出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴が必要だといいます。

学歴が重視されるのはなぜなのでしょうか。学歴が関係する理由とは?

出版社は人気が高く志望する学生が多いため、必然的に難易度や倍率も高くなる傾向があります。知識も必要なため学歴が重視されますが、何よりも意欲がある人材を求めています。頑張りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

営業の電話がしつこいと思っているならハッキリと〇〇する事

会社や自宅に、営業の電話がかかってくることがありますよね。その電話がしつこい!と感じている方...

電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若...

業務委託の副業がばれる可能性は?副業を行うコツと注意点

スキマ時間にちょっとでも稼げたらと副業を検討している方も多いでしょう。ただ気になるのが、副業をす...

選挙の出口調査バイトをする際の服装は?応募する前の注意点

副収入として選挙の出口調査バイトをしようという方も多いのではないでしょうか。選挙の出口調査バイト...

公務員の内定辞退連絡は手紙?電話?内定辞退のマナーとは

公務員採用試験を突破し内定通知が届いたとしても、第一希望の内定を既に貰った時は内定辞退をするしかあり...

会社の休憩時間に寝るのはアリ?仕事の効率をアップさせるには

会社の休憩時間に15分程度寝ると、午後に絶対に襲ってくる猛烈な眠気に立ち向かうことができるって知って...

職場で告白して振られたときの対処法や成功するためのコツ

職場の好きな彼女に告白して振られたときは、やはりその後職場顔を合わせるのが気まずくなりますよね。...

高校の卒業日の記載は履歴書に必要?学歴についての疑問点

履歴書を書く時、名前や住所などの基本情報の次に筆記が必要となる学歴。高校への入学や卒業日などを書かな...

上司への報告はどこまで?その基準と方法について説明します

昔であれば、仕事で何か問題があるたび上司へ報告したものですが、今はどこまで報告すればいいのか悩む若手...

浪人生がバイトの面接で気をつけたいポイントと面接同日のマナー

大学受験に失敗して浪人している人の中には、バイトをしようかと考えている人もいますよね。浪人生だからと...

大学の課題を出さないのを防ぐコツや遅れないためにできること

大学の課題を出さないとどうなるのかは、きっとご存知ですよね。では、どうして課題を出さないのか...

工場パートの気になる人間関係を調査!果たしてその実態は

工場パートの募集は多く、家計のために働いてみようかと考えている方も多いのではないでしょうか。...

イラストバイトなら完全在宅でもできる仕事!

仕事をして収入を得たいけど、できれば在宅で仕事がしたい・・・そんな方におすすめしたいのが在宅で出来る...

集団討論のコツ!教員採用試験で周りに差をつけ高評価を得る方法

教員採用試験では集団面接の他に集団討論も行われます。形式は色々ありますが、集団討論の配点は高いた...

スポンサーリンク

出版社に就職するにはある程度の学歴は必要?

世の中には色んな企業がありますが、出版社に就職したい人もいると思います。その出版社への就職なのですが、学歴はある程度関連してくるのでしょうか?

高校生位から、「私(僕)は出版社に就職したい」と心に決めているのなら、大学も専門的なところに進んだ方がよいのか、疑問に思うかもしれませんよね。

結論からいうと、大学卒だからといって、有利になるわけではないようです。ただ、実際に大手の出版社に採用されている方々の学歴をみていると、世間でいう「高学歴」な方が就職しているようです。

また、出版社も東京に集中していることもあるので、ある程度の学歴は見ているのかも知れませんね。

雇う側も、何で差をつけるか、と聞かれてると、偏差値の高い大学を雇うのかもしれませんね。それが、企業側の考えなのかもしれません。

出版社に就職するのになぜ学歴が関係するの?

出版社に就職するのに、学歴が関連するのか、雇う側が、やる気などを学歴で判断するのなら、偏差値の高い大学を卒業している人を雇う確立もあることをみてきました。次に、出版社に就職するのに、どうして学歴が関連してくるかについてみていきたいと思います。

まず、出版社に就職することですが、狭き門になります。競争倍率も高いので、書類選考の段階で、学歴が決めてになることが現実なのかもしれません。

出版社も色んな意味で知識が必要になってくるので、学歴が高いことに越した事はないと判断するのかもしれませんね。

アプローチの仕方として、出版社ではなく、編集プロダクションに応募するのも一つの手ではあります。出版社と編集プロダクションは共通しています。ただ、出版する権利は出版社にありますので、編集プロダクションの方が下請けにはなってしまいます。

出版社での就職が難しくても、編集プロダクションに就職することも視野に入れてみてはいかがしょうか。いつか、出版社にたどり着けるかもしれませんよね。

出版社に新卒で就職するためには高い学歴が必要!その理由とは

出版社に就職するためには、ある程度の学歴が必要であること、またそこで競争倍率が高すぎて、就職が難しいようであれば、編集プロダクションに勤める事も一つの選択であることをみてきました。

次に、出版社に就職するために、高い学歴が必要な理由をより詳細にみていきたいと思います。

理由は3つあります。

  1. 就職試験が難しい
    出版系の就職試験が難しい傾向にあり、結果としては、高学歴な人が残ってしまうというのが、現状なのかもしれません。
  2. 競争倍率が高い
    上記でも触れてきました、競争倍率が高いとなると、企業側も、大学名である程度のフィルターをかけている可能性があります。
  3. 高い専門知識が求められることがある
    出版社によっては、専門知識が求められる事もあります。そういう場合ですが、学歴がある程度重視する選考方法を企業側がとったとしても、仕方がないのではないでしょうか。

出版社就職に有利な学部は?必要な資格はあるの?

出版社に就職したい場合、ある程度の学歴が関連する理由についてみてきました。ここでは、学歴が関連するのであれば、有利が学部であったり、必要な資格があるのかについてみていきたいと思います。

現実的に見て、出版社は東京に集中しているので、東京の大学に進学して就職する方が有利かもしれません。また、特に出版社に有利が学部があるわけではないので、就職するには、近郊に住んでいる方が有利なのかもしれませんね。

必要な資格についてですが、特にはないようです。ただ、必要な技術であったり、知識はあった方が有利かもしれませんね。

具体的に何が必要かというと、パソコンの操作はできた方が良いと思います。また、編集の方法であったり、企画の方法も覚えておいた方が良いのかもしれません。

そのようなスキルを身につけることも、考慮してみてはいかがでしょうか。面接で差がついて、就職に有利になるかもしれませんね。

出版社の就職活動はいつから始めるべき?

出版社への就職ですが、近郊の方が有利なのではないか?また、パソコンのスキルであったり、編集の方法などを身につけておいた方が有利なのでは?という点についてみてきました。

最後に、出版社の就職活動ですが、どの位前から始めるべきかについてみていきたいと思います。

時期についてですが、企業によって様々なようなですが、大学3年生の3月と設定している企業もあるようです。

また、出版社での就職活動の流れですが、次のような形になります。

  1. 応募先出版社を決める
  2. 履歴書やエントリーシートを企業に送る
  3. 書類審査
  4. 筆記試験
  5. 面接

書類審査や面接では、出版社にどれだけ入社したいのか、その熱意が大切になってきます。上手に表現して、憧れである、出版社に就職できると良いですね。