上司からの謝罪にはどんな返事をする?返事をする時の注意点

仕事のことで上司と意見が合わずに対立をすることもありますよね。相手は上司だから上司に従わなくてはならないとわかっていても、自分の方が正しいと思う時は意見を譲れないこともあるでしょう。

上司と喧嘩をした時、上司が謝罪をしてきたらどのように返事をすれば良いのでしょうか。自分は謝らなくてもいいの?

そこで今回は、上司から謝罪された時の返事と、喧嘩をした時の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

退職後の書類はいつ届く?離職票が届く日数と返却される書類

会社を退職したあと、退職した会社から離職票をもらわなければ失業保険の手続きをすることができません。退...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

在宅で起業する主婦が急増中!成功の秘訣とは

子供が小さくて外に出て働くことがまだまだ難しい・・・という主婦も多いのでは?在宅ワークをして...

バドミントン【左利きの相手】の攻め方とは?戦い方のコツ

バドミントンで左利きの選手とあたるときにはどのような攻め方をしたらいいのでしょうか?左利きだ...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

面接で血液型を聞かれるのってアリ?イマドキの面接事情

面接の時に血液型を聞かれたことがある!今の時代、家族構成や血液型、出身地などを面接で聞くことは不...

プロレスは勝敗が決まってる?客を魅了するプロレスの裏事情

「プロレスって試合前からもうすでに勝敗が決まってるんでしょ?」という話を耳にしたことありませんか?...

やる気が出ない。仕事をサボる気持ちがあるなら休みを取ろう

やる気が出ない。にんげんだもの、やる気がでない時だってあります。疲れてるんじゃない?疲れ...

台風で会社から帰れない時の対策は?酷い時は会社泊も検討に

台風の影響で、会社から自宅へ帰れないという事態はよく起きるものです。鉄道などは安全のためすぐに運...

職場の服装が厳しいのは何故?オシャレをしたいと考えるあなたへ

職場の服装の規定が厳しいと、なかなかオシャレも出来ずに自分が好きなファッションもすることが出来ません...

教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツとは

教職課程を大学で履修することはとても大変なことですが、それには大きなメリットがあります。では...

サッカースパイクの人工芝用と土用の違いとベストな選び方を解説

サッカースパイクには人工芝用と土用のものがあり、他にも天然芝用や兼用で履けるものもあります。ですが、...

レジのバイトでやってしまったこんなミス!対処法も紹介

色々なバイトがありますが、中にはレジを任されることもあるでしょう。レジではもちろん現金を扱い...

年上後輩のトリセツ。仕事がどのくらいできるのかを見極める

年上の後輩について。仕事上の立場として上司だけど、年齢的には部下が年上。この場合、『...

会社の試用期間中に休むと解雇?解雇になる条件と試用期間の意味

試用期間の最中に会社を休むと、正社員になれずに会社を解雇されてしまうのではないかと不安になっている人...

スポンサーリンク

上司からの謝罪に返事をする時の注意点

仕事をしている上で、ふとした時に上司から謝罪されることもあると思います。そんな時ですが、部下として、どんな返事をすると良いのでしょうか。

上司からすると、仕事をする上でやはり上司である自分が謝っておいた方が良い、そう考えて謝罪をしているのかもしれません。大人としては、立派な対応だといえるのではないでしょうか。

その時の部下としては、どんな返事をするのが適切と言えるのでしょうか。ビジネスマナーを考えた上の文言になるので、「ぶっちゃけて」なんて言葉使いはないですよね。

ここで大切なのは、上司も部下も社会人同士なので、部下の方々にも大人の対応が求められます。ビジネスマナーに沿った返事が求められますよね。どんな返事が良いのでしょうか。

上司と対立した時は自分から謝罪を!上司が謝って来た時の返事について

仕事をしている上で上司から謝罪をされ、どんな返事をしたら良いのか、大人としての対応が求められることをみてきました。
今度は、どのような返事をしたらよいかについてみていきたいと思います。

仕事で色々あり、上司から謝罪のメールがきた。そんな時、部下は「今、メールを送ろうと思っていたところなのですが、」であったり、「私がOOすべきでした」という文言があるとよいのではないでしょうか。

人間はそう簡単に気持ちのコントロールはできませんので、上司とうまくいかないときにイライラすることもあると思います。
ですからここは落ち着いて、上司からの謝罪についても、大人の対応をしていきたいですよね。自分の成長にも繋がるかもしれませんよね。

上司と喧嘩!上司に謝罪をされた時は自分も謝罪の返事を

上司からの謝罪の言葉だけではなく、時には自分も謝罪するべき時もあります。

職場で上司と対立することもあると思います。そんな中、上司から謝罪をしてくることもあると思いますが、部下から謝る、自分から謝るのも職場での人間関係を円滑にするコツではないでしょうか。

自分から謝ることによって、その場の雰囲気がよくなることもあると思います。その為、自分から謝ることも手ではあります。

「私にも落ち度がありました。」「私も言い過ぎました」と自分から折れてみるのも良いと思います。それが、良い人間関係を築けるコツのようなものかもしれませんよね。

職場で、上司も部下に、部下も上司にうまく歩みよってみたらいかがでしょうか。そうすることで、より働きやすい職場になっていくかもしれないですよね。

上司が悪くてもは謝罪自分からが鉄則!

職場で上司と対立することがあっても、自分から謝るのも一つの手であることをみてきました。ここでは、上司から謝罪されることもあると思いますが、部下から謝罪する、自分から謝ることについてより深くみていきたいと思います。

上司と対立することがあったとしても、部下から謝った方が良い場合もあります。理由としては、上司の方が立場が上だからです。

「上司の方から謝ってくれないかな」と待つというより、自分から謝った方が良いのかもしれません。周囲の方からも、「なんであの人は謝らないんだろう?」という風に見られているかもしれませんから。

上司が謝るより先に自分から謝ることで、誠意も示せると思いますから。

仮に、謝ったとしても上司が受け入れてくれない場合ですが、第三者の仲介をいれてみると良いかもしれません。そうすることで、上司の怒りが落ち着き、謝罪を受け入れてくれるのではないでしょうか。うまく、上司と仲直りをすることができると良いですよね。

上司の意見は会社の意見という認識を持って!

上司と色々と意見交換をする時に、納得がいかない時もあると思います。
その時に頭にいれておきたいのは、会社は人事として、その人が上司に選ばれて、その立場におかれているので、上司の判断には従わなくていけないというものです。

上司に文句をいうことは、会社そのものに文句をいっていることになります。その為、会社としては、文句を言っている人の人格を疑うことになります。

そのことを踏まえた上で、上司と喧嘩になってしまった場合ですが、自分から謝った方が賢明なのではないでしょうか。また、自分の意見をやんわりと言うことができる、「技術」のようなものが必要なのかもしれません。

いずれにせよ、会社の上司とも、うまくつきあっていくことができるとよいですね。良い関係を築くことができますように。