転勤したら住民票は独身でも移すべき義務と手続き方法

独身の社会人が転勤して住む場所が変わったときは、住民票を移すのは義務だということをご存知でしょうか?

では、独身で転勤後に住民票を移さなかったらどうなるのでしょうか?住民票を移さないことのデメリットとは?

また、転勤で引っ越しをして住民票を移すときはどうしたらいいのでしょうか?手続きとは?

そこで、転勤したら住民票を移す義務と手続き方法、さらに海外への転勤の場合の手続きなどについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球の左利き選手との戦い方のポイントやコツを紹介します

卓球であたりたくない相手といえば、左利きの選手ではないでしょうか? 左利きの選手はなぜこんな...

履歴書用の写真が古いものはNG!その理由について解説します

子供と違って大人は顔が変わることもないから、履歴書に多少古い写真を使っても問題ないだろう…そんなふう...

内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をし...

腕立て伏せで鍛えられる筋肉の部位はやり方によって変わります

筋トレってジムに行かなくても自宅でも簡単にできるのが嬉しいですよね。自分の体を鏡でみて、知らない...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

高校の卒業日の記載は履歴書に必要?学歴についての疑問点

履歴書を書く時、名前や住所などの基本情報の次に筆記が必要となる学歴。高校への入学や卒業日などを書かな...

保険外交員として働く女性の現状と問題点とは

保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。これから保険外交...

会社の試用期間中に休むと解雇?解雇になる条件と試用期間の意味

試用期間の最中に会社を休むと、正社員になれずに会社を解雇されてしまうのではないかと不安になっている人...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

No Image

空手の蹴りの基本が上達するコツや正しい蹴りを身に着ける方法

空手の蹴りの基本である前蹴りが上達すると、自分の負けない得意技として有利な試合運びができるようになり...

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか?...

面接で血液型を聞かれるのってアリ?イマドキの面接事情

面接の時に血液型を聞かれたことがある!今の時代、家族構成や血液型、出身地などを面接で聞くことは不...

バドミントンの試合で緊張したときに試してみて。緊張しない方法

バドミントンの試合の前は緊張する、有名なバドミントン選手でさえ緊張するといいます。ですが緊張...

携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について

携帯ショップに行ったことがある人は多いと思いますが、知識も豊富で関心してしまいます。新機種が...

教育実習でプレゼントを簡単に手作りするオススメと渡す注意点

教育実習で最終日に子どもたちへお礼のプレゼントをするなら、簡単な手作りプレゼントがオススメです。...

スポンサーリンク

独身の場合、転勤したら住民票は移すべき?

基本的には、転勤して引越しをしたら住民票も移しましょう。

転勤や引越しで住民票を移す場合

引越しをしてから14日以内には必ず住民票を移動させましょう。

14日以内に住民票を移さないと5万円以下の過料という罰則としてお金を支払わないといけなくなります。なので必ず引越しをしてから14日以内には移すようにします。
中には裁判所の判例から、住民票を移さなくても罰則がないとされている場合もあります。

住民票を移さなくても罰則がない場合

転勤で新しいところに住む事が1年以内と決まっていて、例えば実家や彼女と住んでいて、数ヶ月の転勤があり新しい住所に住む事になったけど、その後は必ず戻る事が分かっている場合などは罰則を受ける事がないそうです。同じく1年未満に住むのであっても、その後どこに住むのか分からない場合でしたら住民票は移しておきましょう。

独身で転勤後に住民票を移さなかったらどうなるの?

