上司からの謝罪にはどんな返事をする?返事をする時の注意点

仕事のことで上司と意見が合わずに対立をすることもありますよね。相手は上司だから上司に従わなくてはならないとわかっていても、自分の方が正しいと思う時は意見を譲れないこともあるでしょう。

上司と喧嘩をした時、上司が謝罪をしてきたらどのように返事をすれば良いのでしょうか。自分は謝らなくてもいいの?

そこで今回は、上司から謝罪された時の返事と、喧嘩をした時の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保育園の経営は儲かるの?保育園経営の裏事情とは

「保育園の経営はどうやら儲かるらしい」という噂を耳にしたことありませんか?実際に本当に保育園...

居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。働いてい...

ありがとうへの返事は?上司に返事をする時に使うべき言葉

上司から「ありがとう」と言われた時、それに対して部下である自分がどんな風に返事をすればよいのか悩んだ...

アメリカの医師免許は難易度が高い?高得点を狙って勉強しよう

アメリカの医師免許を取得したいと考えた場合、日本の医師国家試験よりも難易度が高いのかどうなのか気にな...

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

服のネットショップを自宅で開業して成功させるためのヒント!

ネットショップはコストを抑えて自宅でも開業できると大変人気があります。服のネットショップを自...

育児休暇復帰のメールでの挨拶が必要な理由と送る時のポイント

育児休暇後に会社に復帰するときには、きちんとした挨拶をするのは当然ですよね。では、育児休暇復...

卓球のドライブの練習方法や卓球で安定したドライブを打つ方法

卓球のドライブを打てるようになるにはどんな練習をしたらいいのでしょうか?なかなかドライブが安...

ソフトテニス初心者のためのスライスの打ち方とコツを教えます

ソフトテニスを始めたばかりの初心者だと、スライスの打ち方がよくわからないですよね。スライスを...

高校の非常勤講師の年収やボーナスはいくら?その実態に迫ります

教員資格は持っているものの採用試験に受からず高校の非常勤講師をするとなると、どのくらいの年収になるの...

剣道防具の洗い方!自宅で洗う方法とポイント、注意点を解説

剣道の防具は、いくら普段から手入れをしていても強烈な臭いがしてしまうもの。消臭剤を吹きかけても拭...

特技を面接で聞かれる大学生、そのワケを紹介します

就活が忙しい大学生は、面接の時に特技をきかれて困った経験はありませんか?趣味はあっても、特技...

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。では、私立...

思い込みがミスを招く。ミスをしないための対策と予防について

あなたは思い込みが激しいほうですか?私自身は、世の中を色眼鏡でしか見ていません!そんな、思い...

職場の怖い上司や先輩に萎縮してしまう時の対処法や改善方法

職場に居る声が大きくて常に怒鳴っている上司。仕事に対していちいちつついてくる先輩。怖いくらい...

スポンサーリンク

上司からの謝罪に返事をする時の注意点

仕事をしている上で、ふとした時に上司から謝罪されることもあると思います。そんな時ですが、部下として、どんな返事をすると良いのでしょうか。

上司からすると、仕事をする上でやはり上司である自分が謝っておいた方が良い、そう考えて謝罪をしているのかもしれません。大人としては、立派な対応だといえるのではないでしょうか。

その時の部下としては、どんな返事をするのが適切と言えるのでしょうか。ビジネスマナーを考えた上の文言になるので、「ぶっちゃけて」なんて言葉使いはないですよね。

ここで大切なのは、上司も部下も社会人同士なので、部下の方々にも大人の対応が求められます。ビジネスマナーに沿った返事が求められますよね。どんな返事が良いのでしょうか。

上司と対立した時は自分から謝罪を!上司が謝って来た時の返事について

仕事をしている上で上司から謝罪をされ、どんな返事をしたら良いのか、大人としての対応が求められることをみてきました。
今度は、どのような返事をしたらよいかについてみていきたいと思います。

仕事で色々あり、上司から謝罪のメールがきた。そんな時、部下は「今、メールを送ろうと思っていたところなのですが、」であったり、「私がOOすべきでした」という文言があるとよいのではないでしょうか。

人間はそう簡単に気持ちのコントロールはできませんので、上司とうまくいかないときにイライラすることもあると思います。
ですからここは落ち着いて、上司からの謝罪についても、大人の対応をしていきたいですよね。自分の成長にも繋がるかもしれませんよね。

上司と喧嘩!上司に謝罪をされた時は自分も謝罪の返事を

上司からの謝罪の言葉だけではなく、時には自分も謝罪するべき時もあります。

職場で上司と対立することもあると思います。そんな中、上司から謝罪をしてくることもあると思いますが、部下から謝る、自分から謝るのも職場での人間関係を円滑にするコツではないでしょうか。

自分から謝ることによって、その場の雰囲気がよくなることもあると思います。その為、自分から謝ることも手ではあります。

「私にも落ち度がありました。」「私も言い過ぎました」と自分から折れてみるのも良いと思います。それが、良い人間関係を築けるコツのようなものかもしれませんよね。

職場で、上司も部下に、部下も上司にうまく歩みよってみたらいかがでしょうか。そうすることで、より働きやすい職場になっていくかもしれないですよね。

上司が悪くてもは謝罪自分からが鉄則!

職場で上司と対立することがあっても、自分から謝るのも一つの手であることをみてきました。ここでは、上司から謝罪されることもあると思いますが、部下から謝罪する、自分から謝ることについてより深くみていきたいと思います。

上司と対立することがあったとしても、部下から謝った方が良い場合もあります。理由としては、上司の方が立場が上だからです。

「上司の方から謝ってくれないかな」と待つというより、自分から謝った方が良いのかもしれません。周囲の方からも、「なんであの人は謝らないんだろう?」という風に見られているかもしれませんから。

上司が謝るより先に自分から謝ることで、誠意も示せると思いますから。

仮に、謝ったとしても上司が受け入れてくれない場合ですが、第三者の仲介をいれてみると良いかもしれません。そうすることで、上司の怒りが落ち着き、謝罪を受け入れてくれるのではないでしょうか。うまく、上司と仲直りをすることができると良いですよね。

上司の意見は会社の意見という認識を持って!

上司と色々と意見交換をする時に、納得がいかない時もあると思います。
その時に頭にいれておきたいのは、会社は人事として、その人が上司に選ばれて、その立場におかれているので、上司の判断には従わなくていけないというものです。

上司に文句をいうことは、会社そのものに文句をいっていることになります。その為、会社としては、文句を言っている人の人格を疑うことになります。

そのことを踏まえた上で、上司と喧嘩になってしまった場合ですが、自分から謝った方が賢明なのではないでしょうか。また、自分の意見をやんわりと言うことができる、「技術」のようなものが必要なのかもしれません。

いずれにせよ、会社の上司とも、うまくつきあっていくことができるとよいですね。良い関係を築くことができますように。