ビリヤードのフォームを綺麗に見せたい!そのための秘訣とは

ビリヤードが上手な人ってフォームも綺麗でかっこいいですよね。

しかし初心者の場合は、なんとかそのフォームに近づきたくても思うようにはならないもの。

フォームを綺麗に見せるためのポイントは何なのでしょうか?足や腕の位置はどうすればいい?理想のフォームとは?

初心者でもできる!ビリヤードのフォームを綺麗に見せる秘訣を教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンビニの品出しの時間はお店によって違う!時間帯を紹介

24時間営業していたり、ちょっとした物を買うのに気軽に寄ることが出来て便利なコンビニ。いつも...

総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリット

総合職だと転勤があるかもしれないことは、入社したときからわかっていたはずですよね。しかし、い...

バスケの練習が家の中でも出来る様々なトレーニングとポイント

バスケが少しでも上手くなりたいと家の中でも出来る練習方法をお探しの方。家の中でも出来るトレーニン...

バドミントンを高校生から初心者で始めた人へ伝えたいこと

高校からバドミントンを始める場合、どんな準備や知識を知っておくといいのでしょうか?周りとの差...

クロールは速く泳ぐコツがある!スイスイ泳げるようになろう

クロールは速く泳ぐコツを掴むことは、クロールを上達するためにも大切なことです。例えば、呼吸の...

課題が終わらない!徹夜で終わらせるために秘訣を教えます

大学生にとって避けては通れないレポート課題。でも終わらない時だってありますよね。提出期限の前...

レジのバイトでやってしまったこんなミス!対処法も紹介

色々なバイトがありますが、中にはレジを任されることもあるでしょう。レジではもちろん現金を扱い...

障害者のための公務員試験における面接の内容や対策のコツとは

障害者が公務員を目指すなら、公務員試験の障害者枠に応募することができます。では、障害者枠での...

ボクシングの観戦が初心者の方へ、基本情報や見どころを紹介

テレビ中継を見て生を見てみたくなった、知り合いにボクサーがいるなどボクシングを初めて観戦するという人...

保険外交員として働く女性の現状と問題点とは

保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。これから保険外交...

リフティングの技ができるようになりたい!初心者にオススメな技

サッカー初心者でもできるリフティングの技とは?ある程度リフティングができるようになったら、したくなる...

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

陸上部は高校からの初心者でもOK!練習や上達に必要なこと

高校から陸上部に入部するのは難しいかと思われがちですが、高校の陸上部は初心者でもオススメな部活なんで...

サッカー初心者のサッカー上達のコツ!取り入れたい練習を解説

サッカーをはじめたばかりのサッカー初心者の人は、どうすればサッカーが上達するのか、コツを知りたいと思...

野球の練習方法で守備が上達するための基本やポイントとは

野球の練習方法において、守備の練習はとても重要です。特に、守備練習では様々なケースを想定したゴロ...

スポンサーリンク

ビリヤードのフォームを綺麗に見せたいなら「弓道」をイメージしよう

ビリヤード場に行くと、とても綺麗なフォームでビリヤードをしている人を見かけますよね。綺麗なフォームでビリヤードをしたいと思い教わることがあります。

しかし体型や筋肉の量、利き手、効き目などによってその人の最適なフォームは微妙に変わってくるのです。
なのでフォームのポイントを押さえ、ビリヤードを楽しみならが少しずつ修正して自分のフォームを身につけるようにしましょう。

「右利き」ビリヤードのフォームを綺麗に見せるためのポイント

それは弓を引く動作をすること。

まず右手でキューを持ち、手球をつきたい方向にキューを向けます。そしてキューを持っている手の横に立ちます。肩幅に足を開き、左足を半歩前に出して、キューと両足の角度が45℃になるように立ちます。そして両足のつま先を少し右側に向け、左手で、ブリッジを作りキューを乗せます。顔がキューの上に来るように腰を曲げて、膝を曲げ、肩を引いて肘から下だけ動かすようにして手球をつきます。

ビリヤードのフォームを綺麗にするためのポイントとは?

