出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴が必要だといいます。

学歴が重視されるのはなぜなのでしょうか。学歴が関係する理由とは?

出版社は人気が高く志望する学生が多いため、必然的に難易度や倍率も高くなる傾向があります。知識も必要なため学歴が重視されますが、何よりも意欲がある人材を求めています。頑張りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。一説には今後数十年で通...

スキー上級者の滑り方、上級者はどんな滑り方をしているのか

ゲレンデに行くと山の頂上から颯爽と滑っていく人に目がいきませんか。結構多くの人は注目しているはず...

学校の教員同士の知られざる人間関係について調査!

学校の教員とはいえ、そこはやはり生身の人間です。民間企業と同じように、人間関係で悩む教員も多いよ...

派遣辞めたい…。一ヶ月など契約期間より前に辞める場合には

派遣を辞めたい。働きはじめて日が浅い。派遣先にもよりますが、最初は一ヶ月で契約すると...

会社でお土産を配る時に注意したいことやタイミングを紹介!

有給を貰って旅行に行った、遠出をしたのでめずらしいお土産を見つけたという機会があると会社にお土産を用...

就活中電話に出れなかった時のマナー!折り返す時のポイント

就活中、都合が悪くて企業からの電話に出れなかったということもありますよね。結果の合否の連絡が電話で来...

リフティングの技のコツを教えて!色々なリフティングの技のコツ

かっこよくリフティングができる人に憧れている人もいますよね。サッカーのリフティングの技を上達させるに...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

ハードルの跳び方にはコツがある、高校のハードル走のコツとは

高校の体育の授業でハードルが行われる学校もあるでしょう。ハードルは簡単そうに見えて実は結構難しい...

アルバイト(飲食系キッチンの場合)面接のポイントや注意点

飲食系のアルバイでは、ホールとキッチンがありますよね。キッチンを希望する場合は、面接で希望を伝えまし...

会社で無視されるのは、パワハラ・モラハラにあたる可能性が

会社での無視。上司からの無視、同僚からの無視。上司から業務上の連絡すらもらえないのは...

育成ドラフトとは?育成選手が受ける制約や問題点、選手の本音

育成ドラフトとはどんな制度なのか、あなたは知っていますか?通常のドラフトで指名されるのとは違...

サッカー初心者のサッカー上達のコツ!取り入れたい練習を解説

サッカーをはじめたばかりのサッカー初心者の人は、どうすればサッカーが上達するのか、コツを知りたいと思...

インドのスポーツ「カバディ」の歴史やルール、魅力について

インドのスポーツ、カバディを知っていますか?インドのスポーツと言えばクリケットですが、クリケ...

スポンサーリンク

出版社に就職するにはある程度の学歴は必要?

世の中には色んな企業がありますが、出版社に就職したい人もいると思います。その出版社への就職なのですが、学歴はある程度関連してくるのでしょうか?

高校生位から、「私(僕)は出版社に就職したい」と心に決めているのなら、大学も専門的なところに進んだ方がよいのか、疑問に思うかもしれませんよね。

結論からいうと、大学卒だからといって、有利になるわけではないようです。ただ、実際に大手の出版社に採用されている方々の学歴をみていると、世間でいう「高学歴」な方が就職しているようです。

また、出版社も東京に集中していることもあるので、ある程度の学歴は見ているのかも知れませんね。

雇う側も、何で差をつけるか、と聞かれてると、偏差値の高い大学を雇うのかもしれませんね。それが、企業側の考えなのかもしれません。

出版社に就職するのになぜ学歴が関係するの?

出版社に就職するのに、学歴が関連するのか、雇う側が、やる気などを学歴で判断するのなら、偏差値の高い大学を卒業している人を雇う確立もあることをみてきました。次に、出版社に就職するのに、どうして学歴が関連してくるかについてみていきたいと思います。

まず、出版社に就職することですが、狭き門になります。競争倍率も高いので、書類選考の段階で、学歴が決めてになることが現実なのかもしれません。

出版社も色んな意味で知識が必要になってくるので、学歴が高いことに越した事はないと判断するのかもしれませんね。

アプローチの仕方として、出版社ではなく、編集プロダクションに応募するのも一つの手ではあります。出版社と編集プロダクションは共通しています。ただ、出版する権利は出版社にありますので、編集プロダクションの方が下請けにはなってしまいます。

出版社での就職が難しくても、編集プロダクションに就職することも視野に入れてみてはいかがしょうか。いつか、出版社にたどり着けるかもしれませんよね。

出版社に新卒で就職するためには高い学歴が必要!その理由とは

出版社に就職するためには、ある程度の学歴が必要であること、またそこで競争倍率が高すぎて、就職が難しいようであれば、編集プロダクションに勤める事も一つの選択であることをみてきました。

次に、出版社に就職するために、高い学歴が必要な理由をより詳細にみていきたいと思います。

理由は3つあります。

  1. 就職試験が難しい
    出版系の就職試験が難しい傾向にあり、結果としては、高学歴な人が残ってしまうというのが、現状なのかもしれません。
  2. 競争倍率が高い
    上記でも触れてきました、競争倍率が高いとなると、企業側も、大学名である程度のフィルターをかけている可能性があります。
  3. 高い専門知識が求められることがある
    出版社によっては、専門知識が求められる事もあります。そういう場合ですが、学歴がある程度重視する選考方法を企業側がとったとしても、仕方がないのではないでしょうか。

出版社就職に有利な学部は?必要な資格はあるの?

出版社に就職したい場合、ある程度の学歴が関連する理由についてみてきました。ここでは、学歴が関連するのであれば、有利が学部であったり、必要な資格があるのかについてみていきたいと思います。

現実的に見て、出版社は東京に集中しているので、東京の大学に進学して就職する方が有利かもしれません。また、特に出版社に有利が学部があるわけではないので、就職するには、近郊に住んでいる方が有利なのかもしれませんね。

必要な資格についてですが、特にはないようです。ただ、必要な技術であったり、知識はあった方が有利かもしれませんね。

具体的に何が必要かというと、パソコンの操作はできた方が良いと思います。また、編集の方法であったり、企画の方法も覚えておいた方が良いのかもしれません。

そのようなスキルを身につけることも、考慮してみてはいかがでしょうか。面接で差がついて、就職に有利になるかもしれませんね。

出版社の就職活動はいつから始めるべき?

出版社への就職ですが、近郊の方が有利なのではないか?また、パソコンのスキルであったり、編集の方法などを身につけておいた方が有利なのでは?という点についてみてきました。

最後に、出版社の就職活動ですが、どの位前から始めるべきかについてみていきたいと思います。

時期についてですが、企業によって様々なようなですが、大学3年生の3月と設定している企業もあるようです。

また、出版社での就職活動の流れですが、次のような形になります。

  1. 応募先出版社を決める
  2. 履歴書やエントリーシートを企業に送る
  3. 書類審査
  4. 筆記試験
  5. 面接

書類審査や面接では、出版社にどれだけ入社したいのか、その熱意が大切になってきます。上手に表現して、憧れである、出版社に就職できると良いですね。