上司からの謝罪にはどんな返事をする?返事をする時の注意点

仕事のことで上司と意見が合わずに対立をすることもありますよね。相手は上司だから上司に従わなくてはならないとわかっていても、自分の方が正しいと思う時は意見を譲れないこともあるでしょう。

上司と喧嘩をした時、上司が謝罪をしてきたらどのように返事をすれば良いのでしょうか。自分は謝らなくてもいいの?

そこで今回は、上司から謝罪された時の返事と、喧嘩をした時の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

昇任試験の面接はスーツ!どんなことを見てる?受かるためには

昇任試験の面接では、服装としてスーツを着るのが一般的でしょう。では、昇任試験の面接でスーツを...

野球の差し入れに嬉しいものとは!社会人野球で喜ばれる差し入れ

社会人野球をしている方に差し入れをしたいという場合にはどのようなものが喜ばれるのでしょうか。せっ...

コンビニのフランチャイズと直営店の違いとメリット・デメリット

コンビニにはフランチャイズ店(オーナー店)と直営店があります。同じコンビニですが、フランチャイズと直...

公務員の志望動機の書き方のコツやポイント地元以外を受ける場合

地元以外の公務員試験を受けるときにはどのような志望動機を用意したらいいのでしょうか?地元以外...

年上後輩のトリセツ。仕事がどのくらいできるのかを見極める

年上の後輩について。仕事上の立場として上司だけど、年齢的には部下が年上。この場合、『...

コンビニの早朝バイトは効率よく稼ぎたい主婦におすすめ!

コンビニのバイトは主婦や学生に人気がありますが、主婦の多くは昼間の時間帯を選んでバイトをしています。...

仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツ

仕事を覚えるまでにかかる期間というのは、個人差がありますね。でも、なかなか仕事が覚えられない...

やる気が出ない。仕事をサボる気持ちがあるなら休みを取ろう

やる気が出ない。にんげんだもの、やる気がでない時だってあります。疲れてるんじゃない?疲れ...

年下上司にムカつく!上手く付き合うための対処方法について

年下上司が最近増えてきて、年配の方からムカつく!といった意見も・・・。しかし上司ですから、上手く...

野球の練習方法で守備が上達するための基本やポイントとは

野球の練習方法において、守備の練習はとても重要です。特に、守備練習では様々なケースを想定したゴロ...

シングルマザーも正社員なら残業を覚悟しなければいけない!

働いている母子世帯は約8割もあるそうです。中には正社員として働いている、働きたいと考えている...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

学校の講師を辞めたいときは?理由や会社員への転職など

学校の講師を辞めたいと持っている人は結構いるのかもしれません。学校の講師とは、生徒や保護者だ...

仮面浪人に失敗するリスク!ぼっちになりやすい仮面浪人とは

大学でぼっちになりながらも仮面浪人をした結果が失敗。こんな悲しい体験をした人も世の中にはいます。...

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

スポンサーリンク

上司からの謝罪に返事をする時の注意点

仕事をしている上で、ふとした時に上司から謝罪されることもあると思います。そんな時ですが、部下として、どんな返事をすると良いのでしょうか。

上司からすると、仕事をする上でやはり上司である自分が謝っておいた方が良い、そう考えて謝罪をしているのかもしれません。大人としては、立派な対応だといえるのではないでしょうか。

その時の部下としては、どんな返事をするのが適切と言えるのでしょうか。ビジネスマナーを考えた上の文言になるので、「ぶっちゃけて」なんて言葉使いはないですよね。

ここで大切なのは、上司も部下も社会人同士なので、部下の方々にも大人の対応が求められます。ビジネスマナーに沿った返事が求められますよね。どんな返事が良いのでしょうか。

上司と対立した時は自分から謝罪を!上司が謝って来た時の返事について

仕事をしている上で上司から謝罪をされ、どんな返事をしたら良いのか、大人としての対応が求められることをみてきました。
今度は、どのような返事をしたらよいかについてみていきたいと思います。

仕事で色々あり、上司から謝罪のメールがきた。そんな時、部下は「今、メールを送ろうと思っていたところなのですが、」であったり、「私がOOすべきでした」という文言があるとよいのではないでしょうか。

人間はそう簡単に気持ちのコントロールはできませんので、上司とうまくいかないときにイライラすることもあると思います。
ですからここは落ち着いて、上司からの謝罪についても、大人の対応をしていきたいですよね。自分の成長にも繋がるかもしれませんよね。

上司と喧嘩!上司に謝罪をされた時は自分も謝罪の返事を

上司からの謝罪の言葉だけではなく、時には自分も謝罪するべき時もあります。

職場で上司と対立することもあると思います。そんな中、上司から謝罪をしてくることもあると思いますが、部下から謝る、自分から謝るのも職場での人間関係を円滑にするコツではないでしょうか。

自分から謝ることによって、その場の雰囲気がよくなることもあると思います。その為、自分から謝ることも手ではあります。

「私にも落ち度がありました。」「私も言い過ぎました」と自分から折れてみるのも良いと思います。それが、良い人間関係を築けるコツのようなものかもしれませんよね。

職場で、上司も部下に、部下も上司にうまく歩みよってみたらいかがでしょうか。そうすることで、より働きやすい職場になっていくかもしれないですよね。

上司が悪くてもは謝罪自分からが鉄則!

職場で上司と対立することがあっても、自分から謝るのも一つの手であることをみてきました。ここでは、上司から謝罪されることもあると思いますが、部下から謝罪する、自分から謝ることについてより深くみていきたいと思います。

上司と対立することがあったとしても、部下から謝った方が良い場合もあります。理由としては、上司の方が立場が上だからです。

「上司の方から謝ってくれないかな」と待つというより、自分から謝った方が良いのかもしれません。周囲の方からも、「なんであの人は謝らないんだろう?」という風に見られているかもしれませんから。

上司が謝るより先に自分から謝ることで、誠意も示せると思いますから。

仮に、謝ったとしても上司が受け入れてくれない場合ですが、第三者の仲介をいれてみると良いかもしれません。そうすることで、上司の怒りが落ち着き、謝罪を受け入れてくれるのではないでしょうか。うまく、上司と仲直りをすることができると良いですよね。

上司の意見は会社の意見という認識を持って!

上司と色々と意見交換をする時に、納得がいかない時もあると思います。
その時に頭にいれておきたいのは、会社は人事として、その人が上司に選ばれて、その立場におかれているので、上司の判断には従わなくていけないというものです。

上司に文句をいうことは、会社そのものに文句をいっていることになります。その為、会社としては、文句を言っている人の人格を疑うことになります。

そのことを踏まえた上で、上司と喧嘩になってしまった場合ですが、自分から謝った方が賢明なのではないでしょうか。また、自分の意見をやんわりと言うことができる、「技術」のようなものが必要なのかもしれません。

いずれにせよ、会社の上司とも、うまくつきあっていくことができるとよいですね。良い関係を築くことができますように。