陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね。
一生懸命に練習をしていても、なかなか記録が伸びないという人は、練習の仕方を見直すことから始めてみましょう。

走り幅跳びの練習にはどのような方法があるのでしょうか。記録を伸ばすコツは?

そこで今回は、走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

転勤が多いといわれている職業と転勤が多い理由

世の中には様々な職業がありますが、転勤が多いといわれている職業はあります。 調べてみたところ、...

お歳暮を上司に贈るときの相場や注意することについて

いつもお世話になっている上司にお歳暮を贈ろうと考えている場合には、どのくらいのものを送るべきなのか迷...

市役所への就職で感じるメリット。やりがいと働きやすさ

市役所などの公務員の仕事は、他の民間企業と比べてどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。 ...

職場が寒いから辞めたい!解決方法と職場が寒い時にできる対処法

働いている職場が寒いことが原因で職場を辞めたいと悩んでいる人もいますよね。エアコンの設定温度によって...

お礼状は幼稚園や保育園に内定が決まったら出す?疑問について

幼稚園や保育園の就職の内定が決まったらとても嬉しく、自分がなりたい職業に就けた喜びもひとしおですよね...

バスケの練習が家の中でも出来る様々なトレーニングとポイント

バスケが少しでも上手くなりたいと家の中でも出来る練習方法をお探しの方。 家の中でも出来るトレーニン...

転職初日の緊張を和らげる方法と転職時の心得

転職初日は緊張と不安でしかありません。 これから先自分は戦力として必要とされるのか、この職場で...

新入社員が体調不良で欠勤する時には電話?メール?連絡方法とは

体調不良で新入社員が欠勤するときには、どのように連絡をしたらいいのでしょうか? どんなに体調が...

電話を取る時に緊張して噛む人のための対策方法を教えます

社会人になると仕事で電話の応対をしなければなりませんが、最近ではメールなどの普及によって電話で話す機...

サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法

バレーボールの初心者がまず覚えることはサーブの打ち方です。 ゲームはまずサーブから始まりますの...

台風で会社から帰れない時の対策は?酷い時は会社泊も検討に

台風の影響で、会社から自宅へ帰れないという事態はよく起きるものです。 鉄道などは安全のためすぐに運...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか? 足が遅...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。 筆記試験や面接の他に体...

就活用スーツはスカート丈が勝負?採用されるための選び方とは

就活用のリクルートスーツにはパンツもありますが、スカートの方が良いと言われています。 そこで気...

スポンサーリンク

陸上の走り幅跳びの練習方法・目線はまっすぐ

陸上部に所属してる人も多いですよね。陸上の中でも走り幅跳びの選手の人は自分の記録がなかなか伸びずに悩んでいる人も多いはずです。
記録が伸びない場合は練習の方法がもしかすると間違えているかもしれません。練習の方法を見直してみましょう。

走り幅跳びの目線

まっすぐ前に向けることはとても重要です。走り幅跳びは踏切板からどれだけ前に跳べるかを競います。

初心者で多いのは、助走から下をずっと向いたまま踏み切ってしまう、もしくは上に跳ぼうとして空を仰いでしまうケースです。下を向いたままだと、猫背になってしまうので、踏み切る時に上手に踏み切れないのです。また上を向いていると、せっかく助走で得たスピードを上手にいかすことが出来なくなります。踏み切りで大きなブレーキをかけてしまうことになるのです。走り幅跳びは高さではなく、前に跳ぶ競技ということを心がけましょう。

目線のは助走の中盤からはまっすぐ前か、1、2歩程度上に目線を置くように意識しましょう。

陸上の走り幅跳びの練習方法・助走のとり方

陸上の走り幅跳びの練習方法には色々あります。

助走の練習方法

走り幅跳びの助走は、ストライドを大きめに取ることがポイントになります。走り幅跳びはリズムが大切になり、そのリズムを作るように最初はゆっくり、徐々にスピードを上げ、中盤で9割の力が出るように走ります。スピードに乗った状態で踏切板を踏むようにしましょう。走り幅跳び初心者の距離は20m~30mがベストですが、あくまでも目安なので、自分の合った助走の距離を見つけるようにしましょう。

