就活で見た目が大事といわれること!男性だってそうなんです

就活を控えている学生さんは、面接や服装など色々なことが気になりますよね。

大事な就活や面接ですが、見た目で影響するという話をきいたことはありませんか?
本当に見た目は関係あるのでしょうか?

顔は今更どうしようもない!と思いますよね。ですが、「容姿もひとつの能力である」という考えもあるそうです。男性にも同じことが言えるといいます。

印象の良い笑顔や、清潔感なども大事なことではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野球選手にとって不可欠な下半身トレーニングとは【野手編】

野球の選手にとって下半身トレーニングは欠かせないものですが、中でも野手のポジションの選手にはどんなト...

メールの誤送信がきたときには返信すべき?ビジネスマナーとは

メールの誤送信がきたときにはどのように対応すればいいのでしょうか?返信したほうがいい場合と返信しては...

服のネットショップを自宅で開業して成功させるためのヒント!

ネットショップはコストを抑えて自宅でも開業できると大変人気があります。服のネットショップを自...

面接が「怖い」「 行けない」と感じる方へ!面接の乗り切り方

会社の面接は誰しも緊張するものです。しかし、面接なくして会社に入ることはできません。面接に行...

陸上のスタートダッシュを向上させる練習法!鍛える筋肉とは

陸上の短距離で重要なスタートダッシュですが、少しでも早いスタートダッシュが出来たらいいですね。...

アイドルの衣装をデザインする仕事をするために進むべき道とは

テレビで見かけるアイドルの衣装ってかわいいですよね。そんな衣装を見ていると「自分がデザインした衣装を...

電話を取る時に緊張して噛む人のための対策方法を教えます

社会人になると仕事で電話の応対をしなければなりませんが、最近ではメールなどの普及によって電話で話す機...

特別支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高い?実態を調査

2015年の時点で日本に1000校以上あると言われている特別支援学校。そこで働く教員の仕事は一般の教...

不安でたまらない!仕事のミスをしてしまった時の対処法

仕事でミスをしてしまい不安になっていませんか?「上司にミスを怒られた」「ミスを指摘されて恥ず...

証明写真の時の服装や色で印象はガラッと変化!オススメスタイル!

アルバイトや就活や免許証などの証明写真を撮る場合に注意したいことがあります。あまり写っていな...

介護施設で働く看護師の仕事内容と役割、メリットについて

介護施設で働く看護師は、病院で働く看護師とどう違うのでしょうか?では、介護施設で働く看護師の...

警察の張り込み方法には一定のルールがある?徹底調査!

刑事ドラマなどを観ていると、警察が覆面パトカーに乗ってあんぱんを食べながら張り込みしているシーンって...

浪人生がバイトの面接で気をつけたいポイントと面接同日のマナー

大学受験に失敗して浪人している人の中には、バイトをしようかと考えている人もいますよね。浪人生だからと...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。では、手作りのパンを...

スポンサーリンク

大事な就活が見た目で決まるって本当?男性でも?

大事な就活が見た目で決まるって本当でしょうか?

それが本当だとしたら、男性にも言える事なのでしょうか?

実際、就活において見た目は重要なポイントとなります。

さらにそれは、男性にも言えることです。

自分は、営業や接客業ではないから大丈夫とは思っていませんか?

採用する企業からすると、自分の見た目もキチンと出来ない人は、能力も低いとみなされ、レベルは自分のほうが上の大学出身でも、見た目の良いほうを採用されるケースもあります。

他に、二人の男性が同じ言葉を言ったとしても、見た目の良いほうが、印象に残ったり、相手に良いイメージを持ってもらうことがありますので、見た目が良いというだけでも、十分な武器になりえるのです。

