ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。
ローボレーが上手く打てるようになるコツがあったら知りたいですね。

ローボレーを打つ時の、姿勢や足さばきについて詳しく紹介します。
また安定してボレーが打てるコツもありますよ。

ローボレーが上手くなる、おすすめな練習メニューも併せてみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。 この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。 一説には今後数十年で通...

サッカー初心者ドリブル上達方法!ドリブルのコツやポイント解説

サッカー選手のピッチを縦横無尽に駆け巡り、ゴールを狙う姿にカッコイイと思った人も多いはずです。 ワ...

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。 職歴証明書は、在籍していた会社...

バレーボール【中学生女子】上達のための練習方法について

テレビでバレーボールの女子の試合が放送されると、まだ中学生とはいえうまくなるためにたくさん練習しよう...

バレークイックのタイミングは?トスとアタックの合せ方

バレーのクイックは、トスとアタックの絶妙なタイミングが生まれる攻撃の一つです。 クイックする時...

自衛官の定年後の就職先は?定年が早い自衛官の再就職について

自衛官は公務員ですが、一般の公務員よりも定年の年齢が早いです。このため、定年を迎えた年齢でも再就職を...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい! コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

派遣辞めたい…。一ヶ月など契約期間より前に辞める場合には

派遣を辞めたい。 働きはじめて日が浅い。 派遣先にもよりますが、最初は一ヶ月で契約すると...

年上後輩が偉そうに感じても、同じ目線に立たないようにするには

年上後輩が偉そうでモヤっとする。 部下に指示を出すと、次のような態度を取る人っていますよね? ...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

会社で無視されるのは、パワハラ・モラハラにあたる可能性が

会社での無視。 上司からの無視、同僚からの無視。 上司から業務上の連絡すらもらえないのは...

ソフトテニスの練習方法!フットワークが上達するトレーニング

ソフトテニスの練習ではフットワークを鍛えることがとても重要なポイントになります。 ここでは、遠...

卒業論文のテーマに悩む人必見!簡単に決める方法を教えます

卒業を控えて一番問題になるのが卒業論文でしょう。テーマを何にしようか、なるべく簡単に終わらせるために...

イケメンで仕事ができる人には理由がある!性格や行動がポイント

どこの会社にも一人や二人はイケメンがいるでしょう。 そんなイケメンは顔がいいいだけじゃなく、仕...

スポンサーリンク

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツとミスの原因

ソフトテニスの前衛でローボレーが苦手と感じる人も多いですよね。ローボレーをミスしてしまうので苦手と感じる場合もあります。ミスをなくすためにはポイントを意識します。

まず低い姿勢で構えます。ローボレーポジションに入った時点で低く構えるのです。ローボレーを打つ時は低い姿勢になります。最初から低い姿勢で構えることで、目線が上下に移動する距離を押さえることができます。そして頭の位置を動かさないことです。目線がぶれない意識することは難しいです。しかし頭を動かさないようと言われると意識がしやすいです。

ローボレーでミスをする原因は目とボールの距離が遠いからです。ローボレーは膝より下でボレーすることが多いので、目とボールの距離感が遠いのです。

ソフトテニスのローボレーの時の足の使い方のコツ

ソフトテニスのローボレーをする時は足の使い方がコツになります。ローボレーは1歩目で軸足をしっかりと決めましょう。1歩目と2歩目の間で打ちます。

フォアボレーの場合1歩目は右足からになります。ボレーと同じようにつま先は真横を向け、バックボレーはその逆で左足を真横に向けます。2歩目とインパクトが同時にならないようにすることです。

ボレーの打ち方は基本的に左手でラケットを動かすことです。ずっと左手を添えていて打ちにくいので途中までで大丈夫です。慣れると右手だけでも動かせるようになります。

ローボレーを安定させるコツは顔とインパクトがある程度近いことです。ボールに合わせて膝をしっかりと曲げるようにすることです。

ソフトテニスのローボレーが上手くなる為にコツを掴む練習

ソフトテニスのローボレーが上手くなるための練習メニューはどのようなことをしたらいいのでしょうか。

まず手出しのボールをローボレーすることから始めます。手出しのボールにすることで体の使い方を覚えることが出来るようになります。

練習方法は正面から手出しで球出しをします。フォアとバックを交互でテンポよく球出しをしてローボレーの練習をします。ポイントはフォアとバックを交互に行いながら、体の使い方を体で覚えることです。効率的な体の使い方で繰り返しボールを打って、無意識に理想的なフォームで打てるように練習するようにしましょう。

次に膝でローボレーです。膝のタメとラケット面を残すことを覚えるための練習になります。球出しはベースラインからです。プレイヤーはサービスラインの近くに球出しされる方向に正対して立ちます。プレイヤーは正対したままステップをしないで膝の曲げ伸ばしをしてローボレーをします。膝のタメとラケットの使い方の確認をすることです。ラケット面は、打ちたい方向に残すことを意識します。球出しの人にラケット面が見えているのが理想です。

ソフトテニスは高校から大きく変化

ソフトテニスは大きく変化しています。特にダブルスは、今までの前衛と後衛で役割分担がされいて守る位置が決まっていましたが、ダブルフォワードで戦う選手が多く見かけるようになりました。

高校生以上の試合と見るとダブルフォワードで戦う選手を多く見るようになりました。戦術が大きくかわることで、ソフトテニスの技術も大きく変化しているのです。

その1つがローボレーです。以前のローボレーは前衛がネットにつくまでのつなぎのボレーとして教えられていました。ネット前につく時間稼ぎのための練習をしてきました。

現代のローボレーはしっかりとボールに回転をかけてチャンスがあると、抜き攻めます。時間稼ぎのボレーから攻撃的なローボレーに変化しつつあるのです。

ソフトテニスのローボレーを打つ時の全体的な流れ

ソフトテニスのローボレーを打つ時のコツは出来るだけ前に進み、相手がスイングを始める前に、そこで止まります。膝を曲げて、腰を少し落として待ちます。ある程度気持ちに余裕を持つことが大切です。相手のポジション、性格、ジブのポジションを相対して、どこにボールが来るのか予想します。相手がボールを打つと、ボールを返すことに神経を集中させます。ギリギリまで左手でラケットを操作して、体より少し前でインパクトします。ラケットは振り抜きすぎないことが大切です。

ただ返せばいいという感じで打つといつまでたっても上達はしません。

ローボレーはボールを捉え、ネットを越し、そして相手のコートのしっかりと返すことが大事なのです。安定したローボレーをしっかりとして次の攻撃につなげるようにしましょう。足やラケットの動かし方をしっかり確認することが大切です。

ソフトテニスのローボレーの練習はしっかりしよう

ソフトテニスのローボレーはネットよりも低いボールを地面に落とさないまま、直接打つ返す打法のことです。ダブルスの前衛になるとこのローボレーが上手に打つ返すことができないと悩んでいる人も多いですよね。

ローボレーは返しにくく、ミスもしやすいです。中級者から上級者の技になりますが、練習をすることでポイントを取りやすくなるので、初心者は出来るだけ早く技を身につけることをオススメします。ミスをなくすためには姿勢や頭の位置が関係してくるのです。

ローボレーを上手に打ち返すためには練習をしっかりすることが大切になります。ローボレーを打つには姿勢や足、ラケットの動かし方が大切になるので確認しながら練習をしましょう。