距離が短すぎるをスピードには乗ることが出来ません。踏切板の上でしっかりと踏み切りを出来るとうにしましょう。そしてスピードに乗っても、踏み切り前に疲れてしまうと失速してしまうので距離が伸びないのです。このようなことを意識することがポイントになります。

陸上の走り幅跳びの練習方法・踏切について

陸上の走り幅跳びでは踏み切り前の重心はとても大切です。重心をうまくこなすことが出来るようになると、記録更新に繋がりやすくなります。記録が伸び悩んでいる人はこの重心を見直した練習をしてみるようにしましょう。

練習方法は、踏切前まではリラックスして、助走をしていても、最後の1歩で体の重心(腰の位置)を低くしすぎてしまった場合、踏切足に重心が乗らないので、その後の跳躍は伸びないのです。

走り幅跳びの踏切は、踏切足から体が一直線になる状態にがベスト

踏切足を割り箸んい例えるとわかりやすいです。重心の位置が低いと、踏切の時に割り箸は真ん中で折れた状態になります。踏切前にまっすぐじゃないと、踏切足がポッキリと折れてしまってるので、助走の力を次の跳躍に活かすことが出来なくなるのです。そのため踏切前の重心は低すぎないことが大切なのです。

踏切後、空中フォームにつなげて、その後着地に持っていきます。初心者は踏切後足を前に持ってきて揃えるというイメージを持って跳ぶと上手に足を持ってくることが出来るので、着地までの距離を稼げますし、着地もスムーズに出来るようになります。

飛躍中の膝は出来るだけ体に引き付けることで、着地の最後まで粘ることが出来るので記録の更新に繋がります。

陸上の走り幅跳びのやり方のコツ

陸上の走り幅跳びのコツを紹介します。

走り幅跳びは、助走のペースを速くしたほうがいい記録を出すことが出来ます。歩幅を小さくして足の回転数を速くして、スピードを上げようとする人が多いですが、歩幅は多くしましょう。そして踏切をする時に、重心が高いままだとジャンプの効率が悪くなります。踏切の2歩前ぐらいから重心を落とすように意識します。重心を落としても助走の踏切は落とさないように注意しましょう。

足を踏み切る時に、自分の足を体が同じ位置にあると効率よく踏み切りが出来ません。必ず足を体よりも前に出して踏み切るように意識しましょう。助走をしている時、踏切板のことばかり考えていると助走スピードが落ちてしまい、視線も下がってしまうので遠くまで跳ぶことが出来ません。視線は常に前を幹、踏切板は視線の端で見るようにしましょう。踏み切った後は、足を伸ばしたままにしておくと跳ぶ距離が伸びません。踏み切った後は膝を軽く曲げ、自分に引きつけるようにしましょう。

走り幅跳びはキーポイントは助走です

走り幅跳びの中でポイントになるのは助走になります。助走によって記録が大きく左右される競技になります。

100m走を本気で走る場合、スタートからゴールまで同じペースで走り続けることがほとんどなく、徐々にペースを上げながら、全力のスピードに持っていきます。

だからペースが変わると足の歩幅も変わります。踏切ラインを全く気にせず、自分が全速力で走った時に踏切ラインに一番近くで足を踏んだ距離を測り、踏切ラインと踏んだ足との誤差分を、スタート地点からずらしてあげるようにしましょう。

又歩幅は、短距離走の場合はスライド走法とピッチ走法があります。走り幅跳びの場合は、スライド走法で走らないと距離を伸ばすことが出来ないので、スライド走法で走りましょう。

走り幅跳びの記録を伸ばすためには重要なポイントは

走り幅跳びの選手になると「もっと遠くへ跳びたい」という気持ちが芽生えますよね。しかしなかなか、自分の記録を伸ばすことが出来なくて悩んいる人も多いはずです。記録を伸ばすことが出来ないのは、もしかすると練習方法に問題があることもあります。一度練習法を見直してみましょう。

走り幅跳びで重要なことは助走

助走や目線の置き方で記録がかなり伸びる選手も多数います。

練習方法や、助走、踏切などを意識することで次の試合では自己記録を更新する可能性も出てきます。
走り幅跳びは遠くへ跳ぶためには、跳ぶための土台となる、筋力やスピードが必要になるのでまず体力作りをしっかりと行いましょう。コツを掴むと記録が伸びることがあります。