出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴が必要だといいます。

学歴が重視されるのはなぜなのでしょうか。学歴が関係する理由とは?

出版社は人気が高く志望する学生が多いため、必然的に難易度や倍率も高くなる傾向があります。知識も必要なため学歴が重視されますが、何よりも意欲がある人材を求めています。頑張りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

昇任試験の面接はスーツ!どんなことを見てる?受かるためには

昇任試験の面接では、服装としてスーツを着るのが一般的でしょう。では、昇任試験の面接でスーツを...

社会人の理想的な手帳の書き方とは?ここを工夫すれば一目瞭然

社会人の手帳はどのような書き方をしたら予定を把握しやすくなるのでしょうか?手帳は予定を書くも...

パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。あまりに怒りが蓄積してしまうと...

特技を面接で聞かれる大学生、そのワケを紹介します

就活が忙しい大学生は、面接の時に特技をきかれて困った経験はありませんか?趣味はあっても、特技...

不採用の理由を知りたい!ハローワークで聞いてみよう!

転職活動中の人はハローワークの求人を見て応募するという人も多いでしょう。しかし、運悪く不採用...

新入社員のミスはいつまで許される?ミスで評価を落とすことも!

新入社員が仕事でミスをしてしまうのは仕方のないことですが、一体いつまでだったらこれが通用するのでしょ...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。一説には今後数十年で通...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。ローボレーが上手く打てる...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

専業主婦が仕事復帰!家庭と仕事の両立に自信がない時の対処法

専業主婦として、子供を育てることができたのは、幸せなことだと思います。夫に感謝し、子どもと十分過...

新入社員がカラオケを断るのはアリ?上手に断る方法

新入社員でもカラオケが苦手な人っていますよね。では、新入社員がカラオケの誘いを断ってもいいの...

警察官の面接のコツや合格する人の特徴や必要なこととは

警察官の面接で合格するためにはコツはあるのでしょうか?そもそも、警察官採用試験の面接ではどん...

旅行のキャンセル料は仕事が原因なら会社に請求できるのか

楽しみにしていた旅行。でも旅行直前になって会社から「仕事に出てくれ」と休日出勤を命じられてしまうこと...

走り幅跳びの練習方法・家でできる筋トレとトレーニングの方法

家でできる走り幅跳びの練習方法が知りたいという人もいますよね。走り幅跳びをはじめたけど、どんな練習を...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。まずは、背面跳...

スポンサーリンク

出版社に就職するにはある程度の学歴は必要?

世の中には色んな企業がありますが、出版社に就職したい人もいると思います。その出版社への就職なのですが、学歴はある程度関連してくるのでしょうか?

高校生位から、「私(僕)は出版社に就職したい」と心に決めているのなら、大学も専門的なところに進んだ方がよいのか、疑問に思うかもしれませんよね。

結論からいうと、大学卒だからといって、有利になるわけではないようです。ただ、実際に大手の出版社に採用されている方々の学歴をみていると、世間でいう「高学歴」な方が就職しているようです。

また、出版社も東京に集中していることもあるので、ある程度の学歴は見ているのかも知れませんね。

雇う側も、何で差をつけるか、と聞かれてると、偏差値の高い大学を雇うのかもしれませんね。それが、企業側の考えなのかもしれません。

出版社に就職するのになぜ学歴が関係するの?

出版社に就職するのに、学歴が関連するのか、雇う側が、やる気などを学歴で判断するのなら、偏差値の高い大学を卒業している人を雇う確立もあることをみてきました。次に、出版社に就職するのに、どうして学歴が関連してくるかについてみていきたいと思います。

まず、出版社に就職することですが、狭き門になります。競争倍率も高いので、書類選考の段階で、学歴が決めてになることが現実なのかもしれません。

出版社も色んな意味で知識が必要になってくるので、学歴が高いことに越した事はないと判断するのかもしれませんね。

アプローチの仕方として、出版社ではなく、編集プロダクションに応募するのも一つの手ではあります。出版社と編集プロダクションは共通しています。ただ、出版する権利は出版社にありますので、編集プロダクションの方が下請けにはなってしまいます。

出版社での就職が難しくても、編集プロダクションに就職することも視野に入れてみてはいかがしょうか。いつか、出版社にたどり着けるかもしれませんよね。

出版社に新卒で就職するためには高い学歴が必要!その理由とは

出版社に就職するためには、ある程度の学歴が必要であること、またそこで競争倍率が高すぎて、就職が難しいようであれば、編集プロダクションに勤める事も一つの選択であることをみてきました。

次に、出版社に就職するために、高い学歴が必要な理由をより詳細にみていきたいと思います。

理由は3つあります。

  1. 就職試験が難しい
    出版系の就職試験が難しい傾向にあり、結果としては、高学歴な人が残ってしまうというのが、現状なのかもしれません。
  2. 競争倍率が高い
    上記でも触れてきました、競争倍率が高いとなると、企業側も、大学名である程度のフィルターをかけている可能性があります。
  3. 高い専門知識が求められることがある
    出版社によっては、専門知識が求められる事もあります。そういう場合ですが、学歴がある程度重視する選考方法を企業側がとったとしても、仕方がないのではないでしょうか。

出版社就職に有利な学部は?必要な資格はあるの?

出版社に就職したい場合、ある程度の学歴が関連する理由についてみてきました。ここでは、学歴が関連するのであれば、有利が学部であったり、必要な資格があるのかについてみていきたいと思います。

現実的に見て、出版社は東京に集中しているので、東京の大学に進学して就職する方が有利かもしれません。また、特に出版社に有利が学部があるわけではないので、就職するには、近郊に住んでいる方が有利なのかもしれませんね。

必要な資格についてですが、特にはないようです。ただ、必要な技術であったり、知識はあった方が有利かもしれませんね。

具体的に何が必要かというと、パソコンの操作はできた方が良いと思います。また、編集の方法であったり、企画の方法も覚えておいた方が良いのかもしれません。

そのようなスキルを身につけることも、考慮してみてはいかがでしょうか。面接で差がついて、就職に有利になるかもしれませんね。

出版社の就職活動はいつから始めるべき?

出版社への就職ですが、近郊の方が有利なのではないか?また、パソコンのスキルであったり、編集の方法などを身につけておいた方が有利なのでは?という点についてみてきました。

最後に、出版社の就職活動ですが、どの位前から始めるべきかについてみていきたいと思います。

時期についてですが、企業によって様々なようなですが、大学3年生の3月と設定している企業もあるようです。

また、出版社での就職活動の流れですが、次のような形になります。

  1. 応募先出版社を決める
  2. 履歴書やエントリーシートを企業に送る
  3. 書類審査
  4. 筆記試験
  5. 面接

書類審査や面接では、出版社にどれだけ入社したいのか、その熱意が大切になってきます。上手に表現して、憧れである、出版社に就職できると良いですね。