住民票を移した方がいいのは分かりますが、なかなか仕事などで役所に行けなかったりして後回しになってしまったら、どうなってしまうのでしょうか。

  • 移さないといけないのに移さないでいると罰則があり、お金を支払う事になる
  • 免許の更新などが自分が住んでいる住所で出来ない
  • 印鑑登録が自分が住んでいる住所で出来ない
  • 本人確認がある郵便だと、受け取れない場合がある
  • 新しく住んでいる地域の選挙に参加権がない
    免許の更新の通知など、住民票の住所に届いてしまうために、更新を忘れてしまう事にも繋がってしまいます。
    通知が来なくて忘れてて免許も取り消しになる可能性が出てくるでしょう。
    キャッシュカードなどを受け取ったりと、重要性がある書類を受け取る時は、ちゃんと住所を変更した後の身分証明書が必要になったりします。

独身なら転勤で住民票を移すのは簡単にできる!

1人で暮らしている人が住民票を変更する時の手続きは簡単にできます。

住民票の手続き

  • 今まで住んでいた地域の役所で「転出届」を出す
  • 「転出証明書」をもらう
  • 引っ越した後に出来るだけ早く、新しい住所の地域の役所で「転入届」と「転出証明書」を出す

住民票の手続きの持ち物

  • 印鑑
  • 身分証明書
    役所に行ってしまえば、簡単にすぐに出来てしまいます。

住民票を移す際の期間

  • 転出届の場合は、引越しの14日前からできます。
  • 転入届の場合は、引越しが終わってから14日以内に必ず終わらせます。

もしも転入届の期間が過ぎた場合は、罰則として過料を支払わなくてはいけなくなる事もありますが、注意されて終わる場合もあります。

期日が過ぎてしまって、支払いをするのが嫌だという理由などで、引越しをした日付を変えて申告してしまえば犯罪になります。

嘘が分かった場合に「公正証書原本不実記載罪」という罪で、5年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金になり前科がついてしまいますので気をつけましょう。

なので、もしも仕事などの理由で14日間以上の月日が経ってしまっても正直に言って、できるだけ早めに正直に動けるようにしましょう。

住民票を移さないことのデメリット

14日という日にちは、「それだけあれば、どこかで役所に行ける時間がとれる」とされる判断で法律でも決められています。

しかし、役所がやっている日に休みがなくて、役所がやっている時間帯にも行けないような事もあると思います。

もしも期日を守れずに役所に行って手続きをする際には、何故期日内に来れなかったか理由を伝えましょう。

14日以内という期日がある事に対して「知らなかった」という人も結構いるようです。

しかし、人によっては「知らないでは社会人として済まされない」と思われてしまう事もあります。

自分では出来るだけ早めに、自分で出来る手続きをやりましょう。

今の住んでいる住所と、住民票の住所が違った場合に、何かを申請しないといけない時に色々と大変になります。

住民票を移さないで何かを申請する時

  • 提出しないといけない書類が通常よりたくさん必要になる
  • 確認をする為に日にちがかかる
  • 他の身分証明などの書類が必要
  • 住民票に記載されている都道府県で申請しないといけない
    大変になるし正直面倒ですが、絶対に出来ないというわけでもなかったりします。
    職権削除
  • 前に住んでいるところが賃貸だった場合などに、削除されてしまい住所不定となってしまいます。

独身で海外への転勤の場合、住民票の手続きは?

転勤先が海外だった場合で、海外で1人暮らしをする事になる場合もあります。

転勤や長期出張などで海外で1人で暮らす事になった場合

日本の住民票から抜く手続きをするか、もしくは実家に住民票をおくかです。

  • 日本の住民票を抜くメリット
    年金や住民税がかからなくなります。
  • 日本の住民票を抜くデメリット
    国民健康保険が家族の扶養に入っていなかったり、会社の社会保険でしたら大丈夫ですが、日本の国民健康保険に入れなくなります

海外での1人暮らしの際の住民票の手続き法
海外で暮らす事によって日本の住民票を抜くのでしたら、引越す前に日本の役所に行き、海外転出届か、もしくは国外転出届を出します。
その際に、本人確認書類(身分証明証など)や印鑑を持っていきましょう。
その地域によっても違いますが、国民保険証や住民基本台帳カードなどを返すように言われるところもありますので確認しましょう。