上司からの謝罪にはどんな返事をする?返事をする時の注意点

仕事のことで上司と意見が合わずに対立をすることもありますよね。相手は上司だから上司に従わなくてはならないとわかっていても、自分の方が正しいと思う時は意見を譲れないこともあるでしょう。

上司と喧嘩をした時、上司が謝罪をしてきたらどのように返事をすれば良いのでしょうか。自分は謝らなくてもいいの?

そこで今回は、上司から謝罪された時の返事と、喧嘩をした時の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

スーパーで食品を扱うバイトのメリット・デメリット

アルバイトとしてスーパーのバイトは求人も多く、通いやすいという点でも人気です。年代もさまざまな人...

警察の交通課は忙しい!特に忙しいのはやっぱりあの時期!

警察の交通課。スピード違反の取締りや人身事故の処理などを行うため、警察の中でも特に忙しいイメージがあ...

バスケを社会人から始めた初心者の人向けな練習方法を紹介します

バスケットボールって迫力があって、見ていても楽しいスポーツですよね。特にダンクシュートなんてカッ...

野球のツーシームの基本的な握り方や投げ方について解説します

日本のプロ野球やメジャーにはツーシームが得意な選手がいますが、自分が投げたいと思ってもどうやって投げ...

仮面浪人に失敗するリスク!ぼっちになりやすい仮面浪人とは

大学でぼっちになりながらも仮面浪人をした結果が失敗。こんな悲しい体験をした人も世の中にはいます。...

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。職歴証明書は、在籍していた会社...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

課題が終わらない!徹夜で終わらせるために秘訣を教えます

大学生にとって避けては通れないレポート課題。でも終わらない時だってありますよね。提出期限の前...

シングルマザーも正社員なら残業を覚悟しなければいけない!

働いている母子世帯は約8割もあるそうです。中には正社員として働いている、働きたいと考えている...

GW明けの仕事で朝礼スピーチをするならネタ選びや準備のコツ

GW明けの仕事というのは憂鬱になりがちですが、さらに連休明けに朝礼当番が当たってしまったときはせっか...

服のネットショップを自宅で開業して成功させるためのヒント!

ネットショップはコストを抑えて自宅でも開業できると大変人気があります。服のネットショップを自...

退職する人に贈り物をしたい!バイトの場合はこんなプレゼント!

バイトの仲間が退職する時に、何か記念にプレゼントをしたいけれど何を贈ったらよいのかよくわからないと悩...

介護施設で働く看護師の仕事内容と役割、メリットについて

介護施設で働く看護師は、病院で働く看護師とどう違うのでしょうか?では、介護施設で働く看護師の...

警視庁職員になるための試験の難易度は思ったよりも低かった!

警視庁の職員になりたい場合は地方公務員の試験を受けることになりますが、気になるのはその難易度について...

スポンサーリンク

上司からの謝罪に返事をする時の注意点

仕事をしている上で、ふとした時に上司から謝罪されることもあると思います。そんな時ですが、部下として、どんな返事をすると良いのでしょうか。

上司からすると、仕事をする上でやはり上司である自分が謝っておいた方が良い、そう考えて謝罪をしているのかもしれません。大人としては、立派な対応だといえるのではないでしょうか。

その時の部下としては、どんな返事をするのが適切と言えるのでしょうか。ビジネスマナーを考えた上の文言になるので、「ぶっちゃけて」なんて言葉使いはないですよね。

ここで大切なのは、上司も部下も社会人同士なので、部下の方々にも大人の対応が求められます。ビジネスマナーに沿った返事が求められますよね。どんな返事が良いのでしょうか。

上司と対立した時は自分から謝罪を!上司が謝って来た時の返事について

仕事をしている上で上司から謝罪をされ、どんな返事をしたら良いのか、大人としての対応が求められることをみてきました。
今度は、どのような返事をしたらよいかについてみていきたいと思います。

仕事で色々あり、上司から謝罪のメールがきた。そんな時、部下は「今、メールを送ろうと思っていたところなのですが、」であったり、「私がOOすべきでした」という文言があるとよいのではないでしょうか。

人間はそう簡単に気持ちのコントロールはできませんので、上司とうまくいかないときにイライラすることもあると思います。
ですからここは落ち着いて、上司からの謝罪についても、大人の対応をしていきたいですよね。自分の成長にも繋がるかもしれませんよね。

上司と喧嘩!上司に謝罪をされた時は自分も謝罪の返事を

上司からの謝罪の言葉だけではなく、時には自分も謝罪するべき時もあります。

職場で上司と対立することもあると思います。そんな中、上司から謝罪をしてくることもあると思いますが、部下から謝る、自分から謝るのも職場での人間関係を円滑にするコツではないでしょうか。

自分から謝ることによって、その場の雰囲気がよくなることもあると思います。その為、自分から謝ることも手ではあります。

「私にも落ち度がありました。」「私も言い過ぎました」と自分から折れてみるのも良いと思います。それが、良い人間関係を築けるコツのようなものかもしれませんよね。

職場で、上司も部下に、部下も上司にうまく歩みよってみたらいかがでしょうか。そうすることで、より働きやすい職場になっていくかもしれないですよね。

上司が悪くてもは謝罪自分からが鉄則!

職場で上司と対立することがあっても、自分から謝るのも一つの手であることをみてきました。ここでは、上司から謝罪されることもあると思いますが、部下から謝罪する、自分から謝ることについてより深くみていきたいと思います。

上司と対立することがあったとしても、部下から謝った方が良い場合もあります。理由としては、上司の方が立場が上だからです。

「上司の方から謝ってくれないかな」と待つというより、自分から謝った方が良いのかもしれません。周囲の方からも、「なんであの人は謝らないんだろう?」という風に見られているかもしれませんから。

上司が謝るより先に自分から謝ることで、誠意も示せると思いますから。

仮に、謝ったとしても上司が受け入れてくれない場合ですが、第三者の仲介をいれてみると良いかもしれません。そうすることで、上司の怒りが落ち着き、謝罪を受け入れてくれるのではないでしょうか。うまく、上司と仲直りをすることができると良いですよね。

上司の意見は会社の意見という認識を持って!

上司と色々と意見交換をする時に、納得がいかない時もあると思います。
その時に頭にいれておきたいのは、会社は人事として、その人が上司に選ばれて、その立場におかれているので、上司の判断には従わなくていけないというものです。

上司に文句をいうことは、会社そのものに文句をいっていることになります。その為、会社としては、文句を言っている人の人格を疑うことになります。

そのことを踏まえた上で、上司と喧嘩になってしまった場合ですが、自分から謝った方が賢明なのではないでしょうか。また、自分の意見をやんわりと言うことができる、「技術」のようなものが必要なのかもしれません。

いずれにせよ、会社の上司とも、うまくつきあっていくことができるとよいですね。良い関係を築くことができますように。