ビリヤードのフォームを綺麗に見せたい!そのための秘訣とは

ビリヤードが上手な人ってフォームも綺麗でかっこいいですよね。

しかし初心者の場合は、なんとかそのフォームに近づきたくても思うようにはならないもの。

フォームを綺麗に見せるためのポイントは何なのでしょうか?足や腕の位置はどうすればいい?理想のフォームとは?

初心者でもできる!ビリヤードのフォームを綺麗に見せる秘訣を教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。サー...

電話で相手の声が聞こえない!そんな時の切り方マナーとは

電話をしていて相手の声が聞こえない時は、一旦電話を切った方が良いという場合があります。その際は、どの...

バスケのアップの方法とは?試合前にしておきたいアップ方法

バスケの試合前にはどのようなアップをしておくといいのでしょうか?いつもと同じようにアップをしておけば...

No Image

野球の球速アップのための筋トレ方法とは?バランスよく鍛えよう

筋トレで鍛えたことによって球速アップしているプロ野球の投手も増えてきましたよね。では、どんな...

公務員(臨時職員などのパート)の面接とは?アピールすること

市役所の臨時職員など公務員のパートの仕事に応募したいという人も多いのではないでしょうか?では...

会社から命じられる「出向」にはどんな意味があるのか

ドラマの中でもよく描かれる「出向」。どうしてもネガティブなイメージを持ってしまいますが、そもそも...

コンビニの接客で覚えておきたいコツ!笑顔・挨拶・レジ操作

これからコンビニで働こうと思っている人やすでに働いている人の中には、接客をする時のコツについて知りた...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

陸上のスタートダッシュを向上させる練習法!鍛える筋肉とは

陸上の短距離で重要なスタートダッシュですが、少しでも早いスタートダッシュが出来たらいいですね。...

転職初日の緊張を和らげる方法と転職時の心得

転職初日は緊張と不安でしかありません。これから先自分は戦力として必要とされるのか、この職場で...

サッカーで無回転シュートを蹴るときのコツとメリットを解説

サッカーをしている人であれば一度は蹴ってみたいのが無回転シュートです。世界で活躍するトップ選手たちは...

バドミントンのドライブを速く打つためのコツと練習方法とは

バドミントンのダブルスの試合ではドライブがよく使われていますよね。そのため、少しでもドライブを速く打...

レジ打ちの仕事のコツは【カゴ詰め】にあり!明日から実践しよう

スーパーなどのレジ打ちの仕事を始めたばかりの人は、カゴ詰めの要領がイマイチわからないですよね。...

美容師が手荒れでドクターストップになる原因と対処法とは

美容師をしているのに手荒れによってドクターストップになってしまうのは悲しいことですよね。しか...

スポンサーリンク

ビリヤードのフォームを綺麗に見せたいなら「弓道」をイメージしよう

ビリヤード場に行くと、とても綺麗なフォームでビリヤードをしている人を見かけますよね。綺麗なフォームでビリヤードをしたいと思い教わることがあります。

しかし体型や筋肉の量、利き手、効き目などによってその人の最適なフォームは微妙に変わってくるのです。
なのでフォームのポイントを押さえ、ビリヤードを楽しみならが少しずつ修正して自分のフォームを身につけるようにしましょう。

「右利き」ビリヤードのフォームを綺麗に見せるためのポイント

それは弓を引く動作をすること。

まず右手でキューを持ち、手球をつきたい方向にキューを向けます。そしてキューを持っている手の横に立ちます。肩幅に足を開き、左足を半歩前に出して、キューと両足の角度が45℃になるように立ちます。そして両足のつま先を少し右側に向け、左手で、ブリッジを作りキューを乗せます。顔がキューの上に来るように腰を曲げて、膝を曲げ、肩を引いて肘から下だけ動かすようにして手球をつきます。

ビリヤードのフォームを綺麗にするためのポイントとは?

