暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

養護教諭採用試験は面接が重要!過去問でしっかり対策をしよう!

   

養護教諭採用試験は面接が重要!過去問でしっかり対策をしよう!

養護教諭になるための採用試験には必ず面接がありますが、事前にしっかりと準備をしておきたいですよね。

過去にどんな質問をされていたの?集団面接のためにはしっかりと対策をしておくべき?

養護教諭になるための採用試験に合格するための面接のコツについて説明します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

養護教諭の採用試験を受ける前に事前の面接形式をチェックしよう!

将来は何になりたいのか。自分の進路を決める時に、養護教諭を考え、採用試験に向けて勉強している人もいると思います。養護教諭になるには、採用試験と面接があります。養護教諭になるために、是非この2つをクリアしていきたいですよね。

ここでは、その試験を受ける前の事前の面接形式をチェックしていきたいと思います。どんな面接の形式で、どんな対策が必要になってくるのでしょうか。

まず、面接の形式ですがある養護教諭採用試験では集団面接が行われ、そこで、使命感、責任感、社会性等を中心とした資質について判定がされていったそうです。

二次試験でも、集団面接と個人面接が実施されたようですが、そこでは、教育に対する情熱と使命感、課題解決能力、豊かな人間性等を中心とした資質について判定されるようです。

審査の基準になることですが、自分の意見をはっきりと述べることも大切になってきていますが、それだけではなく、「他の受験生の意見も聞く」その姿勢もチェックされています。自分の意見、プラス他の人の意見をうまくまとめられるか、その力を把握したいようです。

自分が用意できているかどうか、参考にして下さいね。

養護教諭採用試験の面接でこんな質問を受けるかも?

養護教諭の採用試験では、集団面接と個人面接があり、集団面接では、自分の意見をはっきりいう力、他の受験生の意見を聞く力、まとめる力が求められることを上記ではみてきましたよね。

養護教諭採用試験の面接でどんな質問をされるのか紹介していきます

  • あなたが不安に思っていることや悩みへの対処の仕方について、話して下さい。
  • 家庭で虐待が疑われる生徒が保健室に来た時、どのような言葉をかけますか。
  • リストカットをしている生徒に対して、どのように対応しますか。
  • 子どもの心や体に足りないと感じる栄養はそれぞれ何でしょうか?
  • あなたが着任した学校で、朝食接種率が低い状況にありました。どのようにして対応していきますか?
  • 特定の授業になると、いつも保健室に来る生徒がいます。どのように対応しますか?

養護教諭など教員採用試験の面接での質問パターンとは?

養護教諭になる採用試験の面接で、どのような質問が来るのか、その具体例を上記ではみてきました。

次に、養護教諭などの教員採用試験での面接ですが、質問のパターンがあるのかまたどんな質問が来るのか、みていきたいと思います。

  • リラックス系の質問で昨晩はよく眠れましたか?
    この系統の質問ですが、あまり長々と答えない方が良いです。あまり良い印象を与えません。
  • ニュース系の質問に関することについて
    この質問は教育に関することを意味します。
  • そのほかには、あなたの長所と短所を教えて下さい。また、あなたの短所を克服しようと、何か対処法を考えましたか?
    以上このような内容のものがあげられますので、参考にしてみてください。

養護教諭に求められていることとは?

養護教諭の採用試験での面接で、どんな質問のパターンがあるのか先程は3つのパターンをみてきました。

次に養護教諭として働くには、どんなことが求められているのかその要素をみていきたいと思います。

「生徒の変化に気づける力」

生徒の体調の変化など、変化にも敏感に気づける力や観察力が求められます。

「コミュニケーション」

生徒は様々な問題を抱えていますから、その問題を聞く力、また子どもと上手に接する力が要求されてきます。
話すことで、子どもも安心してきますから、気軽に話せること、安心して問題を打ち明けることができること、人柄も大切になってきます。心のケアが大切な役割になってくるので、相談役になれることが大切な要素になります。

「判断力」

子どもに関わる事は大切ですが、関わりすぎないこと、またある特定の生徒に関わりすぎないでバランスを取ることが大切になってきます。ある程度の距離を持つことも求められてくるので、その判断力が求められます。

養護教諭になった人に聞いてみた!辛かったことは?

養護教諭としては働くには、どんな要素が必要になって来るのか、上記では3点をみてきました。

最後に、実際に養護教諭になった人から、辛かった点の分かち合いを紹介したいと思います。

養護教諭ですが、学校全体の健康に気を使わなくていけないこと、また、担当の先生や保護者からの意見を聞いて、初めて気付かされることもあるとので、日々学んでいるようです。

熱中症などが起こることもありますし、その場合は、ベットの数が足りなかったり、突発的な事態が発生することもあるので、その場に応じて、臨機応変に冷静な判断が求められることが、大変と感じるようです。

特に、学校によっては、養護教諭の数も少なかったりするので、その人数で学校全体の健康を見守る必要がありますから、子どもを思いやる気持ちがないと、苦労する仕事になりそうです。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