就活では〇〇をみられている!男性でも見た目は意識しよう

就活の面接官は、外見から得られる情報も重視します。

そのポイントとしては、「第一印象」、「表情」、「しぐさ」の三つがあげられます。

一目見て、「不潔だな」は、論外ですし、醸し出す雰囲気で、どういう人間なのかを判断します。

服装が清潔であることも大事ですが、面接にふさわしい色のスーツやネクタイ、また、髪型や姿勢にも気をつけましょう。

次に、第一印象が良くても、発言した時や、待っている時の表情やしぐさも悪いものであれば、面接官は容赦なく落とします。

男性でも見た目は意識して、家から出た時点で、面接のテストが始まっているくらいの緊張感を持って、面接に挑みましょう。

就活で見た目が大事なのは女性だけじゃない、男性では髪型を気にする人も

就活で見た目を重要視されるのは女性だけではありません。

男性も最大限に気をくばりましょう。

なかには髪型を気にする面接官もいるようですよ。

男性は、ただ髪を短くすれば良いというわけではありません。

短い髪型にも、ツーブロックや、坊主、パーマヘアなどさまざまです。

その中で、面接官から好印象を持ってもらえる髪型にしておくと、より良いですね。

ちなみに、好印象な評価を得られるものとしては、「耳や襟足が出ているもの」「おでこを出しているもの」が、支持されるようです。逆に言うと、「耳や襟足が隠れる長い髪」「おでこが隠れているもの」などは、悪い印象を与えてしまう髪型になるようです。

こういった条件を満たす髪型は、チャラチャラした印象を与えたり、子供っぽくて頼りないイメージを持たれてしまうようです。

就活では姿勢と身だしなみも気にしよう!

今まで、見た目の重要性について書きましたが、何もこれはイケメンでなくてはいけないと言っているわけではないのです。

確かにイケメンは好印象を持たれやすいです。

しかし、面接で姿勢が悪かったり、だらしない服装をしていては、せっかくのイケメンも台無しで、きっと採用もされないでしょう。

逆に言うと、イケメンではない人でも、キチンとした服装で、背筋を綺麗に伸ばしていれば、面接官の目に留まり、就活も勝ち取れるかもしれないのです。

ですので、就活では顔だけではなく、姿勢と身だしなみも気にしてみましょう。

姿勢というのは、背筋を伸ばすのも含まれますが、聞く姿勢や、歩き方も含まれます。

自分が話す時だけハキハキしていても、面接官や、それを手伝う社員の説明をしている時に、だらしなかったり、生意気な態度では、悪い印象を持たれます。

会社や面接会場の廊下を歩く時も、気だるそうに歩くのは避けたいですね。

面接でのお辞儀や話し方のポイント!

面接でのお辞儀や話し方のポイントは、こんなものがあります。

面接は、その会社に入った時から始まります。

待っている時に、携帯電話でゲームをしていたり、落ち着きなくキョロキョロするのはやめましょう。

次に面接の部屋に入るように促されたら、ノックを3回して、向こうから「どうぞ」などと言われてから、「失礼します」と言いながら入ります。

ドアが無かったり、開いたままになっている場合は、ノックは不要です。

面接の部屋に入ったら、明るい声で「失礼します」とおじぎをし、両手で丁寧にドアを閉めます。

そして、面接官の前に置かれた、自分のイスに向かって歩き、すぐに座らず横に立ち「よろしくお願いします」と挨拶します。

会社によって異なりますが、面接官にすぐに座るように促される場合と、自分の名前と出身校など、大まかなプロフィールを言うように言われることもあります。
その会社のやり方に沿って行動しましょう。

座る時は、「失礼します」の一言も忘れずに言いましょう。

座ってからも、背筋を伸ばし、女性は足を揃え、男性は軽く足を開き、膝の上に手を置きましょう。

面接官との質疑応答の際は、面接官の目を見るようにし、目を合わせるのが苦手という人は、鼻の辺りを見ると、相手にとっても失礼にはあたりません。

質疑応答が終わったら、「ありがとうございました」と一礼をし、退室します。

退室の際も面接官に向かって「失礼いたします」と一礼してください。

面接が終わったからと言って、周りの学生と大きな声でおしゃべりをするのは避け、速やかに帰りましょう。

建物の中にいる間すべてが、面接に影響すると思ってください。