上司からの謝罪にはどんな返事をする?返事をする時の注意点

仕事のことで上司と意見が合わずに対立をすることもありますよね。相手は上司だから上司に従わなくてはならないとわかっていても、自分の方が正しいと思う時は意見を譲れないこともあるでしょう。

上司と喧嘩をした時、上司が謝罪をしてきたらどのように返事をすれば良いのでしょうか。自分は謝らなくてもいいの?

そこで今回は、上司から謝罪された時の返事と、喧嘩をした時の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アルバイト(飲食系キッチンの場合)面接のポイントや注意点

飲食系のアルバイでは、ホールとキッチンがありますよね。キッチンを希望する場合は、面接で希望を伝えまし...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

公務員の志望動機の書き方のコツやポイント地元以外を受ける場合

地元以外の公務員試験を受けるときにはどのような志望動機を用意したらいいのでしょうか?地元以外...

【新体操】家でもできる子供の柔軟性を高める効果的な練習

柔軟体操は新体操の選手に欠かせないトレーニングですが、やはり毎日続けるというのがポイントです。週...

走り高跳び【女子中学生編】記録を伸ばすコツや練習のポイント

走り高跳びをやっている女子中学生には、思うように記録を伸ばせず悩む人もいるでしょう。走り幅跳...

職場の愚痴を言わないと幸せになれる?愚痴のメカニズムとは

職場の愚痴。口を開けば、不平不満のオンパレード!愚痴っていると、ヒートアップしてどんどんどん...

バスケの練習が家の中でも出来る様々なトレーニングとポイント

バスケが少しでも上手くなりたいと家の中でも出来る練習方法をお探しの方。家の中でも出来るトレーニン...

新人は仕事のミスが多い!ミスをする新人の特徴と新人の教育方法

仕事でミスばかりする新人に悩んでいる先輩社員や上司の皆さんは、どうして新人がミスばかりしてしまうのか...

空手の蹴り上達のための練習で意識するポイントを教えます

空手の蹴りにはいろいろな種類がありますが、練習によって上達させることができれば試合でも有効に使えるよ...

剣道防具の洗い方!自宅で洗う方法とポイント、注意点を解説

剣道の防具は、いくら普段から手入れをしていても強烈な臭いがしてしまうもの。消臭剤を吹きかけても拭...

お礼状は幼稚園や保育園に内定が決まったら出す?疑問について

幼稚園や保育園の就職の内定が決まったらとても嬉しく、自分がなりたい職業に就けた喜びもひとしおですよね...

小学校の採用試験の実技でやるコト!見ている所や評価の観点

小学校の採用試験には実技があります。採用試験の実技ではどんな事を行うのでしょう?体育...

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。そうなると気になるの...

保育士のピアノ実技試験対策!苦手なピアノを克服し合格するには

保育士試験には実技試験があり、その1つにピアノ実技があります。小さい頃からピアノを習っている...

卓球の左利き選手との戦い方のポイントやコツを紹介します

卓球であたりたくない相手といえば、左利きの選手ではないでしょうか? 左利きの選手はなぜこんな...

スポンサーリンク

上司からの謝罪に返事をする時の注意点

仕事をしている上で、ふとした時に上司から謝罪されることもあると思います。そんな時ですが、部下として、どんな返事をすると良いのでしょうか。

上司からすると、仕事をする上でやはり上司である自分が謝っておいた方が良い、そう考えて謝罪をしているのかもしれません。大人としては、立派な対応だといえるのではないでしょうか。

その時の部下としては、どんな返事をするのが適切と言えるのでしょうか。ビジネスマナーを考えた上の文言になるので、「ぶっちゃけて」なんて言葉使いはないですよね。

ここで大切なのは、上司も部下も社会人同士なので、部下の方々にも大人の対応が求められます。ビジネスマナーに沿った返事が求められますよね。どんな返事が良いのでしょうか。

上司と対立した時は自分から謝罪を!上司が謝って来た時の返事について

仕事をしている上で上司から謝罪をされ、どんな返事をしたら良いのか、大人としての対応が求められることをみてきました。
今度は、どのような返事をしたらよいかについてみていきたいと思います。

仕事で色々あり、上司から謝罪のメールがきた。そんな時、部下は「今、メールを送ろうと思っていたところなのですが、」であったり、「私がOOすべきでした」という文言があるとよいのではないでしょうか。

人間はそう簡単に気持ちのコントロールはできませんので、上司とうまくいかないときにイライラすることもあると思います。
ですからここは落ち着いて、上司からの謝罪についても、大人の対応をしていきたいですよね。自分の成長にも繋がるかもしれませんよね。

上司と喧嘩!上司に謝罪をされた時は自分も謝罪の返事を

上司からの謝罪の言葉だけではなく、時には自分も謝罪するべき時もあります。

職場で上司と対立することもあると思います。そんな中、上司から謝罪をしてくることもあると思いますが、部下から謝る、自分から謝るのも職場での人間関係を円滑にするコツではないでしょうか。

自分から謝ることによって、その場の雰囲気がよくなることもあると思います。その為、自分から謝ることも手ではあります。

「私にも落ち度がありました。」「私も言い過ぎました」と自分から折れてみるのも良いと思います。それが、良い人間関係を築けるコツのようなものかもしれませんよね。

職場で、上司も部下に、部下も上司にうまく歩みよってみたらいかがでしょうか。そうすることで、より働きやすい職場になっていくかもしれないですよね。

上司が悪くてもは謝罪自分からが鉄則!

職場で上司と対立することがあっても、自分から謝るのも一つの手であることをみてきました。ここでは、上司から謝罪されることもあると思いますが、部下から謝罪する、自分から謝ることについてより深くみていきたいと思います。

上司と対立することがあったとしても、部下から謝った方が良い場合もあります。理由としては、上司の方が立場が上だからです。

「上司の方から謝ってくれないかな」と待つというより、自分から謝った方が良いのかもしれません。周囲の方からも、「なんであの人は謝らないんだろう?」という風に見られているかもしれませんから。

上司が謝るより先に自分から謝ることで、誠意も示せると思いますから。

仮に、謝ったとしても上司が受け入れてくれない場合ですが、第三者の仲介をいれてみると良いかもしれません。そうすることで、上司の怒りが落ち着き、謝罪を受け入れてくれるのではないでしょうか。うまく、上司と仲直りをすることができると良いですよね。

上司の意見は会社の意見という認識を持って!

上司と色々と意見交換をする時に、納得がいかない時もあると思います。
その時に頭にいれておきたいのは、会社は人事として、その人が上司に選ばれて、その立場におかれているので、上司の判断には従わなくていけないというものです。

上司に文句をいうことは、会社そのものに文句をいっていることになります。その為、会社としては、文句を言っている人の人格を疑うことになります。

そのことを踏まえた上で、上司と喧嘩になってしまった場合ですが、自分から謝った方が賢明なのではないでしょうか。また、自分の意見をやんわりと言うことができる、「技術」のようなものが必要なのかもしれません。

いずれにせよ、会社の上司とも、うまくつきあっていくことができるとよいですね。良い関係を築くことができますように。