ビリヤードを自己流で始める人が多いです。しかしフォームはしっかりと覚えることが大切です。

ビリヤードの上手な人はフオームが綺麗です。綺麗なフォームの場合、正確なショットの基本になります。
フォームがしっかりしていないと球は入らないので、しっかりと身につけるようにしましょう。基礎知識をしっかりと身につけることが出来ると上達にも差が出てきます。

ビリヤードのフォームは「構え」がポイント

手球をつく方向に対し、正面を向きまっすぐに立って体の位置を決めます。足を開く幅は肩幅よりも少し広めにしましょう。利き足を外側に45℃開き、反対の足は半歩斜め前に出します。両足には均等に体重がかかるようにしましょう。イメージとしては力士です。足腰を安定させます。

右手、右肘、顎がキューの上に来るようにフォームを整えましょう。変な癖がついてしまうとまっすぐに球をつけないです。基本のフオームはしっかりと覚えるようにしましょう。

ビリヤードのフォームを綺麗にしたいなら「足」と「腕」に注意!

ビリヤードの正しいフォームが出来ている人は見た目も格好良いことが多いです。友達と一緒に行くことの多いビリヤード場でフォームが綺麗だと、ビリヤードが上手に思われることもあります。

ビリヤードのフォームを綺麗に見せるためには足と腕に注意しましょう。
まず利き足と逆の足を結ぶ直線とキューの作る角度が上から見るつ45℃になるのが理想です。
初心者はこの角度が狭いことがあります。
そして利き足の膝が曲がっていないか確認しましょう。利き足でない方の膝は曲がっていても問題はないですが、利き足を曲げてしまうと、とても格好が悪くなるのです。

そしてブリッジ、利き手、利き腕の肘の3点で作る三角が肘の90℃の直角三角形になっているととても美しいフォームに見えるのです。利き腕の肘がポイントになります。

ビリヤード上達のためには他の人のフォームを見ることも大切です

ビリヤードは時間をかけて練習をするよりも、仲間とプレーをしたり、上手な人の練習を見ることで大きく上達することがあります。

実際のプレーでつく瞬間に先球から目を離さないように見ることも大切ですが、相手のプレイを見ることもとても重要なことになります。

相手がついている時に、相手のプレイをみないで、他のことをしていたり、よそ見をしている人を多く見かけることがあります。そのような行動をしている人で上手な人は見て事がないのです。そのような人は相手のリズムに呑まれるといいます。逆に相手が調子悪いときは、そのような場合でも台の上に目線が向いているのです。それは相手が調子が悪いので自分に回ってくるという意識からです。自分や相手が調子が悪くても常に見るようにすることで上達出来る答えがあるのです。

理想のフォームに近づくために、自然に構えているかどうかチェックしよう!

自分のビリヤードのフォームが綺麗ではない、脇のあたりがしっくり来ないと悩んでいる人にオススメなのが、自分のフオームが自然に構えられているか調べることが出来る方法があります。

調べる方法はまっすぐのセンターショットのセットをします。セットしたら普段と同じように狙いを構えます。その状態のまま目を閉じます。目を閉じたまま、レストやキューを組んだまま起き上がります。足の位置も動かさないようにします。起き上がったら何度か上半身を大きく左右に振ります。そうして元の位置に戻しますが、しっくりくるところがあるので、その位置でフタタb上半身を倒して構えます。構え終わったら目を開けてみましょう。手球と違う方向に体が向いていませんか?今体が向いている方向が1番無理のないフォームになります。

ビリヤードはフォームが綺麗に見えると上手に見えることもある

ビリヤード場に行くと、とても綺麗なフォームでビリヤードをしている人を見かけることがあります。フォームが綺麗だと格好がよく見えますし、上手にも見えますよね。

初心者の場合、綺麗にフォームに近づくように努力はしますが、なかなか上手く行かないことも多いのです。理想の綺麗なフォームにするためには他人のフォームをしっかりと見ることも大切なのです。そして自分のフオームが自然に構えられているか確かめる方法もあります。

フォームが悪いと上達も遅くなることがあるので、まず正しいフォームを身につけるようにしましょう。綺麗に見せるためには足と腕にも注意することが大切です。利き腕の肘が1番のポイントになります。綺麗なフォームを身につけてビリヤード場で目立ちましょう。