書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったのではないかと心配になってしまいますよね。企業からの連絡が来ないといつまでも不安を抱えたままになります。

企業に書類を送った時、書類選考の結果連絡が来ないのは問題じゃないの?どのくらいの期間を目安にして結果を待てばいい?

そこで今回は、書類選考の結果が来るまでの期間の目安や連絡義務、不採用になったときに連絡なしの場合に考えられる理由についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

事務職に必要な資格とは?パソコンや簿記などの資格を取ろう

事務職ではどのような資格が必要なのでしょうか?パソコンの資格でも、かなりの種類がありますよね。 ...

面接で笑顔を褒められたら合格?就職が成功するための心得とコツ

就職活動中の就活生の皆さん、面接で笑顔を褒められたら合格!という考えを持ってはいませんか?就職活動を...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。 短距離走を速く走る...

工場パートの気になる人間関係を調査!果たしてその実態は

工場パートの募集は多く、家計のために働いてみようかと考えている方も多いのではないでしょうか。 ...

水泳個人メドレーのコツ、自己ベストを上げるために必要なこと

4種目泳ぐ水泳の個人メドレーですが、泳ぎが速くなるコツや指導する場合どこを強化すべきかで悩むことがあ...

課題が終わらない!徹夜で終わらせるために秘訣を教えます

大学生にとって避けては通れないレポート課題。でも終わらない時だってありますよね。 提出期限の前...

テニスのポイントはなぜ0ではなくラブなのかその謎を解明します

全米オープンなどテニスの4大大会の試合をテレビで見ていると、ポイントが0ではなくラブと呼ばれていたり...

クロールは速く泳ぐコツがある!スイスイ泳げるようになろう

クロールは速く泳ぐコツを掴むことは、クロールを上達するためにも大切なことです。 例えば、呼吸の...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

剣道【子供】を上達させるには?練習するときのポイント

子供の剣道を上達させるにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか? まずは、子ども自身に目...

職場にイケメンがいたら癒しになるという女性のホンネ

職場にイケメンはいますか?また職場にイケメンは必要だと思いますか? 職場にイケメンがいたら、「...

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

会社が寒い!夏の冷房対策で体調不良を予防!自分でできる対策

会社のエアコンが効きすぎてて夏でも寒いという人もいますよね。外の気温は高いのに、オフィスの中はまるで...

嫌いな人が職場にいる時に示す態度とは?接し方に注意!

「最近職場にいる人の態度がおかしい、もしかして嫌われている?」と悩んでいませんか? 嫌いな人が...

スポンサーリンク

連絡なしは不採用?選考期間の目安はあくまでも目安!

書類選考についてですが、かかる期間ですが、大体1週間から2週間なようです。

期間は会社によっては違うのですが、大企業の方がかかる日数は長くなる傾向にあるようです。

ひとまずは、その期間は1~2週間とみましょう。そして、企業によって異なることも考えた上で、書類到着の予定日から1ヶ月もかかる場合ですが、さすがに企業側も不合格とみているとは思います。その場合ですが、自分で決断を出さずに、待つことが賢明な選択なようです。

あくまでも、目安としては1~2週間。それを肝に銘じておきましょう。企業側も書類を見るのに時間がかかっているのかもしれませんし、担当者が不在な時もあると思います。気持ちを落ち着かせて、1~2週間、待ってみましょう。

書類選考の連絡なし!不採用?連絡の義務は?

書類選考の結果の連絡がない。そんな時ですが、まず、企業側がOO日以内に結果を報告しなくてはいけないかどうか、その点を確認してみましょう。

法律という点からいうと、そういった決まりはありません。

人材を採用するときですが、重要になってくるのは「労働条件の明示」になってきます。

具体的にはどういう点になるかというと、年に何回休めるのか、給料、また勤務の条件は働く側に明示するように、義務づけられています。

でも、書類選考となると、特別なルールはないのです。

ここで法律的に何かあるとすると、それは応募書類に書かれている個人情報の取り扱い方だと思います。

企業の大半も、書類選考の期間や通知期間についても、企業の判断に任せられているケースが多いようです。ここは応募する側も、覚えておかなくてはいけない点なのかもしれませんね。

書類選考で不採用?連絡なしの理由は?

書類選考で不採用になったのか、連絡がない場合もあると思います。

その理由をここでみてみましょう。

連絡するには、経費がかかる。

簡単にいうと、手間がかかるので、不採用の人には連絡をしない。それが理由なようです。

「不採用」といわない方が良い場合もある

「不採用です」ということで、応募者側から意外な反応があったりで、そこで企業側も時間をとられる可能性があります。余計な問題が起きないためにも、不採用だとわざわざ通知しないほうが、企業側も楽ということもあると思います。

「不採用です」と私たちも聞かないほうがよいのかもしれませんよね。それを聞いた途端、ショックであったり、脱落感が応募者側にも生じるのかもしれません。でも、連絡がないことを前向きに捉えて、次の仕事に応募する。人生前進することを選択した方がよいのかもしれません。その方が、企業にとっても応募者にとってもプラスなのではないでしょうか。

書類選考を通過していたら不採用よりも早く連絡がくることが多い

書類選考を通過していた場合ですが、連絡が早くくることあります。

その場合ですが、中小企業では、1週間以内、大手だと1~2週間で会社側からなんらかの連絡があります。中小企業と大手だと、大手の方が書類選考に時間がかかるケースが多いようです。

理由としては、大手ほど人数も多いので、書類を見る時間もかかりますし、その分だけ、選考するのに時間がかかるということです。

もしくは、応募者が多い分だけ、選考に時間がかかることもあります。ですが、一般的に書類選考が通過しているときはいち早く連絡がくるケースが多いため、あわてずに、選考結果をまっていきましょう。

待つという作業も苛立ちを覚えるときもあったり、「どうなったのかな?」と思うこともあると思いますが、ここは気持ちを落ち着かせて、企業側からの連絡を待ってみましょう。

書類選考の結果を問い合わせるときは謙虚な姿勢で!

書類選考の結果を問い合わせるときですが、謙虚な姿勢が大切になってきます。

問い合わせるという行為によって、不採用につながるわけではありませんが、話し方であったり、接し方によって、相手の企業の方の気分を悪くしてしまう可能性はでてきます。

そのため、ここで大切なのは、「謙虚な姿勢」です。

どういったのが謙虚な姿勢につながるのでしょうか。

例えば:
A:数週間前に、履歴書を送らせていただいたのですが、結果を知りたいのですが、まだでしょうか。

B:O月O日にメールで応募書類を送りましたが、お手元に届いてますか。もし行き違いで届いてないようでしたら、再度送らせていただきますか、どういたしましょうか

Bの方が丁寧に聞こえませんか。具体的にいつ送ったか、そして、届いてなかったら再度送るという気遣いが大切なのかもしれません。

気持ちが焦っているかもしれないので、なかなか「謙虚」という姿勢を出しづらいかもしれませんが、何をいうべきなのか、頭にいれておいて対応してみるのもよいのかもしれません。