ビリヤードを自己流で始める人が多いです。しかしフォームはしっかりと覚えることが大切です。

ビリヤードの上手な人はフオームが綺麗です。綺麗なフォームの場合、正確なショットの基本になります。
フォームがしっかりしていないと球は入らないので、しっかりと身につけるようにしましょう。基礎知識をしっかりと身につけることが出来ると上達にも差が出てきます。

ビリヤードのフォームは「構え」がポイント

手球をつく方向に対し、正面を向きまっすぐに立って体の位置を決めます。足を開く幅は肩幅よりも少し広めにしましょう。利き足を外側に45℃開き、反対の足は半歩斜め前に出します。両足には均等に体重がかかるようにしましょう。イメージとしては力士です。足腰を安定させます。

右手、右肘、顎がキューの上に来るようにフォームを整えましょう。変な癖がついてしまうとまっすぐに球をつけないです。基本のフオームはしっかりと覚えるようにしましょう。

ビリヤードのフォームを綺麗にしたいなら「足」と「腕」に注意!

ビリヤードの正しいフォームが出来ている人は見た目も格好良いことが多いです。友達と一緒に行くことの多いビリヤード場でフォームが綺麗だと、ビリヤードが上手に思われることもあります。

ビリヤードのフォームを綺麗に見せるためには足と腕に注意しましょう。
まず利き足と逆の足を結ぶ直線とキューの作る角度が上から見るつ45℃になるのが理想です。
初心者はこの角度が狭いことがあります。
そして利き足の膝が曲がっていないか確認しましょう。利き足でない方の膝は曲がっていても問題はないですが、利き足を曲げてしまうと、とても格好が悪くなるのです。

そしてブリッジ、利き手、利き腕の肘の3点で作る三角が肘の90℃の直角三角形になっているととても美しいフォームに見えるのです。利き腕の肘がポイントになります。

ビリヤード上達のためには他の人のフォームを見ることも大切です

ビリヤードは時間をかけて練習をするよりも、仲間とプレーをしたり、上手な人の練習を見ることで大きく上達することがあります。

実際のプレーでつく瞬間に先球から目を離さないように見ることも大切ですが、相手のプレイを見ることもとても重要なことになります。

相手がついている時に、相手のプレイをみないで、他のことをしていたり、よそ見をしている人を多く見かけることがあります。そのような行動をしている人で上手な人は見て事がないのです。そのような人は相手のリズムに呑まれるといいます。逆に相手が調子悪いときは、そのような場合でも台の上に目線が向いているのです。それは相手が調子が悪いので自分に回ってくるという意識からです。自分や相手が調子が悪くても常に見るようにすることで上達出来る答えがあるのです。

理想のフォームに近づくために、自然に構えているかどうかチェックしよう!

自分のビリヤードのフォームが綺麗ではない、脇のあたりがしっくり来ないと悩んでいる人にオススメなのが、自分のフオームが自然に構えられているか調べることが出来る方法があります。

調べる方法はまっすぐのセンターショットのセットをします。セットしたら普段と同じように狙いを構えます。その状態のまま目を閉じます。目を閉じたまま、レストやキューを組んだまま起き上がります。足の位置も動かさないようにします。起き上がったら何度か上半身を大きく左右に振ります。そうして元の位置に戻しますが、しっくりくるところがあるので、その位置でフタタb上半身を倒して構えます。構え終わったら目を開けてみましょう。手球と違う方向に体が向いていませんか?今体が向いている方向が1番無理のないフォームになります。

ビリヤードはフォームが綺麗に見えると上手に見えることもある

ビリヤード場に行くと、とても綺麗なフォームでビリヤードをしている人を見かけることがあります。フォームが綺麗だと格好がよく見えますし、上手にも見えますよね。

初心者の場合、綺麗にフォームに近づくように努力はしますが、なかなか上手く行かないことも多いのです。理想の綺麗なフォームにするためには他人のフォームをしっかりと見ることも大切なのです。そして自分のフオームが自然に構えられているか確かめる方法もあります。

フォームが悪いと上達も遅くなることがあるので、まず正しいフォームを身につけるようにしましょう。綺麗に見せるためには足と腕にも注意することが大切です。利き腕の肘が1番のポイントになります。綺麗なフォームを身につけてビリヤード場で目立ちましょう。