バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。
紹介したいことはたくさんありますが、まずは習得して欲しいことをご紹介します。

始めは思うようにいかずに、経験者との違いに落ち込むことがあるかもしれませんが、ポイントを押さえた練習方法を実践すれば、必ず上達するはずです。

ただ何となく練習するよりも、ポイントを意識して練習することが上達への近道です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リフティングの技ができるようになりたい!初心者にオススメな技

サッカー初心者でもできるリフティングの技とは?ある程度リフティングができるようになったら、したくなる...

少人数の職場では急に休めないない実態がある!そのワケと対策

少人数の職場だと、体調が悪かったり急用が出来てもなかなか休めないという場合がありますね。人手...

バスケのシュート練習を自宅でする方法!高校生からの上達法

高校からバスケ部に入ったという方も多いですよね。バスケを始めたばかりだと、やはりたくさんの練...

野球選手にとって不可欠な下半身トレーニングとは【野手編】

野球の選手にとって下半身トレーニングは欠かせないものですが、中でも野手のポジションの選手にはどんなト...

不安でたまらない!仕事のミスをしてしまった時の対処法

仕事でミスをしてしまい不安になっていませんか?「上司にミスを怒られた」「ミスを指摘されて恥ず...

イケメンで仕事ができる人には理由がある!性格や行動がポイント

どこの会社にも一人や二人はイケメンがいるでしょう。そんなイケメンは顔がいいいだけじゃなく、仕...

学校の用務員の仕事内容とは?なるには?求められるもの

学校の用務員の仕事というと、学校の庭の草刈りや清掃といった仕事が目立ちますが、主にどんな仕事内容にな...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

返信マナーが知りたい!「行」を消して書き換えるときのポイント

返信用の封筒や往復はがきなどには宛先がすでに描かれていて、企業名の下に「行」と書かれていることがあり...

陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

仮面浪人に失敗するリスク!ぼっちになりやすい仮面浪人とは

大学でぼっちになりながらも仮面浪人をした結果が失敗。こんな悲しい体験をした人も世の中にはいます。...

保育園の経営は儲かるの?保育園経営の裏事情とは

「保育園の経営はどうやら儲かるらしい」という噂を耳にしたことありませんか?実際に本当に保育園...

転勤の時期で多いのは?辞令のタイミングや拒否と挨拶のマナー

転勤の時期とは会社によってタイミングが違うかもしれませんが、一般的に多いのはいつなのでしょうか?...

大学生の読書感想文の書き方のコツや高評価を得るポイントとは

大学生になっても読書感想文をレポートで提出しなければならないときがあります。では、大学生の読...

スポンサーリンク

バスケ初心者の練習方法はボールに慣れることから

高校に入学してこれからバスケを始めたい!と思っていても、バスケをやったことのない人であれば、何から始めたら良いのか分からず悩んでしまいますよね。

バスケ初心者の人は、まずはボールに慣れることから始めましょう。

試合で満足できるプレーをするためには、ボールに慣れて、しっかりとコントロールできる状態にすることが大切です。

そこで、ボールを上手く扱えるようになるための練習方法をご紹介します。

ボールハンドリングの種類と練習方法

  • ボディーサークル
    ボディーサークルは、頭、お腹、足の順番でボールをグルグルと回します。
    この際、極力体を動かさないのがポイントです。
  • フィギュアエイト
    フィギュアエイトは、ボールを股の下に持って行き、足の周りを「8」を描くようにボールを回します。
  • 背面キャッチ
    背面キャッチは、ボールを正面から頭上に投げ上げ背中でキャッチします。この際、リズミカルに行うのがポイントです。

ボールハンドリングには、上記のほかにも、クロスキャッチや前後キャッチなどの種類もあります。
まずは、ひとつずつ確実にできるようになるまで、ボールハンドリング練習を繰り返しましょう。

バスケ初心者の練習方法は基本姿勢を意識して

バスケ初心者の人は、ボールに慣れるほか、基本姿勢も意識しなければいけません。

バスケの基本姿勢とは

肩幅程度に足を開いてスタンスし、適度に膝を曲げ、体の重心を下においた状態のことを言い、バスケットボールポジションやパワーポジションとも呼ばれています。

この基本姿勢を作る上で大切なのは、前後上下のどの位置にもスピーディに動けるような姿勢を作ることです。

また、特にジャンプ後や走っていて急に止まった時などは、基本姿勢が崩れやすくなってしまいます。

バスケを上達させるためには、いかに次の動きに素早く移ることができるか、つまり、基本姿勢が作れているかということがとても重要なポイントとなります。

そのため、基本姿勢はしっかりとマスターしておくようにしましょう。

バスケ初心者向けドリブルの練習方法

ボールハンドリングと基本姿勢を覚えたら、次はドリブルの練習です。

ドリブルの練習方法

  1. まず初めに、ボールを見ながらドリブルします。この際、体の重心を落としながらドリブルをするのがポイントです。
  2. 慣れてきたら前方を見ながらドリブルします。ボールから目を離した状態でも、ボールがコントロールできているか確認しましょう。
  3. 慣れてきたら、左右の手でボールを行き来させます。
  4. 左右の手でドリブルができたら、ゆっくり走りながらドリブルをします。

ドリブルは、練習をすればするほど上達すると言われています。

諦めずに毎日練習を繰り返すことで、ドリブルがあなたにとっての武器となりますので、できるようになるまで練習を繰り返すことが大切です。

ドリブル上達のコツ

ドリブルを上達させるためには、以下の3つが大切なポイントとなります。

  1. 指はしっかりと開くこと
    指をしっかりと開いてボールのコアを捉えることで、手に吸い付くようなドリブルができるようになります。
    また、指がしっかりと開けていないと、ボールが手に付かずコントールできない状態になってしまいますので、指はしっかりと開くようにしましょう。
  2. 手首を使うこと
    ドリブルを受け取ったほうの手首のスナップを利かせることで、ボールを長い時間コントロールすることができ、より強いドリブルをつくことができます。
  3. 大きく幅のあるドリブルを意識すること
    大きく幅のあるドリブルをすると上手くいかないことが多くなりますが、ドリブルのスキルを上達させる上では大切なこととなります。
    大きく幅のあるドリブルをするためには、肩甲骨から肩、肘から指先までをしっかりと使うのがポイントです。

パスの基本的な練習

バスケをする上での基本的なパスは、自分の胸の前から両手でパスを出す「チェストパス」が基本となります。

そこで、パスを出す際の基本姿勢、パスの練習方法をご紹介します。

バスケの基本、パスを出す際の基本姿勢について

  • 相手をしっかりと見る
  • 体の重心は低くする
  • パスを出す方向に手足を真っ直ぐ向ける
  • 手の腹ではなく、指を使いパスを出す
  • 肘は張りすぎず、安定した軌道を意識する

パスの練習方法について

  1. 基本姿勢をとり、ボールを胸の前で両手で持ちます。
  2. 重心を落として、パス相手の方向へ片足を前に踏み出します。
  3. 踏み出した前足に体重がのるように、重心を移動させます。
  4. 手首を使い、ボールにスピンをかけながらパスを出します。

この際、肘を張らないように注意しましょう。
一方で、走りながらパス練習をする場合には、ドリブルはせずに平行になるように走り、パスを出す相手の少し前方に出すように意識すると、スムーズにパス練習を行うことができます。