暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

小学校の採用試験の実技でやるコト!見ている所や評価の観点

      2018/10/27

小学校の採用試験の実技でやるコト!見ている所や評価の観点

小学校の採用試験には実技があります。

採用試験の実技ではどんな事を行うのでしょう?

体育や音楽や図工などの教科別に詳しくみて行きましょう。

音楽ではピアノが弾けなければいけない・体育では泳ぎが出来なければいけないなどその条件とは?

また見られているのは、数字よりもその正確さとか。

実技試験の際の評価の観点も紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

小学校の採用試験!実技でどんなことをやるのでしょう?

就職活動について考慮していく内に、自分が成りたい職業が小学校の先生である、そのような方向性を見出す方もいると思います。

では、実際小学校の採用試験を受けるとなると、実技がありますがそれはどんなテストになるのでしょうか?ここでみていきたいと思います。

小学校の場合ですが、ピアノ・オルガン・水泳・器械運動・ボール運動などが課題になります。

ピアノは弾くことがき歌うことができるかどうか、水泳に関しても、クロールなどで25m泳げるかどうかについて見られます。
器械運動に関しても、マット運動をチェックされます。

こうしてみると、小学校の採用試験は、割と全体的になんでもできなくてはいけない、そんなイメージになってきますね。

ピアノなどの音楽面だけではなく、水泳など、ある程度の体力が必要になってきそうです。

小学校の実技の採用試験の内容を教科別で紹介

小学校の採用試験、実技ではどんなことをするのか、大まかに上記では触れてきました。

小学校の実技の採用試験の内容を教科別で紹介します

尚、下記の内容ですが、都道府県によって異なってきますので、あくまでも一例として参考にして下さい。

  • 小学校
    体育…水泳、器械運動、バスケットボール
    音楽…弾き歌い、ピアノ演奏、リコーダー演奏
    図工…スケッチ、デザイン、粘土製作

割と色んなものに挑戦させられるようですね。

また、「審査」という観点からですが記録というよりも、どれだけ正確に各実技をやりこなすことができるのか、その点を見られているようです。

例えば、水泳でいうとどれだけ早く泳げるかというよりは、きちんとしたポーズで泳げているかという点を見られているようです。

内容については、上記で触れた通り都道府県で異なってきますので、確認が必要になります。

小学校などの採用試験(実技)の評価はどこをみられているのか

小学校の採用試験の実技ですが、どういったものがなされ、またどのような観点で審査されるかについて上記では説明してきました。

小学校などの採用実技の評価ではどこをみられているのかについて

技術の高さというよりも、指導ポイントを抑える

実技ができる、できないだけではなく、実際に子どもに指導することができるのか、その観点からチェックが入ります。それを踏まえた上で、実技に入っていけば良いと思います。

適性検査で求められるポイント

適性検査で、教員として求められている、情緒安定性、責任感、積極性、自立心、などをチェックします。前もってどんなテストなのか、把握しておくと良いと思います。一度適性検査を受ける前に、やってみることも大切です。

小学校の採用試験の時に重要なポイントは態度や○○だった!

小学校などの採用試験の評価はどこを見られているのか、実技と適性検査について上記ではみてきました。

採用試験の時に重要なポイントとなる面接でチェックされるポイント5つ

  1. 協調性
  2. 表現力
  3. 社会性
  4. 思考力
  5. 態度
    です。その中でも大切になってくるのは、4と5になります。どうしてでしょうか?
    面接官も話していて楽しい人、有意義な時間を持てた人を採用したいと思っていると思います。それを面接でチェックする、また、小学校の教員ともなると、コミュニケーションが大切になってきますから、服装といった面接での態度だけではなく、子どもや保護者の方々と上手にやっていける人を採用したいと思っています。
    その為、面接では服装と思考力がチェックされている、それを頭に入れながら受けていけば良いと思います。

小学校の採用試験の受験者の難易度や合格率や男女比について

小学校の採用試験の時に重要なポイントは、態度だけではなく、思考力も問われることを上記では学んできました。

小学校の採用試験の受験者の難易度や合格率、男女比についてみていきたいと思います。

  • 4.5倍

小学校教員採用試験の採用倍率ですが、4.5倍になります。中学校や高校と比べると低くなるので、小学校は比較的合格しやすいのかもしれませんね。

過去では、10倍を超えていた時期もありましたから、それと比べると、低くなっている傾向があると言えるかもしれません。

  • 男性4.6倍、女性3.4倍

男女性ですが、若干男性の方が多い傾向にあります。ですが、近年では、逆に女性の方が少し高い傾向があるので、五分五分というのが、現実に近い数字と言えるのではないでしょうか。

あなたがなりたい小学校の教員、このようなデーターに触れてみて、どう思いましたか?案外、男女比に変わりはなく、倍率もそれ程高くないと感じたかもしれませんね。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