暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

      2018/10/08

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?
出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということではありません。

仕事と業務の決定的な違いにつていご説明いたします。
業務や作業は誰にでもできますが、仕事とはその人にしかできないことを指します。

仕事がデキる男になるためには?
仕事と業務の明確な違いを知って、デキる男になる!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

仕事と業務の違いについて

仕事と業務はそもその同じなのではないかと、思っている人もいるでしょう。
実は、仕事と業務は違います。では、その違いとは何なのでしょうか。

要は、お給料さえ貰えればどちらでも良いのではないかと思っているそこのあなた。
仕事と業務の違いを知ることが、デキる男になる第一歩なのしれません。

業務とは、会社から与えられてあなたの目標です。あなたが所属する部署のメンバーの一人として、取り組むべき目標を指します。例えば、経理職であれば、毎日の出納業務や決算業務などは業務であり、営業職であれば、営業先から仕事を請け負い、売上を作り出すことなどが業務と考えられます。

それに対し、仕事とは、その業務を成し遂げる為の手段を指します。ですから仕事は自分で考えければなりません。

どうすれば、自分の業務を成し遂げることができるのか、その目標に向かって行動することが作業であり、それを自分の中で試行錯誤して手順を定め、時にはアドバイスをもらったりしながら行動していくというのが仕事です。

与えられた仕事という言葉が存在しますが、実際は、それは与えれた仕事なのでは無く与えられた作業と言えます。

仕事をするにあたり、指示通りにおこなえば、勿論業務を成し遂げることは可能です。しかしながら、それでは良い仕事をしているとは言えないでしょう。

手順や行動を自分自身で考え、効率よく作業を行うことができてこそ、良い仕事と言えるでしょう。

仕事ができることはどういう人を指す?業務は作業で仕事は?その違いをわかりやすく説明します!

では、仕事ができるというのはどういう人を指すのでしょうか。仕事と業務は一見、同じように感じる言葉です。中には、全く同じだと捉えている人もいるかも知れません。しかし、業務と仕事は全く違います。この二つの違いは一体何なのでしょう。

簡単に言えば、仕事は、それを行うことで良い結果を生み出す為の行動の事を指します。必要性にかかわらず、それを行うほうが、効率良く、相手が求めていることに近づくことができるというのが仕事です。

カフェの店員であれば、常連客を見かけた時点で、その人がいつも必要としている物を用意したり、準備しておくというのも仕事にあたると言えるでしょう。沢山購入したお客様に対し、小分けの袋を用意したり、重いものを入れても破けないように紙袋を2重にするなどの気遣いも、仕事と言えます。お客様に言われずとも、相手が喜ぶ結果につながれば、それは仕事なのです…。

一方、業務というのは、お給料をもらう契約上、最低限しなければならないことを指します。スーパーのレジ担当であれば、レジ打ちなどがそれに当たるでしょう。カフェのホールやカウンタースタッフであれば注文を取ることなどが、それに当たるかもしれません。
ですから、業務と仕事は全く違うものと考えるべきなのです。

仕事と業務の違い。仕事の効率をあげるための作業

では、一般的な会社において、仕事と業務の違いとは何なのでしょうか。

まずは、仕事について考えてみましょう。あなたが現在働いている職場で、抱えている問題とは何でしょうか。その問題を解決するために行おうとしている試みの事を、仕事だと考えるとわかりやすいかも知れません。

実際、今のあなたの部署は忙しいですか。それとも、そうではありませんか。部署によっても、忙しさは様々だと思います。それを解決するために、人員を増やしたり、配置を見直し、作業を振り分けしたりすることもあるでしょう…。忙しさが偏ることなく、仕事の効率をあげるための対策を考える作業、これこそが、仕事なのです。

仕事は、具体的ではありません。具体的で無いが故、会社の課題を解決するためには、自分自信で考え行動しなければなりません。ですから、仕事そのものに正解という物は存在しません。しっかりと考えて行動し、それを成し遂げたとしても、課題が可決されるどころか、失敗に終わることもあるのです

そのように、なかなか解決されない課題の最も重要な根本的要素を把握し、課題の解決に最も近づくことができる人こそ、仕事ができる人と言えるでしょう。

仕事とはその人にしかできないことをさす

仕事と業務は違います。

業務とは誰にでもできる作業です。例えば、会社であれば、電話受け取り、相手の名前を確認し、それを担当者に伝えることは当たり前に大抵の人ができることです。できることであるのは勿論の事、最低限やらなければならない事でもあります。建設会社であれば、図面を書いたり、それを施工しなければならないでしょう。経理担当者は、請求書を発行し、日々の出納業務もあると思います。その会社が何をしているのか、そしてあなたが、どの部署にいてどの立場で働いているのかによって、業務行動も変わってきます。

一方、仕事は、その人にしかできません。ほかの人に変わってもらうことはできないのです。職場での課題を見つけ、改善策を考え、実行する。失敗したらそれを反省し、新たな課題を見つけるなどというのは、仕事を説明する上ではわかりやすい例と言えるでしょう。

業務を代わってもらう人がいたとしても、仕事は誰に代わってもらう事ができないのです。その仕事をできるのは、あなたしかいないのです。

業務の精度をあげて仕事ができる人になる!

仕事と業務とは違うのです。ですから、良い仕事をするためには、業務の精度を上げなければなりません。

ずっと業務をこなしていると、自分は会社に貢献できるような立派な仕事をこなしているのではと、勘違いしてしまう人もいるでしょう。実際は違います。業務だけこなしていては、そこに仕事という価値を生み出す事はできないのです。業務は過程に過ぎません。単純作業の過程であれば、それはコンピュータだってできる事です。あなたの必要性は無くなってしまいます。

仕事ができるようになるためには、業務の背景にある目的や狙いを理解し、自分で考えなればなければなりません。そうすることで、作業を減らし、業務の精度を上げて行く事こそが、あなたに求められていることであると考えるべきです。

それは、非常に難しいことかも知れません。だからこそ、価値を見いだすことに繋がるのです。誰にでもできるものではありません。解決されていない課題を見つけ、そこから結果を出せる人こそが、仕事のできる人と呼べるのです。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