやって決められているの?

高校の非常勤講師の年収ってどの位なのでしょうか?この質問は、教員資格は持っているけど、中々採用試験に受からずにいる非常勤講師にとっては、気になる質問だと思います。

まず、その答えの基本となる部分ですが、非常勤講師の年収は、非常勤講師が担当する授業のコマ数とボーナスが鍵になってきます。

私立の場合で、1コマが1万から1万5千円というのが相場になっています。ただ、1コマの収入が高いからといって、年収が高いとも限りません。

どうしてか?それは勤務している学校によって、ボーナスが出るか出ないかで年収に差が出るからです。1コマの収入が低くても、ボーナスが出る学校もあれば、高くても、ボーナスが出ない学校もあります。

上記の事を考慮した上でですが、週5日勤務で、20コマ働いた場合ですが、だいたい月収は25万くらいになるようです。

高校の非常勤講師の平均年収やボーナスはどうなっている?

高校の非常勤講師の年収ですが、週に何日勤務でどの位教えているのか、そして勤務している学校からボーナスが出るか出ないかで年収が変わって来ることを、先程はみてきました。

次に、高校の非常勤講師で、平均年収やボーナスはどの位なのか、更に深く追求してみたいと思います。

非常勤講師の平均年収ですが、大体300万円程度という数字が出ています。他の業種では、

  • 塾:350万位
  • 日本の平均年収:400万位

という数字が出ているので、世間からみると、少し落ちるかな?っという印象ではないでしょうか。

ボーナスの金額も気になると思いますが、学校によって、出るところと出ないところがあります。また、昇給についても、ある学校とない学校があります。気になるようでしたら、学校に問い合わせてみましょう。

高校の非常勤講師の年収だけではやっていけない?その実態とは?

高校の非常勤講師の年収ですが、具体的な数字を上記では把握してきました。

その給料ですが、非常勤講師の年収だけでは、中々生活がきつい、その実態をここで検証していきたいと思います。

今、学校では非正規職員が増えて来ていると思います。その実態はどうかというと、契約も長くて1年契約であるため、将来は不安な事が現状です。

中には、正規教員以上に一生懸命働いているにも関わらず、1コマの収入がそんなにない為、月給にすると、そんなにならないので、嘆いている、その為に、正規教員になろうと一生懸命努力している方もいると思います。

実際の生活をしてみると、非正規社員では収入が限られているので、他の仕事と掛け持つことが可能なら掛け持ち、また正規教員になることも考慮して、試験を受け続ける事がこの業界で生活していく為には必要になってきます。

高校の非常勤講師の社会保険はどうなっている?

高校の非常勤講師、その収入だけでは生活するにも限度がある為、正規教員を目指した方が、生活が安定することを上記ではみてきました。

次に、高校の非常勤講師、社会保険については、どういった待遇になっているのか、ここで紹介していきたいと思います。

非常勤講師の場合ですが、国民健康保険・国民年金に加入することになります。理由としては、学校で加入できる社会保険に加入でいるほど、週に働いていないからです。

所詮、「非常勤講師」ですから、学校で働ける時間も限られていますし、そうすると、待遇にも限度がでてきます。そういった意味で、高校の非常勤講師の方々は、寂しい思いをしてしまいます。

仕事があり、ある程度の収入があることは感謝でしょうか、思っている程の待遇は受けられない事が、現実なようです。

非常勤講師をすることのメリットとは?

高校の非常勤講師、高校で社会保険に加入できる程、コマ数が貰えないことが現状なので、社会保険などの待遇にも差が出てくる、悲しい現実を上記では、検証してきました。

最後に、社会保険が加入できないなどのデメリットがあるつつも、高校の非常勤講師をするメリットについて触れていきたいと思います。

一つのメリットとして言えることは、非常勤講師の方は、自分が専門とする分野に集中することができます。小学校の先生ともなると、色んな教科を教えなくてはいけないので、知識も様々になってきますが、高校の非常勤講師ともなると、自分の専門分野に集中して生徒に教えることができます。

また、専任ともなると、学校で授業がなくても出勤になりますが、非常勤講師はその点は無駄は時間がありません。その分、給料も出ませんが、非常勤講師は時間を上手く使えることができる、メリットもあります。

非常勤講師にもメリットは沢山ありますから、是非、楽しんで仕事をこなしていって下さいね。経済的に、今は困難な時期を通されていても、今の経験が、将来、何かの役に立つことも出てきます。人生、何をしていても、無駄にはなりません。